PR

ベトナム旅行の服

スポンサーリンク

ベトナムに旅行するとき、どんな服を持っていくべきか悩む人も多いでしょう。ベトナムは熱帯気候で、一年中暑いですが、地域や季節によっても気温や湿度が異なります。また、ベトナムの文化や宗教にも配慮した服装が必要です。そこで、この記事では、ベトナム旅行におすすめの服装や持ち物について紹介します。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の服

ベトナムの風景

ベトナムの気候と服装の基本

ベトナムは南北に細長い国で、北部、中部、南部という三つの地域に分けられます。それぞれの地域では、気候や季節が異なります。

北部は冬(11月~2月)には寒くなり、最低気温は10度以下になることもあります。夏(5月~10月)は暑くて湿気が高く、最高気温は35度以上になることもあります。春(3月~4月)と秋(11月)は比較的涼しくて過ごしやすいです。

中部は一年中暑くて湿度が高く、最高気温は30度以上になることが多いです。雨季(9月~12月)には台風や豪雨に注意が必要です。乾季(1月~8月)は晴れの日が多く、海水浴やダイビングなどのアクティビティが楽しめます。

南部は一年中暑くて湿度が高く、最高気温は35度以上になることもあります。雨季(5月~10月)には毎日のように雷雨がありますが、短時間で止むことが多いです。乾季(11月~4月)は晴れの日が多く、気温もやや下がります。

ベトナムの服装の基本は、薄手で吸湿性の高い素材の服を重ね着することです。これは、気温や湿度の変化に対応できるだけでなく、日焼けや虫刺されを防ぐ効果もあります。また、ベトナムでは肌の露出を控えることが望ましいとされています。特に宗教的な場所や公共の場所では、肩やひざを隠すようにしましょう。女性はスカートやワンピースを着る場合は、ひざ下の丈にするか、レギンスやストッキングを履くと良いです。男性は半ズボンを着る場合は、ひざ上の丈にするか、ロングソックスを履くと良いです。

ベトナム旅行におすすめの服装

それでは、具体的にどんな服装がベトナム旅行におすすめなのでしょうか?以下では、シーン別に紹介します。

観光

観光では、動きやすくて快適な服装が重要です。Tシャツやポロシャツなどの半袖トップスとジーンズやカーゴパンツなどのパンツが基本です。女性はワンピースやスカートも可ですが、ひざ下の丈にするか、レギンスやストッキングを履きましょう。また、日差しや虫刺されを防ぐために、帽子やサングラス、日焼け止め、虫除けスプレーなども持っていきましょう。

宗教的な場所や公共の場所では、肩やひざを隠すために、カーディガンやショールなどを羽織りましょう。

ビーチ

ビーチでは、水着やパレオなどの軽装で楽しみましょう。ただし、水着はビーチやプールのみで着用し、その他の場所では上着やパンツなどで隠すようにしましょう。また、日焼けや水分補給にも気をつけましょう。帽子やサングラス、日焼け止め、水筒などを持っていきましょう。

レストラン

レストランでは、カジュアルでもきれいめな服装が好まれます。Tシャツやジーンズなどのラフな服装は避けましょう。シャツやブラウスなどのトップスとスラックスやスカートなどのボトムスがおすすめです。女性はドレスやワンピースも可ですが、肩やひざを隠すようにしましょう。また、靴はサンダルやスニーカーではなく、革靴やパンプスなどのきちんとしたものを履きましょう。

ベトナム旅行に持っていくべき服装

ベトナム旅行に持っていくべき服装は、以下のようになります。

  • 半袖トップス(Tシャツやポロシャツなど):3枚
  • 長袖トップス(シャツやブラウスなど):2枚
  • パンツ(ジーンズやカーゴパンツなど):2本
  • スカート(ひざ下の丈):1本
  • ワンピース(ひざ下の丈):1着
  • 水着:1着
  • パレオ:1枚
  • カーディガン:1枚
  • ショール:1枚
  • 帽子:1個
  • サングラス:1個
  • 日焼け止め:1本
  • 虫除けスプレー:1本
  • 水筒:1個
  • 革靴:1足
  • パンプス:1足

ベトナムは美しい自然や文化が豊かな国ですが、服装にも注意が必要です。この記事を参考にして、快適で楽しい旅行を満喫してください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました