PR

中国旅行に現金はいくら必要?

中国旅行に現金はいくら必要? 旅行
スポンサーリンク

この記事では、中国旅行の際に現金をどのくらい持っていくべきか、またどのようにして現金を入手するかについて紹介します。

スポンサーリンク

中国旅行に現金はいくら必要?

中国の風景

中国旅行に現金は必要か

中国は現在、キャッシュレス化が進んでおり、多くの店舗や交通機関ではモバイル決済が主流です。モバイル決済とは、スマートフォンにアプリをインストールし、銀行口座やクレジットカードと連携させて、QRコードやNFCなどで支払いを行う方法です。

中国では、アリペイやウィーチャットペイという二大モバイル決済サービスが圧倒的なシェアを持っています。

しかし、モバイル決済を利用するには、中国の銀行口座や電話番号が必要な場合が多く、外国人旅行者にとっては敷居が高いです。

また、一部の地域や店舗ではまだ現金が必要な場合もあります。例えば、路上の屋台やマッサージ店、タクシーなどでは現金しか受け付けないことが多いです。

また、ホテルやレストランなどではクレジットカードが使える場合もありますが、日本のカードでは使えない場合もあるので注意が必要です。

したがって、中国旅行には現金を一定量持っていくことをおすすめします。

現金は緊急時やトラブル時にも役立ちますし、小さなお土産やチップなどにも使えます。ただし、現金を持っていく場合にはいくつかの注意点がありますので、次の項目で詳しく説明します。

編集:地球の歩き方編集室
¥2,000 (2024/04/09 22:40時点 | Amazon調べ)

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。中国のガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

中国旅行に現金を持っていく場合の注意点

中国旅行に現金を持っていく場合には、以下の三つの注意点を押さえておきましょう。

  • 通貨
  • 金額
  • 保管

まず、通貨についてですが、中国では人民元(元)が使用されています。人民元は日本円と比べて約16分の1の価値です。例えば、100元は約650円です。人民元は紙幣と硬貨がありますが、硬貨はあまり使われません。紙幣は1元から100元までありますが、最もよく使われるのは10元と20元です。

人民元は日本で両替することもできますが、レートが悪い場合が多いです。また、空港やホテルで両替することもできますが、手数料が高い場合があります。

したがって、日本円を持っていき、中国で両替することをおすすめします。両替する場所としては、銀行や両替所が安全で便利です。

ただし、営業時間や場所に注意してください。銀行は平日の9時から17時まで、両替所は空港や駅などにありますが、混雑することがあります。また、両替する際にはパスポートの提示が必要です。

次に、金額についてですが、中国旅行に必要な現金の量は、旅行の目的や期間、地域などによって異なります。一般的には、一日あたり1000円から2000円程度の現金を持っていくと安心です。

これは、食事や交通費、小さなお土産などに使えます。

もちろん、高級なレストランやショッピングモールなどに行く場合は、もっと多くの現金が必要になるかもしれません。

また、中国ではチップはあまり一般的ではありませんが、ガイドやドライバーなどに感謝の気持ちを表す場合は、10元から20元程度を渡すと喜ばれます。

最後に、保管についてですが、中国旅行中に現金を持ち歩く場合は、盗難や紛失に注意してください。特に、人混みや観光地ではスリやひったくりの被害が多発しています。

また、偽札も多く出回っていますので、細心の注意を払ってください。現金を持ち歩く場合は、分散して携帯することが大切です。例えば、財布やポケットに少量を入れておき、残りはボディバッグやウエストポーチなどに入れて身体に密着させると良いでしょう。

また、ホテルに預ける場合は、セーフティボックスを利用するか、フロントで預かってもらうようにしましょう。

中国で現金を入手する方法

中国旅行中に現金が不足した場合や予期せぬ出費が発生した場合は、どのようにして現金を入手することができるでしょうか。ここでは、以下の三つの方法を紹介します。

  • ATM
  • クレジットカード
  • 電子マネー

まず、ATMですが、中国では日本のキャッシュカードやクレジットカードで現金を引き出すことができます。

クレジットカード

ただし、すべてのATMが対応しているわけではありませんので、銀行名やロゴを確認してください。

例えば、中国銀行や工商銀行などの大手銀行のATMは比較的安全で信頼できます。また、VISAやMasterCardなどの国際ブランドのロゴがあるATMも利用できます。

ATMで現金を引き出す際には、手数料がかかることがありますので注意してください。また、日本円から人民元への換算レートも変動しますので確認してください。

次に、クレジットカードですが、中国では日本のクレジットカードで支払いをすることができます。ただし、すべての店舗やサービスが対応しているわけではありませんので事前に確認してください。

例えば、ホテルやレストラン、ショッピングモールなどではクレジットカードが使えます。

電子マネーが使える場所もあるので、電子マネーも準備しておくのもオススメです。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました