PR

買ってはいけないスマートウォッチ8選

警告マーク スマートウォッチ
スポンサーリンク

スマートウォッチは便利なアイテムですが、中には購入を避けた方が良いものもあります。

今回は、買ってはいけないスマートウォッチ8選を紹介します。

これらのスマートウォッチは、以下のような理由でおすすめできません。

関連記事:おすすめのスマートウォッチ9選【2023年】

スポンサーリンク

買ってはいけないスマートウォッチ8選

買ってはいけないスマートウォッチ8選をご紹介します。

関連記事:Fitbit(フィットビット)はどこの国のメーカー?特長解説

バッテリーの持ちが悪い

バッテリー

スマートウォッチは常に画面を点灯させたり、通知を受け取ったりするため、バッテリーの消耗が激しいです。

そのため、バッテリーの持ちが悪いスマートウォッチは非常に不便です。一日中使えないとしたら、意味がありませんよね。

バッテリーの持ちが悪いスマートウォッチは、充電回数が多くなり、寿命も短くなります。

バッテリーの持ちが良いスマートウォッチを選ぶことで、快適に使えるだけでなく、長く使えるようになります。

スマートウォッチの一番の魅力は、常に手元に情報を表示できることです。

しかし、バッテリーがすぐ切れてしまうと、その機能が失われてしまいます。

バッテリーが持たないスマートウォッチは、毎日充電する必要がありますし、外出先で使えなくなる可能性もあります。

そんな面倒なスマートウォッチは、買わない方が無難である場合もあります。

HUAWEI(ファーウェイ)
¥6,514 (2024/02/18 16:21時点 | Amazon調べ)


HUAWEI Band 8は、14日間もバッテリーが持続するので、充電のわずらわしさから解放されるので、オススメです。

操作性が悪い

スマートウォッチは小さな画面で多くの操作を行う必要があります。

そのため、操作性が悪いと、ストレスが溜まります。

操作性が悪いスマートウォッチは、タッチ感度が低かったり、ボタンが少なかったり、メニューが分かりにくかったりします。

操作性が悪いと、スマートウォッチの便利さを感じられませんし、使う気にもなりません。

「技適」マークが付いていないスマートウォッチ

日本国内で使用するためには、電子機器には「技適」マークが必要です。

「技適」は、日本の電気通信事業法に基づいて設けられた制度で、電気通信事業者や製造業者が技術基準を満たした製品を販売および使用することを許可するものです。

したがって、「技適」マークが付いていないスマートウォッチは、一般的には日本国内で使用することはできません。

日本の法律では、技適マークのない製品の輸入、販売、使用は違法とされています。

技適マークがない製品は、電波の妨害や安全性の問題を引き起こす可能性があります。

したがって、日本で使用する場合は、技適マークが付いている製品を選択することをお勧めします。

技適マークは、製品の外装やパッケージに表示されています。

スマートウォッチを購入する際には、必ず技適マークが付いているかどうかを確認しましょう。

防水性能が低い

プールで泳ぐ人

スマートウォッチは手首につけて使うものですから、水に濡れる可能性が高いです。

手洗いや雨の日、プールや海で泳ぐときなど、水に触れるシーンは多々あります。

防水性能が低いスマートウォッチは、水に濡れると故障する恐れがあります。

また、汗や湿気にも弱い場合があります。防水性能が高いスマートウォッチを選ぶことで、水に関する心配を減らすことができます。

互換性が低い

スマートウォッチはスマートフォンと連携して使うことが多いです。

しかし、互換性が低いと、スマートフォンとの連携がうまくできません。

互換性が低いスマートウォッチは、通知やアプリの同期ができなかったり、設定やカスタマイズができなかったりします。

互換性が低いと、スマートウォッチの機能を十分に活用できませんし、使い勝手も悪くなります。

デザインがダサい

スマートウォッチはファッションアイテムとしても重要です。

しかし、デザインがダサいと、見た目にも影響します。

デザインがダサいスマートウォッチは、形や色や素材が古臭かったり、安っぽかったりします。

デザインがダサいと、スマートウォッチを着けることに抵抗を感じますし、コーディネートにも合わせにくくなります。

モデル名が記載されていないスマートウォッチ

スマートウォッチのモデル名が記載されていない場合の問題点はいくつかあります。

製造元の信頼性が不明

スマートウォッチの製造元はその品質や信頼性に大きく影響します。

有名なメーカーやブランドは一定の品質を保証する傾向がありますが、モデル名が明示されていない製品はその信頼性に疑問が残ります。

不明瞭な製造元からの製品は、故障率が高かったり、予期せぬ不具合が発生する可能性があります。モデル名が明記されていないスマートウォッチは避けるべきです。

仕様や機能の比較が困難

スマートウォッチはさまざまな機能や仕様を持つ製品があります。

モデル名が記載されていない場合、そのスマートウォッチの具体的な機能やスペックを他のモデルと比較することが難しくなります。

消費者が自分のニーズに合った最適な製品を選ぶためには、仕様や機能の比較が欠かせません。記載されていないスマートウォッチは、本当に自分に適した製品なのか判断しづらいという問題があります。

サポートやアップデートのリスク

スマートウォッチはソフトウェアのアップデートやサポートが重要です。

しかし、モデル名が明示されていない場合、メーカーや開発元が提供するサポートやアップデートの対象となるか不明確です。特定のモデル名がないと、製品の保証期間やサポート期間、アップデートの提供頻度などが把握できないため、長期的な利用において不安定な状態に陥る可能性があります。

レビューや評価の参考が限られる

消費者はスマートウォッチを購入する際に、他のユーザーのレビューや評価を参考にすることが一般的です。しかし、モデル名が不明の場合、その製品の実際の使用感や評価を把握することが難しくなります。

他のユーザーの意見を参考にすることで、失敗を避けることができる場合もありますが、モデル名のない製品はその情報が限られているため、購入の際に冒険を強いられる可能性が高まります。

購入後のトラブル時に不便を招く

スマートウォッチは電子製品であり、万が一のトラブルや故障が発生する可能性があります。しかし、モデル名が明示されていない場合、保証や修理の手続きが複雑化することがあります。

製品の識別が困難であれば、メーカーや販売店とのコミュニケーションがスムーズに行えず、トラブルが解決するまでの時間が長引く可能性があります。

スマートウォッチのモデル名が記載されていない製品は、信頼性やサポート、比較・評価の観点から購入を避けるべきです。

消費者として、自分に合った高品質なスマートウォッチを選ぶために、製品情報が明確に記載された製品を選ぶことが重要です。

価格が高すぎる

スマートウォッチは高価なアイテムですが、中には価格が高すぎるものもあります。

価格が高すぎるスマートウォッチは、性能や品質や機能に見合わない値段をしています。

価格が高すぎると、コスパが悪くなりますし、購入する際にも躊躇してしまいます。

スポンサーリンク

おすすめのスマートウォッチ

おすすめのスマートウォッチもご紹介します。

Fitbit Versa 2

Fitbit Versa 2
¥18,280 (2024/02/17 14:39時点 | Amazon調べ)

Fitbit Versa 2の魅力についてご紹介します。

Fitbit Versa 2は、音声操作機能、睡眠スコアの表示機能、フィットネス機能、アプリなどを備えた、健康管理 & フィットネスに最適な高性能なスマートウォッチです。

Fitbit Versa 2が選ばれる理由はいくつもあります。

Fitbitは、他の追随を許さないほどの膨大なデータベースを持っています。同じ性別・年齢層の平均値と自分の数値を比較できるので、自分の健康状態を客観的に把握することができます。

Fitbitを使っている友達と歩数やメッセージを共有できるので、一緒に健康づくりを楽しむことができます。

Fitbitのコミュニティでは、世界中のユーザーと交流したり、有益な情報を得たりすることができます。

Fitbit Versa 2には、アプリ画面を見ながらできるエクササイズの指導機能があります。自宅で手軽にトレーニングを始めることができます。

Fitbit Versa 2では、数百種類から選べる文字盤で自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

おすすめのスマートウォッチは以下のブログで解説しています。

買ってはいけないスマートウォッチ8選まとめ

以上、買ってはいけないスマートウォッチ8選をご紹介しました。

これらのスマートウォッチは、バッテリー・操作性・互換性・デザイン・価格のいずれかが問題があります。

スマートウォッチを購入する際には、これらのポイントに注意してください。

スマートウォッチは便利なアイテムですが、買って後悔しないように、慎重に選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました