PR

ボブ・ディランのおすすめアルバム5選

音楽
スポンサーリンク

ボブ・ディランは、アメリカのシンガーソングライターであり、ロック、フォーク、カントリー、ブルースなど様々なジャンルに影響を与えた伝説的なミュージシャンです。

ボブ・ディランの作品は、社会的なメッセージや詩的な表現が特徴で、多くの人々に感銘を与えてきました。

ボブ・ディランはノーベル文学賞やグラミー賞など数々の賞を受賞しており、ロックの殿堂やソングライターズの殿堂にも選ばれています。

ボブ・ディランは、ローリング・ストーン誌による「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にて、第2位に輝いている、超偉大なアーティストです。

2016年には、歌手として初めて、ノーベル文学賞を受賞したことでも話題になりました。

そんなボブ・ディランについて、おすすめアルバムを解説します。

ボブ・ディランのキャリアは60年以上に及び、その間に多くの名作を生み出してきました。

しかし、ボブ・ディランのアルバムはどれも個性的であり、どれから聴くべきか迷ってしまう方もいるかもしれません。

そこで、この記事では、ボブ・ディランのおすすめアルバムを10枚紹介します。

ボブ・ディランの代表作から、隠れた名盤まで、様々な時代やスタイルのアルバムをピックアップしました。それでは、早速見ていきましょう。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

ボブ・ディランのおすすめアルバム5選

ボブ・ディランのおすすめアルバム5選をご紹介致します。

The Freewheelin’ Bob Dylan (1963)

Columbia
¥1,675 (2024/02/19 19:59時点 | Amazon調べ)

ボブ・ディランのセカンドアルバムであり、ボブ・ディランのフォークシンガーとしての地位を確立した作品です。

このアルバムでは、ボブ・ディラン自身が作詞作曲したオリジナル曲が多く収録されており、その中には「Blowin’ in the Wind」や「A Hard Rain’s a-Gonna Fall」などの名曲が含まれています。

これらの曲は、当時の人種差別や核戦争などの社会問題に対する批判や抗議を歌っており、フォークソングの可能性を広げました。

また、「Don’t Think Twice, It’s All Right」や「Girl from the North Country」などの恋愛歌もあり、ボブ・ディランの感性や詩情が光っています。

このアルバムは、ボブ・ディランの初期の傑作として高く評価されており、ローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では97位にランクインしています。

Highway 61 Revisited (1965)

アーティスト:Bob Dylan
¥3,126 (2024/02/19 19:59時点 | Amazon調べ)

ボブ・ディランの6作目のアルバムであり、ボブ・ディランがロックミュージシャンとして変貌を遂げた作品です。

このアルバムでは、エレキギターやドラムスなどのロックサウンドが導入されており、フォークファンからは裏切りと受け取られることもありました。

しかし、このアルバムはボブ・ディランの音楽的な幅を広げるとともに、ロック史に残る名盤となりました。

このアルバムには、「Like a Rolling Stone」や「Ballad of a Thin Man」などの名曲が収録されており、ボブ・ディランの鋭い観察力や風刺的な表現が際立っています。

また、「Desolation Row」などの長尺曲もあり、ボブ・ディランの詩的な才能が発揮されています。

このアルバムは、ローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では4位にランクインしています。

Blonde on Blonde (1966)

Columbia
¥1,767 (2024/02/16 09:59時点 | Amazon調べ)

ボブ・ディランの7作目のアルバムであり、ボブ・ディランがロックミュージシャンとしての頂点に達した作品です。

このアルバムは、ロック史上初のダブルアルバムであり、その内容は非常に豊富で多彩です。

このアルバムには、「Rainy Day Women #12 & 35」や「I Want You」などのポップな曲や、「Visions of Johanna」や「Sad Eyed Lady of the Lowlands」などの詩的な曲が収録されており、ボブ・ディランの音楽的な表現力が最高潮に達しています。

また、「Just Like a Woman」や「One of Us Must Know (Sooner or Later)」などの恋愛歌もあり、ボブ・ディランの感情や人間性が伝わってきます。

このアルバムは、ローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では9位にランクインしています。

Blood on the Tracks (1975)

Columbia
¥2,092 (2024/02/12 04:23時点 | Amazon調べ)

ボブ・ディランの15作目のアルバムであり、ボブ・ディランが70年代に復活を果たした作品です。

このアルバムは、ボブ・ディランの離婚をきっかけに制作されたと言われており、その内容は非常に個人的で感情的です。

このアルバムには、「Tangled Up in Blue」や「Simple Twist of Fate」などの名曲が収録されており、ボブ・ディランの人生や恋愛を振り返るような歌詞が印象的です。

また、「Idiot Wind」や「You’re a Big Girl Now」などの曲では、ボブ・ディランの怒りや悲しみも表現されています。

このアルバムは、ボブ・ディランの最高傑作の一つとして高く評価されており、ローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では16位にランクインしています。

Desire (1976)

ソニーミュージックエンタテインメント
¥4,910 (2024/02/16 09:59時点 | Amazon調べ)

ボブ・ディランの16作目のアルバムであり、ボブ・ディランが世界的な人気を獲得した作品です。

このアルバムでは、ヴァイオリンやマンドリンなどの民族楽器が多く使われており、そのサウンドはエキゾチックで冒険的です。

このアルバムには、「Hurricane」や「Joey」などの物語風の曲や、「Isis」や「One More Cup of Coffee」などの神秘的な曲が収録されており、ボブ・ディランの想像力や物語性が際立っています。

また、「Sara」や「Oh, Sister」などの曲では、ボブ・ディランの家族や友人への愛情も歌われています。

このアルバムは、ボブ・ディランの最も売れたアルバムの一つであり、ローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では174位にランクインしています。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽音楽ニュース
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました