PR

タイ旅行にドライヤーは必要?現地で借りる・買う・持っていく方法

スポンサーリンク

タイは熱帯気候で、湿度が高く、髪の毛が乾きにくい国です。旅行中にドライヤーを使うかどうかは、個人の好みや髪質によって異なりますが、一般的には以下の3つの方法があります。

スポンサーリンク

タイ旅行にドライヤーは必要?現地で借りる・買う・持っていく方法

タイ旅行にドライヤーは必要?現地で借りる・買う・持っていく方法について、今回はお話ししたいと思います。タイは暑くて湿気が多い国なので、髪の毛を乾かすのに時間がかかります。ドライヤーがないと不便に感じる方も多いでしょう。しかし、ドライヤーはかさばるし、電圧やプラグの問題もあります。では、どうすればいいのでしょうか。この記事では、現地でドライヤーを借りる方法、買う方法、持っていく方法のメリットとデメリットを比較してご紹介します。

現地で借りる

ホテルやゲストハウスによっては、ドライヤーを無料で貸し出してくれるところもあります。事前に予約サイトや公式サイトで確認しておくと良いでしょう。また、現地の美容院やコインランドリーでもドライヤーを使える場合があります。美容院ではカットやカラーと一緒にドライヤーを使えることが多いですが、コインランドリーでは別料金で払う必要があるかもしれません。

現地で買う

タイのスーパーやコンビニでは、安価なドライヤーを売っていることがあります。日本円で数百円から千円程度で購入できる場合もありますが、品質や安全性には注意が必要です。また、電圧やプラグの形状にも気をつけてください。タイの電圧は220Vで、日本の100Vより高いです。プラグの形状はA型やC型などがありますが、日本のプラグと互換性がない場合もあります。変圧器や変換プラグを使う必要があるかもしれません。

持っていく

自分のドライヤーを持っていく場合は、荷物の重量やスペースに注意してください。ドライヤーは意外とかさばるものですし、重さもそれなりにあります。また、電圧やプラグの問題も同様に考える必要があります。自分のドライヤーに合った変圧器や変換プラグを持っていくか、現地で購入するかを検討してください。

以上の3つの方法を比較すると、現地で借りる方法が一番手軽で経済的です。しかし、ドライヤーの使用頻度や品質にこだわる人は、現地で買うか持っていく方法を選ぶ方が良いかもしれません。タイ旅行にドライヤーは必要かどうかは、自分のスタイルや予算に合わせて決めてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました