PR

Libero 5G IVレビュー

スポンサーリンク

Libero 5G IVは、ZTE Corporationが製造した5G対応のスマートフォンです。

2023年12月7日に発売されたこの機種は、高性能なカメラや大容量バッテリー、防水防塵機能など、魅力的な特長を備えています。この記事では、Libero 5G IVの主な仕様と特長についてご紹介します。

Libero 5G IVは前期種のLibero 5G Ⅲよりもパワーアップしている点がいくつかあります。

スポンサーリンク

Libero 5G IVレビュー

Libero 5G IVは、高性能なカメラや大容量バッテリー、防水防塵機能など、多くの特長を備えた5G対応のスマートフォンです。カラーは3色から選べます。

操作がしやすいシンプルモードや詐欺・迷惑電話対策として通話録音ができる機能など、便利な機能も豊富です。

Libero 5G IVは、ビジネスやプライベートで活躍するスマートフォンです。

スペック

スペックLibero 5G IVLibero 5G III
4G LTEB1 / B3 / B8 / B41 / B42B1 / B3 / B8 / B41 / B42
5G転用5G:n3 / n28
Sub6:n77
転用5G:n3 / n28
Sub6:n77
CPUDimensity 700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHzDimensity 700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHz
RAM4GB4GB
ROM128GB64GB
SDカードmicroSDXC/ 最大1TBmicroSDXC/ 最大1TB
SIMnanoSIM / eSIMnanoSIM / eSIM
アウトカメラメイン:約5,000万画素
マクロ:約200万画素
被写界深度専用カメラ:約200万画素
メイン:約1,300万画素
マクロ:約200万画素
被写界深度専用カメラ:約200万画素
イヤホンジャック
インカメラ約800万画素約800万画素
おサイフケータイ対応対応
カラーブルー
ホワイト
ブラック
パープル
ホワイト
ブラック
サイズ(高さ×幅×厚み)166mm×76mm×8.6mm168mm×78mm×9.1mm
ディスプレイ約6.6インチ
TFT液晶
解像度:2,408×1,080(フルHD+)
約6.67インチ
有機EL
解像度:2,400×1,080(フルHD+)
バッテリー容量4,420mAh4,120mAh
ビデオ撮影フルHDフルHD
リフレッシュレート非公表非公表
ワイヤレス充電
価格21,996円(ワイモバイル)21,996円(ワイモバイル)
急速充電22.5W対応
(USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタ使用で103分)
最大速度不明
USB Type-C PD-PPS対応 ACアダプタ使用で85分
最大輝度非公表非公表
充電端子USB Type-CUSB Type-C
重量194g約207g
生体認証指紋、顔対応指紋
発売日2023年12月7日2022年12月15日
防水・防塵性能防水:IPX5,IPX7
防塵:IP6X
防水:IPX5,IPX7
防塵:IP5X

Libero 5G IVの主な仕様

Libero 5G IVは、約6.6インチの大画面TFTディスプレイを採用しています。解像度は2,408×1,080(フルHD+)で、鮮やかで美しい映像を楽しめます。

サイズは約W76×H166×D8.6mmで、重さは約194gです。手にしっくりと収まるコンパクトなデザインです。

200gを下回っているのはメリットですね。

最新のAndroid 13搭載

プラットフォームはAndroid 13で、CPUはDimensity 700(オクタコア)2.2GHz+2.0GHzを搭載しています。ROMは128GB、RAMは4GBで、快適な動作を実現しています。

前期種のLibero 5G Ⅲは初期OSがAndroid12ですので、新しくなっています。

アンドロイドの場合メモリーの容量を確認してからスマホを選ぶのが重要であり、メモリの容量が小さすぎると、思うように動かない・固まるというようなトラブルに見舞われるので。非常に大事な項目となります。

メモリーが4GBあれば、わりと快適な動作が見込めるので、良いと言えそうです。

外部メモリにはmicroSDXCカードを使用でき、最大1TBまで拡張できます。

通信方式は5G / LTE / AXGP / 3Gに対応しており、最大通信速度は下り最大1.8Gbps、上り最大159Mbpsです。

Massive MIMOにも対応しており、高速で安定した通信が可能です。SIMはnanoSIMとeSIMの両方に対応しています。

いわゆる物理SIMに対応しているのは、使い勝手が良いので、個人的には良いなと思います。

eSIMだけしか対応してない端末は、個人的には選ばないようにしています。

バッテリー性能

大容量バッテリーです。4,420mAhのバッテリーは、ビジネスや動画やゲームなどで長時間使っても安心です。

バッテリー容量は4,420mAhで、連続通話時間は約2,250分、連続待受時間は約618時間です。

充電時間は約103分で、フル充電することができます。USB Type-C PD-PPS対応のACアダプタを使用することで急速充電ができます。

22.5Wの急速充電に対応しており、電池切れの心配もありません。

カメラ性能

カメラと写真

Libero 5G IVの最大の特長は、高性能なトリプルカメラです。約5,000万画素のメインカメラは、被写体の認識AI機能を搭載しており、13種類のシーンに応じて最適な撮影設定を自動で行ってくれます。

これらのカメラを使えば、あらゆる瞬間を美しく記録することができます。

カメラはメインカメラとサブカメラの2つがあります。

メインカメラは約5,000万画素 + 約200万画素 + 約200万画素のトリプルカメラで、多彩な撮影モードが楽しめます。

記録サイズは静止画が8,160×6,144ドット、動画が1,920×1,080ドット(フルHD)です。

また、背景ぼかしやプロ並みの写真が撮れる約200万画素の被写界深度カメラや、被写体に近づいて大きく撮影できる約200万画素のマクロカメラも備えています。

インカメラは約800万画素で、高画質なセルフィーが撮れます。

インカメラが1600万画素のモデルもあるので、必ずしも高画質というわけではありません。ライブ配信をしたい方にはインカメラが800万画素なので向かない可能性もあります。

しかしながら、アウトカメラを鏡で反射させて、自分の顔を映すという配信スタイルを取っているライバーさんもいるので、そのような方法を取れば、このスマートフォンでもライブ配信に向きます。

前期種のLibero 5G Ⅲはカメラ性能がそれほど画素数が良いとは言えないので、思い切り進化しています。

その他の特長

その他にもおサイフケータイやNFC、防水防塵機能、指紋認証や顔認証など、便利で安心な機能が充実しています。

防水性能

雨の日

さらに、防水防塵機能も魅力的です。IPX5,IPX7 / IP6Xの防水防塵性能を持っており、画面や手が濡れた状態でも安心して使えます。

水やほこりに強いので、屋外やキッチンなどでも気軽に使えます。

メルカリでは138000円前後で購入可能です。インカメラが800万画素なのは少し引っかかりますが、サブスマホとして使用するならこの価格帯でも僕は全然問題ありません。

もちろん、使い方にはよりますが、メインスマホとしても十分なスペックだと思います。

関連記事:Libero 5G IV

価格が安い方が良い場合は、旧モデルであるLibero 5G Ⅲもオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スマートフォン家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました