服の処分方法、リサイクル、売る方法9選

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、服の処分方法、リサイクル、売る方法9選、というテーマでお送りします。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 服の処分方法を知りたい!
  • 服を売る方法は!?
  • 服を処分すると決めたけど、もったいないから何かに使いたい

様々な方法がありますので、早速解説いたします!

資源ごみとして出す<服を捨てて処分>

ご紹介する処分方法の中で、一番時間がかからない方法かもしれません。

自宅でできる最も簡単な方法が、この処分をするという方法だと思います。

リサイクルショップに持っていくという方法も後ほど解説しますが、「持って行こうか。どうしようか。」と迷っている間に結局捨てられないというようなことが僕はよくありました。

そのためこの方法は、心が痛みやすい確率は上がりますが、簡単にできるため、おすすめの方法と言えます。

自治体によって服の処分の仕方は異なります。

燃やすごみとして出して良いところもあるかもしれません。

市資源ごみとしてあるでしょう。

従ってまず自治体確認をしどのように服を処分すれば良いかを調べましょう。

いらない服を、リサイクルショップに持っていく<服を売って処分>

続いて、リサイクルショップに持っていくという方法です。

服の買取を行っているリサイクルショップがあるかどうかを調べましょう。

服は結構かさばるので、大量にある場合は一度に運ぶことが難しい場合があります。

自転車などに乗って服を持って行く場合は、安全に運ぶようにしましょう。

洗濯をしていないと、買い取ってもらえない場合もあるので、事前に洗濯をしておくのが望ましいです。

新品時の価格が2000円くらいのブランド品については、100円になるかならないかレベルだと思います。

お店側としても利益を出さないといけないので、100円で買い取って、300円で売る感じとなるでしょう。

そのため、100円あるいは100円未満で買い取らないと、商売として成り立たないわけです。

なので、買取金額の低さにびっくりする場合もあるかもしれません。覚悟をした方がいいかもしれないです。

僕は売るというよりも、寄付をするという感覚に近い感情でお店に持っていくことがあります。

捨てると誰のためにもならないけれど、お店に持って行けば誰かの役に立つかもしれないということで、持っていくようにしています。

そういった気持ちで行くのが良いかもしれません。

そうすれば気持ちよく、処分できると思います。

※高級ブランド品の場合は、上記の買取金額が当てはまらない場合もあります。

ネットオークションに出品<服を売って処分>

続いて、ネットオークションに出品して、服を処分するという方法です。

有名なサイトは、メルカリとヤフオクでしょう。

ネットオークションを使うメリットは、メルカリとヤフオクを仲介しますが、それ以外で人が関わらないので、服を高く売ることができるというメリットがあります。

デメリットとしては、梱包配送の説明書などを自分で行わないといけないため、そこに手間がかかるという点があるでしょう。

時給換算をすると、割に合わない場合もあるかもしれないので、安すぎると思う商品についてはやめた方が良い場合もあるかもしれません。

クレームが来ないように、丁寧な説明を心掛けると良いでしょう。

ブランドショップショップのリサイクルかごに入れる<服をリサイクルして処分>

買ったお店のカウンター付近あるいは店の出入り口付近に、リサイクルボックスが置いてある場合があります。

例えば、ユニクロなんかがそうです。

そこに入れて、服を処分するという方法です。

それが海外への寄付になったり、あるいはリサイクルしたりされるようです。

ゴミとして出すよりも、誰かの役に立つかもしれないので、気持ち的には少し楽になる方法と言えるでしょう。

※買った服のみしか受け付けていない場合がありますので、ご注意下さい。

家族、友達にあげる<服をリサイクルして処分>

続いて、友達にあげて、処分する方法です。

先ほど、2000円で買った商品でも、リサイクルショップに持っていくと、低い買い取り額になる可能性もあるというお話をしました。

業者が絡むと、低い価格となってしまう場合があります。

なので、売らずに欲しい人にあげるという方法を取ると、相手にも喜ばれ、気持ち良く処分できます。

サイズが合えば、プレゼントになるかもしれませんので、売る前に声をかけてみるのも良いかもしれません。

雑巾としてリサイクルする<服をリサイクルして処分>

綿のTシャツなどは、雑巾にしてしまうという手もあります。

窓の汚れを拭いたりするのにも、ちょうど良かったりします。

あとは、自転車の古いグリスを落とすという時にも役に立つかもしれません。

そうすれば、雑巾を買うお金を節約することにもできるため、良いかもしれないです。

バッグや小物を作る際に利用する<服をリサイクルして処分>

バックを作る場合は、全ての服が適しているわけではなく、デニムなどのごつい生地が適していると思います。

小物品を作るのにも良いかもしれません。

裁縫は得意なほうではないのですが、得意な方は行ってみるのも良いかもしれません。

失敗しても、経費がかからずにチャレンジできるという点は利点と言えるかもしれないです。

服をリメイクする

まだ着れるけど、趣味が合わなくなり着なくなった服は、リメイクできるかどうかを検討するのも良いかもしれません。リメイクし、雰囲気を変えることができれば、また着たくなる気分が起きるかもしれません。

お店にお直しを依頼するのも良いでしょう。また、裁縫が得意な方は、自分で服のリメイクをやってみるのも良いかもしれません。失敗しても、経費がかからずにチャレンジできるという点は利点と言えるでしょう。

服を寄付する

着なくなった服は、寄付して手放すのも選択肢として良いでしょう。

参考サイト:古着を寄付して未来を変える?!|洋服で寄付できる団体3選

服の買取サイトを利用する

トレファクスタイル宅配買取を活用するのもアリです。

「トレジャー・ファクトリー」は、グループ合計で183店舗(2018年現在)を展開している大手リサイクルショップで、オンライン上の宅配買取も展開しています。

持ち物を減らす方法

持ち物を減らす方法については、別の記事にて解説しておりますので、是非ご覧下さい(^^)/

関連記事持ち物を減らす方法完全マップ

『持ち物を必要最低数量にする方法』

持ち物を必要最低数量にする方法』(著者:原文 パパ)という本をAmazonにて好評発売中です!

読み放題サービス(Kindleアンリミテッド)をご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/ 

最後に

服の処分方法、リサイクル、売る方法についてお送りしました。服の処分方法には、今回ご紹介したように、様々な方法がありますので、是非ご参考にしてみて下さい(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました