PR

QCY H3 レビュー|コスパ最強のノイズキャンセリング

QCY H3 レビュー ヘッドホン
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

QCY「H3」って、どんな特長のワイヤレスヘッドホンですか?

こんな悩みにお答えします。

ヘッドホン愛好者の皆様、今回はQCY H3ヘッドホンの魅力について掘り下げてみましょう。

QCY
¥6,980 (2024/02/21 12:25時点 | Amazon調べ)

音楽、ポッドキャスト、動画など、私たちの日常に欠かせないアクセサリーとして、どのようにQCY H3が優れているのか、そのポイントを見ていきましょう。

QCY H3は、10月27日に、日本でもいよいよ発売開始となります。

アマゾンでもQCY H3ヘッドホンを購入可能です。

イヤホンよりも音質にこだわりたい方は、ドライバーが大きなヘッドフォンを使うのが良いでしょう。

このヘッドホンは40mmのドライバーが搭載されているので、良い音質で音楽を楽しむことができるのがメリットです。

そして、手頃な価格でノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドフォンを手に入れたいと考えている方にはオススメできる製品です。

QCYの公式サイトを確認するのも良いでしょう。QCYのXアカウントではお得な情報が掲載されています。

今なら限定クーポンを使用することで、4886円で購入が可能です。コスパの良いワイヤレスヘッドホンを探している方にもおすすめです。

QCY H3は、1万円以下の価格のワイヤレスヘッドホンを探している方にもオススメです。

悩んでいる人
悩んでいる人

QCYって、有名なメーカーなのですか!?

QCYってどこのメーカーなの?知らないよ!?という方もいらっしゃるかもしれませんが、QCYは世界シェアのグラフの中にもランクインするくらい実は有名なメーカーです。

2022年には、QCYは、市場シェアの面でトゥルーワイヤレスイヤホンの世界第5位のブランド、および輸出量の面で世界第5位のBluetoothイヤホンのブランドになります。2023年に、QCYは14周年を迎えます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000128926.html

TWS(完全ワイヤレスイヤホン)のシェアでは、QCYは世界シェアにおいて5位にランクインしています。

関連記事:TWSイヤホン、Apple「エアポッズ」シェア縮小 インフレ影響で安価な製品が台頭

なので、QCYは無名メーカーというわけではなく、世界的にも売れているメーカーの一つであります。

スポンサーリンク

QCY H3 レビュー

QCY H3 レビュー

↑QCY H3の、パッケージの様子です。

このヘッドホンは、高解像度オーディオ、43dbのハイブリッドアクティブノイズキャンセリング、70時間のバッテリー寿命など、多くの魅力的な機能を備えています。

以下に詳しく紹介します。

クーポン配布中

QCY H3は、5%OFFのAmazonクーポンコードを使用することができます。

  • クーポンコード:24VC6NXB
  • 使用期限:2023/10/27 00:01 JST~2023/11/05 23:59 JST

加えて、アマゾン掲載の製品は、20%OFFクーポンも併用可能なので、通常価格:6980円が、最後価格:5235円となります。

QCY
¥6,980 (2024/02/21 12:25時点 | Amazon調べ)

付属品

QCY H3 レビュー

QCY H3の付属品は以下の通りです。

  • ヘッドホン本体
  • USBケーブル(タイプC)
  • AUXケーブル
  • 取扱説明書

充電のための、タイプC端子も付属しています。

QCY H3 レビュー
QCY H3 レビュー

格安のヘッドホンの場合、いまだにマイクロUSB端子が使われていたりしますが、このヘッドホンの場合は、現在主流の規格であるタイプCである点がメリットです。

QCY H3 レビュー

↑QCY H3には、本体にUSBタイプC端子が搭載されているので、そこにケーブルを刺すだけで充電可能です。

製品仕様

商品名QCY H3
Bluetooth 仕様Ver 5.3
オーディオケーブル約1.2m
バッテリーの入力5V=500mA
バッテリー種類li-ion
バッテリー容量500mAh
連続通話時間約27時間
型式BH23H3A
再生周波数20Hz~20KHz(無線接続時)、20Hz~40KHz(有線ケーブル時)
最大通信距離10m(使用環境によって異なります)
充電時間約2時間
充電用 MicroUSBケーブル約0.5m
重量 (ヘッドホン本体)約260g
対応コーデックAAC/SBC
対応プロファイルHFP/A2DP/AVRCP
連続音楽再生時間約35時間(ANC ON) 約60時間 (ANC OFF)
連続待受時間約220時間
取扱説明書を元に作成

関連記事:QCY H3製品ページ

QCY H3 レビュー

QCY H3の表面はマットな仕上がりとなっておりツヤは無いです。

艶有りではなく艶なしのマットな質感が好きな方にはお勧めのモデルと言えます。

この塗装は、安っぽい感じがないのが良いです。

QCY H3 レビュー
QCY H3 レビュー

43dbハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを搭載

QCY H3は、安い価格帯のワイヤレスヘッドホンを探している方にもオススメです。

このヘッドホンの最大の特徴は、5つのマイクが連携して最大43dbのノイズをブロックするハイブリッドANCテクノロジーを搭載しています。

これは、ヘッドホンの中で最も高いレベルのノイズキャンセリング性能を誇ります。

また、4つの調整可能な設定があり、ノイズの多い状況ごとに最適なモードを選択できます。

例えば、飛行機や電車などの乗り物では、トランスポートモードを使ってエンジンや走行音をカットできます。

オフィスやカフェなどの人混みでは、ジェネラルモードを使って人の声や背景音を低減できます。

自宅や図書館などの静かな場所では、ライトモードを使って微細なノイズを除去できます。

また、クリアモードを使えば、音楽を楽しみながら周囲の音も聞くことができます。

これは、ショッピングやウォーキング、チャットなどの際に便利です。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)って、具体的にどういうことなの?

アクティブノイズキャンセリング(ANC)は、周囲の音をデジタル処理をすることで、小さくする技術のことです。ANCは、アクティブノイズキャンセリングの略称です。

少しややこしいですが、音は、目に見えない波です。

その波と、全く逆の波を発生させると、元の音の波自体が消え、音が発生していない状態を疑似的に作り出せるので、静かになるという技術です。これが、ANCノイズキャンセリングです。

ノイズキャンセリング

例えば、電車の中は、70~80デシベルと言われています。また、図書館の静かさは、40デシベル前後です。

「QCY H3」は、ノイズキャンセリング機能により、43デシベル下げることができるので、電車の中を70デシベルと仮定した場合、70-43=27デシベル

電車の中の元の音が70デシベルの場合、27デシベルまで下げることができる計算になります。

電車の中の騒音の中にいる状況下でも、図書館の中並みに改善することができる性能があると言えます。

最大43dB低減されるので、飛行機や電車、カフェなどの騒がしい場所でも、音楽を聴きながら快適な自分だけの空間を作ることができます。

電車で移動する

バイモーダル外耳道適応オーディオ補償 (becaac)

このヘッドホンは、耳道の構造と装着方法を検出し、独自のノイズキャンセリングパラメーターを作成してオーディオカーブを修正するという画期的な機能も持っています。

これにより、同じプレミアムなリスニングをさまざまな人々に提供できるようになっています。

この機能は、Qcyアプリから手動でオンにする必要がありますが、一度設定すれば次回から自動的に適用されます。

ノイズキャンセリングレベルを自動調整できる、VDCNNを使用したクリアコールが可能

QCY H3は、非常に深い畳込み型ニューラルネットワーク (VDCNN) テクノロジーを搭載したマイクも備えています。

これは、さまざまな環境を検知し、それに応じてノイズキャンセリングレベルを自動調整できるという優れた機能です。

屋内でも屋外でも常に安定した自然で質の高い通話ができるようになります。

ハイレゾで再生が可能!

QCY H3 レビュー

QCY H3は、ハイレゾで音を再生することができます。ハイレゾは有線ケーブル接続時のみです。

有線ケーブルに接続することで、ハイレゾ音源を楽しむことができ、周波数は20~40kHzに上がります。

ケーブルの長さは、1.27mあります。

40KHzの周波数応答により、CD品質のサウンドを聴くことができます。

高解像度オーディオは、並外れた透明度とディテールを提供します。

チタンメッキを施した40mmコンポジットダイヤフラムを搭載しており、それによりシネマレベルの3Dサウンド、パンチのある低音と透明な高音を備えた高解像度で音楽を楽しむことができるのが魅力的です。

2つのデバイスへの接続が可能

QCY H3は、2つのBluetoothデバイスの同時接続をサポートしています。

これにより、仕事とエンターテイメントを同時に楽しむことができます。

例えば、パソコンとスマホに同時に接続して、ビデオ会議や音楽やゲームなどを切り替えて楽しむことができます。

60時間再生できる長寿命バッテリーを搭載

バッテリー

QCY H3は、60時間の長寿命バッテリーを搭載しています。

これはワイヤレスイヤホンと比べてもかなり長いです。

それもそのはず、500mAhの大容量バッテリーを搭載していて、その上省電力設計となっているため、これだけ長い再生時間が可能となっているのが特長です。

ANC機能をONにしても、35時間まで音楽を楽しみます。

ANCをオフにすると、約60時間の再生が可能です。ANCをオンにすると、35時間の再生が可能です。

ワイヤレスイヤホンと比べても、ワイヤレスヘッドホンは長時間音楽を再生することができる点がメリットです。

そのため、長時間再生したい場合は、ワイヤレスヘッドホンを選ぶのも選択肢の一つとして有効です。

急速充電については取扱説明には記載はありませんでしたので、非対応ということでしょう。

220時間のスタンバイ時間もあります。これなら、長時間の旅行や出張でも安心です。

フル充電は約2時間で完了します。

同価格帯の、Anker「Soundcore Life Q20」は最大40時間音楽再生なので、かなり長時間再生が可能です。

充電はインジケーターの色で確認することができます。

QCY H3 レビュー
QCY H3 レビュー

電源ボタン(物理ボタン)は右耳の裏側にあるのも操作性が良いです。

耳に装着する前に目に入る位置に電源ボタンがあるのは、操作性のことをよく考えられて作られているなという印象です。

ボタンは全て物理ボタンとなっておりタッチセンサー式ではありません。

物理ボタンは反応性もよく押しても反応しないというようなことはありませんなので、ストレスを感じずに操作することができる点が良いなと思います。

押し込む際に力が必要ということもありませんので、女性の方や子どもの方、お年寄りの方でも気軽に操作することができるでしょう。

Bluetooth 5.3搭載なので、接続も安定している

QCY H3は、Bluetooth 5.3搭載によりワイヤレス接続が可能なので、煩わしいケーブルが一切なくストレスなく音楽を楽しむことができる点が魅力です。

ケーブルが絡んだりするトラブルも無線なのでないため、手頃にストレスなく音楽を楽しみたい方はBluetooth搭載のこのワイヤレスヘッドホンはおすすめです。

このワイヤレスヘッドホンは、Bluetooth 5.3を搭載しています。

Bluetooth 5以上がオススメですが、このワイヤレスヘッドホンは、Bluetooth 5.3である点が魅力的です。

接続にかかる時間もそれほど長く時間がかかるわけではないので不快に感じることがないのが使ってみた感想です。

安物のワイヤレスイヤホンの場合はブルートゥース接続に時間がかかったりするものもありますがこのモデルはそんなことは感じませんでした。

ヘッドホンのためか電波が途切れにくい印象があります。

激安のワイヤレスイヤホンの場合は作りが甘いのか少し離れるだけで電波が途切れてしまうことが多々あります。

しかし、このヘッドホンはイヤホンでなくヘッドホンである点と、Bluetooth 5.3であるため、接続が安定していると言えるのかもしれません。

作りがしっかりしている点は、ワイヤレスヘッドフォンを使う上でストレスがなく使うことができるので良いと思います。

また、ゲームモードでは、0.068秒の低遅延により、より良いゲーム体験ができます。

有線ケーブルが付属しており、有線モードも選べる!

QCY H3 レビュー

無線よりも優先の方が、接続が安定している点や、より良い音質で音楽を楽しむことができる点、さらに電力の消費を抑えることができる点などがメリットです。

接続部分が二箇所あることによって、万が一ケーブルが断線した場合でも、ケーブルを取り替えることで復活することができるのがメリットです。

カールコードではありません。

Bluetooth 5.3と3.5mmのヘッドフォンジャックを簡単に切り替えることができます。

これら2つの設定により、すべてのデバイスを最大限に活用するための汎用性が得られます。

ソフトなイヤーパッド搭載により、これまでにない快適さが嬉しい!

QCY H3 レビュー
QCY H3 レビュー

QCY H3は、合成皮革のイヤーパッドを採用しています。

これは、低速のスプリングフォームと組み合わせて、耳への圧力を軽減しながら優れた着用性を実現します。

9段階で調節が可能なので、頭の大きさに合わせて最適な形に変化させることが可能です。

説明では9段階調整とのことですが、実際に動かしてみると十段階動きます。

また目盛りも付いているので、合わせたい位置を素早く確認することができるのもメリットです。

調節が9段階行えるため、どんな頭の形状の方にもフィットしやすくなっている点がこの製品のメリットだと感じました。

実際、僕もフィットするサイズを見つけ出すことができたので、快適に装着することができました。

QCY H3 レビュー

QCY H3の裏側には、大きな文字でRとLの記載があるので、左右を間違えずに装着できるのが利点です。オレンジ系の色で書かれています。

オレンジ系の文字なので、視認性に優れており、すぐに右か左か確認することができるのも良いです。

視力が落ちて小さい文字が見にくいという方でも、これだけ大きく文字が書かれているので確認しやすいです。

イヤーパッドの部分を回転させることによって、本体はコンパクトに収納することが可能です。

そのため、旅先へ持って行きたい時もかさばることなく持ち運びすることができる点は魅力的です。

携帯性に優れているのでいろんな場所に連れて行くのもいいでしょう。

スマートフォンアプリを使えば音質をカスタマイズ可能

QCYアプリは、ポップアップ、EQ、およびカスタマイズ可能なノイズキャンセリングレベルのペアリングをサポートしています。

また、QCYアプリからEQをカスタマイズすることもできます。

ボタンを押すだけの簡単な操作が魅力&音声アシスタント機能を使える

QCY H3 レビュー

このヘッドホンは、左右のイヤーカップにあるボタンで簡単に本体を操作できます。

ボタンは、ゴム系の材質となっています。滑らない感触が魅力的です。

QCY H3 レビュー

電源オン/オフ、音量調整、曲送り/戻し、再生/一時停止、通話応答/終了などができます。

電源を入れると電子音楽が鳴ります(4つ)。

その電子音の大きさは大きすぎることがないので不快ではありません。

たまに起動音が大きすぎて不快なワイヤレスイヤホンがあったりしますが、これはそういうことは一切ありませんでした。

また、よくあるのが女性の声で「パワーオン」などと発せられるものもありますが、個人的には言葉を発するよりも電子音で起動したことが分かる方が好きです。

デバイスとの接続速度も遅いと感じないので、イライラやストレスも感じません。

また、音声アシスタント(SiriやGoogleアシスタントなど)にも対応しています。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)も、ANCボタンを押すだけで操作可能です。

実際に操作してみたところ、切り替えは1秒くらいしかかからないのでストレスを感じることはなかったです。

電源を切る時も電子音楽が鳴ります(4つ)。人間の声で「パワーオフ」などと言う機種もありますが、本機は電子音です。

QCY H3を実際に使用してみた感想

QCY H3の重さは260gですが、頭に装着しても重さは気にならなかったです。

長時間付けていても疲れる感覚はありません。

蒸れる感覚はややありますが、これはオープンイイヤーではないので仕方ないことでしょう。

イヤーパッドは柔らかく装着感は良いです。

音量のアップとダウンは慣れるまで少し時間がかかりましたが、慣れれば人によっては一発で操作できるかもしれません。

音質

QCY H3は、イヤホンでは聞こえない音が聞こえる感じがします。

やはりドライバーの大きさが大きいので迫力がある音で聴くことができるということでしょう。

ドラムとベースの音が鮮明に聞こえるのも良いです。

ノイズキャンセリング

QCY H3のアクティブノイズキャンセリング(ANC)の効果も感じました。

家の中で、アクティブノイズキャンセリング(ANC)をオンにしたところ、換気扇の音が消えて音楽に集中することができました。

外部取り込みモードも搭載されていますが、これも効果的です。外で音楽を聴く際、安全性が高まると感じました。

技適マークも取得済で、安心安全に使える

QCY H3 レビュー

↑技適マークもきちんと入っています。

QCY H3 レビュー

↑本体にも技適マークがきちんと入っています。

日本の場合は、ワイヤレスヘッドホンには技適マークが入っていないと違法となりますが、本製品であるQCY H3には技適マークが入っているので、安心して使用できます。

気になる点

QCY
¥6,980 (2024/02/21 12:25時点 | Amazon調べ)

QCY H3は、ツヤのないマットな質感であるためこすったり傷がついたらそこは目立つかもしれないです。

そのため傷を付けないように慎重に大事に扱う必要があるのではないかと感じました。

また年単位の、長期間使っていると艶が出てくる可能性もあるかもしれませんがそれは経年変化ということで味と言えます。

オープンイヤー型ヘッドホンではないため夏場などは長時間つけているとやや暑苦しいかもしれません。

しかし夏場以外の季節の場合は問題なく装着することができると思います。

また夏場であってもエアコン室内温度を下げれば問題なく使えます。

ハイレゾに対応しているのは、有線ケーブル接続時のみ

ハイレゾに対応しているのは、有線ケーブル接続時のみであり、無線接続時の場合は、ハイレゾには対応していない点は注意が必要です。

QCY H3以外の、おすすめワイヤレスヘッドホン

QCY H3以外の、おすすめワイヤレスヘッドホンもご紹介します。

Anker Soundcore Life Q20

Soundcore
¥5,990 (2024/02/21 06:33時点 | Amazon調べ)

Anker Soundcore Life Q20は、安いワイヤレスヘッドホンとしてオススメのモデルの一つです。

Anker Soundcore Life Q20は、アクティブノイズキャンセリング(ANC)を搭載しています。

ヘッドホンに搭載されたマイクが周囲の騒音を検知し、アクティブノイズキャンセリング(ANC)によって自動車や飛行機のエンジン音などの低周波ノイズを除去します。

リーズナブルな価格のノイズキャンセリング機能の付いたワイヤレスヘッドホンをお探しの方にオススメです。

AUXケーブル接続することで、ハイレゾ音源を再生することが可能なヘッドホンです。

40mmのダイナミックドライバーが、ハイレゾ音源のクリアで繊細なサウンドを行ってくれます。

独自技術のBassUpテクノロジーがアルゴリズムによってリアルタイム分析を行い、即時に低音を増幅させます。音楽をパワフルかつ鮮明に、そして深みのある低音で楽しめます。

通常時は最大60時間の音楽再生が可能です。今回ご紹介する中ではかなり良い部類です。

SOUNDPEATS Space

SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥6,980 (2024/02/17 20:57時点 | Amazon調べ)

SOUNDPEATS Spaceは、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した高性能なヘッドホンです。

周囲の雑音を最大35dBカットして、音楽の世界に没入できます。

また、トランスペアレントモードを使えば、周囲の状況にも気を配りながらリスニングできます。

高音質をさらに自分好みに調整できる専用アプリや、最大123時間の連続再生が可能な大容量バッテリーも魅力的です。

快適な着け心地と折り畳み可能なデザインも嬉しいポイントです。

Bluetooth5.3とマルチポイント対応で、遅延の少ないゲームも楽しめます。SOUNDPEATS Spaceは、音楽やゲームを楽しみたい方におすすめのヘッドホンです。

スポンサーリンク

QCY H3 レビュー|コスパ最強のノイズキャンセリングまとめ

以上がQcy h3 anc-Bluetooth 5.3ワイヤレスヘッドホンの特徴です。

このヘッドホンは、高性能で多機能な上にお手頃な価格が魅力的なワイヤレスヘッドホンです。

QCY H3ヘッドホンは、優れた音質、快適な装着感、優れたバッテリー寿命を備えた優れた製品であることがわかりました。

高品質なオーディオ体験を求めるユーザーにとって、QCY H3は確かに検討に値する選択肢です。ワイヤレスの便益を提供しながら、予算に優しい価格帯に収まっている点も魅力です。

音楽愛好家やオーディオブックのリスナーにとって、QCY H3は新たな聴覚体験を提供し、ワイヤレスヘッドホンの選択肢として高く評価されています。

関連記事:QCY ArcBudsレビュー

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
ヘッドホン家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました