イギリスのロックの聖地一覧【聖地巡礼用】

アビイ・ロードUKロック
Skitterphoto / Pixabay
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、イギリスのロックの聖地一覧【聖地巡礼用】、についてです。

 

僕は洋楽ロックが好きなのですが、いつかイギリスの聖地を巡礼したいと思っています!

そこで、聖地巡礼用として、UKロックにまつわる、有名な場所一覧をまとめました!

 

スポンサーリンク

イギリスのロックの聖地一覧【聖地巡礼用】

Free-Photos / Pixabay

UKロックの有名観光名所を一覧でご紹介します。

 

イギリスのロックの聖地: ビートルズのジャケットで有名、アビイ・ロード

アビイ・ロードは説明不要の超有名な観光名所ですね!

世界で最も有名な横断歩道と言えるかもしれません!

ビートルズの12作目のアルバム『アビイ・ロード』のジャケットに用いられています!

現在のアビイ・ロードは、白線がギザギザになっていますね。そこが、ビートルズ時代のアビイ・ロードの横断歩道の白線とは異なっています。

ギザギザの意味は、「横断歩道あり!徐行しろ!」という意味があるようですね。

 

ちなみに、アビー・ロード・スタジオもすぐ近くにあります。

カメラ映像が24時間記録(配信)されており、以下のサイトから観ることができます。

ビートルズの『アビイ・ロード』とは逆方向から撮影されているのですが、交通量を知るには最適です。

 

参考サイト:アビーロード・スタジオ Crossing cam

 

『アビイ・ロード』撮影から8月8日で50周年を迎えたとのことで、横断歩道にファン殺到したようです!

 

イギリスのロックの聖地: デヴィッド・ボウイのジギー・スターダストの最後のステージ、ハマースミス・アポロ

デヴィッド・ボウイのジギー・スターダストの最後のステージが行われた場所です(厳密に言うと、もう一回行われたようですが、詳細までは分かりませんでした)。

当時は、ハマースミス・オデオンという名前でした。

 

僕は、デヴィッド・ボウイのライブアルバム『The Motion Picture Soundtrack』に付いてきた、「ハマースミス・オデオン最終公演」のレプリカのチケットを持っています。

ウェブサイトでは「Eventim Apollo」という名前になっていたので、名前がまた変わったのかと思ったのですが、運営はイベンティムUKとAEGライブによって行われているらしいので、イベンティムという名前が入っているのだと思います。

 

イギリスのロックの聖地: トライデント・スタジオ(Trident Studios )

ビートルズの「ヘイジュード」や、デビッド・ボウイの『アラディン・セイン』や「レディースターダスト」、ザ・ローリング・ストーンズの『スティッキー・フィンガーズ』などなど、数々のレコーディングで使用されたスタジオです。

 

イギリスのロックの聖地: デヴィッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』のジャケットの場所、Heddon Street

Heddon Streetは、デヴィッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』のジャケット写真の場所です。

23番の柱には、「Ziggy Stardust」と書かれた、丸いプレートが設置されています。

ジャケットに映っている、毛皮商の「K.WEST」は今はもうないらしいです。

たしかにGoogleマップで見てもありません。

跡地の近くに、日本酒が置いてあるお店が写っています。

僕はそのお店が気になっており、行ってみたいです。

 

イギリスのロックの聖地: デヴィッド・ボウイの生家

Googleマップで「David Bowie’s Birthplace」と入力すると、検索結果に表示されます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました