PR

ガイドブックの選び方

スポンサーリンク

ガイドブックは旅行時に重宝しますが、ガイドブックは沢山の本が発売されているので、どのガイドブックを購入すれば良いか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、様々なガイドブックの中から、旅の目的に合わせて、購入すべきガイドブックをご紹介します。これからガイドブックを購入される方のご参考になると幸いです。

スポンサーリンク

ガイドブックの選び方

おすすめ ガイドブック

ガイドブックは、旅行時に重宝します。

インターネットで検索するにも、事前に知識がなければ検索するのも難しいため、予備知識を知るのにもガイドブックは適していると言えるでしょう。

ガイドブックのサイズで選ぶ

読書している人

ガイドブックにはいくつかのサイズがあります。持ち運びを重視したい場合は、コンパクトなサイズのガイドブックを選ぶのが良いでしょう。

カバンにも収まりやすいので観光先でも邪魔になりにくいです。

あるいは電子書籍を選べば、スマホやタブレット、パソコンに何冊もおさまってしまうので、邪魔になりにくいです。紙とは異なり、重さもありません。

一方、写真やイラスト、文章を大きなサイズで楽しみたいというかたの場合は、大きめのガイドブックを選ぶのが良いでしょう。

カバンに収まるかどうかも確認しておくと安心です。大きいサイズはその分重量も重めになります。

ページ数で選ぶ

ページ数はガイドブックにより様々です。ページ数が少なくても、イラストや写真が沢山掲載されており、分かりやすく解説されている場合もあります。

一概に言える物ではありませんが、以下のような表を作成してみました。

ページ数ボリューム
100ページ以下少なめ
101~200ページ普通
200ページ以上多め

ガイドブックが、広域用か、狭域(きょういき)用かによっても、ボリュームが変わりますので、一概には言えませんが、購入時にはページ数も念のため確認しましょう。

1つのエリアが何ページ割かれているかも参考になります。

幅で選ぶ

雑誌の1枚の厚さは、1枚=約0.13mmです。
そのため、100枚=約13mm(1.3cm)となります。
アマゾンでは、本の寸法が厚みも含めて記載されているので、選ぶ上で参考になります。

電子書籍と紙のガイドブックの違いで選ぶ

電子書籍と紙のガイドブックには以下のような違いがあります。

紙のメリット

旅先ではインターネットが接続できなかったり、電波が弱いことも考えられます。

また、何かしらの機材トラブル時に備えるべく、ガイドブックを持っておくことで救われることもあるでしょう。

紙のガイドブックは、付せんを貼ることができます。電子書籍にも付せん機能はありますが、直感的に貼った場所が分かりやすいという利点があります。

電子書籍のガイドブックのメリット

電子書籍のガイドブックを持って旅行に行くメリットは、かさばらない点や無料で読める本があることが挙げられます。

無料の読み放題サービスで読めば本代がお得になる

Amazon Kindle Unlimited無料体験

通販大手のAmazon(アマゾン)のKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!

スマホでも利用可能なので、タブレット端末をお持ちでないかたでもすぐに利用することができ、大変お得です。

無料期間終了後も継続したい場合は、月額980円で読み放題することができます。

ガイドブックを何冊も買うとお金がかかりますが、読み放題サービスならば、月額980円しかかかりません。

悩んでいる人
悩んでいる人

ガイドブックも無料で試すことができるのは、お金もかからず安心ですね!

原文パパ
原文パパ

無料で体験できるので、色々なガイドブックを試し読みできますね!

ガイドブックを何冊も買うとお金がかかりますが、読み放題サービスならば、無料体験が終わっても、月額980円しかかかりません。

\ 30日間、無料で読み放題できる /

↑絶対失敗したくない旅行の準備を完璧にするための本をリリースしました!こちらの本も0円で読めてしまうので、是非お読みいただけると幸いです

購入するストアで選ぶ

通販大手のアマゾンには、販売シェア率の高い、キンドルストアがあります。

試し読みもでき、読み放題が無料の、キンドルアンリミテッドがあります。

一方、通販大手の楽天も品揃えは豊富です。さらに、楽天トラベルがあり、ポイントを貯めたいかたには、楽天での購入がオススメです。

旅行する方には、ポイントが貯まりやすい楽天トラベルもオススメです。

試し読みをして選ぶ

Amazonのキンドル(Kindle)ストアでは、購入前に本の試し読みができます(一部できない本あり)。

冒頭の数ページを確認することができます。

試し読みをすることで、「イメージと違った!」という失敗を軽減できるので、試し読みをしてから買うのはオススメです。

そこで今回は、様々なガイドブックの中から、旅の目的に合わせて、購入すべきガイドブックをご紹介します。これからガイドブックを購入される方のご参考になると幸いです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験

通販大手のAmazon(アマゾン)のKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!ひとまず無料体験して、それから好きなガイドブックを決めるというかたも多くいらっしゃいます。

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を利用することで、30日間無料で読めます。

有名ガイドブック「まっぷる」、「るるぶ」、「地球の歩き方」の違い

代表的なガイドブックに「まっぷる」と「るるぶ」、「地球の歩き方」があります。

まず、「まっぷる」と「るるぶ」は何が違うのか?という疑問をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないかと思います。発売元が次の通り、異なります。

「まっぷる」と「るるぶ」の違いですが、「まっぷる」は地図大手会社、「るるぶ」は旅行会社のJTBが発行しているガイドブックです。

「地球の歩き方」も1979年創刊で歴史があり、根強い人気があります。

  • 「まっぷる」:地図大手会社
  • 「るるぶ」:旅行会社のJTBが発行
  • 「地球の歩き方」:1979年に創刊された、旅行用ガイドブック

「まっぷる」は地図大手会社のガイドブックということもあり、地図が分かりやすいと言えるでしょう。

「まっぷる」は、オールカラーの旅行ガイドブックです。

るるぶは、2010年12月に、「発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズ」(Longest book series-travel guides)としてギネス世界記録™に認定されたガイドブックであることも特長の一つです。

悩んでいる人
悩んでいる人

ガイドブックが、ギネスに認定されているのは凄いですね!

ちなみに、「まっぷる」も「るるぶ」も、Amazon(アマゾン)の電子書籍読み放題サービスであるKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象本なので、無料体験を使用すれば、なんと0円で読めてしまいます!ひとまず無料体験して、それから好きなガイドブックを決めるというかたも多くいらっしゃいます。

スポンサーリンク

「地球の歩き方」のデメリット

近年、旅行計画において「地球の歩き方」は便利な情報源として知られていますが、実際に使用するときにはいくつかのデメリットも感じることがあります。以下、私の実体験を交えながら解説します。

情報の更新が追いつかないことがある

先日、友人とイタリア旅行を計画しました。事前に「地球の歩き方」で情報収集をしていたのですが、到着後に訪れた人気のレストランが閉店していたことがありました。ガイドブックの情報が更新されておらず、少し困惑しました。

重さが旅行中の負担に

また、ヨーロッパ一周のバックパッキング旅行で「地球の歩き方」を携行しましたが、重さが旅行中の負担になりました。特に日帰り旅行時には、軽量化を図りたいと感じることがありました。

個人のスタイルに合わない情報も

一方で、「地球の歩き方」には広範な情報が詰まっていますが、私のようにアクティブな旅行が好きな人にとっては、より冒険的な情報が少ないと感じることがあります。例えば、地元の人々が集う地域の隠れた宝石を見つけることができない場合があります。

「地球の歩き方」は便利な情報源であり、多くの旅行者にとって役立つガイドブックですが、実際の旅行中には情報の更新や個人の旅行スタイルに合わない点がデメリットとして挙げられます。そのため、使う際には自分の旅行スタイルに合った使い方を工夫することが大切です。

「地球の歩き方」と「aruco」の違い

旅行ガイドブックといえば「地球の歩き方」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、近年では「aruco」という新しいガイドブックも注目を集めています。両者は同じ出版社から出されているものの、それぞれの特徴や用途には大きな違いがあります。

ここでは、「地球の歩き方」と「aruco」の違いについて詳しく解説します。

「地球の歩き方」の特徴

歴史と背景

「地球の歩き方」は1979年に創刊され、日本の旅行ガイドブック市場をリードしてきました。多くの旅行者にとって信頼できる情報源として親しまれており、世界中の旅行先に対応する豊富なラインナップを誇っています。

詳細な情報と実用性

「地球の歩き方」の最大の特徴は、その詳細な情報量です。観光スポット、交通手段、宿泊施設、レストラン、ショッピング、歴史的背景など、旅行に必要なあらゆる情報が網羅されています。特に長期旅行やバックパッカー向けに、現地での生活に役立つ実用的な情報が豊富です。

読者層と使用シーン

「地球の歩き方」は、旅行の計画段階から現地での実際の利用まで、幅広い読者層に対応しています。特に詳細な情報を求める旅行者や、現地でのアクティビティや移動手段を自分でアレンジしたい方に適しています。

「aruco」の特徴

ターゲット層とコンセプト

「aruco」は、若い女性旅行者を主なターゲットにしたガイドブックです。2012年に登場し、以来多くの女性に支持されています。「aruco」のコンセプトは、オシャレでカジュアルな旅行ガイドです。旅行を楽しむためのアイデアやトレンドを盛り込み、ガイドブック自体も可愛らしいデザインになっています。

コンテンツの特徴

「aruco」は、観光スポットやショッピング情報に加え、カフェやレストラン、美容スポットなど、特に女性に人気のある情報が充実しています。また、短期間の旅行や週末旅行に適したプランが提案されており、手軽に楽しめる旅行ガイドとしての一面もあります。

写真とデザイン

「aruco」のもう一つの特徴は、写真とデザインの美しさです。カラフルで見やすいレイアウト、豊富な写真、そして可愛らしいイラストが散りばめられたページ構成は、読者に視覚的な楽しみを提供します。旅行気分を盛り上げるビジュアル要素が満載です。

「地球の歩き方」と「aruco」の比較

情報量と深さ

「地球の歩き方」は、旅行に関するあらゆる情報を網羅しており、特に長期旅行やバックパッカー向けの詳細な情報が特徴です。一方、「aruco」は短期間の旅行に焦点を当て、観光スポットやオシャレなカフェ、美容スポットなど、特定のターゲット層に合わせた情報が充実しています。

使い勝手

「地球の歩き方」は、旅行前の計画段階から現地での実際の利用まで幅広く活用できます。特に、自分でアレンジする旅行スタイルに適しています。一方、「aruco」はコンパクトなサイズで持ち運びやすく、現地でのガイドブックとしても便利です。カジュアルな旅行や週末旅行に最適です。

デザインとビジュアル

「地球の歩き方」は実用性を重視したシンプルなデザインが特徴です。対して、「aruco」はカラフルで視覚的に楽しいデザインが魅力です。写真やイラストが豊富で、見ているだけで旅行気分が高まります。

価格とラインナップ

「地球の歩き方」は、情報量の多さに比例して価格もやや高めですが、その分の価値があります。一方、「aruco」は比較的リーズナブルな価格設定で、手軽に購入できる点が魅力です。どちらも多様な旅行先に対応するラインナップが揃っており、目的やスタイルに応じて選べます。

「地球の歩き方」と「aruco」はどちらを選ぶべきか?

旅行スタイルによる選択

「地球の歩き方」は、詳細な情報を求める旅行者や、長期旅行、バックパッカーに適しています。観光スポットだけでなく、現地の生活情報や移動手段など、全体的なガイドが必要な場合におすすめです。一方、「aruco」は、短期間の旅行や週末旅行を楽しむ若い女性に最適です。オシャレなカフェや美容スポット、ショッピング情報が充実しており、カジュアルな旅行スタイルにぴったりです。

用途別のおすすめ

旅行の計画段階で詳細な情報を集めたい場合や、自分でアレンジした旅行プランを考えている場合には「地球の歩き方」が最適です。一方、旅行の気分を高めるためのビジュアル要素や、現地で手軽に使えるガイドブックを求める場合には「aruco」が良いでしょう。

実際の使用例

例えば、ヨーロッパを数週間かけて周遊する場合には「地球の歩き方」が役立ちます。詳細な地図や交通情報、観光スポットの歴史的背景など、旅行中に必要な情報が豊富に揃っています。一方、週末に友人と一緒に韓国・ソウルを訪れる場合には「aruco」が便利です。カフェや美容スポットの情報が充実しており、限られた時間で効率よく楽しむためのプランが提案されています。

「地球の歩き方」と「aruco」の違いまとめ

「地球の歩き方」と「aruco」は、それぞれ異なる特徴と魅力を持つ旅行ガイドブックです。旅行のスタイルや目的に応じて、どちらを選ぶかを決めると良いでしょう。長期旅行や詳細な情報を求める場合には「地球の歩き方」が、短期間のカジュアルな旅行やオシャレなスポットを楽しみたい場合には「aruco」が適しています。どちらも旅行の楽しみを広げる素晴らしいガイドブックですので、自分に合ったものを選んで、素敵な旅行を計画してみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
ガイドブック旅行
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました