PR

台湾旅行に現金はいくら持っていくべきか?

台湾旅行に現金はいくら持っていくべきか? 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾は日本から近くて人気の旅行先ですが、現地で使う現金はいくら持っていくべきでしょうか?

ここでは、台湾旅行に必要な現金の目安と、現金の持ち方や両替方法について紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行に現金はいくら持っていくべきか?

台湾 夜景

台湾旅行に現金はいくら持っていくべきか?を解説します。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

台湾旅行に必要な現金の目安

台湾は物価が日本より安い国ですが、それでも一日に使う現金はどれくらいかかるのでしょうか?

もちろん、個人の旅行スタイルや滞在期間によって異なるので一概には言えません。

一般的な目安としては以下のようになります。

  • 食費:一食300~500台湾ドル(約1000~1700円)
  • 交通費:一日100~200台湾ドル(約350~700円)
  • 観光費:一日300~500台湾ドル(約1000~1700円)
  • お土産代:一人あたり3000~5000台湾ドル(約1万~1.7万円)

これらを合計すると、一日に使う現金は約8000~12000台湾ドル(約2.7万~4万円)ということになります。

台湾ドル

もちろん、これはあくまで目安であり、実際にはもっと節約したり、贅沢したりする場合もあります。

ご自身の予算や計画に合わせて調整しましょう。

ジェイティビィパブリッシング
¥1,210 (2024/05/29 14:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

台湾のガイドブックを事前に見ておくことで、台湾はどれくらいの物価なのか?や費用を抑えることができるので、ガイドブックを事前に読んでおくこともお勧めです。

台湾旅行での現金の持ち方

台湾旅行で現金を持つときには、以下の点に注意しましょう。

  • 台湾では日本円は使えないので、必ず台湾ドルに両替すること
  • 台湾では小銭がよく使われるので、小銭入れを持っていくと便利
  • 台湾では盗難やスリの被害が多い場所もあるので、貴重品はホテルのセーフティボックスに入れるか、身につけておくこと
  • 台湾ではクレジットカードや電子マネーも使える場所が増えているので、現金だけに頼らず、複数の支払い方法を用意すること
クレジットカード

防犯対策の一環として、ダミー財布を持つのもオススメです。

年会費永年無料の楽天カードを作って、新規入会ポイントをゲットするのもオススメです。

台湾旅行での現金の両替方法

台湾旅行で現金を両替する方法は大きく分けて以下の三つです。

  • 日本で両替する
  • 空港で両替する
  • 現地で両替する

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

日本で両替する

日本で両替する場合は、銀行や郵便局、空港や駅などの両替所を利用します。

メリットは、事前に準備しておけば現地で両替する手間が省けることです。

デメリットは、レートがあまり良くないことや、手数料がかかることです。また、予想以上に現金が必要になった場合は、追加で両替する必要があります。

空港で両替する

飛行機

空港で両替する場合は、出発地や到着地の空港の両替所やATMを利用します。

メリットは、レートが日本よりも良いことや、手数料が安いことです。

デメリットは、空港によっては両替所やATMが少ないことや、混雑していることです。また、空港で両替するときには、必要な分だけにしておきましょう。

空港以外で台湾ドルを日本円に戻すときには、レートが悪くなることがあります。

現地で両替する

現地で両替する場合は、銀行や両替所、コンビニやホテルなどを利用します。

メリットは、レートが最も良いことや、必要なときに必要な分だけ両替できることです。

現地で両替するデメリットは、営業時間や場所に制限があることや、手数料が高い場合があることです。

また、現地で両替するときには、パスポートの提示が必要な場合があります。

スポンサーリンク

台湾旅行での現地費用

台湾は日本から近くて便利な旅行先ですが、現地での費用はどのくらいかかるのでしょうか?

ここでは、台湾旅行の現地費用について、交通費、食費、宿泊費、観光費などの項目別に紹介します。台湾旅行を計画している方はぜひ参考にしてください。

交通費

タクシー

台湾の交通手段は、バス、地下鉄(MRT)、タクシーなどがあります。

バスは一律15元(約55円)で乗れます(一段運賃と呼ばれます)が、路線が複雑で日本語表記が少ないので注意が必要です。

MRTは便利で安全な交通手段で、各駅に日本語表記があります。

料金は距離によって変わりますが、最低20元(約73円)から最高65元(約238円)です。

タクシーは日本より安くて便利ですが、渋滞に巻き込まれる可能性があります。

料金は初乗り70元(約256円)で、その後1kmごとに5元(約18円)加算されます。夜間や雨天などの場合は割増料金がかかります。

Eufy (ユーフィ)
¥2,993 (2024/05/29 16:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

食費

台湾の食事は、安くて美味しいです。

朝食は豆乳や油条などの軽食を屋台で食べるのも良いです。50元(約183円)程度で済みます。

昼食や夕食は小籠包や魯肉飯などの定食や麺類を食べるのもオススメで、100元(約366円)から200元(約732円)程度で満足できます。

レストランや屋台では水やお茶が無料で提供されることが多いですが、アルコールやジュースなどは別途料金がかかります。

デザートやおやつとしては、タピオカミルクティーやパイナップルケーキなどが人気です。

これらは50元(約183円)から100元(約366円)程度で楽しめます。

ガイドブックを見て、興味のある分野の費用をあらかじめ確認しておくのもオススメです。

有名なガイドブックである、「るるぶ台湾」を購入したり、アマゾンの読み放題サービスを利用して、無料で読むのもおすすめです。

るるぶ台湾

ジェイティビィパブリッシング
¥1,210 (2024/05/29 14:03時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

本書は、キンドルアンリミテッド対象本なので、30日間無料で読めてしまいます。

「るるぶ台北」は、台北の最新現地情報を引っさげて、あなたの「あたらしい旅」をサポートする渡航ガイドブックです。

九份(キュウフン)での幻灯映えや、夜市で台北っ子気分を味わうことはもちろんのこと、次世代スイーツや台湾茶の最新スタイル、リノベスポット、おとなの隠れ家、夜市変貌、NEW OPENスポットなどの最新情報も網羅しています。

「あたらしい旅」を準備する際に必要な出国・帰国に必要なものについても、分かりやすく紹介しています。

かき氷や伝統スイーツ、ドリンク、小籠包、ごちそう麺、まんぷくご飯、食べ歩きフード、朝ごはん、ローカル食堂、台湾料理、火鍋、茶藝館など、台湾の美味しい食べ物が掲載されています。

事前に知っておくと、現地での幅が広がるのでオススメです。

るるぶは、2010年にギネス世界記録™に認定されたガイドブックです。

台湾旅行のガイドブックを無料で読む方法

Amazon Kindle Unlimited無料体験

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!台湾のガイドブックも多数ラインナップがあります。

\ 30日間、無料で読み放題できる /

台湾のガイドブックの中にも、AmazonのKindle版や、アプリで閲覧できるガイドブックもあります。

AmazonのKindleストアでご購入されるのもオススメです。

宿泊費

ホテル

台湾の宿泊費は日本より安いですが、季節や地域によって大きく変わります。

一般的には、台北や高雄などの都市部ではホテルやビジネスホテルが多く、一泊3000元(約10980円)から5000元(約18300円)程度です。

台中や花蓮などの中部や東部では民宿やゲストハウスが多く、一泊1000元(約3660円)から3000元(約10980円)程度です。

南部や離島ではリゾートホテルやペンションもありますが、一泊5000元(約18300円)から10000元(約36600円)程度です。

宿泊費には朝食代や税金・サービス料が含まれることが多いですが、確認しておくと良いでしょう。

観光費

台湾の観光費は日本より安めですが、観光地や施設によって異なります。

一般的には、故宮博物院などの有名な観光スポットは入場料がかかりますが、350元(約1,598円)ほどで入れます。

台北101のチケット料金は、大人1人=600元(約2600円)です。

夜市や寺院などは無料で楽しめます。

台湾では温泉やマッサージなどのリラクゼーションも人気ですが、これらは1000元(約3660円)から2000元(約7320円)程度で体験できます。

台湾のお土産はパイナップルケーキや鳳梨酥などのお菓子や茶葉などが人気ですが、これらは100元(約366円)から500元(約1830円)程度で購入できます。

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

台湾旅行に現金はいくら持っていくべきか?まとめ

台湾旅行の現地費用について、交通費、食費、宿泊費、観光費などの項目別に紹介しました。

台湾は日本より安くて楽しい旅行先ですが、季節や地域によって費用が変わることもあります。

予算やプランに合わせて、台湾の魅力を満喫しましょう。

台湾旅行を計画している方は、ぜひ参考にしてみてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行観光地
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました