アメリカのロックの聖地一覧【聖地巡礼用】

スポンサーリンク

今回は、アメリカのロックの聖地一覧【聖地巡礼用】、についてです。

Jones Street / West 4th Street, NYC

アメリカのロックの聖地です。『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』が撮影された場所があります。

実際に訪れる際は、Googleマップ等に、ピン付けしておいた方がよさそうですね!色々な場所があるので、忘れないようにしたいです。

ロックの殿堂

アメリカのロックの聖地です。ロックの殿堂(The Rock and Roll Hall of Fame and Museum)は、ロック(ロックンロール)ににまつわる展示が行われている博物館です。アメリカのオハイオ州クリーブランド市にあります。

レッド・ツェッペリンのアルバム『フィジカル・グラフィティ』のジャケットのアパート

アメリカのロックの聖地です。レッド・ツェッペリンのアルバム『フィジカル・グラフィティ』のジャケットのアパートは、ニューヨークに実際に存在するアパートです。

ローリング・ストーンズの「友を待つWaiting on a Friends」のMVにも登場しています。

YouTubeではMVが公開されているので、是非ご確認してみてはいかがでしょうか!

YouTubeでMVを観る:The Rolling Stones – Waiting On A Friend – OFFICIAL PROMO

住所:ニューヨーク州 セント・マークス・プレイスSt Marks Placeの96/98番地

エレクトリック・レディ・スタジオ

アメリカのロックの聖地です。エレクトリック・レディ・スタジオは、有名なスタジオです。例えば、ジョン・レノンとデヴィッド・ボウイの共作曲、「フェイム」(1975年)のレコーディングで使用された場所です。

U2の「終りなき旅」撮影場所

アメリカのロックの聖地です。U2の「終りなき旅(I Still Haven’t Found What I’m Looking For)」の撮影場所は、そのほとんどが、アメリカのフレモント・ストリートと言われています。

MVのほとんどは、フレモント・ストリート(Fremont St)と S. Casino Center Blvdの間の交差点の映像となっています。

当時のラスベガスはまだ危険な街というイメージだったらしいですが、ラスベガスのイメージアップに一役買ったMVとなったようです。

YouTubeでMVを観る:U2「終りなき旅」

The Joshua Tree U2 Album Location

Googleマップで見る:The Joshua Tree U2 Album Location

アメリカのロックの聖地です。U2の歴史的名盤、アルバム『ヨシュア・トゥリー』の写真で使用されたユッカの樹は、ここにあるそう(2000年に枯れたようです)。

引用元:U2『ヨシュア・トゥリー』の知られざる10の真実

Googleマップで「The Joshua Tree U2 Album Location」と入れると出てきます。

ジョン・レノンが住んでいた、ダコタ・ハウス

ビートルズのメンバー、ジョンレノンは、アメリカのニューヨーク市マンハッタンの「ダコタ・ハウス」というアパートに住んでいました。外見は、めちゃ豪華で華やかなアパートです。

近くにある公園、セントラルパークには、ストロベリーフィールズという場所があります。

テイラー・スウィフト「Blank Space」MVロケ地

アメリカ、ニューヨーク州ハンティングトンにあるオヒカ城(Oheka Castle)が撮影場所となっています。

エアロスミス「Livin’ On The Edge」の撮影場所

電車の通るシーンは、カリフォルニア州カーティスとの噂ですが分かりません。

YouTubeでMVを観る:Aerosmith – Livin’ On The Edge (Official Music Video)

EMPミュージアム

アメリカ、シアトルにある、「EMPミュージアム(エクスペリエンス・ミュージック・プロジェクト)」です。

EMPミュージアムには、天上まで続くギターのタワーが展示してあります。それが見どころの一つです。

シアトルは、ジミー・ヘンドリックス、ニルヴァーナ、パール・ジャムなど、沢山のロックスターを生み出しています。

ニルヴァーナやジミ・ヘンドリックス関連のものは、通年展示されているそうです(テーマは変えられているそうです)。

EMPミュージアムには、実際に使われた衣装や楽器、自筆の手紙なども展示されており、見どころ満載です。
ロック、ポップスの歴史や文化を、数々の資料の展示物を通して学べます。

「サウンド・ラボ」と呼ばれるブースでは楽器演奏ができます。「オン・ステージ」と呼ばれるブースでは、疑似ライブ体験も可能です。

ニルヴァーナのカート・コバーンの家

アメリカ、シアトルにはニルヴァーナのボーカル、カート・コバーンの家があります。ワシントン湖の近くです。

カート・コバーンのベンチ(ヴィレッタ・パーク) kurt cobain memorial bench at Viretta Park

カート・コバーンの家のすぐ近くにある公園(ヴィレッタ・パーク)には、カート・コバーンがよく座ったとされるベンチがあります。

グーグルマップで見ると、ベンチは塗り直しが行われている?ようで、昔訪れた人が書いたサインは消えているように見えます(多分ですが)。

Lake Washington Blvd.沿いの丘側にあります。番地『140』が目印になります。

ジミ・ヘンドリックスのメモリアルパーク

アメリカ、シアトルにはジミ・ヘンドリックスのメモリアルパークがあります。

その他の気になる場所

ザ・クロコダイル:有名なライブハウス。

サブポップ・レーベル・エアポートストア:音楽レーベル、サブ・ポップの直営ストア。

ジミ・ヘンドリックス像

イギリスのロックの聖地一覧については、「イギリスのロックの聖地一覧【聖地巡礼用】」をご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました