PR

イタリア旅行では現金はどのくらい持っていくべきか?

イタリア旅行
スポンサーリンク

イタリア旅行に行くとき、現金はどのくらい持っていけばいいのでしょうか?

この記事では、イタリアでの現金の必要性と、現金を持っていく際の注意点について解説します。

スポンサーリンク

イタリア旅行では現金はどのくらい持っていくべきか?

イタリアの景色

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

イタリアで現金は必要か

イタリアはユーロ圏の国なので、ユーロが通貨です。イタリアでは、クレジットカードやデビットカードが広く使えますが、現金もまだまだ重要な支払い手段です。

クレジットカード

特に、小さなお店やマーケット、カフェやバールなどでは、現金しか受け付けていない場合が多いです。

また、チップや寄付なども現金で行うことが一般的です。

したがって、イタリア旅行では、現金を一定量持っていくことをおすすめします。

レストランの情報や金額などは、イタリアのガイドブックを見るのもオススメです。

編集:JTBパブリッシング
¥1,430 (2024/02/05 22:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。イタリアのガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

イタリア旅行で現金を持っていく目安

イタリア旅行で現金を持っていく目安は、一日あたり20ユーロから50ユーロ程度です。

これは、食事や飲み物、チップや寄付、交通費などの現金で支払う必要があるものに基づいています。もちろん、個人の旅行スタイルや予算によって変わりますが、このくらいの額を持っていれば、現金が足りなくなる心配はないでしょう。

Eufy (ユーフィ)
¥3,990 (2024/02/19 09:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

イタリアで現金を使うときの注意点

イタリアで現金を使うときには、以下の点に注意しましょう。

現金は分散して持ち歩く

イタリアは治安が悪くない国ですが、観光地ではスリやひったくりなどの犯罪に遭う可能性があります。

そのため、現金は分散して持ち歩くことが大切です。

例えば、財布に少額を入れておき、残りはベルトポーチや貴重品入れに入れて身につけるなどしましょう。

また、ホテルにセーフティボックスがあれば、そこに大きな額の現金を保管することもできます。

現金は小額紙幣や硬貨を用意する

solo-tourist(ソロ・ツーリスト)
¥2,640 (2024/02/15 18:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

イタリアでは、小額紙幣や硬貨が不足していることがよくあります。

そのため、大きな額の紙幣で支払おうとすると、お釣りが出ないと言われることがあります。

また、自動販売機やバスやトラムの券売機などでは、硬貨しか使えない場合もあります。

したがって、現金は小額紙幣や硬貨を用意しておくことが便利です。

現金は両替所やATMで両替する

イタリアに行く前に日本でユーロを両替することもできますが、レートが悪い場合が多いです。そのため、イタリアに着いてから現地で両替する方がお得です。

両替所やATMで両替することができますが、手数料やレートに注意しましょう。

両替所では、空港や駅などの観光地よりも市内の方がレートが良い場合があります。

ATMでは、銀行系のものを選ぶと手数料が安い場合があります。

また、ATMでは日本円から直接ユーロに両替するよりも、日本円から米ドルに両替してからユーロに両替する方がレートが良い場合もあります。

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

スポンサーリンク

イタリア旅行では現金はどのくらい持っていくべきか?まとめ

イタリア旅行では、現金は必要ですが、過剰に持っていく必要はありません。現金の必要性と注意点を把握して、快適な旅を楽しみましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
イタリア旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました