PR

台湾旅行のドライヤー

スポンサーリンク

台湾旅行に行くときに、ドライヤーは必要なのでしょうか?台湾のホテルや民宿にはドライヤーが備え付けられているのか?

ドライヤーを持っていくとしたら、どんなタイプがおすすめなのか?この記事では、台湾旅行に関するドライヤーの情報をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行のドライヤー

台湾 夜景

台湾のホテルや民宿にはドライヤーがあるのか?

台湾のホテルや民宿には、ほとんどの場合、ドライヤーが備え付けられています。

しかし、ドライヤーの種類や性能はさまざまで、日本で使っているような高性能なドライヤーを期待すると、がっかりすることもあります。

特に、髪の毛が多い人や長い人は、ドライヤーの風量や温度が低くて乾かすのに時間がかかったり、髪の毛がパサパサになったりすることもあるでしょう。

また、ドライヤーが壊れていたり、使えなかったりする場合も稀にあります。

そのため、台湾旅行に行くときには、自分の好みや髪質に合ったドライヤーを持っていくことをおすすめします。

ちなみに僕の知り合いの女性は、国内のホテルに泊まる際、そこにドライヤーが設置されているとしても、自分のドライヤーを家から持って行く派です。

僕は男性なので、女性がそういう拘りがあることを全然知りませんでしたが、僕の知り合いの女性はそのような拘りを持っています。

台湾旅行に持っていくドライヤーの選び方

台湾旅行に持っていくドライヤーを選ぶときには、以下の点に注意しましょう。

電圧

台湾の電圧は110Vです。

日本で販売されているドライヤーはほとんどが100Vですが、一部には110V対応のものもあります。

電圧が異なると、ドライヤーの性能が低下したり、故障したりする可能性があります。

そのため、台湾旅行に持っていくドライヤーは、必ず110V対応のものを選ぶようにしましょう。

サイズ

台湾旅行では、荷物を少なくしたいという人も多いでしょう。

その場合、大きくて重いドライヤーは邪魔になります。コンパクトで軽量なドライヤーを選ぶことで、荷物のスペースや重量を節約できます。

また、折りたたみ式や取り外し式のコードなど、持ち運びや収納に便利な機能があるとより良いです。

機能

台湾は日本よりも気温や湿度が高い場所です。

そのため、髪の毛が乾きにくかったり、広がったりすることもあります。そんなときに役立つ機能が、「マイナスイオン」や「ナノケア」などです。

これらの機能は、髪の毛に水分や栄養を与えて保護したり、静電気を防いだりしてくれます。また、「冷風」や「温度調節」などの機能もあると、髪の毛のセットやスタイリングに便利です。

台湾旅行におすすめのドライヤー

台湾旅行に持っていくドライヤーとして、以下のような商品がおすすめです。

  • – パナソニック ナノケア ドライヤー EH-NA9A:110V対応で、ナノケア機能がついています。髪の毛をしっとりと仕上げてくれます。コンパクトで軽量で、折りたたみ式のハンドルがあります。温度調節や冷風も可能です。
  • – コイズミ マイナスイオンドライヤー KHD-9820:110V対応で、マイナスイオン機能がついています。髪の毛をサラサラと仕上げてくれます。コードが取り外し式で、収納に便利です。温度調節や冷風も可能です。
  • – フィリップス ドライケア プレステージ ドライヤー HP8280/00:110V対応で、マイナスイオン機能や温度センサー機能がついています。髪の毛を傷めずに乾かしてくれます。コンパクトで軽量で、折りたたみ式のハンドルがあります。温度調節や冷風も可能です。
スポンサーリンク

台湾旅行のドライヤーまとめ

台湾旅行に行くときには、ドライヤーを持っていくことをおすすめします。

台湾のホテルや民宿にはドライヤーが備え付けられていますが、種類や性能にはばらつきがあります。自分の好みや髪質に合ったドライヤーを持っていくことで、快適な旅行を楽しめます。

台湾旅行に持っていくドライヤーは、110V対応で、コンパクトで軽量なものを選ぶようにしましょう。

また、マイナスイオンやナノケアなどの機能があると、髪の毛のケアやスタイリングに便利です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました