PR

USJで濡れる対策方法

旅行をしている人 旅行
スポンサーリンク

多くの人々が訪れるUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)は、大人から子供まで楽しめるテーマパークですが、一方で濡れるアトラクションも多くあります。

しかし、急な雨に見舞われることもあり、濡れる対策は重要です。

特に夏場は、水しぶきが気持ちいい反面、服がびしょぬれになってしまうこともあります。

そこで、この記事では、USJで濡れる対策方法をご紹介します。

雨の日でも楽しめるUSJの魅力を最大限に引き出すためのヒントをご紹介します。

スポンサーリンク

USJで濡れる対策方法

USJで濡れる対策方法をご紹介します。

濡れるアトラクションを知っておく

まず、濡れるアトラクションを知っておくことが大切です。USJには、以下のような濡れるアトラクションがあります。

  • ジュラシック・パーク・ザ・ライド
  • ジョーズ
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
  • スパイダーマン
  • ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー
  • フライング・ダイナソー
  • ミニオン・ハチャメチャ・ライド

これらのアトラクションでは、水しぶきや水流によって濡れる可能性が高いです。

特にジュラシック・パーク・ザ・ライドやジョーズでは、最前列や最後列に座るとほぼ確実にびしょぬれになります。

USJで一番濡れるアトラクションは、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」だとも言われています。

また、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーでは、飛行中に雨に降られるシーンがあります。ただし、普通の服で乗っている人が多いかもしれません。

フライング・ダイナソーは屋外のアトラクションのため、雨の日は濡れます。

これらのアトラクションを楽しみたい場合は、濡れてもいい服装や持ち物を準備しておくことがおすすめです。

夏場は濡れても歩いていれば乾く!という意見もあったりします。冬場は気温が低いこともあり、寒い!しかも乾かない!という状況になったりするようです。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。USJのガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

レインコートやポンチョを着用する

次に、濡れる対策として有効なのがレインコートやポンチョの着用です。

USJでは、濡れるアトラクションの近くでレインコートやポンチョを販売していますが、値段は高めです。また、サイズやデザインも限られています。

そこで、事前に自分の好みのレインコートやポンチョを持参すると便利です。

レインコートやポンチョは、軽くてコンパクトに収納できるものがおすすめです。また、着用後は乾かして再利用するか、捨てるかを考えておくと良いでしょう。

さらに、濡れる対策として重要なのが荷物の保護です。

USJでは、濡れるアトラクションの入り口にロッカーが設置されていますが、混雑時は空きがないこともあります。また、ロッカーのサイズも小さめです。

そこで、荷物を持ち歩く場合は、防水バッグやビニール袋などでしっかりと保護することが必要です。

特に貴重品や電子機器は水に弱いので注意しましょう。事前にジップロック等に入れておくのも良いでしょう。

防水ケースでスマホを守るというのも良いです。雨の日も安心感が増します。

YOSH
¥1,699 (2024/02/15 23:21時点 | Amazon調べ)

スマホは私たちの生活に欠かせないデバイスですが、水に弱いという欠点があります。

水没したスマホは修理や買い替えに高額な費用がかかるだけでなく、大切なデータや写真も失われる可能性があります。そこで、防水ケースを使ってスマホを守るメリットについて紹介します。

防水ケースとは

防水ケースとは、スマホを入れて水から守るカバーのことです。防水ケースにはさまざまな種類がありますが、一般的にはプラスチックやシリコンなどの素材でできており、スマホの端子やボタンなどを覆って密閉します。

防水ケースの中には、タッチ操作やカメラ撮影などが可能なものもあります。

防水ケースのメリット

防水ケースのメリットは、以下のように挙げられます。

水没からスマホを守る

防水ケースの最大のメリットは、水没からスマホを守ることです。スマホは電子機器なので、水に濡れるとショートして故障する可能性が高いです。

特に海水やプールの塩素などは、スマホの内部に腐食を引き起こす危険性があります。防水ケースを使えば、水没事故を防ぐことができます。

水辺での使用やアウトドアでの使用に便利

防水ケースを使えば、水辺での使用やアウトドアでの使用にも便利です。例えば、海やプールで泳いだ後にスマホを使うときや、キャンプや登山などで雨に降られたり川に落としたりするときなどです。

防水ケースがあれば、気兼ねなくスマホを使うことができます。

また、防水ケースによっては、水中での撮影も可能です。海やプールで楽しい思い出を写真や動画に残すことができます。

汚れや傷からスマホを守る

防水ケースは、汚れや傷からもスマホを守ります。スマホは日常的に使うものなので、手垢やほこりなどで汚れたり、落としたりぶつけたりして傷つけたりすることがあります。

防水ケースは、スマホ本体を覆って保護するので、汚れや傷からスマホを守ることができます。

また、防水ケースは洗えるものも多いので、清潔に保つこともできます。

スマホのデザインや機能を損なわない

防水ケースは、スマホのデザインや機能を損なわないものもあります。防水ケースには、透明なものやカラフルなもの、キャラクターや柄などのデザイン性の高いものなどがあります。

スマホのデザインを隠さずに見せることができるものや、スマホのデザインに合わせて選ぶことができるものがあります。

また、防水ケースには、タッチ操作やカメラ撮影などが可能なものもあります。スマホの機能を制限せずに使うことができるものがあります。

防水ケースは、水没からスマホを守るだけでなく、水辺での使用やアウトドアでの使用に便利で、汚れや傷からスマホを守り、スマホのデザインや機能を損なわないメリットがあります。

防水ケースはさまざまな種類があるので、自分のスマホや用途に合ったものを選ぶことが大切です。

防水ケースを使って、スマホを安心して使いましょう。

着替えやタオルを持っておく

濡れた後の対策としては、着替えやタオルを持ってくることがおすすめです。

USJでは、乾燥機などは設置されていないようです。濡れたら、バックドラフトというアトラクションで乾かすという裏技も存在します。

また、エルモ(ワンダーランドエリア)の屋内施設のクーラーで乾かすのも方法の一つです。

そこで、濡れた服を着替えるか、タオルで拭くことができれば快適に過ごせます。

着替えやタオルは、ロッカーに入れておくか、防水バッグに入れて持ち歩くと良いでしょう。

スポンサーリンク

雨の日にUSJに行く場合の対策方法

雨の日

雨の日にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行くとき、どんな対策をすればいいのでしょうか?雨の日は混雑が少なくてお得なチケットもあるので、魅力的な選択肢です。

しかし、雨の日はアトラクションが中止になったり、濡れたり、寒くなったりする可能性があります。そこで、この記事では、雨の日にUSJに行く場合の対策方法を紹介します。

雨具は必須

まず、雨の日にUSJに行く場合は、雨具を持っていくことが必須です。

傘だけではなく、レインコートやポンチョも用意しましょう。

レインコートやポンチョは、アトラクションに乗るときに濡れるのを防ぐだけでなく、体温を保つ効果もあります。

また、靴や靴下も濡れやすいので、予備を持っていくと安心です。靴は滑りにくいものを選ぶと良いでしょう。

アトラクションの営業状況を確認する

次に、雨の日にUSJに行く場合は、アトラクションの営業状況を確認することが大切です。

雨の日は、屋外のアトラクションが中止になることがあるためです。

特に、ジェットコースター系のアトラクションは、雨量や風速によっては運転を見合わせることが多いです。

そのため、事前に公式サイトやSNSでアトラクションの最新情報をチェックすることをおすすめします。

また、当日はパーク内の案内板やスタッフにも確認しましょう。

屋内のアトラクションやショーを楽しむ

最後に、雨の日にUSJに行く場合は、屋内のアトラクションやショーを楽しむことがおすすめです。

屋内のアトラクションやショーは、雨に関係なく楽しめるだけでなく、暖かくて快適です。

例えば、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」や「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」、「モンスターハンター・ザ・リアル」などは人気の屋内アトラクションです。

また、「ウォーターワールド」や「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード」などは屋根付きの観覧席があるので、雨でも安心して見ることができます。

ガイドブックで、雨の日のUSJの計画を立てるのも良いです。

USJで濡れる対策方法まとめ

以上、USJで濡れる対策方法をご紹介しました。

雨の日は不便な面もありますが、上手に対策すれば楽しく過ごせることでしょう。ぜひ、雨の日のUSJを満喫してください。

USJは、濡れるアトラクションも楽しいですが、濡れてしまうと不快になることもあります。

そこで、事前に濡れる対策をしておくことが大切です。濡れる対策をしておけば、USJの魅力を存分に味わえます。ぜひ参考にしてみてください。

USJで濡れる対策は、快適な体験をするために必要な要素です。

まずは、折りたたみ式の傘や軽量なレインコートの持参がおすすめです。

さらに、防水のバッグやポーチを使えば貴重品を守ることができます。

対策を行うことで、アトラクションの待ち時間を利用して、雨の中でも屋内のショーを楽しむこともできます。

また、屋外アトラクションを楽しむ際には予備の服や靴を持参し、着替えることも忘れないようにしましょう。

これらの対策を講じれば、USJでの濡れるリスクを最小限に抑えながら、思い出に残る一日を過ごすことができます。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行観光地
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました