イギリスとロンドンのおすすめガイドブック10選【2023年】

ガイドブック おすすめ旅行
ガイドブック おすすめ
スポンサーリンク

今回は、イギリスとロンドンのおすすめガイドブック10選【2023年】、についてです。
イギリスはSNS映えするスポットも多数存在するので、旅行者にも人気の観光地です。
今回の記事は、次のような方にオススメです!

日本からイギリスへの旅行客は、 2019年には38万9000人を記録しており、イギリスは日本人にも人気の旅行先の一つです。イギリスには世界遺産が31か所登録されています。

引用元:世界遺産リスト

  • イギリスのおすすめのガイドブックを知りたいい!
  • 最新のイギリスのガイドブック情報を知りたい!

記事の最後では、無料でガイドブックを読む方法というお得情報も解説します!
イギリスは日本人が多く訪れる、人気の国の一つです。

イギリスの観光名所は以下の通りです。

  • ロンドンバスに乗る
  • ミュージカルを観る
  • 音楽の名所へ行く
  • 美術館へ行く
  • 世界的に有名な博物館に行く
  • 本場のアフタヌーンティーを飲む
  • アンティーク市で買い物をする
  • 世界一有名なデパート、Harrods(ハロッズ)で買い物をする
  • グリニッジで、経度0º 0’ 0”を体感する
  • 「バッキンガム宮殿」 で衛兵交代式を見る
  • ハリーポッターのロケ地巡り(9と4分の3番線の場所へ行く)

持ち物の準備がまだお済ではない方は、海外旅行の持ち物チェックリストの記事も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

イギリスとロンドンのガイドブックの選び方

ガイドブックは旅行時に重宝します。インターネットであらゆる情報を調べることができる時代ではありますが、1冊持っておくと心強いと言えます。
検索するにも、事前に知識がなければ検索するのも難しいため、予備知識を知るのにもガイドブックは適していると言えるでしょう。

イギリスのガイドブックは沢山の種類があるので、どれを選ぶべきか迷ってしまうかたもいらっしゃるかもしれません。

近年、ガイドブックの種類はかなり増え、どのガイドブックを購入すれば良いか分からない方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、様々なガイドブックの中から、旅の目的別に購入すべきガイドブックをご紹介します。これからイギリスのガイドブックを購入される方のご参考になると幸いです。

有名ガイドブック「まっぷる」と「るるぶ」の違い

るるぶとまっぷるは、実は大きな違いはないと言えます。「まっぷる」と「るるぶ」の違いですが、「まっぷる」は地図大手会社、「るるぶ」は旅行会社のJTBが発行しているガイドブックです。
「まっぷる」は地図が分かりやすいと言えるでしょう。また、「まっぷる」はマイナーの観光地まで網羅している印象です(あくまで主観です)。

るるぶは、2010年12月に、「発行点数世界最多の旅行ガイドシリーズ」(Longest book series-travel guides)としてギネス世界記録™に認定されたガイドブックであることも特長の一つです。

電子書籍と紙のガイドブックの違いで選ぶ

電子書籍と紙のガイドブックには以下のような違いがあります。

紙のメリット

旅先ではインターネットが接続できなかったり、電波が弱いことも考えられます。また、何かしらのトラブル時にも、ガイドブックを持っておくことで救われることもあるでしょう。

電子書籍のガイドブックのメリット

電子書籍のガイドブックを持って旅行に行くメリットは次のとおりです。

  • サイズがコンパクト: 電子書籍は本よりも小さく、軽いため、旅行バッグに入れやすいです。
  • 検索機能: 電子書籍には検索機能があり、目的地や観光スポットをすばやく見つけることができます。
  • インターネット接続なしでも読める: 電子書籍はオフラインでも読めるため、地元のインターネット接続がなくても使用できます。
  • 環境に優しい: 電子書籍は紙を使用しないため、環境に優しいです。
  • 配達を待たずにすぐ読める:電子書籍版は、購入時、届く時間を待たずに、すぐに見ることができるのも利点です。自分で買いに行く手間も省けます。
  • 無料で読める本がある:AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を利用することで、30日間無料で読めます。

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!ひとまず無料体験して、それから好きなガイドブックを決めるというかたも多くいらっしゃいます。

Amazon Kindle Unlimited
Amazon Kindle Unlimited

イギリスのガイドブックも多数ラインナップがあります。スマホでも利用可能なので、タブレット端末をお持ちでないかたでもすぐに利用することができ、大変お得です。

↑絶対失敗したくない旅行の準備を完璧にするための本をリリースしました!こちらの本も0円で読めてしまうので、是非お読みいただけると幸いです

スポンサーリンク

イギリスとロンドンの個人旅行におすすめのガイドブック

ツアーに参加せず、自分で航空券やホテルの予約も行う方や一人旅、バックパッカーの方におすすめのガイドブックをご紹介します。

「地球の歩き方 イギリス」

何といっても圧倒的な情報量の多さは、他のガイドブックと比較になりません。ここまで詳しいガイドブックは数えるほどしかないと思っています。

美しい自然が心を癒してくれるコッツウォルズや湖水地方、スコットランドやウェールズなどの風景(イギリスの北アイルランドは地球の歩き方版のアイルランド編に収録)。

ブリティッシュニュースでは、ヴィクトリア女王生誕200周年/2020年新20ポンド紙幣発行/ブリティッシュ・エアウェイズが関西国際空港~ヒースロー間を週4便運航などが特集されています。

地域の英国ハイライトでは、ロンドン、南海岸、イングランド中部、イングランド北部、ウェールズ、スコットランドが特集されています。

旅行のヒントとして、世界遺産、イベント&旅行シーズンガイド、旅程計画のアドバイスを知ることができます。

アフタヌーンティーを極める、ブリティッシュパブの紹介、英国王室ゆかりの王宮と教会、英国王室の愛用品、庭園を愛でる、スポーツガイド、鉄道のルーツを訪ねる、ハリー・ポッターのロケ地巡り、キャッスル オブ ブリティッシュ貴族が特集されています。

旅行の準備とテクニックでは、旅行の必需品、出発と入国、ホテルの基本、旅行の問題、英国年表、英国王室系統図、人物と用語集などが特集されています。

●本書に掲載されているおもな都市・観光地
【ロンドン】ウェストミンスター周辺、バッキンガム宮殿周辺、大英博物館周辺、ピカデリー・サーカス周辺、シティ周辺、ロンドン塔周辺、ナイツブリッジとケンジントン、グリニッジ、ウィンブルドン、キュー・ガーデンズ、ウィンザー、ロンドン近郊の名城巡り、チャタム、コルチェスター、サットン・フー
【南海岸地方】カンタベリー、カンタベリー大聖堂、ドーヴァー、ライ、ヘイスティングズ、セブン・シスターズ、ブライトン、ケンジントン・ガーデンズ、ポーツマス、ワイト島、サウサンプトン、ウィンチェスター、エクセター、ジュラシック・コースト、イングリッシュ・リヴィエラ、ダートムーア国立公園、プリマス、ペンザンス、コンウォールと西デヴォンの鉱業景観
【イングランド中央部】ソールズベリ、ストーンヘンジ、バース、アビー・チャーチ・ヤード、ブリストル、コッツウォルズ、ウィンチカム、ボートン・オン・ザ・ウォーター、バイブリー、カースル・クーム、オックスフォード、ブレナム宮殿、ストラトフォード・アポン・エイヴォン、バーミンガム、シュルーズベリー、アイアンブリッジ渓谷、ストーク・オン・トレント、ノッティンガム、ケンブリッジ、ノーリッジ
【イングランド北部】チェスター、リヴァプール、マン島、マンチェスター、ピーク・ディスクリクト、ダーウェント渓谷と工場群、湖水地方、グラスミア、コッカーマス、ハドリアヌスの城壁、ニューキャッスル・アポン・タイン、ホーリーアイランド、ダラム大聖堂とダラム城、ノース・ヨーク・ムーアズ国立公園、ヨーク、ヨークシャー・デイルズ国立公園、ソルテア、ファウンテンズ・アビー
【ウェールズ】カーディフ、カーディフ・ベイ、ブレナヴォン、北ウェールズ、グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁
【スコットランド】エディンバラ、エディンバラ城、ロイヤル・マイル、ホリールードハウス宮殿、セント・アンドリューズ、グラスゴー、スターリング、ネス湖

Amazon


地球の歩き方は、「イギリス」と「ロンドンとその近郊/南海岸地方」、「イングランド」、「ウェールズ/スコットランド」の4種類が発売されています。

オススメ度★★★★☆
価格★★☆☆☆
携帯性★★★☆☆
情報量★★★★★
電子書籍あり
ページ数632ページ
出版社地球の歩き方

ブルーガイドわがまま歩き ロンドン

この記事では、BBC の人気テレビドラマ「シャーロック」の舞台としても注目を集めているロンドンの最新の楽しみ方をご紹介します。 「そしてとどまる」。

大英博物館やバッキンガム宮殿などの定番スポットはもちろん、ミレニアムマイルやイーストエンドなどロンドンの街並みや、ショッピング、グルメ、ナイトライフの最新情報まで豊富に掲載。ここにいくつかの戦略があります。

また、ウィンザー城やコッツウォルズなどの郊外へもご案内し、日帰り旅行とロンドン観光を組み合わせてご利用いただけます。

オススメ度★★★★★
価格★★★★★
携帯性★★★☆☆
情報量★★★☆☆
電子書籍30日間無料
ページ数362ページ
出版社実業之日本社
スポンサーリンク

初めてのイギリスとロンドン旅行におすすめのガイドブック

初めてイギリス旅行する方や、詳しすぎる情報はそこまで必要ではない方にオススメのガイドブックをご紹介します。

  • イギリス旅行で行きたいけど、どんな場所なの!?
  • イギリス、旅行のツアーのフリータイムには何をすれば良いの!?

上記のような疑問を持たれている方に最適です。

「ララチッタ イギリス」

「ララチッタ」のコンセプトは、『大人カワイイ女子旅案内』となっており、女性向けの雑誌に仕上がっています。女性がターゲットであろうスイーツやマッサージ情報もきちんと掲載されています。イギリスの定番である観光地が、余すところなく、しっかりと紹介されています。

必見スポット、イギリス旅行の必需品、ショッピング、ウォーキング、グルメ、その他(アートなど)、宿泊先など、イギリスの魅力が詰まった一冊です。

イギリスで実現したいスペシャルシーン6として、イギリスでやるべき6つのことが紹介されています。コッツウォルズ、湖水地方、名作の舞台(映画、音楽、文学など)、イングリッシュガーデン、世界遺産、マナーハウスです。ロンドンでやりたい10のことも紹介されています。

オススメ度★★★★☆
価格★★★☆☆
携帯性★★★★★
情報量★★★☆☆
電子書籍あり
ページ数190ページ
出版社JTBパブリッシング

「るるぶイギリス」

ガイドブックの王道の一つに「るるぶ」があります。
特徴は、写真が多く、文字が大きいことでしょう。雑誌のようにペラペラとめくって気軽に読むことができます。大きなサイズのガイドブックが良い!という方には「るるぶ」がオススメです。

魅力満載の特集が盛りだくさんの一冊です。
オープニングは、おとぎ話のような風景で知られるコッツウォルズにひねりを加えたものです。

ロンドンでやりたいことが特集されています。ビッグ ベン世界遺産、バッキンガム宮殿、アフタヌーンティー、おいしいビールが飲めるパブ、テムズ川クルーズに詳しくなれます。

ロイヤルブランドでのショッピングなど、ロンドンの定番テーマを詳しく解説されています。ロンドン観光、イギリスの博物館、ロイヤルパークにも詳しくなれます。

ロンドングルメとして、イングリッシュブレックファースト、新感覚の英国料理も紹介されています。

ロンドンでショッピング、英国のファッション、お茶と茶器、必見のロンドンのエンターテイメント
・ミュージカルも旅行前にチェックできます。
また、ロンドンに隣接し、イギリスの美しい田園風景を楽しめる湖水地方、エジンバラエリアガイドも必見です。

オススメ度★★★★★
価格★★★★★
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
電子書籍30日間無料
ページ数160ページ
出版社ジェイティビィパブリッシング

「まっぷる ロンドン・イギリス」

ガイドブックの王道の一つに「まっぷる」があります。ページ数は、226ページあり、情報量満載です!

特徴は、写真が多く、文字が大きいところでしょう。雑誌のように、パラパラと眺めながら気軽に読書ができます。最近は小さいサイズのバージョンも発行されており、携帯性に優れています。

ヨーロッパ有数の観光地、英国ロンドンの情報が満載 王宮バッキンガム宮殿やウェストミンスター寺院などの歴史的建造物、大英博物館、歴史と芸術の宝庫、本場のグルメと優雅な午後、旅に欠かせないお茶、感動のミュージカルなどロンドンの魅力がつまったガイドブックです。

イギリスらしい風景が広がるコッツウォルズ地方や、自然が美しいイングランド郊外のスコットランドの情報も掲載されています。

ロンドンには、世界最大の大英博物館や、ファッションや装飾の展示で女性を魅了するヴィクトリア アンド アルバート博物館など、多くの美術館があり、デザイン ミュージアムなどの美術館コレクションのハイライトに加えて、ミュージアム ショップやユニークなカフェも併設されています。テート・モダン、テート・ブリテンなども掲載されており、旅行前に詳しくなれ、プランを立てやすいです。

定番の観光スポットも完全網羅されています。バッキンガム宮殿、国会議事堂、ビッグ ベン、ウェストミンスター寺院、その他の歴史的建造物は、ロンドンの名所です。バッキンガム宮殿の衛兵交代式は必見です。
はちみつ色の家並みが美しいコッツウォルズ地方と、絵のように美しい田園風景が広がるコッツウォルズ地方、そして水と緑の雄大な景観が世界遺産に登録されている湖水地方。ピーターラビットの世界のモデルとなったウィンダミアや、シェイクスピアの故郷ストラットフォード・アポン・エイボンなど、文化的に有名なエリアがたくさんあります。 アクセス情報やモデルコースも公開されています。

無料スマホアプリで、ガイドと同じページをスマートフォンで閲覧できるアプリ「まっぷるリンク」をが付属します(iPhone、Androidに対応)。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
電子書籍なし
ページ数180ページ
出版社昭文社

キンドルアンリミテッド対象本なので、無料で読めてしまいます!今がチャンスでしょう!

「ロンドンでしたい100のこと 大好きな街を暮らすように楽しむ旅」

ロンドンでしたい100のことが書かれたガイドブックです。大英帝国よりずっと前に栄えた豊かな歴史、古いものを愛でる国民性、新しいものを生み出すダイナミックな力、異文化を受け入れる柔軟性、すべてが一体となって卓越したロンドンを作り上げています
ユニークな街をつくっています。そして鍵はここに住むロンドンっ子たちの魅力。

恥ずかしがり屋で勇敢な英国人を含め、世界中の人々に彩られたロンドンならではのカラーを楽しむロンドンを歩くのは本当に楽しいです。いつもの光景が好きなだけじゃなくて、観光客が食べるのは我慢できない地元の人が好きなお店を見てみたい…この場合、その都市に住んでいる人に聞くのが一番です。この本はロンドンに住んでいる友人のためのものです。お気に入りの場所に案内され、そんなご案内です。一瞬たりとも目が離せない新旧入り交じる心ゆくまでロンドンが楽しめるガイドブックです。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
電子書籍なし
ページ数160ページ
出版社自由国民社

「地球の歩き方 Plat04 ロンドン」

「地球の歩き方」は、時間がないけど効率よく観光したい旅行者におすすめのシリーズです。ロンドン編は、定番の観光スポットからファンの多い1960年代カルチャーを偲ぶスポットまで網羅されています。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
電子書籍あり
ページ数180ページ
出版社地球の歩き方

「アフタヌーンティーで旅するイギリス」

アフタヌーンティーに特化したガイドブックです。

英国の情報誌British FeatureとRSVPの編集長が14年にわたり、美しいカントリーホテルからユニークなロンドンまで、英国を代表する「宝石のティープレイス」を厳選し特集してきたガイドブックです。

ロイヤルアスコットなどの社交イベントでは、エレガントで楽しいアフタヌーン ティーを楽しむことができます。

日本でも人気のアフタヌーンティーは、1840年頃にイギリスの上流階級で始まったお茶を飲む習慣です。

200年近くを経た現在、高級ホテルや豪邸で楽しむ上流階級からスイーツへと変貌を遂げ、英国の生活に根付き、人々に囲まれながら気軽に楽しむものから、さまざまな形で愛され続けています。
田舎からロンドンまで、「至福のティータイム」を求めてアフタヌーンティー発祥の地であるイギリスを旅するときの心強い味方となるガイドブックです。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★☆☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
電子書籍あり
ページ数132ページ
出版社地球の歩き方
スポンサーリンク

女性におすすめのイギリスとロンドン旅行ガイドブック

グルメやショッピング、フォトジェニックな観光地に行きたい!という女性にオススメのガイドブックをご紹介します。

「aruco ロンドン」

「aruco」は、一見女性向けですが、地球の歩き方編集室が発行しているガイドブックなだけあって、情報量が豊富です。

aruco London 2020-21では本格アフタヌーンティーやフィッシュ&チップスの食べ比べ、無料観光、映画『ボヘミアン・ラプソディ』、人気ドラマ『シャーロック』のロケ地ツアー、スタジオツアー『ハリー・ポッター』のプラン、ロンドンを楽しむ季節。日帰りで楽しめるライとコッツウォルズ情報が満載です。

オススメ度★★★★★
価格★★★☆☆
携帯性★★★☆☆
情報量★★★★☆
電子書籍あり
ページ数228ページ
出版社地球の歩き方
スポンサーリンク

イギリス旅行の英語をサポートしてくれるオススメのガイドブック

イギリス旅行時の英語をサポートしてくれる、オススメのガイドブックをご紹介します。

「旅の指さし会話帳10イギリス」

イギリス旅行でリアルな会話ができるトラベルポインティングフレーズブックです。4,000 を超える厳選されたイギリスの単語と、地元の人々の注目を集めるイラスト付き。単語やフレーズはスペルアウトされているので、心強いです。

イングランドをさらに楽しむために、スコットランド語、ウェールズ語、アイルランド語、およびロンドン中心部の方言を紹介します。街で使われる言葉や食、ガーデニングのほか、王室事情や香り、マッサージなど、ニューイングランドに触れる会話が盛りだくさんで、本当のイギリスがわかる一冊です。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★☆☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
電子書籍あり
ページ数129ページ
出版社情報センター出版局

余談ですが、イギリス旅行時は、↓このSIMカードを購入するのが手っ取り早いです。1GBで8日間も使えるSIMカードを日本で出発前に準備しておくと、旅が快適になります。意外と知られていませんが、高いWi-Fiルーターを契約する必要性は全くありません。浮いたお金でスイーツを食べたほうがお得です!

容量は色々選べるので、ご自身にあったものをお選び下さい。

スポンサーリンク

イギリスとロンドンのガイドブックを無料で読む方法

Amazon Kindle Unlimited
Amazon Kindle Unlimited

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!イギリスのガイドブックも多数ラインナップがあります。

スポンサーリンク

イギリスと旅行のガイドブックは電子書籍もおすすめ

以下のような考えをお持ちの方は、電子版がオススメです。

  • 荷物を減らしたい
  • 数か国旅行する

今回ご紹介したガイドブックの中にも、AmazonのKindle版や、アプリで閲覧できるガイドブックもあります。AmazonのKindleストアでご購入されるのもオススメです。

イギリスとロンドンの旅行をする方には、ポイントが貯まりやすい楽天トラベルがオススメです。おすすめのホテル予約サイト2選の記事も合わせてご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました