PR

台湾旅行での薬の持ち込み

台湾旅行での薬の持ち込み 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾は日本から近くて人気の観光地ですが、薬の持ち込みには厳しい規制があります。

台湾に入国する際には、必要な薬だけを持っていくことが大切です。台湾旅行で薬を持ち込む方法や注意点を説明します。

スポンサーリンク

台湾旅行での薬の持ち込み

台湾 夜景

台湾で薬の持ち込みが必要な場合

台湾で薬の持ち込みが必要な場合は、主に以下の二つです。

  • 持病がある場合
  • 旅行中に体調を崩した場合

持病がある場合は、日本で処方された薬を持っていくことができますが、一定の条件があります。まず、薬の量は旅行期間中に必要な分だけに限られます。

また、薬の種類や成分によっては、台湾で禁止されているものもあります。

そのため、事前に台湾の駐日代表処や大使館などに問い合わせて確認することが必要です。

さらに、薬を持ち込む際には、医師から発行された処方箋や診断書などの書類を添えることが求められます。これらの書類は英語か中国語で作成するか、翻訳しておく必要があります。

旅行中に体調を崩した場合は、日本で購入した市販薬を持っていくこともできますが、同様に数量や種類に制限があります。

一般的には、風邪薬や解熱剤などの常備薬は1人1種類2箱までとされています。

また、鎮痛剤や睡眠薬などの向精神薬は台湾では禁止されているものも多いので注意が必要です。

市販薬を持ち込む際にも、製品名や成分名などのラベルを貼っておくことが望ましいです。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。台湾のガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

台湾で薬を購入する方法

台湾で薬を購入する方法は、主に以下の二つです。

  • 薬局で購入する
  • 病院で処方される

薬局で購入する場合は、日本と同じように市販薬を自由に選ぶことができます。

ただし、日本と同じ製品や成分があるとは限りませんし、価格も異なる場合があります。

また、ラベルや説明書は中国語で書かれていることが多いので、読めない場合は店員に相談するか、事前に調べておくことがおすすめです。

病院で処方される場合は、日本と同じように診察を受けて医師から処方箋をもらうことができます。

ただし、保険証や健康保険協会カードなどの日本の医療保険は台湾では使えません。

そのため、診察料や薬代は全額自己負担となります。

また、処方箋は病院の薬局でしか引き換えられないことが多いので、注意が必要です。

台湾旅行で薬の持ち込みに関するまとめ

台湾旅行で薬の持ち込みに関するまとめは以下の通りです。

  • 持病がある場合や旅行中に体調を崩した場合は、日本で処方された薬や市販薬を持っていくことができるが、数量や種類に制限がある
  • 薬の持ち込みには、医師から発行された処方箋や診断書などの書類が必要で、英語か中国語で作成するか翻訳しておく必要がある
  • 薬の種類や成分によっては、台湾で禁止されているものもあるので、事前に台湾の駐日代表処や大使館などに問い合わせて確認することが必要である
  • 台湾で薬を購入する場合は、薬局で市販薬を選ぶか、病院で処方されるかの二つがあるが、日本の医療保険は使えないので全額自己負担となる
  • ラベルや説明書は中国語で書かれていることが多いので、読めない場合は店員に相談するか、事前に調べておくことがおすすめである

台湾は美しい自然や豊かな文化を楽しめる素敵な国ですが、薬の持ち込みには注意が必要です。

旅行前にしっかり準備して、快適な旅を楽しみましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました