PR

韓国旅行の財布

韓国旅行の財布 旅行
スポンサーリンク

韓国旅行は楽しいですが、財布の選び方にも注意が必要です。韓国では現金を使う機会が多く、また小銭もたくさん出ます。そのため、財布は収納力が高く、かつ持ち運びやすいものがおすすめです。

今回は、韓国旅行におすすめの財布の形状や素材について紹介します。

韓国はショッピングやグルメなど楽しいことがたくさんありますが、お金の管理も大切です。

この記事では、韓国旅行に必要なお金の準備や持ち方、使い方などについて紹介します。

スポンサーリンク

韓国旅行の財布

韓国の街並み

おすすめの財布の形状

韓国旅行におすすめの財布の形状は、長財布と二つ折り財布です。

長財布は、紙幣を折らずに入れられるので、現金を多く持ち歩く韓国では便利です。また、パスポートや航空券なども入れられるので、旅行中に必要なものを一つにまとめられます。

二つ折り財布は、小さくて軽いので、カバンやポケットに入れやすいです。また、小銭入れが付いているものが多いので、韓国でよく使う硬貨を整理しやすいです。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

おすすめの財布の素材

韓国旅行におすすめの財布の素材は、革とナイロンです。

革は、高級感があり、耐久性も高いです。また、使い込むほどに味が出るので、旅行の思い出としても残ります。ナイロンは、軽くて丈夫で、汚れにくいです。

また、色や柄も豊富なので、自分の好みやファッションに合わせやすいです。

韓国旅行に必要なお金の準備

韓国旅行に必要なお金は、交通費、宿泊費、食費、観光費、ショッピング費などです。これらの費用は、旅行期間や目的、好みなどによって変わりますが、一般的な目安としては以下のようになります。

交通費

往復の航空券は約5万円から10万円程度。空港から市内までのバスや電車は約1,000円から2,000円程度。市内の移動は地下鉄やバスが便利で、1回の乗車料金は約200円から300円程度。

宿泊費

ホテル

ホテルやゲストハウスなどの宿泊施設は約3,000円から10,000円程度。場所や設備、サービスなどによって差があります。

食費

韓国料理は安くて美味しいですが、日本と比べると辛いものが多いです。1食あたり約1,000円から3,000円程度。コンビニやカフェなどで軽食や飲み物を買う場合は約500円から1,000円程度。

観光費

韓国には歴史的な建造物や文化施設、自然景観など見どころがたくさんあります。入場料やガイド料などは約500円から2,000円程度。体験型の観光施設やアクティビティは約2,000円から5,000円程度。

ショッピング費

韓国は化粧品やファッション、雑貨などのショッピングスポットが充実しています。

価格は品質やブランドによって異なりますが、日本よりも安いものが多いです。予算に応じて自由に楽しめます。

以上のように、韓国旅行に必要なお金は約10万円から20万円程度と考えられます。

ただし、これはあくまで目安であり、個人差があります。自分の旅行プランに合わせて必要なお金を見積もりましょう。

韓国旅行のお金の持ち方

韓国旅行のお金の持ち方は、現金とカードの両方を用意するのがおすすめです。

現金は日本で両替してから持っていくか、空港や市内の両替所で現地通貨(ウォン)に換えることができます。

カードはクレジットカードやデビットカードを使うことができますが、手数料や利用可能な店舗に注意しましょう。

クレジットカード

現金は小額の支払いやチップなどに便利ですが、盗難や紛失のリスクがあります。現金は必要な分だけ持ち歩き、余分な分はホテルの金庫などに預けましょう。

また、現金を持ち歩くときは、財布やバッグに分散して入れると安全です。

カードは大額の支払いやオンラインショッピングなどに便利ですが、手数料や利用可能な店舗に注意しましょう。

カードの手数料は、カード会社や銀行によって異なりますが、一般的には海外での利用には1回あたり約200円から500円程度の手数料がかかります。

また、カードが使える店舗は、大型のショッピングモールやホテル、レストランなどでは問題ありませんが、小さな店舗や屋台などでは使えない場合があります。

カードを使うときは、サインや暗証番号の確認を忘れずにしましょう。

お金を節約する方法

交通費

空港から市内までの移動はバスや電車よりもタクシーを使うと高くつきます。市内の移動は地下鉄やバスを利用しましょう。地下鉄やバスの乗車券は、T-moneyというプリペイドカードを使うと割引があります。T-moneyは空港やコンビニなどで購入できます。

宿泊費

ホテルよりもゲストハウスや民泊などの安い宿泊施設を利用しましょう。また、旅行期間中に一度でも洗濯をする場合は、洗濯機がある宿泊施設を選ぶと便利です。

食費

レストランよりも屋台や市場などで食べると安くて美味しいです。また、朝食はホテルではなくコンビニやカフェで済ませると節約できます。

観光費

観光スポットによっては無料や割引で入場できる場合があります。例えば、文化財博物館では毎月最終水曜日が無料開放日です。

また、観光施設やアクティビティを予約するときは、オンラインで割引クーポンを探すとお得です。

ショッピング費

ショッピングするときは、価格交渉をしてみましょう。特に市場や屋台などでは値切ることができます。また、免税店やアウトレットなどで買い物すると安くてお得です。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行韓国旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました