PR

スーツケースにライターを入れてしまった場合の対処法

スーツケースにライターを入れてしまった場合の対処法 スーツケース
スポンサーリンク

ライターは危険物として航空機に持ち込むことができないからです。

もし、ライターをスーツケースに入れてしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

また、どのように対処すべきなのでしょうか。ここでは、以下の内容について解説します。

スポンサーリンク

スーツケースにライターを入れてしまった場合の対処法

飛行機

ライターをスーツケースに入れてしまった場合、できるだけ早く取り出すことが重要です。

空港のチェックイン前やセキュリティチェック前に気づいた場合は、すぐにスーツケースを開けてライターを取り出してください。

もし、セキュリティチェックで発見された場合は、ライターを没収される可能性があります。

また、違反行為として罰金や刑事処分を受けることもあります。

ライターをスーツケースに入れるとどうなるか

警告マーク

ライターは、気圧や温度の変化によって発火や爆発する可能性があります。

特に、貨物室に預けるスーツケースは、機内よりも低い気圧と低い温度にさらされます。

そのため、ライターが破裂したり、火花が飛んだりする危険性が高まります。

これは、他の荷物や航空機に大きな被害を及ぼす恐れがあります。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。旅行のガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

ライターを持ち込むことができる場合はどうするか

ライターを持ち込むことができる場合は、手荷物として機内に持ち込むことができます。

ただし、一人あたり一個までの制限があります。

また、ライターは安全袋に入れて密閉しなければなりません。

安全袋は空港のカウンターやセキュリティチェックポイントで入手できます。

また、ライターは使用しないことや他人に貸さないことも必要です。

ANAの場合

ANAの場合は次のように規定されています。

ライター・マッチの機内持ち込みについて
喫煙用のライター、安全マッチ(小さいもの)は、お一人につきいずれか1個、機内持ち込みのみ可能です。

ライターの置き忘れにご注意ください。
国のルールで制限されている場合はお持ち込みいただけない場合があります。詳細は機内持ち込み・お預かりできないものをご確認ください。

オイルタンク式ライター、葉巻用ライター、プリミキシングライター(ターボライター、ジェットライター、ブルーフレームライター等)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。詳細はライターの輸送可否についてをご確認ください。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/guide/boarding-procedures/baggage/domestic/inflight-fire/

関連記事:火気の使用制限(国内線)

関連記事:【国内線】ライターやマッチは機内持ち込みできますか。

スポンサーリンク

スーツケースにライターを入れてしまった場合の対処法まとめ

ライターは危険物なので、航空機に持ち込むことができません。

もし、ライターをスーツケースに入れてしまった場合、発火や爆発のリスクがあります。

そのため、早急に取り出すか、手荷物として機内に持ち込む必要があります。

また、一人あたり一個までの制限や安全袋の使用などのルールも守らなければなりません。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スーツケース旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました