北海道の人気のおすすめガイドブック16選【2022年】

北海道旅行
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、北海道の人気のおすすめガイドブック16選【2022年】、についてです。

北海道は、「訪日外国人数が最も多い都道府県トップ20」にもランクインしており、年間で約239万人が訪れる人気観光地です。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

・北海道の人気のガイドブックを知りたい!

ガイドブックを無料で観る方法についても解説します!これから北海道のガイドブックを購入される方のご参考になると幸いです。

ここ数年でガイドブックの種類はかなり増え、どのガイドブックを購入すれば良いか分からない方もいらっしゃるかもしれません。北海道のガイドブックは沢山の種類があるので、どれを選べば良いか迷ってしまう方もいるかもしれません。

そこで今回は、様々なガイドブックの中から、旅の目的別に購入すべきガイドブックをご紹介します。

スポンサーリンク

紙のガイドブックのメリット

旅先ではインターネットが接続できなかったり、電波が弱いことも考えられます。また、何かしらのトラブル時にも、紙のガイドブックを持っておくことで救われることもあるでしょう。

ガイドブックは旅行時に重宝します。インターネットであらゆる情報を調べることができる時代ではありますが、1冊持っておくと心強いと言えます。

検索するにも、事前に知識がなければ検索するのも難しいため、予備知識を知るのにもガイドブックは適していると言えるでしょう。

北海道 観光地

電子書籍のガイドブックのメリット

電子書籍のガイドブックのメリットは、かさばらないことです。複数のガイドブックを旅行に持っていきたい場合でも、紙のガイドブックとは異なり、総重量は変わりません。荷物が減らせるので、重い荷物を背負って大変ということが無くなります。

Amazon(アマゾン)の電子書籍読み放題サービスで、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の無料体験を使用すれば、ガイドブックを0円で読めてしまえます。

スマホでも利用可能なので、タブレット端末をお持ちでないかたでもすぐに利用することができ、大変お得です。

↑絶対失敗したくない旅行の準備を完璧にするための本をリリースしました!こちらの本も0円で読めてしまうので、是非お読みいただけると幸いです。

北海道のガイドブックの選び方

ガイドブックの選び方を解説します。

「まっぷる」と「るるぶ」の違い

「まっぷる」と「るるぶ」は何が違うのか?という疑問をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないかと思います。発売元が次の通り、異なります。

「まっぷる」:地図大手会社
「るるぶ」:旅行会社のJTBが発行

「まっぷる」は地図が分かりやすいと言えるでしょう。また、「まっぷる」はマイナーの観光地まで網羅している印象です(あくまで主観です)。「まっぷる」は、オールカラーの旅行ガイドブックです。

ちなみに、「まっぷる」も「るるぶ」も、Amazon(アマゾン)の電子書籍読み放題サービスであるKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象本なので、無料体験を使用すれば、なんと0円で読めてしまいます!

初めての北海道旅行におすすめのガイドブック

初めて北海道旅行する方や、詳しすぎる情報はそこまで必要ではない方にオススメのガイドブックをご紹介します。

次のような疑問を持たれている方に最適です。

・北海道旅行で行きたいけど、どんな場所なの!?
・北海道旅行のツアーのフリータイムには何をすれば良いの!?

るるぶ北海道’23

ガイドブックの定番本の一つに「るるぶ」があります。

「るるぶ」は、Amazon(アマゾン)のKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象本なので、無料体験を使用すれば、0円で読めてしまいます

「るるぶ」の特徴は、写真が多く、文字が大きいことでしょう。雑誌のようにペラペラとめくって気軽に読むことができます。

感動絶景や王道グルメほか、人気観光地、おみやげなど最新情報が満載です。周遊に便利なモデルコースは、プランニング時点から活躍すること間違いありません。

「るるぶ北海道’23」の巻頭の特集

北海道の絶景が紹介されています。カラフルな色彩の花の絶景、自然の絶景、 レアな絶景」の3テーマに分けて紹介されています。

「るるぶ北海道’23」の札幌特集

札幌特集では、グルメに力が入れられている印象です。ラーメン、ジンギスカンなどの、王道の食べ物が特集されています。さらに、海鮮丼、寿司、カニ食べ放題などのお店がまとめられています。
札幌の飲み歩き天国である、すすきのの特集では、初心者用の指南的なページから、リピーター向けのディープな横丁、締めのパフェまで、幅広く網羅している印象です。

「るるぶ北海道’23」の主な特集

本誌に掲載されている主な特集は、以下の通りです。

【圧巻の自然! 感動の花畑! 爽快ドライブ! 憧れ大地の絶景旅】

四季折々の大自然を感じられるスポットや爽快に楽しめるアウトドアアクティビティ、絶景を巡るドライブコースなど、北の大地の魅力を徹底紹介します!

モデルコースやプランニングアドバイス、わかりやすい交通案内などの情報が満載! 初めての北海道旅行でも安心です。

道産食材の絶品グルメ、人気観光スポットも必見!

るるぶ北海道’23

この他、掲載されている地域は、余市、 ニセコ、 洞爺湖、定山渓温泉、 登別、 トマム、 阿寒湖、 摩周湖、 屈斜路湖、 利尻島、礼文島などが特集されています。

「るるぶ北海道’23」の特別付録

特別付録では、「おみやげ大事典」、「旭山動物園パーフェクトガイド」などが付いてきます。取り外せるようになっているので、使いやすい印象です。

電子書籍版『るるぶ北海道21』が無料でダウンロードできる点もメリットです。スマホで使用可能です。

この他、「PassMe! 」という、レジャー施設などの割引チケットが購入できるサイトで使用可能な200円OFFクーポンも付いてきます。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
出版社ジェイティビィパブリッシング

「るるぶ」は、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の無料体験を利用すれば、0円で読めてしまうので、お得です。

るるぶ札幌 小樽 富良野 旭山動物園’23

「るるぶ」には、札幌に特化したガイドブックも発売されています。

「るるぶ札幌版」は、札幌への観光旅行をする際にオススメです!

「まっぷる 北海道’23」

ガイドブックとして有名な雑誌の一つが、「まっぷる」です。

「まっぷる」は、Amazon(アマゾン)のKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象本なので、無料体験を使用すれば、0円で読めてしまいます

「まっぷる 北海道’23」の特長

特徴は、写真が多く、文字が大きいところでしょう。雑誌のように、パラパラと眺めながら気軽に読書ができます。

オールカラーページで、写真が多いので、北海道旅行のイメージが膨らみやすいでしょう。

王道、定番情報から、日々新しくなっていく北海道の最新情報まで一冊にまとめられたガイドブックです。

掲載されている観光スポットは、1,200件を超える大ボリュームなのが魅力です。

「まっぷる」はスイーツ推しです。スイーツが好きな方には「まっぷる」がオススメできます。

「まっぷる 北海道’23」の巻頭特集

巻頭の特集として、北海道グルメレポin札幌が掲載されています。

北海道の絶品グルメが一同に集まる札幌で、おすすめグルメの名店が特集されています。
札幌を舞台になっているドラマ『チャンネルはそのまま』の出演者、宮下かな子さん、飯島寛騎さん、が今行くべき旬なお店のおいしいポイントを紹介しています。

以下の、人気の11ジャンルが特集されています。

札幌ラーメン、スープカレー、ジンギスカン、海鮮丼、カニ&海鮮居酒屋、寿司、肉料理、すすきのナイト、おしゃれレストラン、ブランドスイーツ、シメパフェ

北海道旅行で王道、定番のグルメ情報が掲載されています。さらに、今食べるべきマストメニューも載っています。

「まっぷる 北海道’23」の付録

第1付録として、「北海道おみやげBOOK」が付いています。
お土産として喜ばれそうなものが沢山載っており、「ブランドスイーツ」、「ときめきスイーツ&お菓子」のほか、激ウマでかつ激売れの「北海道グルメみやげ」、「ローカル商品」、「雑貨&コスメ」が一気に分かるようになっています。自分用としてだけでなく、周りの友人知人用のお土産を選ぶ際の参考にもなる内容となっています。

第2付録として、「北海道食材図鑑」が付いています。掲載されている食べ物は次の通りです。

「牛乳」、「チーズ」、「じゃがいも」、「玉ねぎ」、「とうきび」、「アスパラ」、「小麦」、「豚肉」、「鮭」、「昆布」、「カニ」など

北海道ならではの食材の食べ方のレシピも付いており、北海道旅行で知った味を家で再現したりする際に役立ちます。

「まっぷる 北海道’23」の収録エリア

収録エリア、次の通りです。

札幌、函館、小樽、稚内(利尻・礼文)、知床(網走)、富良野・美瑛・旭川、ニセコ(洞爺・登別)、十勝・帯広、釧路(阿寒・摩周)

北海道の観光地がほぼ網羅されています。

人気三大都市の札幌、函館、小樽、の他、ラベンダーや風景が美しいことで有名な、富良野・美瑛、世界遺産知床、最果ての島である利尻礼文、朝ドラの舞台となり注目が集まっている十勝など、北海道の有名な観光地が網羅されています。

食べる、買う、遊ぶ、見る、泊まる、といった情報がしっかり収録されています。北海道をしっかり楽しむための、新しい遊び方やツウな過ごし方などの情報が1冊にまとめられています。

特徴として、「BOYS AND MEN」をはじめとした、ご当地発のアイドルやタレントが沢山登場するのがポイントです。

「まっぷる」に掲載されている地図は、目的地まで迷わない見やすい地図を目指して作られているようで、わかりやすさが追求されていて、色や文字のバランスも細かく調整されているのがポイントです。

「まっぷるリンク」という、無料スマホアプリが付いています。スマホでガイドブックと同じページを閲覧することができるアプリでiPhoneとAndroidに対応しています。なお、電子書籍版の方には、デジタル付録「まっぷるリンク」は収録されていませんので、ご注意下さい。

オススメ度★★★☆☆
価格★★★★☆
携帯性★★★★☆
情報量★★★☆☆
出版社昭文社

「まっぷる」は、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の無料体験を利用すれば、0円で読めてしまうので、お得です。

地球の歩き方 北海道

根強い人気を誇る地球の歩き方から北海道版が発売されています。179市町村を網羅収録しており、 

グルメ、お土産情報、観光情報、そして北海道の世界遺産登録で今話題沸騰中の、縄文遺跡、アイヌ文化など、様々な情報を深く掘り下げて掲載されています。 

北海道のことをディープに知りたいという方は、地球の歩き方も 選択肢の一つになるでしょう。

「地球の歩き方」は、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象本ではないため、0円で読むことはできません。そこが「るるぶ」、「まっぷる」との違いです。

オススメ度★★★☆☆
価格★★☆☆☆
携帯性★★☆☆☆
情報量★★★★☆
出版社地球の歩き方

ライダー、オートキャンパーのための 北海道ツーリングWalker

オススメ度★★★☆☆
価格★★★☆☆
携帯性★★☆☆☆
情報量★★★★☆
出版社地球の歩き方

ライダーやオートキャンパーのかたに特化したガイドブックならこの本もオススメです。

道の駅の情報に定評があります。コンパクトサイズ版がほしいというかたもいるようで、携帯性は人それぞれ好みが分かれるところですが、大きな写真を楽しみたいかたにはオススメです。

365日北海道絶景の旅

北海道在住の写真家ならではの365景の写真集です。北海道は広大な土地であり、地元の人でもその魅力のすべてを知ることのできないほど、奥が深い場所です。そして、変化する国で育まれた豊かな文化は、触れる者の心を掴みます。北海道のさまざまな絶景のほか、それにまつわる歴史や文化の解説、旅に役立つ知識なども掲載されています。

ニッポンを解剖する!北海道図鑑

縄文遺跡からIT農業、宇宙開発までを網羅した一冊です。大きさと奥深い魅力を持つ「北海道」を徹底解剖しています。

普段の旅行ガイドではあまり知られていない北海道の名所を詳しく、歴史、自然、文化、地場産業などを文章だけでなく、写真やイラスト、表などを用いて豊富に掲載されています。イラストでも分かりやすく紹介されているので、とっつきやすさがあります。
この一冊で北海道の見え方も楽しみ方も変わります。楽しくて旅したくなる、新しい旅のカタチが見えてきます。

御朱印でめぐる北海道の神社

「北海道の神社だけを集めた本はないの?」という読者の疑問にお答えします。本来、御朱印は寺院で納付の証明として贈られるものでした。今では信仰の証として手に入れることも容易になり、最近では女性を中心に多くの人が集まっています。

本書では、北海道内の1,000社以上の神社の中から、「御朱印・ご利益に優れている」と評判の神社を厳選。北海道神宮や美瑛神社などの有名神社のほか、縁結び・金運・仕事運・登山安全祈願・音楽上達などのご利益別に100の神社と御朱印を徹底紹介。

北海道のトリセツ

地図を読みながら県内の地形、産業、歴史、地質、文化など、様々な特徴や魅力を紹介するマップエンタテインメント本です。見慣れた北海道の意外な一面に迫ります。カードを手に取ってチェックしたくなる情報が満載です。

北海道キャンプ場&コテージガイド

初心者でも安心、ベテランでも満足、ユーザー満足度の高い280施設を厳選して掲載したファミリー向けキャンプ場ガイドの決定版。場所や利用料金、開園期間、予約方法などの施設情報のほか、レクリエーションメニューや昆虫採集、水遊びなどのフィールド情報、おでかけスポットや温泉などのエリア情報。

北海道ツーリングベストガイド2022

競馬好きなら一度は北海道を訪れたい。
ツアーを成功させるお手伝いをいたします。
毎年情報を更新する唯一のバイクツーリングガイドです。
2022年版も表紙を一新。

今回の特集は2つあります。
第一弾は「『シーニックバイウェイ北海道』を走らせよう!」です。
シーニックバイウェイは、国土交通省が推進する観光振興計画の一つで、「シーニックバイウェイ北海道」の全13ルート(+3候補ルート)のうち、実際に運行されたのは7ルートで、楽しめるツアーを詳しく紹介しています。
2つめの特集は「海岸周辺のチャレンジガイド」。2,800kmにもおよぶ北海道の海岸沿いのツアーもドライバーの夢ですが、どのくらいの時間がかかるのか、どんな景色や道が楽しめるのかなど疑問は尽きません。
取材に時間がかかるため、バイク雑誌の記事はほとんどありませんが、今回は興味と疑問を正当化するために、約3600kmのツアーを行われており、その詳細がレポートとなっています。
また、今回は特別付録「道の駅北海道コンプリートガイド」も付属されており、2022年開業駅を含む全127駅を網羅しています。食事や入浴のヒントに加えて、無線ラン情報などの情報も、記号で提供されています。

北海道の氷雪絶景

これまで北海道の絶景を扱った商品は数多く発表されてきましたが、本企画は「冬から春先にかけての北海道の絶景」を集めたものです。
最近話題のジュエリーアイスやサンピラーのほか、北海道ならではの神秘的な風景を大きな写真で紹介されています。
絶景スポットだけでなく、季節や時間帯、天気など、実際に訪れる際に必要な情報も満載の一冊です!

北海道わくわく地図えほん

子供から大人まで家族みんなで楽しめる地図絵本です。北海道の特産品や川、山、湖、動物、植物、鳥、方言、乗り物など、役立つ情報が楽しく学べます。巻末には、北海道内の北海道各市町村の境界にある「ランドマーク」が掲載されています。

北海道遺産完全ガイド

北海道の魅力が一冊にまとめられています。北海道の自然、歴史、文化、産業などから選んだ67の「北海道遺産」を詳しく解説。雑学も多く掲載されているので、北海道の魅力を楽しみながら学べる一冊です。

北海道道の駅ガイド

北海道内の道の駅を網羅し、駅ごとに詳しく紹介するドライブガイドの決定版。
圧倒的な情報量はそのままに、テキストや写真を一新し、より迫力のある内容になっています。おすすめのご当地グルメ、安くて新鮮な直売所、レストランや駐車場などの施設情報、人気のテイクアウトメニュー、周辺の観光情報が満載のガイドブックです。

女性の方におすすめの北海道旅行ガイドブック

グルメやショッピング、フォトジェニックな観光地に行きたい!という女性にオススメのガイドブックをご紹介します。

「ことりっぷ 札幌 小樽」

「ことりっぷ」は、女性向けのオシャレなガイドブックです。

「働く女性たちが週末に行く「2泊3日の小さな旅」を提案するガイドブック」がコンセプトになっているようです。

ショッピング、リラクゼーション、グルメ等を中心に掲載されています。

収録エリアは、以下の通りです。北海道の観光地が網羅されている印象です。

●収録エリア

札幌(大通公園、すすきの、円山、創成川イースト、定山渓)、小樽、祝津、朝里川温泉、ニセコ、支笏湖、トマム、新千歳空港

Amazon

「ことりっぷ」は、「小さなかばんにもすっぽり入るサイズ」でかつ、「持ち歩いて疲れない軽さ」がコンセプトになっているようで、その中で選りすぐりの情報が掲載されています。

ごちゃごちゃしている雰囲気の本が苦手という方に「ことりっぷ」はおすすめです。

読者限定で電子書籍を無料ダウンロードすることができます

オススメ度★★★☆☆
価格★★★☆☆
携帯性★★★☆☆
情報量★★★☆☆
出版社昭文社

北海道旅行のガイドブックを無料で観る方法

Amazon Kindle Unlimited
Amazon Kindle Unlimited

Amazon「Kindleアンリミテッド」を使えば、30日間電子書籍が読み放題、無料です。

途中で退会予約をすることも可能ですので、それによりガイドブックを無料で30日間観ることができます。

北海道のガイドブックも読み放題なら無料で読めてしまうため、30日以内なら、ガイドブック費用が0円で済みます。

Amazonで「北海道 ガイド」で検索すると色々と見つけることができます。

北海道旅行のガイドブックは電子書籍もおすすめ

以下のような考えをお持ちの方は、電子版がオススメです。

・荷物を減らしたい
・数か国旅行する

今回ご紹介したガイドブックの中にも、AmazonのKindle版や、アプリで閲覧できるガイドブックもあります。

AmazonのKindleストアでご購入されるのもオススメです。

北海道旅行の申し込みは、日本最大級の旅行サイト楽天トラベルがオススメです。楽天をうまく活用すれば、ポイントが貯まりやすいです!
スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました