PR

ベトナム旅行に現金はいくら必要?

ベトナム旅行に現金はいくら必要? 旅行
スポンサーリンク

ベトナムは東南アジアの国で、日本からも比較的近くて人気の旅行先です。

ベトナムは東南アジアの人気観光地の一つです。ベトナムに旅行するとき、現金はどのくらい必要なのでしょうか。

この記事では、ベトナム旅行において現金はいくら必要かについて解説します。

スポンサーリンク

ベトナム旅行に現金はいくら必要?

ベトナムの風景

ベトナムで使える通貨

ベトナムで使える通貨は、ベトナムドン(VND)と米ドル(USD)です。ベトナムドンは、紙幣と硬貨がありますが、硬貨はほとんど流通していません。

紙幣は、100VNDから500,000VNDまでの10種類があります。

米ドルは、主に高額の取引や宿泊費などで使われます。

米ドルを使う場合は、新札でないと受け付けられないことが多いので注意が必要です。

ベトナム旅行に必要な現金の目安

ベトナム旅行に必要な現金の目安は、一日あたり約10,000円から15,000円です。

これは、食事や交通費などの日常的な支出を含んだ平均的な予算です。もちろん、個人差や旅行スタイルによって変わりますが、参考にしてください。

ベトナムでは、クレジットカードや電子決済サービスも利用できますが、まだまだ現金主義の国です。

クレジットカード

特に地方や田舎では、現金しか使えない場所も多いので注意しましょう。

ベトナムのガイドブックで予習をするのもオススメです。

編集:地球の歩き方編集室
¥1,881 (2024/02/15 19:46時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。ベトナムのガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

ベトナム旅行に現金を持っていく方法

ベトナム旅行に現金を持っていく方法は、大きく分けて二つあります。一つは日本円を持っていく方法で、もう一つは米ドルを持っていく方法です。

日本円を持っていく場合は、ベトナムで両替する必要がありますが、手数料が高い場合があります。

また、日本円の両替レートは不安定な場合もありますので、注意が必要です。

米ドルを持っていく場合は、日本で両替する必要がありますが、手数料は安い場合が多いです。

また、米ドルの両替レートは安定している場合が多いですので、リスクが低いと言えます。

ただし、米ドルを持っていく場合は、偽札に注意する必要があります。

偽札を受け取ったり使用したりすると罰せられる可能性がありますので、新札や綺麗な札を選ぶようにしましょう。

ベトナムで現金を両替する場所

ベトナムで現金を両替する場所は、空港や銀行や両替商などがあります。

空港で両替する場合は、便利ですが、レートが悪い場合が多いです。

銀行で両替する場合は、安全ですが、手数料が高い場合や営業時間に制限がある場合があります。

両替商で両替する場合は、レートが良い場合や24時間営業している場合がありますが、詐欺や盗難の危険性も高いです。

どこで両替するかは個人の判断になりますが、一度に大量に両替するよりも、必要な分だけ少しずつ両替する方が安全です。

ベトナムで現金を引き出す方法

ベトナムでは、空港や都市部にあるATMから現金を引き出すことができます。

ATMからは、ベトナムドンと米ドルの両方を引き出すことができますが、手数料やレートに注意が必要です。

一般的に、ATMから引き出す場合は、ベトナムドンの方がお得です。ATMから引き出す際には、カードの暗証番号や日本円からの換算レートを確認しておくことが重要です。

ベトナムで現金を両替する方法

ベトナムでは、空港や都市部にある両替所や銀行で現金を両替することができます。

両替する場合は、レシートを必ず受け取るようにしましょう。

また、両替所や銀行によってレートや手数料が異なるので、事前に比較しておくことがおすすめです。一般的に、空港よりも都市部の方がレートが良いことが多いです。

ベトナム旅行で現金を持ち歩く際の注意点

ベトナム旅行で現金を持ち歩く際の注意点は、以下の通りです。

ベトナム旅行で現金を持ち歩く際の注意点について、詳しく解説します。ベトナムは現金主義の国であり、クレジットカードや電子決済が普及していない場所が多いです。

そのため、現金を持ち歩くことは必要不可欠ですが、同時にリスクも高まります。以下のポイントを押さえて、安全に現金を管理しましょう。

現金は分散して持ち歩く

財布やバッグだけでなく、ポケットや身体に隠した小さなポーチなどにも入れておくこと。万が一、盗難や紛失に遭っても、すべての現金を失わないようにするためです。また、大きな札は目立つので、小さな札に両替しておくと良いでしょう。

現金は常に目を離さない

人混みや乗り物などでスリやひったくりに遭わないように注意すること。特に、観光地やマーケットなどでは、狙われやすいので警戒しましょう。

財布やバッグは前面に持つか、斜めがけするなどして、手元から離さないようにしましょう。

現金は必要な分だけ持ち歩く

大金を持ち歩くと目立つだけでなく、危険も増すので避けること。一日の予算を決めておき、それ以上の現金は持ち歩かないようにしましょう。

また、高額紙幣を使うときは、相手の様子を見てから渡すようにしましょう。偽札やすり替えの被害に遭わないように注意が必要です。

現金はホテルのセーフティボックスに預ける

ホテルに滞在する際は、現金はセーフティボックスに預けておくこと。セーフティボックスがない場合は、フロントに預けるか、自分の部屋に鍵をかけておくこと。

部屋の中でも、現金は見えない場所に隠しておくと安心です。

以上が、ベトナム旅行で現金を持ち歩く際の注意点です。

現金は旅行の必需品ですが、同時にトラブルの原因にもなります。上記のポイントを守って、快適で安全な旅行を楽しみましょう。

solo-tourist(ソロ・ツーリスト)
¥2,640 (2024/02/15 18:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ベトナム旅行を楽しむためには、現金の管理が重要です。現金の必要性や持ち方について参考にしてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました