PR

安いスマホおすすめ9選【2024年】

安いスマホおすすめ9選【2024年】 スマートフォン
スポンサーリンク

スマートフォンは、今や生活に必要不可欠なアイテムとなっていますが、高性能なスマートフォンは高価格帯になります。

しかし、安価なスマートフォンでも十分な機能を持ち、使いやすいものも増えてきています。

そこで、今回はコストパフォーマンスに優れた安いスマホの中からおすすめのモデルをご紹介します。

はい、どうもー、原文パパです!

今回は、安いスマホおすすめ11選【2024年】、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • SIMフリースマホおすすめ機種を知りたい!
  • スマホの料金を比較したい!
スポンサーリンク

安いスマホには、SIMフリースマホがおすすめ!

SIMフリースマホとは、SIMフリーのスマートフォンのことです。キャリアに縛られることなく使用できる点が人気となっています。

解約した後も自由に使う事ができる点も魅力の一つと言えるでしょう。

うまく運用すれば、スマホ代や毎月の通信費節約にも繋がる点がメリットです。iPhoneの価格は年々上昇傾向にあるので、安いSIMフリースマホを購入するのもアリです。

自由度が高い

SIMフリースマートフォンは、特定のキャリアに縛られず、どのキャリアのSIMでも利用できます。
これにより、海外旅行中にキャリアを変更したり、SIMカードを変更したりする場合に、自由度と利便性が大幅に向上します。

コストパフォーマンスが良い

SIMフリースマホを利用する場合、端末の割引や通信キャリアの加入割引がないため、契約期間が短く、自分に合ったプランを選べるため、コストパフォーマンスは高いと言えます。

長期利用可能

制御端末とは対照的に、SIMカードのないスマートフォンは長期利用が可能です。
契約期間満了時に端末をキャリアに返却し、新しい端末を購入する必要がありますが、SIMカードがなくてもスマートフォンを使用できます。

1万円前後から購入可能

安いスマホはスペックは高いとは言えませんが、値段は1万円前後から購入することができる点がメリットです。

  • ZTE Libero 5G III(2022年12月15日発売 Android13搭載)8500円前後で購入可能
  • ZTE Libero 5G IV(2023年12月7日発売 Android13搭載)11,500円前後で購入可能

ZTEやモトローラはAndroidのOSのアップデートをしてくれるメーカーなので、コスパは良いです。

モトローラは2回OSをアップデートするモデルもあるので、2年間は最新のOSを使えるので非常にお得です。

一方、AndroidのOSのアップデートを全くしないメーカーもあります。

つまり、AndroidのOSのアップデートを全くしないメーカーのスマホは、1年で古くなるというわけです。

AndroidのOSのアップデートをしてくれるメーカーのスマホを購入するのは長く使えるのでメリットがあります。

バッテリーの寿命が長い

バッテリー

携帯電話会社は特定のキャリアでのみ動作するため、一部の機能が常にオンになっているため、バッテリ寿命が消耗する可能性があります。

一方、SIMカードのないスマートフォンは、不要な機能が常にアクティブになるとは限らないため、バッテリー寿命が長くなる可能性があります.

使用可能なさまざまな機能

SIM スマートフォンは、さまざまなアプリケーションや機能を使用できます。
プロバイダによって異なるテザリングやWi-Fi通信機能にも対応しているので、自由に使えます。

スポンサーリンク

スマホの選び方

SIMフリースマホの選び方を解説します。

SIMカードの形状

SIMカードの形状は、現在以下の3種類があります。

  • 標準SIM(ドコモではミニSIMと呼ばれる)
  • マイクロSIM
  • ナノSIM

まずは格安 SIM の会社が発行しているSIMカードに合うかどうかを確認してから、スマートフォンを買うことをお勧めします。

スマートフォンを買った後でそれに合う格安SIMがない!となってしまうと、目も当てられませんのでご注意ください。

大抵はあうようになっているかとは思いますが、ご注意ください。

技適マークありのスマホを購入する

日本でスマートフォンを使用する場合、技適マークありのスマートフォンでなければ使用してはならないとされているようです(外国からの観光客については一部条件付きで免除されているようです)。

技適マーク付きのスマートフォンを購入するのが安心と言えます。

  • アンドロイドの技適マークの確認方法(一例)

「設定」→「システム」→「認証」

防水の有無で選ぶ

防水性能

IP は、「IEC(=国際電気標準会議)」 によって、「IEC60529」という規格の中で定義されています。

具体的に言うと、例えば、「IP52」と書いてあるスマホもあります。これは、「防塵性能は5、防水性能は2」という意味です。
このIPの中で最も最強なのは、「IP68」です。これは、「防塵性能は6、防水性能は8」という意味です。

OSを選ぶ

SIMフリースマホを選ぶ際は、OSの種類もチェックしておきましょう。アンドロイド(Android)の最新OSは、「Android 14」です。

アップデートで「Android 14」に更新できるモデルもあるので、購入前に確認をしておきましょう。

2024年時点だと、「Android 14」か「Android 13」のスマートフォンを購入するのが良いでしょう。

カメラの画素数で選ぶ

SIMフリースマホを選ぶ際は、カメラの画素数もチェックしておきましょう。

自撮りが好きの方は、インカメラ(フロントカメラ)の画素数が大きい物を選ぶことで、綺麗な画像を撮影したり、綺麗な映像を録画することができます。

FFと書かれたものがありますが、固定焦点(FF(fixed focus))の意味です。固定焦点(FF(fixed focus))とは、ピントを合わせる機構がなく、ピントが固定されているレンズのことをさします。

フロントカメラ(液晶側のカメラ)によく搭載されています。

スピーカーはステレオか?

安いスマートフォンの中には、スピーカーがモノラルのものもあります。

臨場感が欠けるというデメリットがあるので、音にこだわりたい場合、スピーカーはステレオの方が良いです。

もちろん用途によりますので、音を重視しない人にとってはモノラルでも問題ないですが、音にこだわりたい方は、スピーカーはステレオのものを選びましょう。

ノッチデザインの有無で選ぶ

ノッチデザインとは、ディスプレイの上部の部分ギリギリまでディスプレイになっているものを指します。

インカメラのギリギリまで切り欠かれており、しずくに似ているため、しずく型ノッチと呼ばれています。

ノッチデザインは、画面占有率が高いので、フレームがほとんどなく、その分、大画面で映像や画像を楽しむことができます。

最近のスマホはノッチデザインのものが多いです。

リフレッシュレート

スマホのリフレッシュレートとは、画面が更新される頻度を表します。

一般的に、スマホのリフレッシュレートは毎秒60Hzか90Hzです。このリフレッシュレートが高いほど、画面の更新がスムーズに行われるため、動画やゲームなどを楽しむ際にはより良い体験ができます。

デュアルカードスロットで選ぶ

デュアルカードスロットを搭載しているスマートフォンもあります。SIMカードが2つ入るため、異なる二つの番号を、同時に待ち受けすることができる点がメリットです。

SIMカードを差し替える必要がなく、切り替える必要もない点がメリットです。

中にはトリプルスロットを搭載してモデルもあり、2個のNanoSIM +1個のMicro-SDという使い方もできるものもあります。

周波数帯(バンド)で選ぶ

広いバンドを搭載しているグローバル対応端末はオススメです。

周波数帯(バンド)には、以下のような種類があります。対応している周波数帯(バンド)が多い端末を選ぶことで、使えない!というトラブルを軽減できます。

  • バンド1:LTEは全国区をカバーする
  • バンド3:東名阪の高速通信に対応

プラチナバンド(バンド19):地下や郊外を担当している

買ってはいけないスマホの機種の特徴とは?

スマホは私たちの生活に欠かせない便利なツールですが、中には買ってはいけない機種もあります。買ってはいけないスマホとは、どのような特徴を持っているのでしょうか?

ここでは、買ってはいけないスマホの機種の特徴について、以下の3つの観点から解説します。

セキュリティが弱い

スマホは個人情報や重要なデータを保存するデバイスです。そのため、セキュリティが弱いスマホは絶対に避けるべきです。セキュリティが弱いスマホとは、以下のような特徴を持っています。

  • OSのアップデートが遅れるか行われない
  • 不正なアプリやウイルスに感染しやすい
  • 暗証番号や指紋認証などのロック機能がないか不安定

これらの特徴を持つスマホは、個人情報やデータの漏洩や盗難のリスクが高くなります。また、不正なアプリやウイルスに感染すると、スマホの性能が低下したり、不正な請求が発生したりする可能性もあります。

セキュリティが弱いスマホは、安くても魅力的に見えるかもしれませんが、結局は高くつくことになります。

バッテリーが持たない

スマホは常に持ち歩くデバイスです。そのため、バッテリーが持たないスマホは非常に不便です。

バッテリーが持たないスマホとは、以下のような特徴を持っています。

  • バッテリー容量が小さい
  • 充電速度が遅い
  • 画面やカメラなどの消費電力が大きい

これらの特徴を持つスマホは、一日中使うことができません。常に充電器やモバイルバッテリーを持ち歩かなければならず、外出先で困ることも多くなります。

また、バッテリーが劣化すると、さらに使用時間が短くなったり、突然電源が切れたりすることもあります。

バッテリーが持たないスマホは、使い勝手が悪くても我慢する必要があります。

サポートが悪い

スマホは高度な技術を使ったデバイスです。

そのため、故障やトラブルが発生することもあります。サポートが悪いスマホとは、以下のような特徴を持っています。

  • 保証期間が短いかない
  • 修理や交換に時間や費用がかかる
  • カスタマーサービスが不親切か不在

これらの特徴を持つスマホは、故障やトラブルに対応してもらえません。

自分で解決するか、新しいスマホを買うしかありません。また、使い方や設定などの相談にも応じてもらえないこともあります。サポートが悪いスマホは、信頼できるパートナーとは言えません。

買ってはいけないスマホの機種の特徴について、セキュリティが弱い、バッテリーが持たない、サポートが悪いという3つの観点から解説しました。

これらの特徴を持つスマホは、安くても魅力的に見えるかもしれませんが、実際に使うと不便で不安で不満になることが多いです。

スマホは長く使うデバイスですから、購入する際には慎重に検討することが大切です。

モトローラの2万円以下で購入できるスマホ【2024年時点】

  • moto g13(Android13)インカメラ800万画素
  • moto g24(Android14)インカメラ800万画素
  • moto g 53y 5G(Android13)インカメラ800万画素
  • moto g14(Android13)インカメラ800万画素

↓現状、古いのでオススメしないモデル

  • moto g50(Android11)
  • moto g30(Android11)
  • moto x4
  • moto e32s(Android12)
  • moto g7

安いおすすめスマホ11選

おすすめの安いスマホをご紹介します。紹介するのは、全てSIMフリースマホです。

モトローラ(Motorola) moto g53y 5G

ノーブランド品
¥15,400 (2024/05/20 16:16時点 | Amazon調べ)

新登場!Motorolaのスマートフォン「moto g53y 5G」の主な機能を紹介!

Motorolaから発売された新しいスマートフォン「moto g53y 5G」は、魅力的な特長が盛りだくさんです。さっそくその主な機能をチェックしてみましょう!

「moto g53y 5G」は、約6.5インチの大画面ディスプレイを搭載しています。映画やゲームを存分に楽しみたい方にぴったりのサイズです。

5,000万画素のデュアルカメラで高精細な写真を撮影できる「moto g53y 5G」。さらに200万画素のカメラも備えており、細部までくっきりとした写真が撮れます。

大容量の5,000mAhバッテリー搭載で、「moto g53y 5G」は一日中バッテリーを気にせずコンテンツを楽しむことができます。

「moto g53y 5G」は5Gに対応しており、高速通信が可能。ストリーミングやダウンロードがサクサク進みます。

最新のAndroid13を搭載しているため、最新機能をフルに活用できます。

セキュリティ対策も万全。指紋認証や顔認証により、スマートにロック解除できます。

「moto g53y 5G」は防滴・防塵性能を備えているので、アウトドアでも安心して使えます。

おサイフ機能も搭載しているので、スマートにキャッシュレス決済ができます。

「moto g53y 5G」のカメラにはマクロビジョンレンズが装備されており、近距離まで寄って細部をくっきり捉えることができます。また、ポートレートモードやナイトビジョン機能も備わっていて、印象的な写真が撮れます。

ジェスチャー機能を活用してスマートに操作可能。シンプルなアクションだけでよく使う機能を起動できます。

Dolby Atmos®とステレオスピーカーを搭載しており、臨場感あふれる音響体験を味わえます。

「moto g53y 5G」は高性能CPUで、5G対応の最新CPUを搭載しています。

さらに、たっぷり128GBの大容量ROMがあるので、アプリやデータの保存に困ることはありません。

「moto g53y 5G」は、スマートフォンとしての基本性能に加えて、高精細なカメラや大画面ディスプレイ、快適な操作環境など、充実の特長を備えた魅力的なモデルです。

CPUは、Snapdragon 480なので、とりわけハイエンドなCPUを搭載しているわけではありませんが、重い作業や重いゲームはしないという方の場合は、問題なさそうです。

インカメラは800万画素なので、とりわけ画素数が高いわけではありませんが、こだわらない場合は問題ないでしょう。

「ご利用製品の対応状況確認 – 楽天モバイル」の中には、moto g53y 5Gの名前は執筆時点では、記載がありませんでした。

ぜひ一度試してみてください!

モトローラ(Motorola) moto g13

モトローラ(Motorola) moto g13は、安い場所では15000円ほどで購入可能です。

moto g13は、Android13オペレーティングシステムを搭載し、128GBの内部ストレージ(最大512GBのmicroSDカードに対応)を搭載しています。

MediaTek Helio G85 オクタコアプロセッサーと4GBのRAMによって、日常の使用からゲームまでスムーズなパフォーマンスを提供します。

セキュリティ面では、指紋認証と顔認証の両方をサポートしており、ユーザーのプライバシーを守るための堅牢な保護を提供します。

また、加速度計、近接センサー、環境照度センサー、ジャイロセンサー、eコンパスなどのセンサーが搭載されており、日常生活での利便性を高めています。

バッテリー容量は5,000mAhと大容量であり、20W TurboPower™ チャージに対応しています。これにより、忙しい一日の間も安心して使用することができます。

ただし、チャージャーは非同梱であり、別売りの30W TurboPower™ 充電器を使用することで、より迅速な充電が可能です。

ディスプレイに関しては、6.5インチHD+ LCDディスプレイを採用し、1,600×720 (HD+)の解像度を実現しています。

89.47%の高いスクリーンと本体の比率、90Hzのリフレッシュレート、400 nitのピーク輝度、576Hzのタッチサンプリングレートを備え、快適な視覚体験を提供します。

さらに、Panda®ガラスによる保護も施されています。

デザイン面では、PMMA素材を使用し、重さは約184g、サイズは約162.7mm x 74.66mm x 8.19mm(最薄部)と、持ち運びやすいサイズ感です。IP525の防水防塵性能も備えており、日常の小さな事故からデバイスを守ります。

オーディオ機能には、ステレオスピーカーとDolby Atmos®が搭載されており、高品質なサウンド体験を実現します。

また、3.5mmのイヤホンマイクジャックも備えており、幅広いオーディオアクセサリーに対応しています。

カメラ機能は、約5,000万画素のメインカメラと、約200万画素のマクロカメラ、深度センサーを搭載し、多彩な撮影モードとAI機能を備えています。

これにより、日常の瞬間を美しく捉えることができます。

接続性においては、4G、3G、2Gのネットワークに対応し、Bluetooth5.1、NFC、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/acなどの最新の無線技術を搭載しています。これにより、どこにいてもスムーズな通信が可能です。

同梱物には、保護カバー、SIM取り出しピン、ガイド類が含まれており、チャージャーは非同梱です。これにより、環境への配慮とコスト削減が図られています。

総合的に見ると、moto g13は、日常使用からエンターテイメントまで幅広いニーズに応えることができるスマートフォンです。

その堅牢なセキュリティ機能、高性能なカメラ、快適なディスプレイ、そして持ち運びやすいデザインは、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢となるでしょう。

ただし、チャージャーが非同梱である点は購入時の注意が必要です。

このレビューが、moto g13の購入を検討している方々にとって有益な情報となることを願っています。

モトローラ(Motorola) moto g32

Motorola(モトローラ)
¥26,800 (2024/05/11 02:52時点 | Amazon調べ)
OSAndroid 12(Android 13にアップデート可能)
CPUQualcomm Snapdragon 680 4G 2.4GHz オクタコア
ディスプレイサイズ約6.5インチ
カメラアウトカメラ:約5,000万画素メイン (f/1.8) PDAF + 約800万画素 超広角(118°)深度センサー(f/2.2)+ 約200万画素マクロ (f/2.4)、LEDフラッシュ
インカメラ:約1,600万画素 (f/2.4)
メモリー4GB
バッテリー容量5,000mAh
サイズ約161.78mm x 73.84mm x 8.49mm
重量190g(電池を含む)
その他

Snapdragon680 オクタコアプロセッサとDolby Atmosスピーカーを搭載した、モトローラのSIMフリースマホです。

サブ機としてだけでなくメインのスマホとしても活躍するスペックです、価格も安く、コスパが良いです。

ステレオスピーカーとDolby Atmosにより、立体的な音の世界を楽しめます。低音がブーストされ、声がよりクリアになり、よりはっきりと聞こえるのが特徴的です。

約5,000万画素のトリプルカメラシステムを搭載し、光量に関係なく、広大なシーンやデリケートな被写体も明るくクリアに撮影できます。

強力なSnapdragon 680プロセッサは、電力を節約するために、発熱が少ない状態で動作する超高速のオクタコア プロセッサを使用しています。

動画をストリーミングしたり、3Dゲームをプレイしたりできます。スムーズな90Hz フルHD+ ディスプレイは、高速リフレッシュ レートを備えているため、シームレスにアプリを切り替えたりできます。

また、Web ページをスクロールしたり、ゲームをプレイしたりできます。128GBの大容量メモリーを搭載しており、写真、ビデオ、音楽、アプリ、ゲームなど、大量のデータを保存できます。

microSDカードで最大1TBまで拡張も可能です。

5,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、充電を気にせず長時間エンタメを心ゆくまで楽しめます。

IP52相当の撥水・防塵設計のため、多少の雨がかかっても故障の心配がありません。

Motorola g32は、楽天モバイルにも対応しているようです。

「Snapdragon™680」のベンチマークのスコアは、AnTuTu Benchmarkで、240,000前後というスコアとなっており、一般的な使用だと十分なスペックです。

moto g24

moto g24は、Android14オペレーティングシステムを搭載し、内部ストレージは128GBからmicroSDカードで最大1TBまで拡張可能です。

MediaTek Helio G85オクタコアプロセッサーを搭載し、8GBのRAMはRAMブーストにより最大16GBまで拡張が可能です。セキュリティ面では、指紋認証と顔認証の両方を備えています。

センサーに関しては、加速度計、近接センサー、環境照度センサー、ジャイロセンサー、eコンパスを装備。バッテリー容量は5,000mAhで、15W TurboPower™チャージに対応しています。

ディスプレイは約6.6インチのIPS LCDで、HD+解像度(1612×720p)を提供し、リフレッシュレートは90Hzです。

デザイン面では、3D PMMAを採用し、IP52の防水防塵性能を持ちます。

重さは約181gで、サイズは163.49mm x 74.53mm x 7.99mm(最薄部)となっており、マットチャコールとアイスグリーンの2色が選べます。

オーディオ面では、ステレオスピーカーにDolby Atmos®を搭載し、クリアな音質を提供します。

カメラ機能は特に注目に値します。インカメラは約800万画素で、アウトカメラは約5,000万画素の3センサーを搭載しており、クアッドピクセルテクノロジーにより高品質な写真を撮影できます。

また、Google レンズ™連携や自動ナイトビジョンなどの人工知能機能も備えています。

接続性においては、4G LTE、Bluetooth® 5.0、NFC、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/acなど、現代のスマートフォンに期待される全ての機能を搭載しています。

位置情報サービスにはGPS, A-GPS, GLONASS, Galileoが含まれており、2つのnanoSIMカードスロットを備えています。

同梱物には、カバー、SIM取り出しピン、ガイド類が含まれており、チャージャーは別売りとなっています。

インカメラは800万画素なので、ライブ配信をする場合はやや物足りなさを感じるかもしれません。

ライブ配信をするなら、韻カメラは1600万画素あると良いでしょう。

全体的にmoto g24は、中価格帯のスマートフォンとしては非常に優れたスペックを持っており、日常使用からビジネスシーンまで幅広く対応できるデバイスと言えるでしょう。

OPPO A77

OSAndroid 12
CPU
ディスプレイサイズ 6.5インチ HD+(1,612×720) / LCD
カメラ[広角] 約5,000万画素 (F値1.8) [深度] 約200万画素 (F値2.4) [インカメラ:]約800万画素(F値2.0)
メモリーRAM 4GB / ROM 128GB
バッテリー容量
サイズ156×75.9×8.2mm
重量約187g
その他

OPPO「A77」は、繊細な輝きと汚れや指紋がつきにくいマットな質感が特徴的です。

さらに、かさばらず持ちやすく、ポケットに入れても気にならないほど薄く軽いのも魅力的です。

このスマートフォンには、鮮やかで目に優しい大画面が搭載されています。

また、アイケア機能がついた約6.5インチディスプレイで、目をいたわることができます。

ステレオスピーカーもあるため、臨場感あふれるサウンド体験ができます。

さらに、5,000万画素の広角カメラがあり、被写体を高精細でありのままに映し出すことができます。

AIビューティー機能も搭載されており、簡単な操作で自然な美しさを表現することができます。

光源の少ない場所でも、薄暗いシーンでもクリアに撮影することができます。

このスマートフォンには、あると嬉しい機能がたくさん搭載されています。

ただし、FMラジオアプリは有線イヤホン(別売)での接続が必要です。

このスマートフォンは、Androidに便利な機能をプラスし、フレックスドロップや簡単スクリーンショットなど、さまざまな機能を備えています。

さらに、品質検査も厳しく行われており、安心して使うことができます。

初めてOPPOを使う方でも使いやすい設定がされており、フレックスドロップを利用すれば、チャットをしながら動画を鑑賞することもできます。

また、簡単スクリーンショットを使えば、3本指で上からなぞるだけで、スクロールして長さを調整することができます。

OPPO「A77」は、触れていたくなる質感や使いやすさ、機能性に優れたスマートフォンとなっています。

Blackview A52pro

Blackview
¥19,900 (2024/05/20 16:16時点 | Amazon調べ)

Blackview A52Proは、そのスタイリッシュなデザインと強力な機能で、スマートフォン市場に新たな風を吹き込んでいます。このデバイスは、若々しく洗練された外観と、持ち運びに便利な軽量ボディを兼ね備えており、日常の使用に最適です。9.05mmの薄さと183gの重さは、ポケットに入れても邪魔にならない快適さを提供します。

メモリとストレージの面では、Blackview A52Proは12GBのRAM(6GBの基本RAMに加えて6GBの拡張RAM)を搭載し、アプリの起動速度を50%向上させることができます。

128GBの内部ストレージは、TFカードを使用して最大1TBまで拡張可能で、多くのアプリ、写真、ビデオを保存するのに十分なスペースを提供します。UNISOC T606 SoCプロセッサーとBlackviewのCPUスケジューリング技術により、高性能と電力消費の削減を実現しています。

ディスプレイは、6.52インチの大画面と90Hzのリフレッシュレートを備え、Incell技術による鮮やかな色彩と軽量設計を実現しています。10ポイントのタッチ機能は、より高い感度と楽しいインタラクティブな体験を提供し、ゲームやウェブブラウジングをよりスムーズでクリアに楽しむことができます。

バッテリーの持続力も注目に値します。5180mAhの大容量バッテリーは、240時間の待機時間と1-2日間の通常使用を可能にし、2つの4G SIMカードスロット、GPS+GLONASS+Beidouのサポートにより、仕事とプライベートのバランスを取りながら、正確な位置情報を提供します。

カメラ機能においては、1300万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラが、鮮明で詳細な写真や動画を捉え、美しいセルフィーを実現します。顔認識と美容モードにより、自然で魅力的な写真を撮影できます。

最新のAndroid 13とDoke OS 4.0の組み合わせは、将来数年間の使用に耐えうる互換性と、堅固なプライバシーコントロールを提供します。Blackviewの独自技術によるカスタマイズ可能なユーザーインターフェースは、応答性の高いインタラクションと計画的なパフォーマンスを実現します。

さらに、Blackviewは2年間の長期保証、30日間の無償返品保証、年中無休のカスタマーサポート、24時間のオンラインカスタマーサービスを提供し、万が一の不具合にも迅速に対応します。

総合的に見て、Blackview A52Proは、その洗練されたデザイン、強力な性能、長持ちするバッテリー、優れたカメラ機能、最新のOSアップデート、そして安心のサポート体制により、クリスマスのギフトとして、または日常のスマートフォンとして、非常に魅力的な選択肢です。この価格帯でこれほどの機能を備えたスマートフォンは他にはなく、Blackview A52Proは間違いなく注目に値するデバイスです。

 Blackview Wave6C

Blackview Wave6Cは、その堅牢な機能セットと手頃な価格で、スマートフォン市場に新たな選択肢を提供しています。このデバイスは、長時間の使用に耐える5100mAhの大容量バッテリーを搭載し、10Wの急速充電機能により、忙しい一日の間にも迅速な充電が可能です。Type-C充電ポートの採用は、現代の利便性を反映しています。

4GBのRAMと32GBのROMを備え、RAMは最大4GBまで拡張可能で、ROMは最大1TBまでの拡張をサポートしています。これにより、アプリやデータのストレージに関する心配を軽減し、マルチタスキングやゲームプレイをスムーズに行うことができます。2.0GHzのオクタコアプロセッサは、デバイスのパフォーマンスをさらに高め、応答性を向上させます。

最新のAndroid 13 GoシステムとDoke OS 4.0の組み合わせは、ユーザーにカスタマイズ可能なインターフェースとレスポンシブなインタラクションを提供し、データ保護コントロールを強化しています。これにより、Blackview Wave6Cは今後数年間、時代遅れになることなく使用できるでしょう。

6.52インチの大画面は、720*1600の解像度で鮮やかな色彩と明るさを提供し、映画鑑賞や動画視聴に最適です。ウォータードロップスクリーンデザインは、スクリーン比率を87%に高め、没入感のある視聴体験を実現します。

カメラ機能に関しては、8MPのメインカメラと5MPのフロントカメラが、日常の写真撮影やビデオ通話に十分な品質を提供します。豊富な撮影モードは、ユーザーがさまざまなシーンでクリエイティブな写真を撮影するのに役立ちます。

4G LTEのサポートとGPS/GLONASS/Beidou/Galileoの組み合わせは、信頼性の高い接続性と正確な位置情報を提供します。また、3.5mmイヤホンジャックの存在は、多くのユーザーにとって重要な特徴です。

Blackviewは、Wave6Cに2年間の長期保証を提供しており、これは業界で類を見ないサービスです。これにより、ユーザーは安心してこのデバイスを購入し、使用することができます。

総合的に見て、Blackview Wave6Cは、高齢者や学生など、スマートフォンの操作に慣れていないユーザーにとって理想的な選択肢です。そのシンプルな操作性とコストパフォーマンスの高さは、多くの人々にとって魅力的なポイントとなるでしょう。

また、ギフトとしても最適です。問題が発生した場合には、12時間以内にサポートを提供するというBlackviewの約束は、購入後の安心感を高めます。

Blackview Wave6Cは、その価格帯で提供される機能とサービスを考えると、非常に競争力のある製品です。

OUKITEL C36

OUKITEL C36は、最新の技術とコストパフォーマンスを兼ね備えたスマートフォンとして、市場に新たな風を吹き込んでいます。

12GB RAMと128GB ROMにアップグレードされたこのデバイスは、メモリ拡張技術を駆使して、元の4GB RAMに8GBの仮想メモリを追加し、合計12GBのRAMを実現しました。

これにより、25%の動作速度の向上が見込まれ、ユーザーにスムーズなエクスペリエンスを提供します。さらに、最大1TBまでのメモリ拡張に対応するため、大量のファイルや写真を保存するのに十分なストレージスペースを持っています。

5150mAhの大容量バッテリーは、C36のもう一つの魅力的な特徴です。長時間のバッテリー駆動を実現し、頻繁な充電の必要性を軽減します。これにより、ユーザーはバッテリーの不安を感じることなく、1日中スマートフォンを利用できます。

最新のAndroid 13システムとオクタコアプロセッサを搭載したC36は、スムーズな操作性と高いセキュリティを実現しています。プライバシーとセキュリティに重点を置いたAndroid 13は、ユーザーに安心感を与えます。また、オクタコアプロセッサにより、複数のアプリを同時に実行することが可能になり、マルチタスク処理も快適に行えます。

6.56インチHD+ディスプレイは、720*1600の解像度で鮮明な画像を提供し、5G WIFIと4GデュアルSIMデュアルスタンバイのサポートにより、高速なインターネット接続を実現します。

3.5mmヘッドフォンジャックとGPS、GLONASS、Beidou、Galileoなどのナビゲーション技術も搭載しており、外出時の利便性を高めています。

指紋ロック解除と顔認証機能を備えたC36は、セキュリティと利便性を両立しています。0.1秒でロックを解除できる速さは、日常生活において非常に便利です。

OUKITELの公式サービスには、30日間の無条件返品ポリシー、2年間の保証、長期テクニカルサポート、24時間オンラインカスタマーサービスが含まれており、購入後の安心感を提供します。

総合的に見ると、OUKITEL C36は、パフォーマンス、バッテリー寿命、セキュリティ、ディスプレイ品質、そしてサポートサービスの面で、優れた選択肢と言えるでしょう。

このスマートフォンは、現代のユーザーが求めるすべてを提供し、日々の生活をより豊かにすること間違いなしです。

UMIDIGI A15

UMIDIGI A15は、Android 13を搭載し、16GBのRAMと256GBのストレージを備えた、パワフルで革新的なスマートフォンです。

このデバイスは、ユーザーに滑らかで快適な操作性を提供し、プライバシーとセキュリティの面でも強化されています。TFカードを使用してストレージを1TBまで拡張できるため、多くの写真やビデオを保存し、複数のアプリケーションを同時に実行することが可能です。

カメラ機能に関しては、64MPのメインカメラと8MPの超広角カメラを搭載し、広大な風景から微細なディテールまで、鮮明に捉えることができます。また、16MPのフロントカメラは、自撮りやビデオ通話に最適です。デザイン面では、6.7インチの大画面を備えながらも195gという軽量さを実現し、洗練されたカラーリングと独特なデザインが、視覚的な魅力を高めています。

ディスプレイとバッテリーの性能も注目に値します。

6.7インチのフルスクリーンディスプレイは、映像やテキストをクリアに表示し、20WのType-C急速充電機能と5000mAhの大容量バッテリーにより、長時間の使用が可能です。

非接触決済のNFCとFMラジオ機能も搭載されており、便利なスマートフォン体験を提供します。

ネットワークバンドのサポートは幅広く、LTE、WCDMA、GSMバンドに対応しているため、世界中での使用が可能です。さらに、UMIDIGIは12ヶ月の保証と24時間のカスタマーサポートを提供し、安心して購入できる環境を整えています。

UMIDIGI A15は、そのパフォーマンス、カメラ品質、デザイン、バッテリー寿命、そしてユーザー体験の向上において、市場に新たな基準を設けるデバイスです。

これは、テクノロジー愛好家だけでなく、日常の使用に最適なスマートフォンを求めるすべての人々にとって、魅力的な選択肢となるでしょう。

安い人気のスマホを探す

Amazonは、最大手のインターネットショッピングサイトです。

店頭で買うよりも安く購入できる商品も多く、配送も比較的早いです(商品や住む場所によって異なる場合もあります)。

SIMフリーのスマートフォンを購入する場合にAmazonはオススメです。

Amazon スマートフォン本体の売れ筋ランキング

安いスマホおすすめ11選【2024年】についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

安いスマホおすすめ11選【2024年】まとめ

スマートフォンは、高性能で機能が豊富なものが多いですが、価格が高いことが難点です。

そこで、コストパフォーマンスに優れた安いスマホを選ぶことで、必要な機能を持ったスマホを手に入れることができます。

今回ご紹介したスマホは、それぞれに特徴があり、使い勝手も良いものばかりです。予算や使い方に合わせて、ぜひ選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました