PR

安いスマホおすすめ11選【2024年】

音楽を聴いている人 スマートフォン
スポンサーリンク

スマートフォンは、今や生活に必要不可欠なアイテムとなっていますが、高性能なスマートフォンは高価格帯になります。

しかし、安価なスマートフォンでも十分な機能を持ち、使いやすいものも増えてきています。

そこで、今回はコストパフォーマンスに優れた安いスマホの中からおすすめのモデルをご紹介します。

はい、どうもー、原文パパです!

今回は、安いスマホおすすめ11選【2024年】、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • SIMフリースマホおすすめ機種を知りたい!
  • スマホの料金を比較したい!
スポンサーリンク

安いスマホには、SIMフリースマホがおすすめ!

SIMフリースマホとは、SIMフリーのスマートフォンのことです。キャリアに縛られることなく使用できる点が人気となっています。

解約した後も自由に使う事ができる点も魅力の一つと言えるでしょう。

うまく運用すれば、スマホ代や毎月の通信費節約にも繋がる点がメリットです。iPhoneの価格は年々上昇傾向にあるので、安いSIMフリースマホを購入するのもアリです。

自由度が高い

SIMフリースマートフォンは、特定のキャリアに縛られず、どのキャリアのSIMでも利用できます。
これにより、海外旅行中にキャリアを変更したり、SIMカードを変更したりする場合に、自由度と利便性が大幅に向上します。

コストパフォーマンスが良い

SIMフリースマホを利用する場合、端末の割引や通信キャリアの加入割引がないため、契約期間が短く、自分に合ったプランを選べるため、コストパフォーマンスは高いと言えます。

長期利用可能

制御端末とは対照的に、SIMカードのないスマートフォンは長期利用が可能です。
契約期間満了時に端末をキャリアに返却し、新しい端末を購入する必要がありますが、SIMカードがなくてもスマートフォンを使用できます。

バッテリーの寿命が長い

バッテリー

携帯電話会社は特定のキャリアでのみ動作するため、一部の機能が常にオンになっているため、バッテリ寿命が消耗する可能性があります。
一方、SIMカードのないスマートフォンは、不要な機能が常にアクティブになるとは限らないため、バッテリー寿命が長くなる可能性があります.

使用可能なさまざまな機能

SIM スマートフォンは、さまざまなアプリケーションや機能を使用できます。
プロバイダによって異なるテザリングやWi-Fi通信機能にも対応しているので、自由に使えます。

スポンサーリンク

スマホの選び方

SIMフリースマホの選び方を解説します。

simカードの形状

simカードの形状は、現在以下の3種類があります。

  • 標準SIM(ドコモではミニSIMと呼ばれる)
  • マイクロSIM
  • ナノSIM

まずは格安 SIM の会社が発行している simカードに合うかどうかを確認してから、スマートフォンを買うことをお勧めします。

スマートフォンを買った後でそれに合う格安 SIM がない!となってしまうと、目も当てられませんのでご注意ください。

大抵はあうようになっているかとは思いますが、ご注意ください。

技適マークありのスマホを購入する

日本でスマートフォンを使用する場合、技適マークありのスマートフォンでなければ使用してはならないとされているようです(外国からの観光客については一部条件付きで免除されているようです)。

技適マーク付きのスマートフォンを購入するのが安心と言えます。

  • アンドロイドの技適マークの確認方法(一例)

「設定」→「システム」→「認証」

防水の有無で選ぶ

防水性能

IP は、「IEC(=国際電気標準会議)」 によって、「IEC60529」という規格の中で定義されています。

具体的に言うと、例えば、「IP52」と書いてあるスマホもあります。これは、「防塵性能は5、防水性能は2」という意味です。
このIPの中で最も最強なのは、「IP68」です。これは、「防塵性能は6、防水性能は8」という意味です。

OSを選ぶ

SIMフリースマホを選ぶ際は、OSの種類もチェックしておきましょう。アンドロイド(Android)の最新OSは、「Android 13」です。アップデートで「Android 13」に更新できるモデルもあるので、購入前に確認をしておきましょう。

カメラの画素数で選ぶ

SIMフリースマホを選ぶ際は、カメラの画素数もチェックしておきましょう。

自撮りが好きの方は、インカメラ(フロントカメラ)の画素数が大きい物を選ぶことで、綺麗な画像を撮影したり、綺麗な映像を録画することができます。

FFと書かれたものがありますが、固定焦点(FF(fixed focus))の意味です。固定焦点(FF(fixed focus))とは、ピントを合わせる機構がなく、ピントが固定されているレンズのことをさします。フロントカメラ(液晶側のカメラ)によく搭載されています。

ノッチデザインの有無で選ぶ

ノッチデザインとは、ディスプレイの上部の部分ギリギリまでディスプレイになっているものを指します。上記の写真は、インカメラのギリギリまで切り欠かれており、しずくに似ているため、しずく型ノッチと呼ばれています。

ノッチデザインは、画面占有率が高いので、フレームがほとんどなく、その分、大画面で映像や画像を楽しむことができます。最近のスマホはノッチデザインのものが多いです。

リフレッシュレート

スマホのリフレッシュレートとは、画面が更新される頻度を表します。

一般的に、スマホのリフレッシュレートは毎秒60Hzか90Hzです。このリフレッシュレートが高いほど、画面の更新がスムーズに行われるため、動画やゲームなどを楽しむ際にはより良い体験ができます。

デュアルカードスロットで選ぶ

デュアルカードスロットを搭載しているスマートフォンもあります。SIMカードが2つ入るため、異なる二つの番号を、同時に待ち受けすることができる点がメリットです。

SIMカードを差し替える必要がなく、切り替える必要もない点がメリットです。

中にはトリプルスロットを搭載してモデルもあり、2個のNanoSIM +1個のMicro-SDという使い方もできるものもあります。

周波数帯(バンド)で選ぶ

広いバンドを搭載しているグローバル対応端末はオススメです。

周波数帯(バンド)には、以下のような種類があります。対応している周波数帯(バンド)が多い端末を選ぶことで、使えない!というトラブルを軽減できます。

  • バンド1:LTEは全国区をカバーする
  • バンド3:東名阪の高速通信に対応

プラチナバンド(バンド19):地下や郊外を担当している

買ってはいけないスマホの機種の特徴とは?

スマホは私たちの生活に欠かせない便利なツールですが、中には買ってはいけない機種もあります。買ってはいけないスマホとは、どのような特徴を持っているのでしょうか?

ここでは、買ってはいけないスマホの機種の特徴について、以下の3つの観点から解説します。

セキュリティが弱い

スマホは個人情報や重要なデータを保存するデバイスです。そのため、セキュリティが弱いスマホは絶対に避けるべきです。セキュリティが弱いスマホとは、以下のような特徴を持っています。

  • OSのアップデートが遅れるか行われない
  • 不正なアプリやウイルスに感染しやすい
  • 暗証番号や指紋認証などのロック機能がないか不安定

これらの特徴を持つスマホは、個人情報やデータの漏洩や盗難のリスクが高くなります。また、不正なアプリやウイルスに感染すると、スマホの性能が低下したり、不正な請求が発生したりする可能性もあります。

セキュリティが弱いスマホは、安くても魅力的に見えるかもしれませんが、結局は高くつくことになります。

バッテリーが持たない

スマホは常に持ち歩くデバイスです。そのため、バッテリーが持たないスマホは非常に不便です。バッテリーが持たないスマホとは、以下のような特徴を持っています。

  • バッテリー容量が小さい
  • 充電速度が遅い
  • 画面やカメラなどの消費電力が大きい

これらの特徴を持つスマホは、一日中使うことができません。常に充電器やモバイルバッテリーを持ち歩かなければならず、外出先で困ることも多くなります。

また、バッテリーが劣化すると、さらに使用時間が短くなったり、突然電源が切れたりすることもあります。バッテリーが持たないスマホは、使い勝手が悪くても我慢する必要があります。

サポートが悪い

スマホは高度な技術を使ったデバイスです。そのため、故障やトラブルが発生することもあります。サポートが悪いスマホとは、以下のような特徴を持っています。

  • 保証期間が短いかない
  • 修理や交換に時間や費用がかかる
  • カスタマーサービスが不親切か不在

これらの特徴を持つスマホは、故障やトラブルに対応してもらえません。

自分で解決するか、新しいスマホを買うしかありません。また、使い方や設定などの相談にも応じてもらえないこともあります。サポートが悪いスマホは、信頼できるパートナーとは言えません。

買ってはいけないスマホの機種の特徴について、セキュリティが弱い、バッテリーが持たない、サポートが悪いという3つの観点から解説しました。

これらの特徴を持つスマホは、安くても魅力的に見えるかもしれませんが、実際に使うと不便で不安で不満になることが多いです。スマホは長く使うデバイスですから、購入する際には慎重に検討することが大切です。

安いおすすめスマホ11選

おすすめの安いスマホをご紹介します。紹介するのは、全てSIMフリースマホです。

モトローラ(Motorola) moto g53y 5G

ノーブランド品
¥14,640 (2024/02/19 15:16時点 | Amazon調べ)

新登場!Motorolaのスマートフォン「moto g53y 5G」の主な機能を紹介!

Motorolaから発売された新しいスマートフォン「moto g53y 5G」は、魅力的な特長が盛りだくさんです。さっそくその主な機能をチェックしてみましょう!

「moto g53y 5G」は、約6.5インチの大画面ディスプレイを搭載しています。映画やゲームを存分に楽しみたい方にぴったりのサイズです。

5,000万画素のデュアルカメラで高精細な写真を撮影できる「moto g53y 5G」。さらに200万画素のカメラも備えており、細部までくっきりとした写真が撮れます。

大容量の5,000mAhバッテリー搭載で、「moto g53y 5G」は一日中バッテリーを気にせずコンテンツを楽しむことができます。

「moto g53y 5G」は5Gに対応しており、高速通信が可能。ストリーミングやダウンロードがサクサク進みます。

最新のAndroid13を搭載しているため、最新機能をフルに活用できます。

セキュリティ対策も万全。指紋認証や顔認証により、スマートにロック解除できます。

「moto g53y 5G」は防滴・防塵性能を備えているので、アウトドアでも安心して使えます。

おサイフ機能も搭載しているので、スマートにキャッシュレス決済ができます。

「moto g53y 5G」のカメラにはマクロビジョンレンズが装備されており、近距離まで寄って細部をくっきり捉えることができます。また、ポートレートモードやナイトビジョン機能も備わっていて、印象的な写真が撮れます。

ジェスチャー機能を活用してスマートに操作可能。シンプルなアクションだけでよく使う機能を起動できます。

Dolby Atmos®とステレオスピーカーを搭載しており、臨場感あふれる音響体験を味わえます。

「moto g53y 5G」は高性能CPUで、5G対応の最新CPUを搭載しています。

さらに、たっぷり128GBの大容量ROMがあるので、アプリやデータの保存に困ることはありません。

「moto g53y 5G」は、スマートフォンとしての基本性能に加えて、高精細なカメラや大画面ディスプレイ、快適な操作環境など、充実の特長を備えた魅力的なモデルです。

CPUは、Snapdragon 480なので、とりわけハイエンドなCPUを搭載しているわけではありませんが、重い作業や重いゲームはしないという方の場合は、問題なさそうです。

インカメラは800万画素なので、とりわけ画素数が高いわけではありませんが、こだわらない場合は問題ないでしょう。

「ご利用製品の対応状況確認 – 楽天モバイル」の中には、moto g53y 5Gの名前は執筆時点では、記載がありませんでした。

ぜひ一度試してみてください!

モトローラ(Motorola) g32

Motorola(モトローラ)
¥25,500 (2024/02/17 13:55時点 | Amazon調べ)
OSAndroid 12
CPUQualcomm Snapdragon 680 4G 2.4GHz オクタコア
ディスプレイサイズ約6.5インチ
カメラアウトカメラ:約5,000万画素メイン (f/1.8) PDAF + 約800万画素 超広角(118°)深度センサー(f/2.2)+ 約200万画素マクロ (f/2.4)、LEDフラッシュ
インカメラ:約1,600万画素 (f/2.4)
メモリー4GB
バッテリー容量5,000mAh
サイズ約161.78mm x 73.84mm x 8.49mm
重量190g(電池を含む)
その他

Snapdragon680 オクタコアプロセッサとDolby Atmosスピーカーを搭載した、モトローラのSIMフリースマホです。

サブ機としてだけでなくメインのスマホとしても活躍するスペックです、価格も安く、コスパが良いです。

ステレオスピーカーとDolby Atmosにより、立体的な音の世界を楽しめます。低音がブーストされ、声がよりクリアになり、よりはっきりと聞こえるのが特徴的です。

約5,000万画素のトリプルカメラシステムを搭載し、光量に関係なく、広大なシーンやデリケートな被写体も明るくクリアに撮影できます。

強力なSnapdragon 680プロセッサは、電力を節約するために、発熱が少ない状態で動作する超高速のオクタコア プロセッサを使用しています。

動画をストリーミングしたり、3Dゲームをプレイしたりできます。スムーズな90Hz フルHD+ ディスプレイは、高速リフレッシュ レートを備えているため、シームレスにアプリを切り替えたりできます。

また、Web ページをスクロールしたり、ゲームをプレイしたりできます。128GBの大容量メモリーを搭載しており、写真、ビデオ、音楽、アプリ、ゲームなど、大量のデータを保存できます。

microSDカードで最大1TBまで拡張も可能です。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、充電を気にせず長時間エンタメを心ゆくまで楽しめます。

IP52相当の撥水・防塵設計のため、多少の雨がかかっても故障の心配がありません。

Motorola g32は、楽天モバイルにも対応しているようです。

「Snapdragon™680」のベンチマークのスコアは、AnTuTu Benchmarkで、240,000前後というスコアとなっており、一般的な使用だと十分なスペックです。

moto g32のスペックの記事もご覧下さい。

Google Pixel 6a

OSAndroid 12
CPUGoogle Tensor
ディスプレイサイズ6.1インチ
カメラ12.2 メガピクセル(広角)
12 メガピクセル(ウルトラワイド)
8 メガピクセル
メモリー6GB
バッテリー容量4410mAh
サイズ71.8mm×152.2mm×8.9mm
重量178g
その他

Google Tensor搭載により、スマホのパフォーマンスが向上しています。自動調整バッテリーは、充電なしで24 時間以上持続する長寿命タイプです。写真は、インテリジェントな写真処理技術により、いつでも最高のショットを撮影できるのが特長です。Googleの最高評価のセキュリティと防水性能を誇ります。スタイルに合わせて、見た目と中身をユーザー好みにカスタマイズできます。

OPPO A77

OSAndroid 12
CPU
ディスプレイサイズ 6.5インチ HD+(1,612×720) / LCD
カメラ[広角] 約5,000万画素 (F値1.8) [深度] 約200万画素 (F値2.4) [インカメラ:]約800万画素(F値2.0)
メモリーRAM 4GB / ROM 128GB
バッテリー容量
サイズ156×75.9×8.2mm
重量約187g
その他

OPPO「A77」は、繊細な輝きと汚れや指紋がつきにくいマットな質感が特徴的です。

さらに、かさばらず持ちやすく、ポケットに入れても気にならないほど薄く軽いのも魅力的です。

このスマートフォンには、鮮やかで目に優しい大画面が搭載されています。

また、アイケア機能がついた約6.5インチディスプレイで、目をいたわることができます。

ステレオスピーカーもあるため、臨場感あふれるサウンド体験ができます。

さらに、5,000万画素の広角カメラがあり、被写体を高精細でありのままに映し出すことができます。

AIビューティー機能も搭載されており、簡単な操作で自然な美しさを表現することができます。

光源の少ない場所でも、薄暗いシーンでもクリアに撮影することができます。

このスマートフォンには、あると嬉しい機能がたくさん搭載されています。

ただし、FMラジオアプリは有線イヤホン(別売)での接続が必要です。

このスマートフォンは、Androidに便利な機能をプラスし、フレックスドロップや簡単スクリーンショットなど、さまざまな機能を備えています。

さらに、品質検査も厳しく行われており、安心して使うことができます。

初めてOPPOを使う方でも使いやすい設定がされており、フレックスドロップを利用すれば、チャットをしながら動画を鑑賞することもできます。

また、簡単スクリーンショットを使えば、3本指で上からなぞるだけで、スクロールして長さを調整することができます。

OPPO「A77」は、触れていたくなる質感や使いやすさ、機能性に優れたスマートフォンとなっています。

Blackview A53

Blackviewから新しいスマートフォン「A53」が発売されました!その主な特長を紹介します。

A53は、Mediatek Helio A22クアッドコアプロセッサーを搭載し、最大動作クロック2.0GHzで高いパフォーマンスを発揮します。

複数のアプリの実行や煩雑なデータ処理もサクサク行えるため、キビキビとした動作で快適なプレーをサポートします。さらに、4GB RAM+3GB拡張と64GBの高速ストレージを搭載しており、アプリの起動も素早く行えます。

内蔵ストレージが32GBあるため、さまざまなアプリをストレスなく快適に利用できます。また、microSDカードを使って最大1TBまでストレージを拡張することも可能です。

Blackview A53は、6.52インチの狭額縁ディスプレイを備えたコストパフォーマンスに優れたスマホです。解像度は720×1600で、Pinterestのユニークな写真からYouTubeのエキサイティングな動画まで、美しい映像を楽しむことができます。

アスペクト比は19:09で、映画鑑賞や文書編集などの作業にも快適な環境を提供します。

画面の明るさは400nitで、明るい場所でも視認性が良く、快適に使用できます。さらに、薄くて軽量なデザインも魅力の一つです。

A53はAndroid 12を搭載しており、最新のアップデートが行われています。これにより、優れた互換性が保たれ、将来の数年間で時代遅れになる心配はありません。

Blackviewの独自の技術により、Doke OSはよりカスタマイズ可能なユーザーインターフェース、より応答性の高いインタラクション、より優れたパフォーマンスを提供します。同じハードウェアでも、より良い使用体験ができるでしょう。

A53スマホには12MPのSONY IMX363イメージセンサーと強化された画像処理アルゴリズムが搭載されており、美しい写真を手軽に撮影できます。さらに、8MPのフロントカメラも備わっており、ビデオ通話やミーティングに便利です。Blackview A53のカメラは、ArcSoftアルゴリズムを採用しており、パノラマ、HDR、ポートレート、ビューティなどの機能が豊富です。HuaweiやSamsungなど世界トップのスマートフォン企業に採用されているリーディングカンパニーであるArcSoftの技術を活用し、革新的な機能を体験できます。

A53には5080mAhの大容量バッテリーが搭載されており、省電力アルゴリズムによるバッテリー制御で長寿命化が実現しています。オンラインミーティングや動画視聴、長時間の通話などでもバッテリー残量を気にする必要はありません。ゲームプレイで約6.5時間、動画視聴で約8時間、ブラウジングで約10時間、通話で約22時間、音楽再生で約23時間の持続時間が期待できます。外出や出張の際も、バッテリー不足の心配をせずに利用できます。

A53は極薄のボディで濃密な体験を提供します。重量はわずか194gで、長時間の使用による手首の疲労を軽減します。背面カバーには高度なレーザー彫刻によるオリジナルパターンが施され、デザイン性としっかりとしたグリップ感を兼ね備えています。また、A53の特徴的な模様は美しい光にインスピレーションを受けた専用カラーで、見る人の心を魅了します。Blackviewでは、30日間の無償返品保証、1年間の無料長期保証、年中無休のカスタマーサポート、24時間のオンラインカスタマーサービスも提供しており、安心してご利用いただけます。スマートフォン選びに迷ったら、「A53」をおすすめします!

UMIDIGI BISON GT2

OSAndroid 12
CPUMediaTek Helio G95
ディスプレイサイズ6.5″HDフルスクリーン 2400*1080″
カメラ64MPメインカメラ 24MPフロントカメラ 8MP超広角カメラ 5MPマクロカメラ
メモリー8GB+128GB
バッテリー容量6150mAh &18W
サイズ
重量
その他

UMIDIGI BISON GT2ゲーミングスマートフォンは、8GBRAM+128GBROMと最新のAndroid12を搭載。 Helio G95 プロセッサと 8 GB の LPDDR4X メモリおよび 128 GB のストレージ スペースを組み合わせることで、インターネット サーフィン、YouTube ビデオの視聴、テキスト メッセージの送信、ゲームのプレイといった、基本的なアプリやエンターテイメントアプリを快適に実行できます。

最新の Android 12 システムを搭載し、BISONGT2 は NFC 機能も備えており、さまざまな場面で使用でき、Google Pay に対応し、支払いの利便性と個人情報のセキュリティを確保します。

耐衝撃性、耐凍害性、耐振動性、耐湿性など、さまざまな耐久性を備えているため、過酷な作業環境やアウトドア活動で使用できます。この頑丈なスマートフォンには高度計と気圧センサーが搭載されているため、高度、気圧、方向、場所などのリアルタイムの情報をどこでも取得できます。

UMIDIGI BISONGT2 には 6150mAh の大容量バッテリーが搭載されており、バッテリー切れを心配することなく、1 日中必要なすべてのエネルギーを供給できます。

18W の高速充電に対応しているため、すぐにゲームの世界に戻ることができます。

スタンバイ 550 時間、通話時間 52 時間、再生時間 15 時間というバッテリーの持ちの良さも魅力的です。そのため、旅行や散歩でも安心して使えます。

UMIDIGI BISON GT2は、背面に64MPのメインカメラ、8MPの超広角カメラ、5MPのマクロカメラを搭載したトリプルカメラスマートフォンです。

細かいディテールと美しい色をキャプチャできます。

ARM Mali G76 MC4 900MHz GPU を搭載し、低遅延、高応答性、安定した動作により、手を常にドライに保ちます。

2.0 液体冷却システムにより、強力なゲーム サポート、最大の冷却効果、および最大のパフォーマンスが保証されます。

UMIDIGI BISONGT2 スマートフォンは、さまざまなグローバル バンドをサポートしています。 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)、ドコモ、ソフトバンク、auのSIMカードが利用可能です。

1年保証と安心のアフターサービスも付いています。

UMIDIGI F3

OSAndroid 12
CPUDimensity 700 5G
ディスプレイサイズ6.7″HDフルスクリーン 1650*720″
カメラ48MPソニメインカメラ 16MPフロントカメラ 8MP超広角カメラ 5MPマクロカメラ
メモリー8GB
バッテリー容量5150 mAh
サイズ168.3 mm×76.6mm×8.75mm 
重量195g
その他容量:128GB

F3 5Gは、Dimensity 700高速プロセッサを搭載しています。メモリは8GB RAMで、128 GBストレージを搭載しています。Android 12 で、遅延のない高度なパフォーマンス、高速プロセッサ、アプリ、ビデオ、ゲームのスムーズさを備えています。
F3 5G は、デュアル 5G SIM とデュアルをサポートできます。これにより、ゲームをプレイしたり観戦したりするときに、よりスムーズな 5G ネットワーク体験がもたらされ、スムーズな操作と完璧な体験が保証されます。

F3 5G が 5G ネットワークに接続されている場合、よりスムーズな体験を提供します リアルタイムゲーム体験とラグのないシームレスなビデオ通話が可能です。

AI顔ロック解除と指紋ロック解除、プライベート写真、連絡先など、携帯電話の個人情報のより便利で優れた保護を実現しています。

ソニーの48MP AIトリプルカメラを搭載し、創造性をさらに高め、メインのウルトラクリアカメラ、16MPフロントビューティー カメラ、5MP マクロ カメラ、スーパーナイトモードにより、より優れた撮影体験が得られます。

F3 5Gは高精細で大画面なので、カラフルで視野角が広いです。映画を見ているときも、ゲームをしているときも、没入型の映画のような視覚体験を提供できます。

5150mAh 18Wの大容量バッテリーとUSBタイプCケーブルによる急速充電で、バッテリーを気にせずに素敵な時間を楽しめます。

UMIDIGI F3 5Gは、さまざまなデュアル 5G をサポートしています。

住んでいる場所や旅行先に関係なく、世界中のどこからでもセルラー ネットワークに接続できるのが魅力です。

より高速なデータ転送、より低い電力消費、より高い信頼性.高品質を楽しめます。

1 年間の安心のアフターサービス保証とサービスが付いています。

Xiaomi Redmi Note 11

シャオミ(Xiaomi)
¥18,580 (2024/02/16 16:13時点 | Amazon調べ)

Redmi Note 11には、驚異的な6nm Snapdragon 680プロセッサーが搭載されています。

このプロセッサーは高速で強力なだけでなく、エネルギー効率に優れた6nmプロセスで動作しています。そのため、高いパフォーマンスを発揮しながらバッテリー寿命が向上します。

また、UFS 2.2による高速読み込みと書き込みブースターによる高速化により、アプリのインストール、起動、ファイルキャッシュ機能の効率が高まり、大容量ファイルの読み取りと書き込みも高速化します。

また、Redmi Note 11は、5000mAhの大容量バッテリーと33Wの急速充電に対応しています。

MMTテクノロジーにより実現される急速充電により、約1時間で100%まで充電できます。

高速充電により、生活がより快適になります。

さらに、有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載しており、限りなく明るく鮮明な映像や、コントラスト、カラーキャリブレーション、高解像度が得られます。

未体験の世界に没入して、鮮明でクリアなキャプチャーを楽しめます。

UMIDIGI BISON 2

OSAndroid12
CPUCPU:2xCortex-A75 + 6xCortex-A55, up to 2.2GHz
ディスプレイサイズ6.5インチ、解像度2400 x 1080 pxの液晶
カメラメインカメラ(4800万画素)、超広角カメラ(1600万画素)、マクロカメラ(500万画素)
メモリー6GB LPDDR4X
バッテリー容量6150mAh
サイズ
重量280g
その他

MediaTek Helio P90 を搭載した UMIDIGI BISON 2 SusumaとAntutu V9スコアは250,000を超えています。

6GBのRAMと128GBのストレージを搭載し、別売のmicroSDカードで最大256GBまで拡張可能。

動画視聴、音楽再生、電子書籍、写真撮影などに便利に使えます。また、冷却システム「Liquid Cooling System 2.0」を採用し、ゲームをスムーズに楽しむことができます。

UMIDIGI BISON 2 スマートフォンは、解像度1080×2400ピクセル、アスペクト比20:9の6.5インチ LCDディスプレイを搭載し、明るく鮮明な画像を提供します。

本体左右にボタンを配置し、自由に機能を割り当てることができるので、グローブをしたままでも水中でも、思い通りの操作を素早く行うことができます。

このスマートフォンは Nano SIMカードを使用でき、2つのSIMカードを刺す事ができます。重量が280gという結構重い部類なのでそこは要注意かもしれません。

重さは全く問題ないという方にとっては問題ないでしょう。

バッテリー容量が6150mAhという超大容量であるがゆえに重くなっている部分もあるでしょうから、重さを取るかバッテリーの寿命を取るかの2択と考えることもできます。

スマホケースを取り付けるとさらに重くなるので、裸のまま使うかどうかも検討すると良さそうです。

UMIDIGI G3 MAX

新しいスマートフォンが登場しました!Unisoc T606は、高性能な8コアプロセッサを搭載したチップセットで、複数のタスクを同時に実行できるため、多重処理にも対応しています。

さらに、8GB大容量メモリに加えて、技術の進化によって6GBの仮想メモリを活用し、最大14GBまでのメモリ拡張が可能です。これにより、安定した高速処理が実現され、快適なスマートフォン体験が提供されます。Android 13システムには、使いやすいUIや強化されたセキュリティ機能など、さまざまな機能が搭載されており、より高度な使いやすさを実現しています。

さらに、5150mAhの大容量バッテリーを搭載しており、長時間の使用にも耐えることができます。長時間の通話やネットサーフィンなど、様々な用途でバッテリー切れの心配をせずにスマートフォンを利用できます。

また、OTG対応機能を搭載しているため、外付けのUSBデバイスとスマートフォンを接続することが可能です。USBメモリーやマウス、キーボードなどを接続して利用できるため、さらなる機能拡張が可能です。(※NFC機能はないため、おサイフケータイの利用はできません。ご注意ください。)

カメラ機能も充実しており、5000万画素(f/1.8)のメインカメラと800万画素(f/2.2)の高性能なフロントカメラを搭載しています。ボケ効果や背景ぼかしなど、様々な写真効果を実現することができます。AIカメラ機能により、手軽に美しい写真を撮影できます。

さらに、AI顔認識機能とサイド指紋センサーにより、スマートフォンのロックを解除する際にも非常に便利です。スマートフォンの利用がスムーズになり、快適なスマートフォン体験を提供します。

ディスプレイも見逃せません。2408*1080の高解像度で非常に鮮明でクリアな画像を提供します。高品質の映像を楽しむことができるため、スマートフォンでのエンターテイメント体験がより充実したものになります。6.6インチの大型ディスプレイは、映像やテキストをより見やすく、快適に閲覧できます。ビデオ鑑賞やウェブサイト閲覧など、さまざまな用途で広い視野でコンテンツを楽しむことができます。

さらに、グローバルLTEバンドを搭載しているため、世界中で利用できます。海外旅行や出張でも、現地の通信環境に自動的に接続され、スムーズな通信が可能です。購入前にSIMカードの周波数帯域を確認してください。(対応ネットワークバンドの詳細は商品ページをご確認ください。)さらに、24時間でメール(英語や日本語サポート)にも対応しており、安心してご利用いただけます。

Unisoc T606搭載のスマートフォンは、1年間の販売後の安心保証とサービスを提供しています。

是非、この高性能スマートフォンで快適な体験をしてみてください!

ASUS ZenFone 9

OSAndroid 12
CPUQualcomm Snapdragon 8+ Gen1
ディスプレイサイズ5.9インチワイド
カメラ【 アウトカメラ 】 5,000万画素 広角カメラ内蔵 ( メインカメラ ) / 1,200万画素 超広角カメラ内蔵 ( 2ndカメラ ) / LEDフラッシュ 【インカメラ】1,200万画素 広角カメラ内蔵
メモリー8GB ( LPDDR5 ) 
バッテリー容量4300mAh
サイズ
重量
その他

ハイエンドモデルとして圧倒的な性能を持ちながら、片手にすっぽり収まる5.9インチのコンパクトサイズと約169gの軽さで、いつでもどこでも気軽にお使いいただけます。

ZenTouch ボタン (電源ボタン) を使用すると、すべての操作を片手で簡単に実行できます。 B. 親指でスワイプまたはダブルクリックして、通知を開いたり、ナビゲートしたり、Webページを更新したりします。また、片手で便利に操作できる多くの機能が充実しています。

Qualcomm Snapdragon 8+ Gen 1モバイルプラットフォーム、8GBの大容量メモリと128GBの超高速ストレージを搭載し、2022年に発売された最新モバイルCPU。

ビデオの録画と写真の編集は明確で便利です。

高性能が求められるゲームもストレスフリーで楽しめます。しかも4300mAhの大容量バッテリーを搭載し、圧倒的な長時間駆動を実現。

5GやWif​​i6にも対応しているのでネット動画も高画質でラグなく視聴できます。 120Hzの高リフレッシュレートに対応したAMOLEDスクリーンを搭載。

画面表示もスクロールも驚くほどスムーズ。コーニング強化ガラスを採用し、画面を傷や衝撃から守ります。

また、ASUS Face IDはマスクをしたままでも使えるので問題ありません。 メインリアカメラは6軸ジンバルモジュールを搭載。

これにより、従来のスマートフォンよりも手ぶれ補正が強いため、ブレの少ない静止画や動画の撮影が可能になります。

さらに、次のような多くのプロの録音モードがあります。

人物にフォーカスしたポートレートモードと、写真が撮りやすくなるライトトレイルモードで、あらゆるシーンを素敵な写真や動画として撮影できます。です。 おサイフケータイ(FeliCa)機能を搭載し、電子マネーをiDとして利用したり、PASMOなどの交通系ICを利用したりできます。

駅の改札や売店でZenfone 9をかざすだけで決済完了。

また、IP65/68の防水・防塵仕様なので、キッチンなどの水回りはもちろん、海や川などのアウトドアでも安心して使えます。 本体をキズから守る専用ケース付属。

安い人気のスマホを探す

Amazonは、最大手のインターネットショッピングサイトです。

店頭で買うよりも安く購入できる商品も多く、配送も比較的早いです(商品や住む場所によって異なる場合もあります)。

SIMフリーのスマートフォンを購入する場合にAmazonはオススメです。

Amazon スマートフォン本体の売れ筋ランキング

安いスマホおすすめ11選【2024年】についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

安いスマホおすすめ11選【2024年】まとめ

スマートフォンは、高性能で機能が豊富なものが多いですが、価格が高いことが難点です。

そこで、コストパフォーマンスに優れた安いスマホを選ぶことで、必要な機能を持ったスマホを手に入れることができます。

今回ご紹介したスマホは、それぞれに特徴があり、使い勝手も良いものばかりです。予算や使い方に合わせて、ぜひ選んでみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スマートフォン家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました