ブラウンのシェーバー故障時の対処法と修理

シェーバーが故障した際の対処法と修理 ライフハック
スポンサーリンク

今回は、ブラウンの電気シェーバー故障時の対処法と修理についてです。

 

動かない!寿命!?とお困りの方に対して記事を作成しました!

今回の記事は、次のような方に対する記事です。

 

  • ブラウンのシェーバーが動かない
  • ブラウンのシェーバーが故障したけど、対処法と修理方法を知りたい!

 

早速解説致します!

 

スポンサーリンク

ブラウンシェーバーの故障の原因を特定する

ブラウンのシェーバーの故障の原因が特定できる場合は特定しましょう。

故障の原因は、様々なケースが考えられます。

 

<故障の原因>

  • 落下
  • 水没
  • 基盤の老朽化
  • バッテリーの老朽化

 

上記に思い当たるふしがない場合は、原因を特定するのは難しいかもしれません。

僕は、動かなくなった時、それが寿命によるものなのか故障なのか、原因が分かりませんでした。

 

僕の場合:どんな故障の症状が発生したの?

僕はブラウンのシェーバー、シリーズ9の9090を使っているのですが、2019年の1月中旬に突如調子が悪くなり、「故障か!?」と思いました。

 

<購入時期と故障時期>

  • 購入時期: 2015.8.8
  • 故障時期: 2019.1.15頃

 

3年5ヶ月で故障ということになります。3年半使っていたので、寿命は近づいていたのかもしれませんが、かなりショックでした。

なんせ、ブラウンのシリーズ9は、最上位クラスのモデルで、本体価格は3万円近くするので、個人的には気軽に買い直しができないわけです。

 

突然勝手に動き出すという現象や、電源ボタンを押しても安全ロックがなぜかかかってしまって動かなかったり、すぐに止まってしまうという症状が発生しました。完全に故障状態です。

この症状は僕だけではないようで、ネットのレビュー欄を見てみると、「ブラウンシェーバーが勝手にロックしてしまう!」といった、僕と同じような故障の症状に悩まされている人がいることが分かりました。

↑YouTubeにて、勝手に電源が入ってしまう症状の状態の動画を公開されている方も居ました。僕も同じ状況になりました。

 

僕の場合は、故障の原因が分からないため、どうすればいいか迷いました。

 

シェーバーのバッテリーが問題の場合

コンセントに刺して使えるタイプのシェーバーをお持ちの方は、コンセントに刺してみましょう。

コンセントに刺して動くけど、コンセントを刺さないと動かない場合は、バッテリーが弱っていると考えられます。

 

僕は、「もしかしたら、バッテリーだけの問題かも?」と思ったので、まずはバッテリー疑うことにしました。

僕の持っているシェーバーは、コンセントを入れた状態でも動くような仕様になっています。

しかし、コンセントを挿した状態で電源ボタンを押してもすぐに安全ロックがかかったりしました。

つまり、バッテリーが原因ではない、と考えるようになりました。

 

ブラウンシェーバーを修理する方法

ブラウンシェーバー故障時は、以下の2択となるでしょう。

 

  1. ブラウンに依頼し、故障修理してもらう
  2. 自分で修理する(※自己責任となるので注意が必要です)

 

確実な方法はブラウンに修理を依頼することです。

ブラウンに故障修理の依頼をすると、12000円+送料が発生するようです。

 

参考サイト:ブラウン 修理参考価格

 

送料次第では、新品の「ブラウン シリーズ7」が買える金額にかなり近くなるので、どうするかは悩みどころです。

 

自分で修理する場合:ブラウンのバッテリーは手に入りにくい!?

僕の場合は、もしかすると、バッテリーだけの不具合なのかもしれないため、バッテリーを購入することも考えました。

しかし、ブラウンに使われているバッテリーは特殊なようで、なかなか手に入りにくいということも調べていて分かりました。

そして、バッテリーを交換して直るのか?も疑問だったため、今回は見送りました。

 

自分で修理する場合:トルクスドライバーセットを購入する

ブラウン9090シリーズは、トルクスドライバーという特殊なドライバーが必要です。

 

ブラウンのシェーバーを開封する時は、普通のプラスドライバーやマイナスドライバーで開けることはできません。

 

プラスドライバーでもマイナスドライバーでも開閉することは難しいと言うか、できないです。

 

トルクスドライバーのサイズが記載されたサイトは、僕が見る限り発見できませんでした。

取り扱い説明書にも、サイズまでは書いていないんですよね(^^;

 

一本だけ購入すればいいのではないかと思ったのですが、まずサイズがわからなかったため一本だけ買って間違ったらまずいと思いました。

従って、どのトルクスドライバーが必要になるかが全く分からなかったため、セットで購入することにしました。

100円ショップやドン・キホーテでもトルクスドライバーを探したのですが、見つけられませんでした。

 

僕は、アマゾン(Amazon)で、「JK6088A」という商品を購入しました。アマゾンでは、ベストセラーになっていました。

僕が購入したのはかなり安いモデルです。ショップによりますが、1000円あればお釣りがくるかと思います。

 

結果的に、これは功を奏しました。というのも、ブラウン9090シリーズは、2種類のトルクスドライバーが必要だったためです。

 

もし1本だけ買っていたら、対応できませんでした。バラしていない箇所もあるので、2種類以上必要な場合もあるかもしれませんのでこの点はご注意ください。

 

シェーバーを分解してみる

取りあえず分解してみることにしました。

 

ブラウン9090シリーズの分解は、1分ぐらいあれば可能です。

分解方法は、シリーズ9の場合は取り扱い説明書に書いています。

 

最初はかなり難しいのではないかと思っていましたが、意外とすぐに開けることができました。

僕は、水に濡らしたことはなかったため、故障の原因が水ではないはずと思っていました。

 

ただ、もしかしたら、露のようなものが侵入して、それで不具合が起きてるのではないかとも考えていました。

開けたら、色々な個所が腐敗している可能性もあると思っていましたが、開けたところ割と綺麗でした。

 

水が侵入して腐敗しているところもありませんでした 。従って、故障の原因が何なのかは今のところ分からない状態でした。

基盤の交換が必要かもしれません。

 

自力で修理をする上での注意点は?

ヘッド部(髭を剃る部分)は分解しない方が良いです。

分解してしまうと、自力で直すのは激ムズです。無限地獄へ突入します。

 

ヘッド部の分解清掃は諦め、お湯と洗剤を使って非分解清掃するのが良いのではないかと思っています。

 

また、原因が分からない時点で、トルクスドライバーを買ったり、バッテリーを買っても、結局直らない可能性もあります。

余計な出費に繋がるので、原因がはっきりした上で取り掛かると良いかと思います。

 

自力でシェーバーを修理する時のまとめ

自力で修理する時のまとめです。

 

  • ブラウンに故障修理の依頼をすると、12000円+送料が発生
  • バッテリーは手に入りにくい
  • トルクスドライバーは約1000円

 

修理に出す場合、送料次第では、新品の「ブラウン シリーズ7」が買える金額にかなり近くなるので、どうするかは悩みどころです。

自力修理の場合は、失敗するリスクも高いだけでなく、時間も取られるのがネックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました