スマートウォッチおすすめモデル9選

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、スマートウォッチおすすめモデル9選、についてです。

「スマートウォッチ」は、腕時計としての機能のほか、スマートフォンと連動させることで、アプリの操作やデータの管理をすることができるのが特徴です!

最近では、ファッションブランドやスポーツメーカーからも製品が発売されてきています。

ファッショナブルなモデルが増加傾向にあると言えそうです!

今回は、おすすめのスマートウォッチをご紹介します。

液晶画面をタッチするタイプから、一般的な腕時計と同じように使える製品までご紹介致します。興味がある方はぜひ確認してみてください。

スマートウォッチとは?

スマートウォッチは、身体に身に付けて持ち運ぶ、ウェアラブル端末と呼ばれる腕時計型端末のことです。

時計としてのほか、スマートフォンと連携させることで、アプリの通知やメッセージ・電話の応対をすることができます。

そして、スマートウォッチにSIMカードを挿入することで、単体で電話やメールを送ることが可能な製品も発売されています。

スマートウォッチのメリット

スマートウォッチを使うことで、スマホアプリ(LINEやTwitterなど)の通知等を、わざわざスマートフォンをポケットやバッグ、リュックから取り出すことなく、手元ですぐに確認可能です。

そのため、取り出す手間が省けます。スマートフォンをサポートするサブ端末として大変重宝します

活動量計やウェアラブル端末との違いは?

スマートウォッチは、豊富な機能が特長だと言えます。ウェアラブル端末の一種としてスマートフォンと連携させて使用する点では、活動量計と共通しています。

しかし、活動量計が歩数・距離・消費カロリー等の運動データの計測や、心拍数・睡眠記録等の健康補助機能に特化しているのに対して、スマートウォッチはそれ以外の機能も多数内蔵しています

たとえば、スマートフォンと連携してスケジュールやメールを管理したり、音楽を再生したり、電子決済やモバイルSuicaが利用可能な機能等を持ち合わせています。加えて、最近ではスマートフォンと連携することなくスマートウォッチ単体で通話が可能な製品も存在します。

スマートウォッチは活動量計よりも機能の幅が広いため、健康管理に活用するだけでなく、日常生活の様々な場面で活用できるのがメリットです。

スマートウォッチでできること

健康管理

心拍数測定

スマートウォッチは活動量計も兼ねるウェアラブル機器なので、殆どの製品に心拍センサーが内蔵されています。

スポーツやダイエットの際のトレーニング時は、心拍数の管理が重要と言われたりします。

体脂肪を燃焼したい場合には最大心拍数の6〜7割、心肺を鍛えたい場合は最大心拍数の7〜8割を維持しつつトレーニングを行うのが理想とされています。スマートウォッチで心拍数を確認しながらトレーニングすることで、最大の効果を発揮できるのも特筆すべき点でしょう。

そして、心拍数を運動量のデータと一緒に測定できれば、実際の消費カロリーをより正確に算出することができます。消費カロリーを計算して、ダイエットや減量などに役立てることもできます。心拍数を常時検知可能なので、身体に起こる異変も素早く察知できます。

血圧測定

スマートウォッチの製品には、血圧測定可能なモデルも発売されています液晶画面の裏側に測定センサーが内蔵されており、スマートウォッチを装着してから数秒程度で血圧値が表示されます。スマホアプリと連動させれば、測定データの管理も可能となっています。

但し、スマートウォッチは医療機器ではありません。そのため、測定値はあくまでも目安に留めるのが良いかと思います。

電子決済

日本のおける電子決済は「おサイフケータイ」が有名ですが、スマートウォッチではApple PayやGoogle Pay等が利用可能です。

スマートフォンにクレジットカードの情報を予め登録することで、決済の際に、連携したスマートウォッチの画面をレジの受信機に近づけるだけで決済することができます。

例えば、ウォーキングやランニング中に、コンビニなどで飲食物を購入しようとする際も、クレジットカードや財布を持ち歩かなくて良いので、持ち物も減り、便利です。さらに、決済は通常のカード決済と違い、番号等のカード情報が相手方に表示されないため、ショッピング時でも安全に決済することができます。

Suica

スマートウォッチの中でも、モバイルSuicaが使える製品であれば交通機関の運賃支払いも楽です。あらかじめ連携するスマートフォン側のSuicaアプリで、仮想Suicaを発行してクレジットカードを登録しておけば、500円単位で1万円まで指定でき、上限額2万円までチャージすることができます。

駅の改札では、スマートウォッチをかざすだけで簡単に通過できます。そのため、ICカードと同じ感覚で利用可能となっていますそして、コンビニやデパート等Suica決済に対応したお店でも支払いが可能なので便利です。

但し、同一の仮想Suicaデータは、スマートフォンかスマートウォッチのいずれか片方でしか保管できません。

仮想Suica入りのスマートウォッチを自宅に忘れた場合、連携したスマートフォンでも仮想Suicaは使用できないので、その点は注意しましょう。そして、バッテリーが切れた際でも使用不可となりますので、その点も注意が必要です。

タスク管理

スケジュールを決めるのは簡単ですが、それを予定通り実行するのは誰にとってもなかなか難しいことではないでしょうか。しかし、そんな悩みもスマートウォッチを活用することで、解消することができます。

スマートウォッチのホーム画面では、現在実行中のタスクとその進捗状況の表示が可能となっています。今やるべきことを常に意識できるので、モチベーションの維持にも重宝します。

GPS

スマートウォッチには、GPSを活用した道案内の機能が内蔵されている製品もあります。

スマートウォッチでは、地図アプリでのルートや目的地までの距離を示してくれます。

そのため、地図を見るのが苦手な方にも扱いやすいです。道に迷う心配が減り、目的地に辿り着きやすくなります。

そして、単なる道案内だけではなく、GPSロガーとしても活用可能です。

ウォーキングやハイキングで移動した経路のログデータを記録し、連携したスマートフォンの地図アプリ上でルートを表示することができます。途中で立ち寄った店舗の場所を確認したり、移動したルートを参考にしながら、今度訪れる場所を決めたり、旅行にも活用可能な機能です。

電話・メール返信

スマートウォッチは、メールやLINEで受信したメッセージを通知表示することができます。さらに、返信機能を備えた製品もあります。あらかじめスマートフォン側のアプリで定型文を登録しておけば、メッセージの受信時にスマートウォッチの画面をタップするだけで登録した定型文を返信することができます。

そして、SIMカードを介したデータ通信に対応したモデルでは、スマートフォンと連携させなくてもインターネットが利用可能のほか、スマートウォッチ単体で電話に出ることも可能です。ワイヤレスイヤホンを使用することで、手が離せない場面でも相手との通話が可能となります

スマートウォッチの選び方

OS

Googleが開発した「Wear OS by Google」

以前は「Android Wear」という名称でしたが、対応デバイスの幅広さを強調するために、2018年3月より「Wear OS by Google」と改名しました。Androidスマートフォンだけではなく、iPhoneとも連携して使用可能なのが特徴です。

Wear OSは、健康管理やスケジュール管理を始めとする基本的なアプリが充実しているので、スマートウォッチとしては十分な性能を持ち合わせていますそして、GmailやGoogleカレンダー、Googleアシスタント等、Googleの独自サービスとの親和性も高く、日常的にGoogleのサービスを利用している方は要確認です。

多彩なスタイルを楽しめるのも「Wear OS by Google」の特筆すべき点だと言えますApple Watchとは異なり、複数のメーカーから発売されていることから、文字盤や外装のデザインも製品ごとに様々な種類があります。

ファッションやフィットネス等、自分の生活スタイルに合ったデザインを自由に選べるところも利点と言えます

Apple Watch「watchOS」

Apple Watch専用にアップルが開発したウェアラブルOSです。

Android端末との連携はできません。しかしながら、iPhoneなどのiOS端末と連携することにより、データ管理が可能です。

音声アシスタント機能「Siri」や、音楽のストリーミングサービスである「Apple Music」等のアップル独自のサービスと連携が可能なところも特筆すべき点でしょう。

「Siri」が自分の好みに合わせた曲のプレイリストを作成し、それをApple Watchに自動同期してくれるので、ワイヤレスイヤホンがあればワークアウト中も音楽が行えます

「watchOS」の最大の特筆すべき点は、利用可能なアプリの数が多いことでしょう。

純正アプリ以外にも、睡眠を自動で追跡して最適な睡眠時間を計測する製品や、時間ごとに行うべきタスクを通知する製品等、便利なアプリが数多く配信されています。

サムスン「Tizen」

「Tizen」は、もともとiOS、Androidに続く「第三のモバイルOS」として、サムスンにより開発されたOSです。

現在はサムスンが製造するスマートウォッチやスマートテレビ等のIoT家電に内蔵されています。

Tizenを内蔵したスマートウォッチは、画面表示や操作のインターフェースが洗練されていて使い勝手が良いのが特徴です。そして、バッテリーが長持ちすることでも定評があります。

AndroidスマートフォンとiPhoneの双方との連携が可能です。しかし、iPhoneとの接続時はメールの返信や地図の表示等、iOSの仕様に基づいた機能は使用できませんそして、AndroidスマートフォンでもGalaxy以外のモデルでは「SOS機能」等、一部機能が使用できないので注意が必要です。

※サムスンは、Tizen搭載スマートフォンの開発から撤退するとのニュースがあり、今後どうなるかが気になるところです。

デザイン

ビジネスの場面でも使い勝手の良い「アナログ時計型」

「アナログ時計型」は、一般的なアナログ腕時計と同じように、文字盤に物理的な針があるタイプのスマートウォッチです。

スマートフォンと連動させることで、電話・メッセージの受信時に、内蔵のバイブレーターにより本体が振動したりします。さらに、歩いた距離に応じて、針が動いたりもします。

デザインがシンプルな製品が多いので、ビジネスの場面使い勝手が良いのも特筆すべき点でしょうそして、タッチディスプレイ型と比べてバッテリー消費が比較的少ないため、普通の腕時計に近い感覚で使用可能です。初めてスマートウォッチを導入する方におすすめです。

多機能な「タッチディスプレイ型」

文字盤にタッチディスプレイを内蔵しているタイプのスマートウォッチです。着信時には文字盤に通知メッセージを画面表示したり、インストールしたアプリを液晶画面で操作したりと、多機能な点が特徴です。

そして、文字盤の表示変更が可能なところも特筆すべき点でしょう。趣味や気分に応じて自由にデザインを変えられるのは、タッチディスプレイ型ならではの特筆すべき点でしょう。

スポーツ向きの「リストバンド型」

バンド部分と横幅がほぼ同じサイズの液晶画面内蔵した、細身のスマートウォッチです。その形状から「スマートバンド」とも呼ばれたりもします

「リストバンド型」は、ライフログ機能に特化しているのが特筆すべき点でしょう。「アナログ時計型」や「タッチディスプレイ型」に比べ、軽量の製品が豊富です。ランニング等の激しい運動にも対応することができます。スポーツの場面でおすすめのスマートウォッチです。

用途に合わせてセンサー類を確認する

スマートウォッチには、加速度センサーやGPS等、色々なセンサーが付いています。GPSを内蔵している製品は、ランニング等のアクティブな使用におすすめです。わざわざスマートフォンを持っていかなくても、走る速度や移動距離をひと目で確認することができます。

防塵・防水性能

防塵・防水性能の等級には、IPコードと呼ばれる 「IP67」、「IP58」などの表記が使われています。日本では、日本工業規格(JIS)がIPコードが用いられています。

たとえば、「IP7X」の場合、防塵の等級が7等級あることを意味します。「X」と表記されている場合は、等級なしという意味です。つまり、まとめると以下のようになります。

・「IP7X」:防塵性能はある、防水性能はない

・「IPX8」等と記載されている場合:防塵等級はない。防水等級はある

・「IP45」等と記載されている場合:防塵&防水の双方ともに対応している

等級によって対応している性能が異なるため、しっかり確認しておくと良いでしょう。スマートウォッチの場合は防塵等級5以上、防水等級6以上あれば、雨でも気軽に使用可能なのでおすすめです。

Bluetoothのバージョン

スマートウォッチとスマートフォンとの接続には、「Bluetooth」が用いられています。

スマートフォンが古い機種の場合、最新のBluetoothの性能が発揮できない場合があります。古い機種のスマートフォンをご使用の方は、どのバージョンのBluetoothに対応しているかをチェックしましょう。

Android使用者におすすめのスマートウォッチ

モブボイ(Mobvoi) TicWatch Pro 201806121716BJP


中国の人気メーカー「モブボイ」の多機能なスマートウォッチです。高解像度のスクリーンと消費電力の少ないスクリーンの「二重層ディスプレイ構造」を採用しており、それにより最長30日間のバッテリー寿命を実現しています。

ベルトの外側にはエレガントなイタリアン本革、内側には肌に優しいシリコン素材が使用されています。デザイン性や着け心地にも優れていると言えます。

機能面では、自分のいる場所が正確に把握可能なGPS追跡機能、水に濡れても壊れないIP68の防水・防塵、心拍数・歩数・カロリー等が計測できる各種センサーを内蔵しています。これ1台でプライベートからスポーツの場面まで幅広く使用可能です

1000種類以上の豊富なウォッチフェイスオプションが付いており、気分に合わせ変更可能な点も特筆すべき点でしょう。

カシオ(CASIO) G-SHOCK マスター オブ G マッドマスター GG-B100-1AJF

耐久性、機能性を兼ね備えた、カシオのスマートウォッチです。

「トリプルセンサー」搭載により、高度、方位、温度の計測が可能です。

また、歩数の計測が可能な「クワッドセンサー」、記録した地点までの方位と距離を画面表示する「ロケーションインジケーター」、色々な機能や操作を行える「スマートフォンリンク機能」等、便利な機能を色々使うことができます。

G-SHOCKシリーズ初採用の「モードカスタマイズ機能」を使用することで、液晶画面に表示する内容を自由にカスタマイズ可能な点も特徴的です。

モジュールを包むケースは、カーボンファイバー強化樹脂を用いた「カーボンコアガード構造」、バックカバーには耐衝撃性に優れた「グラスファイバー強化樹脂」を内蔵しています。

極限的な環境下でも耐えられる、頑丈な作りも特筆すべき点でしょう。

腕を傾けることで明るいLEDライトが発光する「オートライト機能」も搭載しています。

緊急時や夜道でのディスプレイ確認、アウトドアの場面でのちょっとした灯りとしても使用可能です。

ガーミン(GARMIN) fenix 5s Plus

色々な用途や場面で使える、ガーミンのハイエンドな製品です。

4つの衛星電波を取得できる「マルチGNSS 」に対応しています。高いビルに囲まれた都市部や山間部でも精度の高い位置情報を取得できます。日本全国の登山地形図と道路地図を内蔵しており、簡易的なナビゲーションシステムとして使用可能なのも特徴的です。

その他、運動量を正確に測定して記録する「アドバンスドパフォーマンス機能」や、心拍の起伏変化や睡眠時間をモニタリングする「Garmin Elevate光学式心拍計」、トレーニングデータを簡単に記録・シェア可能な「Garmin Connect Mobile」等、アクティブトラッカーとしての機能も充実しています。手をかざすだけで支払いが可能な「Garmin Pay」を利用可能なので、対応するお店での決済を簡単に行えます。

コスペット(KOSPET) Kospet Hope

4G LTE対応の高性能スマートウォッチです。SIMカードを挿入することで、外出先でも単体で高速インターネットを行えます。OSにはAndroid7.1が用いられているので、普段スマートフォンで使っているアプリやゲームを使用することも可能です。側面には高解像度の「8.0MPカメラ」を内蔵しており、きれいな写真・動画撮影が楽しめるのも特筆すべき点でしょう。

機能面では、運動データを詳細に記録可能な「スポーツトラック機能」、歩数の確認可能な「ステップセンサー」を内蔵しています。

CPUはMTK6739です。メモリは3GB、容量は32GBを搭載しているのも特筆すべき点でしょう

Lcsriya V80S

2通りの使い方が可能な多機能スマートウォッチです。本体はイヤホン形状になっています。

リストバンドから取り外すことで、Bluetoothイヤホンとしても使用することができるのが特徴です。

重さは35.5gと軽量なモデルです。

心拍数や血圧を24時間確認可能な光学式センサーや、ボタンひとつでスマートフォンを探せる機能、離れた場所からでもカメラのシャッターを切れる機能等、便利な機能が満載です。

専用アプリ「H Band」を使えば、スマートウォッチで取得したデータをスマートフォンで管理したり、機能の追加やお知らせの設定をカスタマイズしたりすることも可能です。シンプルで操作がしやすいのも特筆すべき点なので、スマートウォッチを初めて選択する方や機械が苦手な方にもおすすめです。

シャオミ(Xiaomi) Mi band 3

スマートウォッチを購入したいけれど、「高価格のモデルはちょっと手が出せない」という方におすすめのモデルです。

リーズナブルな製品にも関わらず、血圧や歩数等を常にモニタリング可能な「心拍数センサー」のほか、座りすぎを防止する「アイドルアラート」、着信やメールの受信を教えてくれる「振動アラーム」等、基本機能が満載です。

本製品は、5気圧(50m)防水に対応しています。ちょっとした潜水での使用でも壊れないタフさがあります。

普段使いとしてのほか、屋外レジャーからスポーツの場面まで幅広く使用可能です。液晶画面には、電力効率の高い「高精細OELタッチスクリーン」を用いているため、1回の充電で最長20日間使用可能です。純正バンドのラインナップは全部で3色展開されています。用途や場面に応じてバンドの色を交換することができます。

iPhone使用者におすすめのスマートウォッチ

アップル(Apple) Apple Watch Series 4 MU6D2J/A

アップルが販売している、人気のスマートウォッチです。GPS製品です。ディスプレイのベゼルを狭くすることで、従来製品と同じデザインながら画面の表示領域が約30%拡大しています。操作性と視認性が大きくアップしています。

CPUには、高性能な64bitデュアルコア「S4」プロセッサーを内蔵しているため、アプリ、スマホゲームが快適に動作します。

画面を軽くタップするだけで家族や友人と繋がる「トランシーバー」や、かざすだけで簡単に支払いが可能な「Apple Pay」、使用者が転倒するとアラートを通知する「SOS機能」等、実用性に優れた便利なオプションが充実しているのも特筆すべき点でしょう。

スマートウォッチのデザイン、機能性をお求めの方におすすめの製品です。

ウィジングズ(Withings) Withings Steel HR Sport

ウィジングズはフランスのメーカーです。デザイン性の高い、おしゃれなハイブリッドスマートウォッチです。

普通の腕時計のように見えますが、実は背面に、高性能な心拍数センサーを内蔵しています。

スポーツを自動検知してカロリーを記録したり、睡眠の質を分析可能です。幅広い場面にて使用することが可能です。スマートフォンと連携させることで、ジョギングしたコースをアプリに表示が可能です。

1回のフル充電で、最長25日間使用し続けることができます。長時間使用可能なので、充電の頻度を下げることができます。就寝前に充電し忘れて、次の日に「使えない!」というトラブルも減るでしょう。

耐水性については、最大50mまで対応しているため、雨天での使用やプールでの使用中に水に濡れても壊れないと言えるでしょう。その点がおすすめです。

ガーミン(GARMIN) vivomoveHR

おしゃれなスマートウォッチを求めている方にオススメの製品です。

様々なファッションにも合う、クラシックでオシャレなデザインです。

そのため、プライベートからビジネスの場面まで、色々な場面で使用できること間違いなしです。

本体重量は約56gと、本体は軽量です。

高精度な「光学式心拍計」を内蔵しています。心拍数や睡眠状態のモニタリングとしてのほか、ストレス値をリアルタイムで確認することができます。

この他、「スマートフォン探索」、「ミュージックコントロール」等、様々な便利機能も使う事ができます。設定することで、連携してタスク管理も行えます。

沢山の種類の色のモデルがラインナップされているため、スマートウォッチの色、デザインにこだわりたい方にもオススメなモデルと言えます!

スマートウォッチのAmazon・楽天市場ランキングを確認する

スマートウォッチのAmazon、楽天市場の売れ筋ランキングをご確認したい方は、以下をご覧下さい。

最後に

スマートウォッチは、昨今、ウェアラブル端末の代表的な存在として徐々に普及しつつあります。最近では、ファッショナブルなデザインのスマートウォッチもどんどん発売されてきています。それにより、フォーマルな場面でも使用しやすくなっています。

一方で、機能面の進化も加速的です。利便性がどんどん向上していっています。様々な機種が発売されているため、外せない条件を整理した上で最適なスマートウォッチを探してみて下さい

コメント

タイトルとURLをコピーしました