PR

タイ旅行でキャッシュレスは可能?おすすめの電子マネーとクレジットカード

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地のひとつです。タイに旅行するとき、現地での支払い方法について悩む方も多いのではないでしょうか。タイではキャッシュレス決済が普及しているのでしょうか。

また、どのような電子マネーやクレジットカードが使えるのでしょうか。この記事では、タイ旅行でキャッシュレスを利用するメリットや注意点、おすすめの電子マネーやクレジットカードを紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行でキャッシュレスは可能?おすすめの電子マネーとクレジットカード

タイ旅行でキャッシュレスを利用するメリット

タイ旅行でキャッシュレスを利用するメリットは以下のとおりです。

現金を持ち歩くリスクが減る

現金を多く持ち歩くと、盗難や紛失の危険性が高まります。また、現金を両替するときに手数料がかかったり、為替レートによって損をしたりする可能性もあります。キャッシュレス決済なら、現金を持ち歩く必要がなく、安心して旅行を楽しめます。

ポイントやマイルが貯まる

電子マネーやクレジットカードを使うと、ポイントやマイルが貯まります。これらは日本でも使える場合が多いので、お得に旅行をすることができます。また、一部の電子マネーやクレジットカードでは、海外での利用に特化したサービスや特典があります。例えば、海外旅行保険や空港ラウンジの利用などです。

支払いがスムーズになる

現金で支払うときには、お釣りをもらったり、小銭を数えたりする時間がかかります。また、現地通貨に慣れていないと、間違えて支払ったりもらったりすることもあります。キャッシュレス決済なら、カードやスマホをかざすだけで支払いが完了します。時間や手間を節約できます。

タイ旅行でキャッシュレスを利用する注意点

タイ旅行でキャッシュレスを利用する注意点は以下のとおりです。

利用可能な場所や方法を確認する

タイではキャッシュレス決済が普及していますが、まだまだ現金主義の場所も多くあります。特にローカルな飲食店や露店などでは、現金しか受け付けていないことが多いです。また、電子マネーやクレジットカードでも、利用可能なブランドや種類によっては使えない場合もあります。事前に利用可能な場所や方法を調べておくことが大切です。

手数料や為替レートに注意する

電子マネーやクレジットカードを使うときには、手数料や為替レートに注意する必要があります。一部の電子マネーやクレジットカードでは、海外での利用に手数料がかかる場合があります。また、為替レートはカード会社や電子マネー会社によって異なります。現地通貨で支払うか、日本円で支払うかも選べる場合がありますが、どちらがお得かは場合によって変わります。利用する前に、手数料や為替レートを確認しておくことがおすすめです。

セキュリティに気をつける

キャッシュレス決済は便利ですが、セキュリティに気をつけることも重要です。カードやスマホを紛失したり、盗まれたりすると、不正利用される可能性があります。また、スキミングやフィッシングなどの詐欺にも注意する必要があります。カードやスマホは常に身につけておき、暗証番号やパスワードは他人に教えないようにしましょう。不審なメールやサイトにはアクセスしないことも大切です。

タイ旅行でおすすめの電子マネーとクレジットカード

タイ旅行でおすすめの電子マネーとクレジットカードは以下のとおりです。

LINE Pay

LINE Payは、日本でも人気のメッセージアプリLINEの電子マネーサービスです。タイでもLINEは広く使われており、LINE Payは多くの店舗や施設で利用できます。また、タイの銀行口座やプリペイドカードと連携することもできます。LINE Payは海外での利用手数料が無料で、為替レートも優遇されます。さらに、LINEポイントも貯まります。

Visa

Visaは、世界中で使えるクレジットカードブランドのひとつです。タイでもVisaは広く受け入れられており、コンビニやスーパー、レストランやホテルなどで利用できます。また、Visaはタッチ決済機能を持つカードも多く発行しており、スマートフォンやスマートウォッチなどでも使えます。Visaは海外旅行保険や空港ラウンジの利用などの特典もあります。

Rabbit Card

Rabbit Cardは、タイの首都バンコクで使える交通系電子マネーです。バンコクのBTSスカイトレインやBRTバスなどの公共交通機関で利用できます。また、Rabbit Cardはコンビニやファストフード店などでも使えます。Rabbit Cardは日本円でチャージすることもできます。

以上、タイ旅行でキャッシュレスを利用するメリットや注意点、おすすめの電子マネーやクレジットカードについて紹介しました。タイ旅行をより快適に楽しむために、ぜひ参考にしてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました