台湾と台北の人気のガイドブックおすすめ10選

旅行
shutterbean / Pixabay
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、台湾と台北の人気のガイドブックおすすめ10選、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 台湾と台北の人気のガイドブックを知りたい!

早速解説致します。

ガイドブックは旅行時に重宝します。インターネットであらゆる情報を調べることができる時代ではありますが、1冊持っておくと心強いと言えます。

検索するにも、事前に知識がなければ検索するのも難しいため、予備知識を知るのにもガイドブックは適していると言えるでしょう。

旅先ではインターネットが接続できなかったり、電波が弱いことも考えられます。また、何かしらのトラブル時にも、ガイドブックを持っておくことで救われることもあるでしょう。

とはいえ台湾のガイドブックは沢山の種類があるので、どれを選べば良いか迷ってしまう方もいるかもしれません。

今回は、台湾のおすすめガイドブック10選をお送りします。これから台湾のガイドブックを購入される方のご参考になると幸いです。

ここ数年でガイドブックの種類はかなり増え、どのガイドブックを購入すれば良いか分からない方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、様々なガイドブックの中から、旅の目的別に購入すべきガイドブックをご紹介します。

スポンサーリンク

台湾、台北への個人旅行におすすめのガイドブック

ツアーに参加せず、自分で航空券やホテルの予約も行う方や一人旅、バックパッカーの方におすすめのガイドブックをご紹介します。

台湾おすすめガイドブック: 「地球の歩き方」

何といっても圧倒的な情報量の多さは、他のガイドブックと比較になりません。ここまで詳しいガイドブックは数えるほどしかないと思っています。

台湾を北から南まで隈なく歩きたいなら「地球の歩き方」がオススメです。

個人旅行するのに最適な内容です。

地球の歩き方は、「台湾」と「台北」の2種類が発売されています。

  • 台湾

台南や高雄、台中、花蓮などの人気都市の情報が多く掲載されています。台湾全土の魅力的な観光地を網羅しています。そのため、台北以外も観光したい方におすすめです。

  • 台北

「大稲埕」「裏信義」などの最新観光地巡りやフォトジェニックな「九份」「平渓線」などのガイドが充実しています。グルメ情報も多め です。

情報量が多い反面、文章は多めのため、そこに難色を示される方も居るようです。この辺りは好みによるでしょう。

オススメ度★★★★☆
価格★★☆☆☆
携帯性★★★☆☆
情報量★★★★★
出版社ダイヤモンド・ビッグ社

台湾おすすめガイドブック: 「&TRAVEL 台湾」

最新情報がぎゅっと詰まっているガイドブックです。今のところ、発売は台湾版のみ。

るるぶやまっぷると雰囲気が似ていますが、情報量も多くデザインもそこまで煩雑じゃないところが気に入っています。

他のガイドブックには掲載されていない変わったものも掲載されているため、リピーターの方にもおすすめです。小さなハンディ版も販売されており、携帯性も良いのが特徴です。

フォトジェニックな九份の特集もあるため、SNSに写真を掲載したい方の参考となるかもしれません。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★★☆
出版社朝日新聞出版社

台湾おすすめガイドブック: 「ハレ旅」

文章と写真の比率が良く、読みやすいのが特徴です。現在は台北版のみ販売されています。情報量も少なすぎることはないため、個人旅行でも重宝します。

モデルコースの提案が多いので、個人旅行に最適です。

ホテルの情報はそれほど多くはないかもしれませんが、「三大寺院で神頼み」や「朝~夜まで24時間ハッピー計画」など、興味深いテーマのモデルコースが掲載されていますので、イメージが膨らみます。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★☆☆
携帯性★★☆☆☆
情報量★★☆☆☆
出版社朝日新聞出版社

初めての台湾、台北旅行におすすめのガイドブック

shutterbean / Pixabay

初めて台湾、台北を旅行する方や、詳しすぎる情報はそこまで必要ではない方にオススメのガイドブックをご紹介します。

  • 台湾や台北に旅行で行きたいけど、どんな場所なの!?
  • 台湾、台北旅行のツアーのフリータイムには何をすれば良いの!?

上記のような疑問を持たれている方に最適です。

台湾おすすめガイドブック: 「ララチッタ」

「ララチッタ」といえば、女性の旅なイメージがありますが、実はそこまでではありません。

とはいえ、女性がターゲットであろうスイーツやマッサージ情報もきちんと掲載されています。

定番の観光地がしっかりと紹介されています。さらに、B級グルメや小籠包の食べ比べなど、性別を問わず楽しめる情報が多数掲載されているのが特徴です。

ララチッタは、「台湾」と「台北」の両方が発売されています。

  • 台湾

台北エリアだけでなく、人気の九份や十分、高雄、台南、台中などといった注目のエリアについても網羅しています。

  • 台北

定番の九份から迪化街、台北の裏原宿といわれる東區や康青龍など、街歩きが楽しい台北の旬のエリアも掲載しています。

見やすいレイアウトで、持ち運びにも便利な大きさなのでぜひ、旅のお供にしてみてください。

オススメ度★★★★☆
価格★★★☆☆
携帯性★★★★★
情報量★★★☆☆
出版社JTBパブリッシング

台湾おすすめガイドブック: 「るるぶ」

ガイドブックの王道の一つに「るるぶ」があります。

特徴は、写真が多く、文字が大きいことでしょう。雑誌のようにペラペラとめくって気軽に読むことができます。

最近はサイズが小さいものも発売されているので、携帯性にも優れています。

台湾の場合大、中、小と三種類用意されています。「ちいサイズ」と「超ちいサイズ」と呼ぶようです。

るるぶとまっぷるは、大きな違いはないと言えます。読者のアンケートによると、圧倒的にるるぶが人気なようです。

るるぶは「台湾」と「台北」の両方が発売されています。

  • 台湾

台湾で今行きたいベスト10で台北や九份、十分などの絶景や、小籠包、マンゴーかき氷などのグルメも綺麗な写真で掲載されています。

台北と台北近郊(淡水、北投、猫空、鶯歌)、台中、九份、台南などのエリアが収録されています。

  • 台北

永康街、迪化街などの人気エリアや、台北でやりたい24H等、最旬の情報が取り上げられています。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
出版社ジェイティビィパブリッシング

台湾おすすめガイドブック: 「まっぷる」

ガイドブックの王道の一つに「まっぷる」があります。

特徴は、写真が多く、文字が大きいところでしょう。雑誌のように、パラパラと眺めながら気軽に読書ができます。

最近は小さいサイズのバージョンも発行されており、携帯性に優れています。

台湾の場合、大、中、小と3種類発売されています。「ちいサイズ」と「超ちいサイズ」と呼ぶようです。

ちなみに、まっぷるは「台湾」と「台北」の両方が発売されています。

  • 台湾

台湾 旅の裏ワザ、便利ワザの特集が興味深いです。

台北と台北近郊(淡水、北投、猫空、鶯歌)、台中、九份、台南などのエリアが収録されています。

  • 台北

夜市の小籠包や胡椒餅、豆漿などの安価でおいしい食べ物が沢山掲載されています。

「まっぷる」は台湾、台北の両方ともにスイーツ推しです。スイーツが好きな方には「まっぷる」がオススメできます。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
出版社昭文社

台湾おすすめガイドブック: 「タビトモ」

台湾と台北の定番観光地がコンパクトにまとめられているガイドブックです。

ガイドブックの内容は、王道が数多く掲載されています。

特筆すべきなのは、本のサイズがかなり小さいところです。バックパックに入れて街歩き観光する際でも、気にならないサイズと重量なのが特徴です。

内容が「女子旅」や「グルメ旅」などといった感じで偏ってはいません。そのため、台湾に初めて旅行される方で、台湾の定番について知りたい方にもオススメできます。

現在では、「台湾」と「台北」の両方が発売されています。

  • 台湾

台北を中心に、近郊の街(淡水、九份、新北投など)の観光やグルメスポットが掲載されています。

  • 台北

絶対に訪れたいショッピングや観光地、グルメの特集が掲載されています。女性におすすめのご利益スポットや占いスポット等も掲載されています。

このガイドブックは携帯性が良く、旅行時にも活躍します。その反面、写真はやや小さい点はデメリットかもしれません。

「るるぶ」や「まっぷる」と兼用して、旅行前にイメージを膨らませるのも有効です。

オススメ度★★☆☆☆
価格★★★☆☆
携帯性★★★★★
情報量★★☆☆☆
出版社JTBパブリッシング

女性の方におすすめの台湾旅行ガイドブック

グルメやショッピング、フォトジェニックな観光地に行きたい!という女性にオススメのガイドブックをご紹介します。

台湾おすすめガイドブック: 「aruco」

「aruco」は、一見女性向けですが、地球の歩き方編集室が発行しているガイドブックなだけあって、情報量が豊富です。

「プチぼうけん」と題された、女子向けプランの提案がなかなか面白いです。

街歩きの内容もスイーツや女性向けの花布雑貨などの特集があるため、見ているだけで面白いです。

このガイドブックは、現在は、「台湾」と「台北」の両方が発売されています。

  • 台湾

人気のフォトスポット「高美湿地」の特集が組まれています。

台湾のウユニ塩湖とも呼ばれている「高美湿地」は、SNSやブログ等で話題になっているようです。

「aruco」では、カメラマンの撮影アドバイスが記載されているため、絶景写真を撮影したい!という方にオススメです。

  • 台北

チャイナドレスで撮影しながら九份を散歩したり、「台北101」の絶景が撮影できるベストポジション等と言った、カメラが好きな女性やSNS映えが気になる方に最適な情報が多く掲載されています。

王道の観光スポットというより、流行の最新情報を求めている方に最適でしょう。

オススメ度★★★★★
価格★★★☆☆
携帯性★★★☆☆
情報量★★★★☆
出版社地球の歩き方編集室

台湾おすすめガイドブック: 「台北 オトナ女子のすてきな週末 ときめく台湾の楽しみ方70」

「オトナ女子のすてきな週末」というコンセプトで、女性目線で作られたガイドブックです。

メジャーなガイドブックには掲載されていないような、ローカルな店舗も掲載されており、内容は興味深いです。

このガイドブックの収録エリアは、主に、台北、台中、台南、高雄などです。

ローカルな雰囲気を味わいたい方や定番観光地は行きつくした!という方にオススメできます。

地図は細かいわけではないので、スマートフォンの地図アプリなど、インターネットを利用して確認した方が確実かもしれません。

AmazonのKindle Unlimitedに加入している方は無料なので、ぜひ見てみてください。

オススメ度★★★☆☆
価格★★☆☆☆
携帯性★★★☆☆
情報量★★☆☆☆
出版社メイツ出版

台湾おすすめガイドブック: 「もっと激ウマ! 食べ台湾 地元の人が通い詰める最愛グルメ100軒」

「台湾では食べ歩きしたい!」という方には、本書がオススメです。

100軒掲載されていることもあり、一般的なガイドブックとは比べものにならないほど、沢山掲載されています。

単に店舗やメニューを紹介されているだけにとどまらず、代表メニューや調理方法の説明まで掲載されており、ためになります!

メニューや看板に記載された料理の漢字についての解説もあるため、台湾料理について知識が深まります。料理や食べることが好きな方にオススメのガイドブックです。

オススメ度★★★★★
価格★★★☆☆
携帯性★★☆☆☆
情報量★★★★★
出版社KADOKAWA

台湾旅行のガイドブックは電子書籍もおすすめ

以下のような考えをお持ちの方は、電子版がオススメです。

  • 荷物を減らしたい
  • 数か国旅行する

今回ご紹介したガイドブックの中にも、AmazonのKindle版や、アプリで閲覧できるガイドブックもあります。

AmazonのKindleストアでご購入されるのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました