PR

T・レックスのおすすめアルバム10選

音楽
スポンサーリンク

T・レックスといえば、1970年代に活躍したイギリスのグラムロックバンドです。ボーカル兼ギターのマーク・ボランが率いるこのバンドは、派手な衣装やメイク、キャッチーなメロディや歌詞で多くのファンを魅了しました。

残念ながら、1977年にボランが交通事故で亡くなり、バンドは解散しましたが、その音楽は今でも多くの人に愛されています。今回は、T・レックスのおすすめアルバム10選を紹介します。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

¥693 (2024/02/18 22:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

T・レックスのおすすめアルバム10選

T・レックスのおすすめアルバム10選をご紹介致します。

T. Rex (1970)

T・レックスというバンド名を初めて使ったアルバムです。前作まではタイラノザウルス・レックスという名前で、アコースティックなフォークロックをやっていましたが、このアルバムからエレキギターを導入し、ロック色を強めました。代表曲は「Ride a White Swan」で、これがヒットしてグラムロックブームの火付け役になりました。

Electric Warrior (1971)

Polydor
¥4,895 (2024/02/19 20:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

T・レックスの最高傑作とも言われるアルバムです。グラムロックの代表曲「Get It On」や「Jeepster」を収録しています。ボランのセクシーでキュートなボーカルとギタープレイが光ります。プロデューサーはトニー・ヴィスコンティで、彼は後にデヴィッド・ボウイやU2などの名盤を手掛けます。

The Slider (1972)

Imperial
¥13,350 (2024/02/19 20:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

Electric Warriorに続くグラムロックの傑作です。

こちらもトニー・ヴィスコンティがプロデュースしています。タイトル曲「The Slider」や「Telegram Sam」、「Metal Guru」などの名曲が満載です。アルバムジャケットは写真家のリング・スタールマンが撮影したもので、ボランの美しさが際立っています。

Tanx (1973)

アーティスト:T.レックス
¥2,475 (2024/02/19 20:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

T・レックスの音楽性が変化し始めたアルバムです。ギターだけでなく、キーボードやサクソフォンなどの楽器を多用し、ソウルやファンクなどの影響も感じられます。

シングルカットされた「20th Century Boy」は、後に映画「20世紀少年」の主題歌にもなりました。

Zinc Alloy and the Hidden Riders of Tomorrow (1974)

アーティスト:マーク・ボラン&T.レックス
¥2,210 (2024/02/15 11:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

T・レックスの実験的な一面が見られるアルバムです。

サブタイトルは「A Creamed Cage in August」という不思議なものです。音楽的にはソウルやファンクの要素が強くなり、時にはゴスペル風のコーラスも入ります。シングル曲「Teenage Dream」は、ボラン自身がお気に入りだったそうです。

Bolan’s Zip Gun (1975)

Edsel
¥1,649 (2024/02/14 01:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

T・レックスの人気が下降線に入った時期に発表されたアルバムです。トニー・ヴィスコンティとの関係が悪化し、彼がプロデュースした曲は一部しか収録されませんでした。

代わりに、ボラン自身がプロデュースした曲が多くなりましたが、そのクオリティは低いと評されました。

シングル曲「Light of Love」は、アメリカでのみヒットしました。

Futuristic Dragon (1976)

アーティスト:T-Rex
¥1,953 (2024/02/14 01:16時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

T・レックスの復活を期したアルバムです。

グラムロックから離れ、ディスコやパンクなどの新しい音楽に対抗しようとしました。しかし、その結果は芳しくなく、批評家やファンからも酷評されました。

シングル曲「New York City」は、ボランの愛するニューヨークを歌ったものですが、パンクロッカーからは嘲笑されました。

Dandy in the Underworld (1977)

Westside
¥1,828 (2024/02/18 12:59時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

T・レックスの最後のアルバムです。ボランは自分の音楽に新たな息吹を吹き込もうと努力しました。

パンクロックに影響された曲もありますが、それでも彼の持ち味であるポップセンスは失われていませんでした。

シングル曲「I Love to Boogie」は、映画「ビリー・エリオット」で使われて再び注目されました。

The Best of T. Rex (1971)

T・レックスのベストアルバムです。T・レックスの初期のヒット曲を集めたもので、グラムロックのエッセンスを味わえます。

「Hot Love」や「Bang a Gong (Get It On)」、「Children of the Revolution」などの名曲が収録されています。T・レックス入門に最適な一枚です。

Great Hits (1972)

T・レックスのベストアルバムです。T・レックスの中期のヒット曲を集めたもので、グラムロックの洗練された面を感じられます。

「Telegram Sam」や「Metal Guru」、「Solid Gold Easy Action」などの名曲が収録されています。T・レックスの魅力に深くはまる一枚です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました