PR

台湾旅行の両替はどこでするべきか?

台湾旅行の両替はどこでするべきか? 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾旅行を計画している方にとって、両替は重要なポイントです。台湾では、日本円や米ドルなどの外貨を現地通貨の台湾ドルに両替する必要があります。

しかし、どこで両替すればいいのでしょうか?両替所や銀行、空港やホテルなど、両替できる場所はたくさんありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

この記事では、台湾旅行で両替する際の注意点やおすすめの方法を紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行の両替はどこでするべきか?

台湾 夜景

両替の基本情報

ジェイティビィパブリッシング
¥1,210 (2024/02/20 07:06時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

台湾では、日本円や米ドルなどの外貨を現地通貨の台湾ドルに両替する必要があります。台湾ドルは紙幣と硬貨があり、紙幣は1000ドル、500ドル、200ドル、100ドル、50ドル、10ドルの6種類、硬貨は50元、20元、10元、5元、1元の5種類があります。

台湾ドル

1日本円は約0.27台湾ドルですが、為替レートは日々変動しますので、旅行前にチェックしておきましょう。

両替する際に注意したいのは、手数料とレートです。手数料は両替する場所によって異なりますが、一般的には空港やホテルよりも両替所や銀行の方が安いです。

レートは市場の為替レートに基づいて決まりますが、一般的には外貨を売るときよりも買うときの方が悪いです。

また、日本円よりも米ドルの方がレートが良いことが多いです。

そのため、日本円を持っていくよりも米ドルを持っていく方がお得な場合もあります。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。台湾のガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

両替所で両替する方法

台湾で最も一般的な両替方法は、両替所で両替する方法です。

両替所は台北や高雄などの都市部に多くありますが、中でも台北駅周辺や西門町などの観光地にはたくさんの両替所があります。

両替所のメリットは、手数料が安いか無料であることや営業時間が長いことです。

また、レートも市場の為替レートに近くてお得です。

ただし、両替所によってレートや手数料が異なることもあるので、複数の両替所を比較してから選ぶことをおすすめします。

両替所で両替する際に必要なものは、パスポートと外貨です。

パスポートは身分証明として必要ですし、外貨は新札であることや汚れていないことが望ましいです。

両替所で両替した後は、必ずレシートをもらっておきましょう。

レシートには両替した金額やレートや手数料などが記載されています。万が一、両替にトラブルがあった場合には、レシートが証拠となります。

銀行で両替する方法

台湾で両替できる銀行は、台湾銀行や中華銀行などの国営銀行や、花旗銀行や渣打銀行などの外資系銀行があります。

銀行で両替するメリットは、安全で信頼できることやレートが安定していることです。また、銀行のATMを使って外貨を引き出すこともできます。

ただし、銀行で両替するデメリットは、手数料が高いことや営業時間が短いことです。

一般的には平日の9時から15時半までしか営業していません。また、土日や祝日は休業する場合もあります。

銀行で両替する際に必要なものは、パスポートと外貨です。パスポートは身分証明として必要ですし、外貨は新札であることや汚れていないことが望ましいです。

銀行で両替した後は、必ずレシートをもらっておきましょう。

レシートには両替した金額やレートや手数料などが記載されています。万が一、両替にトラブルがあった場合には、レシートが証拠となります。

空港で両替する方法

飛行機

台湾に到着したら、空港で両替する方法もあります。

空港には台湾銀行や中華銀行などの国営銀行や、花旗銀行や渣打銀行などの外資系銀行の窓口やATMがあります。

空港で両替するメリットは、便利で手軽であることです。到着ロビーに出たらすぐに両替できますし、営業時間も長いです。

ただし、空港で両替するデメリットは、手数料が高いことやレートが悪いことです。一般的には市場の為替レートよりも低く設定されています。銀行の方がレートが良いと言われています。

空港で両替する際に必要なものは、パスポートと外貨です。

パスポートは身分証明として必要ですし、外貨は新札であることや汚れていないことが望ましいです。空港で両替した後は、必ずレシートをもらっておきましょう。

レシートには両替した金額やレートや手数料などが記載されています。万が一、両替にトラブルがあった場合には、レシートが証拠となります。

空港で両替するメリットは、手数料が安いか無料であることや、現地で使えるお金をすぐに手に入れられることです。空港で両替するデメリットは、レートが市場よりも悪いことや、混雑していることです。空港で両替する場合は、必要な分だけにしましょう。

ホテルで両替する方法

ホテル

台湾のホテルでは、フロントで外貨を台湾ドルに両替することができる場合もあります。

ホテルで両替するメリットは、安全で快適であることです。

台湾は日本から近くて人気の旅行先ですが、現地で使える通貨は新台湾ドルです。

日本円を新台湾ドルに両替するには、どこがおすすめなのでしょうか?

この記事では、台湾旅行の両替のおすすめ場所を紹介します。

スポンサーリンク

台湾旅行の両替のおすすめ場所

コンビニで両替する

台湾では、コンビニで日本円を新台湾ドルに両替することができます。

コンビニで両替するメリットは、24時間営業であることや、場所が多いことです。

コンビニで両替するデメリットは、手数料が高いことや、レートが悪いことです。コンビニで両替する場合は、小額だけにしましょう。

銀行や両替所で両替する

台湾では、銀行や両替所で日本円を新台湾ドルに両替することもできます。銀行や両替所で両替するメリットは、レートが良いことや、大量に両替できることです。

銀行や両替所で両替するデメリットは、営業時間が限られていることや、パスポートなどの身分証明書が必要な場合があることです。

銀行や両替所で両替する場合は、事前に営業時間や手数料などを確認しましょう。

台湾旅行の両替のおすすめ場所まとめ

台湾旅行の両替のおすすめ場所は、空港やコンビニや銀行や両替所です。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の旅行スタイルや予算に合わせて選びましょう。

台湾ではクレジットカードも使えますが、現金主義の店も多いです。

クレジットカード

現地で困らないように、事前に準備しておきましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました