PR

トラックボールマウスがカクカクに動く原因と対処法

トラックボールマウスがカクカクに動く原因と対処法 家電
スポンサーリンク

トラックボールマウスは便利で快適な操作を提供しますが、時にカクカクと動くことがあります。この問題にはいくつかの原因が考えられます。

例えば、ボールが汚れていたり、センサーが故障している可能性があります。

この記事では、トラックボールマウスがカクカクに動く原因とそれに対する効果的な対処法について詳しく解説します。

スポンサーリンク

トラックボールマウスとは

トラックボールマウスとは、マウスの下部にあるボールを手で回してカーソルを動かすタイプのマウスです。

一般的なマウスと比べて、デスクのスペースを節約できたり、手首の負担を軽減できたりするメリットがあります。

しかし、トラックボールマウスにも欠点があります。その一つが、カーソルがカクカクに動くという現象です。

スポンサーリンク

トラックボールマウスがカクカクに動く原因と対処法

トラックボールマウスがカクカクに動く原因

カーソルがカクカクに動く原因は、主に以下の三つに分けられます。

  • トラックボールの汚れ
  • ドライバーの不具合
  • USBポートの問題

トラックボールの汚れを落とす方法

トラックボールの汚れは、使用頻度や環境によって異なりますが、定期的に掃除することがおすすめです。掃除する方法は、以下の通りです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
  • トラックボールを取り外して、水や中性洗剤で洗う
  • トラックボールの周りにあるセンサー部分を綿棒やティッシュで拭く
  • トラックボールとセンサー部分を乾かしてから、元に戻す
健栄製薬
¥3,559 (2024/06/09 22:38時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

無水エタノールも掃除をするのに便利です。

一方、無水エタノールではなく、水分を含んだアルコールは家電類が錆びたり電気を通してしまう恐れがあるので、掃除には向きません。

ドライバーの不具合を解消する方法

ドライバーの不具合は、トラックボールマウスのメーカーやモデルによって異なりますが、以下の方法を試してみましょう。

  • メーカーの公式サイトから最新のドライバーをダウンロードしてインストールする
  • デバイスマネージャーからトラックボールマウスのドライバーを削除して再起動する
  • トラブルシューティング機能を使ってドライバーの問題を診断する

USBポートの問題を解決する方法

USBポートの問題は、パソコンやケーブルによって異なりますが、以下の方法を試してみましょう。

  • 他のUSBポートに差し替える
  • USBケーブルを交換する
  • USBポートの接触不良や汚れをチェックする

トラックボールマウスがカクカクに動く原因と対処法

トラックボールマウスは便利なデバイスですが、カーソルがカクカクに動くという問題に悩まされることがあります。

この記事では、その原因と対処法について紹介しました。

トラックボールマウスを快適に使うためには、定期的な掃除やドライバーの更新などが必要です。ぜひ参考にしてみてください。

トラックボールマウスがカクカクに動く原因は、ボールの汚れやセンサーの故障などが考えられます。

これらの問題に対処するためには、まずボールをきれいに掃除し、センサー周辺の埃を取り除くことが重要です。

さらに、最新のドライバをインストールしたり、マウスパッドを使用したりすることも効果的です。

トラックボールマウスをスムーズな動作に戻すために、この記事で紹介した対処法を試してみてください。

トラックボールマウスのメンテナンス方法

トラックボールマウスは、マウスパッドや机の上で動かすのではなく、親指や人差し指でボールを回してカーソルを操作するタイプのマウスです。

トラックボールマウスには、以下のようなメリットがあります。

  • マウスパッドや机の上のスペースが必要ないため、狭い場所でも使える
  • マウスを動かさないため、手首や肩にかかる負担が少ない
  • ボールの感度が高いため、細かい操作がしやすい

しかし、トラックボールマウスにもデメリットがあります。

それは、ボールやセンサーが汚れやすいということです。汚れが溜まると、カーソルの動きが悪くなったり、ボタンが反応しなくなったりすることがあります。

そこで、ここでは、トラックボールマウスのメンテナンス方法について紹介します。

トラックボールマウスの掃除方法

トラックボールマウスの掃除方法は、以下の手順で行います。

  1. トラックボールマウスをパソコンから外し、電源を切ります。
  2. ボールを取り外します。ボールは、マウスの裏側にある穴から押し出すか、回して外すことができます。
  3. ボールを水と中性洗剤で洗います。汚れがひどい場合は、歯ブラシなどでこすって落とします。
  4. ボールを水気を拭き取って乾かします。乾燥機やドライヤーなどで乾かすと、ボールにダメージを与える可能性があるので避けましょう。
  5. マウス内部のセンサー部分を掃除します。センサー部分は、ボールを取り外した後に見える小さな穴です。穴の中には、光学センサーとローラーがあります。これらは、綿棒や爪楊枝などで優しく拭き取ります。ローラーは回転させながら拭くと効果的です。
  6. マウス外部のボタンや表面も掃除します。汚れがひどい場合は、水や中性洗剤を含ませた布で拭きます。
  7. マウス内部と外部が乾いたら、ボールを戻してパソコンに接続します。
  8. トラックボールマウスの動作を確認します。カーソルやボタンが正常に動くかどうかチェックします。

以上が、トラックボールマウスの掃除方法です。

トラックボールマウスは、使用頻度や環境にもよりますが、一般的には1か月に1回程度の掃除をおすすめします。

定期的に掃除することで、トラックボールマウスの性能を維持し、快適な操作感を得ることができます。

トラックボールマウスの分解方法

トラックボールマウスにも欠点があります。それは、ボールやセンサーにホコリやゴミが溜まりやすいことです。

これにより、カーソルの動きが悪くなったり、ボタンが反応しなくなったりすることがあります。

ここでは、トラックボールマウスの分解方法を紹介します。分解することで、ボールやセンサーをきれいに掃除することができます。

また、分解する際に注意すべき点や、分解後の組み立て方法も説明します。

分解することで、マウスの保証が無効になる場合もあるので、分解する前に、マウスのメーカーや販売店に確認してください。

分解に慣れていないかたの場合は、ダメ元で分解するという気持ちで挑む方が良いかもしれません。

必要な道具

トラックボールマウスを分解するには、以下の道具が必要です。

  • ドライバー(プラスとマイナスの両方)
  • ピンセット
  • 綿棒
  • アルコール

ドライバーは、マウスの裏にあるネジを外すために使います。

ピンセットは、ボールやセンサーに付着したゴミを取り除くために使います。

綿棒とアルコールは、ボールやセンサーを拭き清めるために使います。

分解の手順

トラックボールマウスを分解する手順は以下の通りです。

  1. マウスの裏にあるネジをドライバーで外します。ネジの数や位置は、マウスの機種によって異なりますが、一般的には2本から4本程度です。ネジを外したら、裏蓋を取り外します。
  2. マウスの中にある基板を取り出します。基板は、マウスの表面にあるボタンやホイールとつながっています。基板を取り出す際には、配線やコネクタに注意してください。配線やコネクタを無理に引っ張ったり、切ったりしないようにしてください。
  3. 基板からボールを取り出します。ボールは、基板の中央にある穴にはめ込まれています。穴から指で押し出すか、ピンセットで引っ張り出します。
  4. 基板からセンサーを取り出します。センサーは、基板の四隅にある小さな円盤状の部品です。センサーは基板に半田付けされている場合もありますが、その場合は半田ごてで半田を溶かして取り外します。
  5. ボールとセンサーを掃除します。ボールは綿棒とアルコールで拭きます。センサーはピンセットでゴミを取り除きます。ゴミが固着している場合は、綿棒とアルコールで軽く拭きます。
  6. 分解した部品を元通りに組み立てます。組み立てる際には、分解した逆の手順で行います。ネジをしっかりと締めることを忘れないでください。

トラックボールマウスの分解方法を紹介しました。分解することで、ボールやセンサーをきれいに掃除することができます。

これにより、カーソルの動きやボタンの反応が改善される可能性があります。ただし、分解する際には、配線やコネクタ、半田などに注意してください。

分解することで、マウスの保証が無効になる場合もあります。

分解する前に、マウスのメーカーや販売店に確認してください。

トラックボールマウスの交換時期

トラックボールマウスは、掃除をしてもカーソルやボタンの動作が悪くなることがあります。これは、ボールやセンサーの劣化や故障の可能性があります。

トラックボールマウスの交換時期は、以下のような症状が出たら考えましょう。

  • カーソルが飛んだり、動かなかったりする
  • ボタンが反応しなかったり、誤作動したりする
  • ボールが回らなかったり、引っかかったりする
  • マウスが熱くなったり、異音がしたりする

以上のような症状が出た場合は、トラックボールマウスの交換を検討しましょう。

トラックボールマウスの寿命は、使用頻度や環境にもよりますが、一般的には3年から5年程度と言われています。

トラックボールマウスを交換することで、新しいモデルの機能やデザインを楽しむことができます。

新しいトラックボールマウスを購入した方が早い場合もある

新しいトラックボールマウスを購入した方が早い場合もあります。

トラックボールマウスがカクカクに動く原因と対処法まとめ

この記事では、トラックボールマウスのメンテナンス方法について紹介しました。

トラックボールマウスは、定期的に掃除をすることで性能を維持し、快適な操作感を得ることができます。

また、トラックボールマウスの交換時期は、カーソルやボタンの動作が悪くなったら考えましょう。

トラックボールマウスを上手にメンテナンスして、パソコン作業を楽しみましょう。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました