PR

デヴィッド・ボウイのおすすめアルバム10選

音楽
スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイは、20世紀の音楽界において最も影響力のあるアーティストの一人です。

彼は、ロック、ポップ、グラム、ソウル、ファンク、エレクトロニカなど、様々なジャンルを自在に横断し、常に革新的な音楽を生み出しました。

彼のキャリアは50年に及び、多くのスタジオ・アルバムをリリースしました。その中から、デヴィッド・ボウイのおすすめアルバム10選を紹介します。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

¥693 (2024/02/18 22:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイのおすすめアルバム10選

デヴィッド・ボウイのおすすめアルバム10選をご紹介します。

ちなみに、『ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版』では、5枚がランクインしています。

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /

The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (1972)

ワーナーミュージックジャパン
¥1,455 (2024/02/14 22:27時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、デヴィッド・ボウイの代表作として広く知られています。

宇宙からやってきたロックスター、ジギー・スターダストの物語を描いたコンセプト・アルバムで、グラムロックの傑作として評価されています。

収録曲の「Starman」、「Ziggy Stardust」、「Suffragette City」などは、ボウイの代表曲となりました。

Aladdin Sane (1973)

Warner Music Japan = foreign music=
¥5,100 (2024/02/14 22:27時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

アルバム『アラジン・セイン』は、ジギー・スターダストの続編とも言える作品で、ボウイが世界的なスターになった時期に制作されました。

『ジギー・スターダスト』のあとに出たアルバムであり、黒系のジャケットに対して、アルバム『アラジン・セイン』は白色のジャケットであり、対比的です。

『ジギー・スターダスト』と同じくグラムロックのサウンドですが、より洗練されています。

収録曲の「The Jean Genie」、「Drive-In Saturday」、「Aladdin Sane (1913-1938-197?)」などは、ボウイの才能を発揮した曲です。

Hunky Dory (1971)

Parlophone
¥2,719 (2024/02/17 20:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ジギー・スターダストの前作にあたりますが、音楽的には大きく異なります。

ピアノやストリングスを多用したポップなサウンドで、ボウイの影響を受けたアーティストや作家へのオマージュが多く見られます。

収録曲の「Changes」、「Life on Mars?」、「Oh! You Pretty Things」などは、ボウイの名曲として親しまれています。

Diamond Dogs (1974)

アーティスト:Bowie, David
¥2,193 (2024/02/14 22:27時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」にインスパイアされたコンセプト・アルバムです。

近未来都市「ハンガー・シティ」を舞台に物語が展開されます。

グラムロックからポスト・パンクへと移行する過渡期の作品で、ボウイ自身がギターを弾いています。

収録曲の「Rebel Rebel」、「Diamond Dogs」、「1984」などは、ボウイのロック魂を感じさせます。

Low (1977)

アーティスト:BOWIE, DAVID
¥3,190 (2024/02/13 18:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ボウイがドラッグ中毒から脱却しようとしてベルリンに移住した時期に制作されました。

プロデューサーにブライアン・イーノを迎えたこのアルバムは、ボウイの音楽的転換点となりました。

前半はポップな曲が並びますが、後半は実験的なインストゥルメンタルが多く、エレクトロニカやアンビエントの先駆けとなりました。

収録曲の「Sound and Vision」、「Be My Wife」、「Warszawa」などは、ボウイの新境地を示しました。

イギリスではパンクムーブメントが起きていた時期ですが、全く違う世界を行くスタイルです。

「What in the World」のイーノのピコピコ音は是非一度お聴きください。この年代に先取りしているのが凄いです。

Heroes (1977)

アーティスト:デヴィッド・ボウイ
¥1,636 (2024/02/18 06:25時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、Lowの続編とも言える作品で、同じくベルリンで制作されました。

Lowよりもロック色が強くなりましたが、依然としてエレクトロニックな要素が多く含まれています。

収録曲の「Heroes」は、ベルリンの壁を背景にした恋人たちの物語で、ボウイの代表曲として有名です。他にも「Beauty and the Beast」、「The Secret Life of Arabia」、「V-2 Schneider」などが注目曲です。

『死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚』という本の中もピックアップされているアルバムです。

今回は、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の『ヒーローズ』(原題:”Heroes”)のアルバムレビューをします。

  • 原題:”Heroes”
  • Released: 1977年10月14日
  • リリース年:1977
  • UK:3位
  • US:35位

『ヒーローズ』は、ベルリン三部作のうちの1枚です。ベルリンに滞在していたボウイが作り上げたアルバムです。

『死ぬまでに聴きたいアルバム1001枚』にもノミネートされていますので、おすすめアルバムです!

「ヒーローズ」は、デヴィッド・ボウイのシックなヴォーカルと洗練されたメロディーが特徴的なアルバムで、「Heroes」のタイトル曲は特に有名です。このアルバムは、彼の詩的な歌詞と音楽的なアイデアが完璧に融合した素晴らしい作品と言えます。

このアルバムは、当時の自由と希望を歌っている、特に「Heroes」のタイトル曲は特にそうです。また、このアルバムは、ベルリンの壁を感じるアルバムです。ベルリンの壁を象徴的なものとして捉え、それが影響したアルバムでもあります。

このアルバムはボウイの代表作の一つと言え、彼のファンには必聴のアルバムです。

“Heroes “は、1977年10月14日にRCAレコードから発売されたイギリスのシンガーソングライター、デヴィッド・ボウイの12枚目のスタジオアルバムである。1977年7月から8月にかけてドイツ・ベルリンのハンザ・トンスタジオで録音され、ボウイとトニー・ヴィスコンティによってプロデュースされました。

このアルバムは、ボウイの最も影響力のある、象徴的な作品のひとつと考えられており、しばしば史上最高のアルバムのひとつに挙げられています。

エレクトロニック、クラウトロック、ファンクミュージックなどの要素を取り入れ、これまでのアルバムよりも実験的で前衛的なサウンドが特徴です。アルバムのタイトル曲である「ヒーローズ」は、ボウイの最も人気のある不朽の名曲とされ、長年にわたって多くのアーティストによってカバーされています。

逆境に立ち向かう愛と孤独、そしてベルリンの街を描いたこのアルバムのテーマは、批評家やリスナーの共感を呼びました。
「Heroes」のほか、「V-2 Schneider」、「Sense of Doubt」、「Moss Garden」などの代表的な楽曲が収録されています。

全体として、「ヒーローズ」は、観客と批評家の両方から評価され続ける傑作であり、不朽の名作である。このアルバムの実験性と芸術性、そしてパワフルなテーマは、現代音楽の古典としての地位を確固たるものにしていると言っても過言ではないでしょう。

僕はデヴィッド・ボウイが好きなのですが、その中で最も好きなアルバムが『ヒーローズ』です。

『ジギー・スターダスト』も好きですし、『ロウ』も好きです。

『ヒーローズ』にジャケットが似ている『ザ・ネクスト・デイ』も好きです。

しかし、一番好きなアルバムは『ヒーローズ』です。ではなぜ、一番好きなアルバムが『ヒーローズ』なのか?

その理由は単純で、一番カッコいいと思うからです!そして、歴史的超名盤でもあります!

『ヒーローズ』のLP時代は、『英雄夢語り』という邦題だったようですが、洒落た名前で良いですね!

アルバム『ヒーローズ』参加メンバーについて

アルバム『ヒーローズ』のプロディーサーは、ボウイ&トニー・ヴィスコンティと書かれています。

トニー・ヴィスコンティも超大御所ですね!

デュラン・デュランと関りが深い、コリン・サーストン(Colin Thurston)が何気に参加している点も良いです。

ギタリストはロバート・フリップ(Robert Fripp)です!

ブライアン・イーノも参加しています!

カルロス・アロマーも一流のミュージシャンとの共演を多くこなしている一流ミュージシャンですね!

というか、デヴィッドボウイは、この時30歳なわけですが、天才集まりすぎだろ!?

やっぱりジギー・スターダストを生み出したことが大きいのでしょうか。

僕も現在30歳なのですが、天才が集まって来な・・・これ以上言うと虚しくなるのでやめましょう(爆)

アルバム『ヒーローズ』収録曲について

曲順は以下の通りです。

A面1. 「美女と野獣」(Beauty and the Beast) 3:35
2. 「ライオンのジョー」(Joe the Lion) 3:06
3. 「ヒーローズ」(“Heroes”)  6:07
4. 「沈黙の時代の子供たち」(Sons of the Silent Age) 3:18
5. 「ブラックアウト」(Blackout) 3:47

B面
6. 「V-2 シュナイダー」(V-2 Schneider) 3:10
7. 「疑惑」(Sense of Doubt) 3:56
8. 「モス・ガーデン」(Moss Garden) 5:04
9. 「ノイケルン」(Neuköln) 4:33
10. 「アラビアの神秘」(The Secret Life of Arabia) 3:45

アルバム『ヒーローズ』の気になる曲紹介

気になる曲をピックアップして紹介します。

おすすめ曲2.「ライオンのジョー」

2曲目の「ライオンのジョー」は、ロバート・フリップのギターがさく裂してて最高です!

おすすめ曲3.「ヒーローズ」

3曲目の「ヒーローズ」は言うまでもなく最高ですね!ベルリンの壁について歌った歌です。

脱線しますが、このアルバム『ヒーローズ』は、ベルリンの壁があった付近の、ハンザ・スタジオで収録されています。

アナザースカイというテレビ番組で、布袋寅泰さんが訪れた回が放送されましたが、最高でした!

そういえば、ドイツの電圧は日本よりも高いので、エレキな楽器は音圧が半端ないとか。いやぁ、行ってみたい!

この「ヒーローズ」を40歳の時に、ベルリンの壁近くのコンサート会場で唄ったことが、ベルリンの壁崩壊に起因したとも言われています。

デヴィッド・ボウイの影響力、半端ないです。

アルバムタイトル曲である「ヒーローズ」は、超おすすめ曲です!

おすすめ曲4.「沈黙の時代の子供たち」

4曲目の「沈黙の時代の子供たち」は、歌詞の中で、韻を踏みまくっているところがカッコいいです↓

stand on platforms, blank looks and no books

おすすめ曲6.「V-2 シュナイダー」

6曲目の「V-2 シュナイダー」はテクノな感じがしていて、これまためちゃくちゃ好きな曲の1つです。

おすすめ曲8.「モス・ガーデン」

この中で、8曲目の「モス・ガーデン」というインストゥルメンタルが最も好きな曲です。これは17歳の頃から変わっていません。

8曲目の「モス・ガーデン」は、アンビエントな曲が好きな方におすすめの曲です!

「モス・ガーデン」を聴いて、僕は京都が好きになりました。京都を観光する時はいつもこの曲を聴いています。

ボウイが『ヒーローズ』を制作した30歳になったら、モデルとなった京都の苔寺へ行ってみたいと思っています。(以前、入れないことを承知で門の前までは行ったことあります)。

どんな事を感じながら園内散策したのか、そういうのがとても気になります。

そして、この曲でブライアン・イーノを好きになりました。

ブライアン・イーノの作る環境音楽やサイン音の影響を受けた僕は、自分でDTMをやるようになって、今も自分で作ったサイン音をネット販売したりしてもいます。

ブライアン・イーノのような人間工学の事を考えたような音楽を作ることで、人の生活が豊かになるかもしれないということもだんだん分かってきました。

ブライアン・イーノのことを知ることができたのもボウイのおかげです。

「モス・ガーデン」は、琴で演奏されていますが、てっきり京都で弾いたのだと思っていました。

しかし実際は、日本人の人(ファン?)から貰ったプレゼントのミニ琴だったことを最近知ってビックリしました。

東京に来た、デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」にも飾られてあり、感動しました!

若き日のデヴィッド・ボウイ(当時30歳)とブライアン・イーノ(当時29歳)は、イギリス人であるにも関わらず、なぜこんなにも和なテイストの曲を作ることができたんだろうかと不思議で仕方ありません。

ブライアン・イーノが日本人のような感覚を持ち合わせて、日本人らしいシンセを弾いていることが未だに驚いています。

そして、なぜサウンドスケープ的な手法を用いて曲を作ることができたのでしょうか。

アルバム『ヒーローズ』が発売された1977年を境に、苔寺への入園はかなり厳しいものになってしまったのですが、このアルバムの発売と何か関係はあるのでしょうか?

詳しい方、ご教示下さい。

僕は今30歳ですが、今、京都の苔寺に運良く入園できたとして、そこで何かを感じ取って、「Moss Garden」のような曲を作ることができるでしょうか・・・!?

いや、僕にはきっと出来ません。才能が欲しいものです。

今日はちょっと、寝るまで、ウォームパッドの音について研究することにします!

デヴィッド・ボウイおすすめ名盤アルバム『ヒーローズ』レビューについてお送りしました。

デヴィッド・ボウイのアルバム『ヒーローズ』は、墓場まで持っていきたいアルバムのうちの1つです。多分、一生聴き続けると思います!!

Scary Monsters (and Super Creeps) (1980)

アーティスト:デヴィッド・ボウイ
¥1,594 (2024/02/10 20:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ボウイが70年代の実験的な音楽から一旦離れてポップへ回帰した作品です。

しかし、それは決して安易なものではなく、独自の視点と技巧で作り上げられたポップ・アルバムです。

収録曲の「Ashes to Ashes」は、ジギー・スターダストの後日談を描いた曲で、ミュージック・ビデオも話題になりました。他にも「Fashion」、「Teenage Wildlife」、「Scary Monsters (and Super Creeps)」などが人気曲です。

Let’s Dance (1983)

アーティスト:デヴィッド・ボウイ, Writer:デヴィッド・ボウイ, Writer:ジョルジオ・モロダー, Writer:ショーン・ライオンズ
¥1,636 (2024/02/17 20:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ボウイが商業的に最も成功したアルバムです。

プロデューサーにナイル・ロジャースを迎えたこのアルバムは、ダンス・ミュージックやファンクの要素が強く、ボウイの音楽性の幅を広げました。

収録曲の「Let’s Dance」、「China Girl」、「Modern Love」などは、全世界でヒットしました。

デヴィッドボウイは、1983年にリリースしたアルバム「Let’s Dance」で、世界的な大ヒットを記録した。

このアルバムは、ナイル・ロジャースとの共同プロデュースで作られました。ダンサブルな楽曲を中心に構成されているのが特長です。

シングルカットされた「レッツ・ダンス」、「チャイナ・ガール」、「モダン・ラヴ」などは、それぞれチャートの上位にランクインし、ボウイの代表曲となった。

アルバム・リリース後、ボウイは大規模なワールド・ツアー「シリアス・ムーンライト・ツアー」を展開し、その人気と影響力をさらに高めた。

このアルバムは、ボウイの1970年代における実験的で前衛的な作風から一転して、メインストリームなポップ・ロックに接近したものである。

そのため、一部のファンや批評家からは、商業主義的で浅薄な作品として批判されることもあった。

しかし、このアルバムは、ボウイの音楽的多様性と変幻自在さを示すものでもあり、後の彼の作品にも大きな影響を与えた。

また、このアルバムは、当時の社会や文化にも強く関わっており、特に「レッツ・ダンス」や「チャイナ・ガール」のミュージック・ビデオは、西洋の文化的帝国主義や人種差別などの問題を取り上げている。

このアルバムは、8曲からなり、そのうち5曲がシングルとしてリリースされた。

以下に各曲の解説をする。

1 モダン・ラヴ

この曲は、アルバムから最後にシングルカットされた曲である。この曲は、ポップでキャッチーなメロディとコーラスが特徴的である。歌詞は、恋愛や結婚に対するボウイの皮肉と懐疑を表している。また、宗教や政治に対する不信感も感じられる。この曲は、「レッツ・ダンス」と同様にチャートで高い順位を獲得し、多くの映画やテレビ番組で使用された。

2 チャイナ・ガール

この曲は、元々1977年にイギー・ポップと共作した曲である。

この曲は、東洋人の女性と西洋人の男性との恋愛を描いているが、その背景には、東洋の文化や人々に対する西洋の偏見や幻想がある。この曲のミュージック・ビデオは、オーストラリアで撮影され、アボリジニのカップルが登場する。このビデオは、人種差別や文化的帝国主義を批判するメッセージを含んでいる。この曲は、「レッツ・ダンス」に続いてシングルカットされ、チャートで2位になった。

3 レッツ・ダンス

この曲は、アルバムのタイトルトラックであり、最初にシングルカットされた曲である。この曲は、ディスコやソウルの要素を取り入れたダンス・ミュージックである。歌詞は、単純にダンスを楽しむという内容であるが、一部に暗いニュアンスがある。

この曲のミュージック・ビデオは、オーストラリアで撮影され、アボリジニのカップルが主人公となっている。このビデオは、西洋の文化や資本主義がアボリジニの伝統や自然を破壊するというテーマを扱っている。この曲は、世界中で大ヒットし、ボウイの代表曲となった。

4 ウィズアウト・ユー

この曲は、アルバムから4番目にシングルカットされた曲である。この曲は、バラード調のポップ・ロックである。歌詞は、失恋した男性の悲しみと後悔を表している。この曲は、「レッツ・ダンス」、「チャイナ・ガール」、「モダン・ラヴ」と比べてチャートで低い順位にとどまった。

5 リコシェ

この曲は、シングルカットされなかった曲である。この曲は、ファンクやジャズの要素を取り入れた実験的な楽曲である。歌詞は、政治的な暗喩や抽象的な表現が多く使われている。この曲は、アルバムの中では最も1970年代のボウイの作風に近いと言える。

6 クリミナル・ワールド

この曲は、メトロというバンドの1976年のアルバムからのカバー曲である。この曲は、ポップ・ロック調の楽曲である。歌詞は、犯罪や性的倒錯に関する内容である。元々の歌詞には過激な表現があったが、ボウイはそれを変更している。

7 キャット・ピープル

この曲は、1982年にジョルジオ・モロダーと共作した曲である。この曲は、映画「キャット・ピープル」の主題歌として使用された。この曲は、ロック調の楽曲である。歌詞は、動物的な本能や欲望に駆られる人間の姿を描いている。この曲は、「レッツ・ダンス」よりも先にシングルカットされたが、チャートでは低い順位にとどまった。

8 シェイク・イット

シェイク・イットは、デヴィッドボウイの14枚目のアルバム「Let’s Dance」の最後の曲です。

この曲は、シングルカットされなかった曲である。この曲はボウイ自身が作詞・作曲している。

Blackstar (2016)

JAMSHOPPING
¥8,980 (2024/02/10 20:17時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ボウイが亡くなる2日前にリリースされた最後のアルバムです。

ジャズやエレクトロニカを取り入れたこのアルバムは、ボウイの死と関連付けられて解釈されることが多く、深い感動を与えました。

収録曲の「Blackstar」、「Lazarus」、「I Can’t Give Everything Away」などは、ボウイの遺作として聴くと胸が熱くなります。

Station to Station (1976)

アーティスト:Bowie, David
¥2,615 (2024/02/13 18:57時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

このアルバムは、ボウイがドラッグに溺れていた時期に制作された作品です。

しかし、その中で生まれた音楽は素晴らしく、ソウルやファンクの影響を受けたロック・サウンドで、ボウイの新しいキャラクターであるスリム・ホワイト・デュークを演じました。

収録曲の「Station to Station」、「Golden Years」、「TVC 15」などは、ボウイの名曲として愛されています。

ジャケット写真は映画のスチールが使用されているのが特長です。

Space Oddity

タイトル曲の「スペース・オディティ」には電子楽器スタイロフォンが使われており、近未来を感じさせる仕上がりになっているのが特徴的です。

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

デヴィッド・ボウイのおすすめアルバム10選まとめ

デヴィッド・ボウイのおすすめアルバム10選を振り返ると、彼の音楽の多様性と創造性が如実に感じられます。

彼のキャリアを通じて進化し続ける姿勢と実験精神は、ロック界における偉大なる遺産となっています。

「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」のような伝説的な作品から、「Heroes」や「Blackstar」といった彼の最晩年の傑作まで、ボウイのアルバムは常に独自性と情熱に満ちています。

これらのアルバムを通じて、彼の音楽的な旅に浸ってみることをおすすめします。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽音楽ニュース
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました