PR

タイ旅行にパジャマは必要?宿泊施設での服装マナーとおすすめの素材

スポンサーリンク

タイは熱帯気候で、一年中暑いです。そんなタイに旅行するとき、パジャマは必要なのでしょうか?また、宿泊施設での服装マナーはどうなっているのでしょうか?

ここでは、タイ旅行にパジャマは必要かどうか、そして宿泊施設での服装マナーとおすすめの素材についてご紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行にパジャマは必要?宿泊施設での服装マナーとおすすめの素材

タイ旅行にパジャマは必要か

タイ旅行にパジャマは必要かどうかは、宿泊するホテルやゲストハウスの設備やサービスによって異なります。

一般的には、以下のような場合にはパジャマを持参することをおすすめします。

  • エアコンがないか、あっても効きが悪い場合
  • シーツやタオルが清潔でないか、交換が頻繁でない場合
  • ベッドバグやダニなどの虫が発生している可能性がある場合
  • 共同の部屋やドミトリーを利用する場合

これらの場合には、パジャマを着ることで快適に眠ることができます。

また、虫刺されや皮膚炎などのトラブルを防ぐこともできます。一方、以下のような場合にはパジャマを持参しなくても大丈夫です。

  • エアコンがあって効きが良い場合
  • シーツやタオルが清潔で、交換が頻繁な場合
  • 虫が発生していないことが確認できる場合
  • 個室を利用する場合

これらの場合には、シーツやタオルだけで十分に寝ることができます。また、荷物を減らすこともできます。

宿泊施設での服装マナー

タイでは、宿泊施設での服装マナーはそれほど厳しくありません。しかし、一部の高級ホテルやリゾートでは、ドレスコードが設定されていることもあります。

特に、レストランやバーなどの共用施設では、以下のような服装は避けるべきです。

  • ビキニや水着だけの姿
  • タンクトップやショートパンツなどの露出度の高い服装
  • サンダルやビーチサンダルなどのカジュアルな靴

これらの服装は、不快感や不敬と受け取られる可能性があります。

また、冷房が効いている場所では寒く感じることもあります。そのため、以下のような服装を選ぶことをおすすめします。

  • カーディガンやショールなどの羽織り物
  • ロングスカートやロングパンツなどの丈の長い服装
  • 革靴やパンプスなどのきちんとした靴

これらの服装は、清潔感や品位を感じさせるとともに、温度調節もしやすいです。

おすすめの素材

タイ旅行にパジャマや服装を選ぶときには、素材も重要なポイントです。

タイは暑くて湿気が高いので、汗をかきやすく、乾きにくいです。そのため、以下のような素材は避けるべきです。

  • ポリエステルやナイロンなどの化学繊維
  • ウールやカシミアなどの動物性繊維
  • デニムやベルベットなどの厚手の繊維

これらの素材は、通気性が悪く、暑苦しく感じることがあります。

また、汗を吸収しにくく、臭いや菌の発生を招くこともあります。一方、以下のような素材はおすすめです。

  • コットンやリネンなどの植物性繊維
  • シルクやレーヨンなどの天然由来の繊維
  • メッシュやジャージーなどの薄手の繊維

これらの素材は、通気性が良く、涼しく快適に感じることができます。また、汗を吸収しやすく、乾きやすいです。

スポンサーリンク

タイ旅行にパジャマは必要?宿泊施設での服装マナーとおすすめの素材まとめ

タイ旅行にパジャマは必要かどうかは、宿泊するホテルやゲストハウスの設備やサービスによって異なります。パジャマを持参する場合には、コットンやリネンなどの植物性繊維がおすすめです。

また、宿泊施設での服装マナーはそれほど厳しくありませんが、一部の高級ホテルやリゾートではドレスコードが設定されていることもあります。

その場合には、カーディガンやロングスカートなどの清潔感や品位を感じさせる服装を選ぶことをおすすめします。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました