PR

台湾旅行で変圧器はいらない

台湾旅行で変圧器はいらない 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾は日本とは異なり、110Vの電圧を使用しています。日本より10V高いので注意が必要です。

そのため、日本から電化製品を持っていく際「100〜240V」に対応しているものなら、台湾に旅行する際には変圧器は必要ありません。

しかし、変圧器を持っていく必要がないということは、コンセントの形状が同じということではありません。

台湾では、日本と異なるタイプのコンセントが使われています。

ここでは、台湾で使われているコンセントの種類と、日本から持っていくべきアダプターについて紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行で変圧器はいらない理由

台湾 夜景

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

台湾で使われているコンセントの種類

台湾で使われているコンセントは、主に以下の2種類です。

  • A型:日本で使われているタイプで、同じ形状です。(台湾での99%がA型という説あり)
  • C型:ごく稀にC型があったりします。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。台湾のガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

日本から持っていくべきアダプター

台湾に旅行する際には、上記のコンセントに対応したアダプターを持っていく必要があります。

アダプターは、日本で購入することもできますが、台湾でも空港やホテル、コンビニなどで簡単に入手できます。アダプターの値段は、日本よりも台湾の方が安い場合が多いです。

アダプターを選ぶ際には、以下の点に注意しましょう。

  • アダプターは変圧器ではありません。電圧が異なる国に行く場合は、変圧器も必要になります。しかし、台湾では電圧が同じなので、変圧器は不要です。
  • アダプターには定格電流や定格電力という数値が記載されています。これは、アダプターが安全に使用できる電流や電力の上限を表しています。使用する家電製品の電流や電力がアダプターの定格を超えると、発熱や火災の原因になります。そのため、使用する家電製品の電流や電力を確認し、アダプターの定格を超えないようにしましょう。
サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥2,073 (2024/02/16 16:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

スポンサーリンク

台湾旅行で変圧器はいらない!まとめ

台湾は日本とは異なり110Vの電圧を使用している国なので、日本から電化製品を持っていく際「100〜240V」に対応しているものなら、台湾に旅行する際には変圧器は必要ありません。

しかし、コンセントの形状が異なるので、アダプターは必要です。アダプターは日本でも台湾でも購入できますが、台湾の方が安い場合が多いです。

アダプターを選ぶ際には、コンセントの種類や定格に注意しましょう。台湾で快適に電気を使うためには、事前に準備をしておくことが大切です。

旅行の際の持ち物を減らし、手軽に快適な時間を過ごしましょう。

台湾の魅力を存分に楽しむため、電気のことは心配いりません。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました