PR

コダック「PIXPRO WPZ2」レビュー

家電
スポンサーリンク

コダックの最新カメラ「PIXPRO WPZ2」は、アウトドア愛好家やアクティブなライフスタイルを送る人々に最適な選択肢です。

高画質撮影機能、多彩な撮影モード、耐久性など、その特長を探求しましょう。

コダック「PIXPRO WPZ2」は、プロの写真家からアウトドア愛好家まで、さまざまなニーズに応えることができる傑出した製品です。

スポンサーリンク

コダック Kodak PIXPRO WPZ2レビュー

項目スペック
総画素数1635万画素
有効画素数1676万画素(1/2.3インチ BSI CMOS)
レンズ焦点距離: 4.9mm (Wide) – 19.6mm (Tele)、[35mmフィルム換算]: 27mm (Wide) – 108mm (Tele)
解放F値F3.0 (Wide) – F6.6 (Tele)
レンズ構造7群 7枚
光学ズーム4倍
撮影範囲通常撮影: (Wide) 60cm – ∞、(Tele) 100cm – ∞、Macro: 5cm – ∞ (Wideのみ)
オートフォーカスTTL方式
手ブレ補正電子式手ブレ軽減
デジタルズーム6倍デジタルズーム(光学ズームと併用して最大24倍)
記録画素数静止画:、16MP: 4608×3456、10MP: 3648×2736、5MP: 2592×1944、3MP: 2048×1536、2MP: 1600×1200、1MP: 1280×960、0.3MP: 640×480、(3:2) 14MP: 4608×3072、(16:9) 12MP: 4608×2592、2MP: 1920×1080、動画: 1920×1080: 30fps、1280×720: 60fps / 30fps、640×480: 30fps、High-Speed Movie 640×480: 120fps
圧縮方式精細、標準、普通
DCF準拠DPOF(Ver1.1)サポート
ファイル形式静止画: Exif 2.3 (JPEG)、動画: 画像圧縮: MOV(H.264)、音声: リニアPCM(モノラル)
撮影モード自動モード、プログラムAE、手動モード、シーンモード、動画モード、水中モード、パノラマモード、子供、ポートレート、夜景ポートレート、風景、スポーツ、夕日、花火、雪、パーティー、ビーチ、夜景、ガラス越し、流し撮り、屋内、植物、博物館、手ブレ補正、CALSモード
検出機能顔、笑顔、まばたき
防水性能15m
耐衝撃性能2m
防塵性能IP6X
赤目軽減
HDR昨日○(後処理)
パノラマ撮影最大360°
液晶モニター2.7インチ(23万画素)
ISO感度自動、 ISO 100/200/400/800/1600/3200
フォーカスモードSingle AF, マルチAF (TTL25ポイント)、顔検出
測光方式AiAE, 中央部重点、スポット、顔AE
露出制御方法プログラムAE (AEロック有り)
露出補正±3EV / 1/3刻み
シャッタースピード1/2000~4秒 (手動30秒)
バーストモード最大解像度で最大6fps
再生モードシングル、マルチ (9/16)、スライドショー、撮影日付、連写グループ、ズーム(約2~8倍)
ホワイトバランス自動、晴天、雲天、蛍光灯、蛍光灯CWF、白熱電球、手動、水中、色温度指定 (1900K~10000K)
フラッシュフラッシュ方式: 内蔵、フラッシュモード: 撮影範囲 (Wide)約0.3~5.2m (ISO800)、(Tele)約1~2.4m (ISO800)、自動発行、赤目軽減、強制発光、発光禁止、スローシンクロ、赤目軽減+スローシンクロ
ストロボ充電時間6秒以下
記録メディア内蔵メモリー:約8MB, microSDカード/microSDHCカード(32GBまでサポート)(MMCカード、サポートなし)
その他特徴Wi-Fi (802.11b/g/n)、リモートコントロール (iOS/Android)、多言語サポート (26言語)
入出力端子USB2.0 (Micro 5 pin USB)
電源撮影枚数(電池寿命): 約200ショット(CIPA標準に基づく)、約1時間10分(動画、1080p/30fps)、充電式リチウムイオン電池 (LB015)、3.7V 700mAh (本体装着で充電可)
動作環境温度:0~40℃、湿度:0~90%
外観寸法約103.2 × 66.7 × 52.4mm
質量(重量)約176g (本体のみ)
付属品充電式リチウムイオン電池、リストストラップ、かんたん操作ガイド、USBケーブル、ACアダプター、保証書、サービスカード
「https://kodakpixpro.com/AsiaOceania/jp/cameras/sportcamera/wpz2/」をもとに作成

コダック「PIXPRO WPZ2」は、水中やアウトドアで活躍するカメラです。

コダック「PIXPRO WPZ2」は、2万円弱で防水カメラを購入できる手軽さも魅力的です。

水深15mや高さ2mの衝撃にも耐えられます。

1080pの動画撮影や多彩なシーンモードも搭載しています。

KODAK PIXPRO WPZ2は、驚くべき撮影機能を備えたハイパフォーマンスなアクションカメラです。

コダック「PIXPRO WPZ2」は、高解像度の1635万画素と多様な撮影モードを組み合わせ、プロフェッショナルな画質と優れた使いやすさを提供します。

さまざまなシーンで活躍するコダック「PIXPRO WPZ2」の特長をご紹介します。

高画質撮影

カメラと写真

WPZ2は、1676万画素のBSI CMOSセンサーを搭載しており、鮮明な画像と豊かな色彩表現を実現します。

広角から望遠までの焦点距離をカバーする4倍の光学ズームにより、細部までくっきりと捉えることができます。

高機能レンズ

コダック「PIXPRO WPZ2」のレンズは、焦点距離が4.9mm(ワイド端)から19.6mm(テレ端)まで調整可能で、35mmフィルム換算で27mmから108mmまでの幅広い撮影範囲をカバーします。

また、F3.0からF6.6の解放F値を備えており、明るい被写体から暗いシーンまで幅広い状況に対応してくれます。

多彩な撮影モード搭載

WPZ2は、自動モード、プログラムAE、手動モード、シーンモード、動画モードなど、さまざまな撮影モードを備えています。

<搭載されている撮影モード>

自動モード、プログラムAE、手動モード、シーンモード、動画モード、水中モード、パノラマモード、子供、ポートレート、夜景ポートレート、風景、スポーツ、夕日、花火、雪、パーティー、ビーチ、夜景、ガラス越し、流し撮り、屋内、植物、博物館、手ブレ補正、CALSモード

さらに、子供、ポートレート、風景、スポーツ、花火などの特殊なシーンモードも搭載されており、簡単にプロのような写真を撮影することができます。

高速パフォーマンス

1920×1080のフルHD動画を30fpsで撮影できるほか、1280×720の高速撮影では60fpsの滑らかな映像を記録することができます。

さらに、最大360°のパノラマ撮影機能も搭載されており、広範な景色を効果的に捉えることができます。

Wi-Fi接続でスマホと連携可能

Wi-Fi接続でスマホと連携できます。

工事現場などで必要なCALSモードもあります。コダックデジタルカメラWPZ2は、アドベンチャーに最適なカメラです。

Wi-Fi接続でスマホと連携可能なデジタルカメラのメリット

デジタルカメラは、写真や動画を撮影するための便利なツールです。

しかし、デジタルカメラだけでは、撮影したデータを共有したり、編集したりするのには不便な面もあります。そこで、Wi-Fi接続でスマホと連携可能なデジタルカメラがおすすめです。

Wi-Fi接続でスマホと連携可能なデジタルカメラのメリットについて紹介します。

スマホに簡単にデータを転送できる

Wi-Fi接続でスマホと連携可能なデジタルカメラの最大のメリットは、スマホに簡単にデータを転送できることです。

デジタルカメラには、専用のアプリをインストールしたスマホとWi-Fiで接続する機能があります。

これにより、撮影した写真や動画をスマホにワイヤレスで送ることができます。

スマホに送ったデータは、そのままSNSやメールで共有したり、スマホのアプリで編集したりすることができます。また、スマホのストレージに保存することで、バックアップもできます。これらの操作は、ケーブルやパソコンを使わずに行えるので、とても便利です。

Wi-Fi接続でスマホと連携可能なデジタルカメラは、スマホに簡単にデータを転送でき、その点がメリットです。

これらの機能を活用すれば、写真や動画の撮影や共有がより便利になります。

Wi-Fi接続でスマホと連携可能なデジタルカメラをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

高い耐久性

WPZ2は、防水性能が15m、耐衝撃性能が2m、防塵性能がIP6Xに達しています。

これにより、水中やアウトドアの撮影時にも安心して使用することができます。

動作環境としても、温度は0~40℃、湿度は0~90%まで対応しているので、幅広い場所で使用可能です。

さらに、赤目軽減機能や手ブレ補正機能も備えており、クリアでシャープな写真を実現します。

IP6Xとはどのくらいの性能か解説

IP6Xとは、防塵性能を表す等級の一つです。防水性能のことではありません。

IPとは、International Protection Marking(国際保護マーキング)の略で、電気機器の防水・防塵性能を示す規格です。

IPの後に続く数字は、それぞれ防水性能と防塵性能を表します。

防水性能は0から9までの数字で、数字が大きいほど高い防水性能を示します。

防塵性能は0から6までの数字で、数字が大きいほど高い防塵性能を示します。IP6Xは、防塵性能の最高等級であり、完全に塵埃を遮断することができます。

IP6Xのメリット

IP6Xのメリットは、以下のようになります。

  • 塵埃による故障や損傷を防ぐことができます。塵埃は、電気機器の内部に侵入すると、回路や部品に悪影響を及ぼす可能性があります。特に、高温や湿度の環境では、塵埃が湿気と反応して腐食やショートを引き起こすこともあります。IP6Xは、このようなリスクを排除することができます。
  • 清掃やメンテナンスが容易になります。塵埃が付着しないため、電気機器の外観や機能を保つために、頻繁に清掃やメンテナンスを行う必要がありません。また、清掃やメンテナンス時にも、塵埃が内部に入る心配がありません。
  • 耐久性や信頼性が向上します。塵埃による故障や損傷を防ぐことで、電気機器の寿命や品質を向上させることができます。また、塵埃による不具合やトラブルが発生しないため、安心して使用することができます。
IP6Xのデメリット

IP6Xのデメリットは、以下のようになります。

  • 製造コストや販売価格が高くなる可能性があります。IP6Xは、高い防塵性能を実現するために、電気機器の設計や製造において、特殊な技術や材料を必要とする場合があります。これにより、製造コストや販売価格が高くなる可能性があります。
  • 防水性能は保証されません。IP6Xは、防塵性能のみを表す等級であり、防水性能は示しません。したがって、IP6Xの電気機器は、水や液体に対して耐性があるとは限りません。水や液体に触れる可能性がある場合は、別途防水性能を確認する必要があります。

IP6Xの適用例

IP6Xの適用例は、以下のようになります。

  • 工場や倉庫などの塵埃が多い環境で使用される電気機器。例えば、産業用ロボットやセンサー、カメラなどです。
  • 砂漠や砂浜などの砂埃が多い環境で使用される電気機器。例えば、軍用車両や無人機、携帯電話などです。
  • 家庭やオフィスなどの日常的に使用される電気機器。例えば、掃除機やパソコン、テレビなどです。

IP6Xとは、防塵性能の最高等級であり、完全に塵埃を遮断することができる電気機器の規格です。IP6Xは、塵埃による故障や損傷を防ぎ、清掃やメンテナンスが容易になり、耐久性や信頼性が向上するというメリットがあります。

一方で、製造コストや販売価格が高くなる可能性があり、防水性能は保証されませんというデメリットもあります。

IP6Xは、工場や倉庫、砂漠や砂浜、家庭やオフィスなど、さまざまな環境で使用される電気機器に適用されています。

KODAK PIXPRO WPZ2は、その高画質撮影機能、多彩な撮影モード、高速パフォーマンス、耐久性などの特長により、アクティブなライフスタイルを送る人々に最適な選択肢です。

詳細な仕様と製品情報については、KODAK PIXPROの公式ホームページをご覧ください。

スポンサーリンク

コダック「PIXPRO WPZ2」レビューまとめ

コダックのPIXPRO WPZ2は、驚くべきパフォーマンスと耐久性を備えたアクションカメラです。

高解像度の画質、多様な撮影モード、防水性能や耐衝撃性能など、さまざまな特長が魅力です。

コダック「PIXPRO WPZ2」は、アウトドアでの冒険やスポーツの撮影に最適であり、プロのような写真を手軽に楽しむことができます。

PIXPRO WPZ2は、コダックの技術と品質の証であり、最高の撮影体験を提供します。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました