クロスバイクのおすすめタイヤ10選!サイズ・太さ・値段解説!

スポンサーリンク

今回は、クロスバイクのおすすめタイヤ10選!、についてです。サイズ・太さ・値段を解説します!

クロスバイクは街中でよく見かけます。タイヤ寿命の見分け方を含め、初心者がタイヤ交換したい場合のクロスバイク・おすすめタイヤを紹介します。

スポンサーリンク

クロスバイクとは?

クロスバイクとは、一般的にMTB・ロードバイク・ツーリングバイク・トレッキングバイクなどの自転車の総称で呼ばれています。いわゆる、ママチャリや実用車以外の自転車となります。

そのため、クロスバイクのタイヤは、クリンチャータイヤのラインナップが多いです。
タイヤにチューブを入れて、ホイールに嵌めるタイプが、クリンチャータイヤです。

現在のタイヤの種類は、クリンチャー、チューブラー、チューブレスの3種類があります。現在ほとんどの自転車には、クリンチャータイヤが搭載されています。

ちなみにクロスバイクという呼び方は、和製英語なので、海外では通じない言葉だそうです。

クロスバイクタイヤの種類

クリンチャータイヤのメリット

現在一番普及しているため、販売しているタイヤの種類が豊富という利点があるタイヤです。

メーカーや値段も様々な物が出回っており、豊富なカラー・軽量タイプ・耐パンクタイプなど、使用状況に合わせて自由に選べます。
 

クリンチャータイヤのデメリット

クリンチャータイヤはチューブを使用するタイヤです。そのため、空気圧が少ない時や、釘などの細い金属が刺さった時に、パンクをしやすいというデメリットがあります。

ただし、万が一パンクをした場合でも、タイヤレバーなどのパンク修理キットを持っていれば、修理を行えます。

パンク修理は慣れてしまえば簡単です。パンク修理ができるようになれば、自分でタイヤ交換もできるようになります。

クロスバイクのサイズの選び方

クロスバイクのタイヤの選び方は、タイヤの内径と幅を同じものを買えば、選び方としては問題ありません。

選び方の基準としては、以下の通りです。

使用されている地域規格世界での普及比率
イギリスやフランスなどのヨーロッパWO(ワイヤードオン)規格8
アメリカHE(フックドエッジ)規格2

WO規格が圧倒的に使用されています。単純な選び方として、アメリカ製のクロスバイクならHE規格と考えて良いでしょう。

WO規格について

WO規格はヨーロッパ規格とも言われ、日本にも馴染み深いミリ単位で表示されています。
そして、ホイール・リムの規格であるA・B・Cがつきます。

例えば、700×28Cと表記されていた場合、タイヤの内径が700mmでタイヤ幅28mm、リム規格がCと言う意味です。

タイヤの内径は変更できませんが、タイヤ幅28mm前後でC規格なら装着可能です。

細いタイヤは、転がり抵抗の少なさと軽さがメリットとなります。一方、不安定や衝撃吸収性が弱いというデメリットもあります。
太いタイヤは、グリップ力、より高い安定性、乗り心地の良さがメリットです。一方、重さ、転がり抵抗の高さがデメリットとなります。

 

現在、日本製クロスバイクはこの企画です。WOは2つに分かれています。

自転車の種類規格
ママチャリなどイギリス規格
アメロード・クロスバイク:フランス規格

タイヤ変更の際の選び方の基本となるため、しっかりおさえておきましょう。

WO規格の表記について

WO規格は2つに分かれています。

規格表記方法備考
フランス規格ミリ単位表記クロスバイクに使われている
イギリス規格インチ単位表記ママチャリや実用車に使われている

イギリス規格の表記は、28×1 3/4となっていた場合、タイヤ内径28インチ・タイヤ幅1 3/4インチとなり、ミリ単位に変換するとタイヤ内径700ミリでタイヤ幅4.45ミリとなります。

クロスバイクではフランス規格が主流であり、700×〇〇Cのサイズが主流です。

なお、クロスバイクでは、タイヤサイズは700サイズが一般的です。

ETRTO規格について

ETRTO規格は、WO規格(イギリス規格・フランス規格)やHE規格と入り混じっているので、タイヤの互換性を高めるための統一規格として誕生しました。

インチをミリに換算して表示する規格で、WO(フランス)規格に近い表記になっています。タイヤ選びの基本となるでしょう。

カラーで選ぶ

最近では、カラータイヤやカラーレタリングのタイヤも色々と発売されています。黒いタイヤ以外の選択肢も豊富となっています。

カラー種類が豊富なタイヤだと、クロスバイクとのコーディネートを考えた選び方もできる点がメリットです。カラータイヤは、愛車のロードバイクに合わせてコーディネートできるので、タイヤの変更が楽しみになります。

溝の種類で選ぶ

道路面と直接接する部分をトレッドと言います。トレッドに刻まれた溝は「トレッド パターン」と呼ばれています。
次のような基準で選ぶのが良いでしょう。

路面選ぶべきタイヤの溝
乾いたスムーズな路面溝がない(スリック)
濡れて荒れた路面溝があるパターン

雨の日は溝のあるパターンの方がスリップしにくいとも言えます。

走行する状況を考えた上で、選ぶと良いでしょう。

ワイヤービードかケブラービードかで選ぶ

ワイヤービード(リジッドクリンチャータイヤ)

ワイヤービードを採用しているタイヤの場合、安さと丈夫さがメリットです。

デメリットとしては、多少重量が重くなります。また、タイヤを折り畳むことはできません。なので、遠征時の予備タイヤとしては持って行けません(8の字の二つ折りなら一応できますが)。

ケブラービード(フォールディングクリンチャータイヤ)

ケブラービードのタイヤは、コンパクトな箱に入っていることが多いです。そのため、予備タイヤとして持ち運びしやすいのがメリットです。また、ワイヤービードよりも軽量なものが多いです。

タイヤ交換も楽に行えるのもメリットです。

一方、デメリットとして、ワイヤービードより高価な傾向があります。

空気圧で選ぶ

体重が約65~75kgの方の場合、空気圧は、7BAR(100PSI)という数字が基本となります。そこから自分に合う空気圧を探していくのが良いでしょう。

空気圧の単位には、BARやkPa、PSIが用いられます。変換できるサイトもあるため、そちらを活用するのも良いでしょう。

ちなみに、100kPa=1BARです。

参考サイト:圧力単位変換ツール

クロスバイクのタイヤの交換時期

クロスバイクのタイヤ交換時期は、使用者の乗り方によって多少異なります。そのため、目安として説明します。

クロスバイクのタイヤは、走行距離で言うと、だいたい3000Kmで交換するのが一般的と言われていますが、距離で管理している人はいないと思います。

そのため、期間で考えましょう。具体的には、1年半~2年で交換です。クロスバイクに乗っていなくともタイヤは劣化して行きます。

ブレーキを多用したり、体重が重い人が乗った場合、タイヤの減り方は異なります。

タイヤの溝が少なくなっていたり、ひび割れを見つけた時も交換の対象となります。また、パンクがよく発生するような場合も、タイヤの劣化なので交換してください。

クロスバイクのおすすめタイヤ

クロスバイクのおすすめタイヤをご紹介します。

シンコー SR-018 スピードクロスタイヤ

参考価格¥4,155(2本セット)
サイズ700×28C
カラー1種類
重量
その他50~75PSI

日本の老舗メーカーの製品です。

2本セットで約4200円なので、1本あたり約2100円です。値段は、コスパ的な視点から言うとお得なクロスバイク用タイヤです。

シンコーは日本の老舗的メーカーです。

「SR-018」は、荒れた路面から固い路面までをカバーするために作られています。性能は十分ですので、交換や変更の際の候補となります。値段的にも、2本セットでお得です。

サイズとタイヤ幅は、一般的なサイズである700×28Cです。

荒れた路面でも楽に走破できるように、工夫されたタイヤパターンを採用しています。乗り心地や雨の日のことも考えられています。


カーボンビードを採用しているので、交換時は楽に作業をおこなえます。
スピード求めた場合、専用タイヤにはかないませんが、一般的な使用には問題ない性能です。

空気圧は、50-75PSIと記載されていますが、これは低い部類である点は要検討となるでしょう。


パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×28C] コンフィ F728-CMF

参考価格¥2,780
サイズ700×28C
カラー6種類
重量290g
その他

パナレーサーは、日本の自転車用のタイヤメーカーです。かなり有名なメーカーであり、品質には信頼感もあります。

タイヤチューブなども販売しています。ユーザーサービスもきちんとしているので、安心感があります。サイズ・幅など種類を多数ラインナップしているので、交換をする際にも選択肢の幅があります。

本タイヤは、値段も安く、コストパフォーマンスに優れたタイヤです。その点が好評です。


サイズは一般的な、700×28Cです。

重量は290gでと軽量なので、軽い乗り心地というメリットがあります。

タイヤの表面パターンが細かく、雨天時の走行や水たまりも考慮してあります。パターンが消えかけたら交換時期です。雨天時は危険です。購入サイトでのレビューも参考になるかと思います。
使用自転車の種類はクロスバイク・ロードバイクです。

ケブラービード(=フォールディング)なので、小さく畳んで保存しておくこともできるくらいコンパクトになるのも特長です。

800デニールの太いナイロンコードが使われており、耐サイドカット性が向上しています。

カラーは6種類もラインナップされており、かなり多い部類です。クロスバイクのコーディネートも楽しめます。自分のクロスバイクとのバランスを考えて選べます。ツートンカラーでファッショナブルなものもあります。

SERFAS(サーファス) 自転車用 タイヤ セカ DDロードタイヤ 700C

参考価格¥2,420
サイズ700X23C
カラー7種類
重量参考重量:300g(23C)、315g(25C)、330g(28C)
その他空気圧:125psi

サーファスは、アメリカ・カリフォルニアのメーカーで、自転車用品から事業を開始したメーカーです。

アメリカといえばHE規格ですが、この製品はWO規格のフランス規格で製作されています。値段的にも、交換時や変更時にも手を出せる設定になっています。

「アメリカで圧倒的な人気を誇るトレーニング・通勤タイヤ」と書かれています。

このタイヤは、レイヤーに特殊ナイロン層が使われており、パンクに強くなっています。他のタイヤに比べ、パンクの回数は減ることが期待できます。
※もちろん、パンクしないタイヤというわけではありません

ハイグリップのコンパウンドが使用されており、雨天時の排水性のタイヤパターンの性能も高いです。雨の日も使用できますが、雨の日は滑りやすいとの意見もあるので、念のため注意して使用しましょう。

カラーは7種類ラインナップされており、かなり多い部類です。

IRC METRO メトロタイヤ 700×28C

参考価格¥2,943
サイズ700×28C
カラー2種類
重量470g
その他回転方向の指定なし
推奨空気圧:500~650kPa/75~95PSI

IRCは、オートバイや自転車のタイヤを古くから作り続けている日本のメーカーです。

タイヤ幅も一般的なものがラインナップされています。

高評価の性能を示します。

IRCのメトロタイヤは、街乗りを意識したタイヤです。乗り心地を意識しており、耐久性も考えた作りとなっています。タイヤパターンも街乗りを意識したパターンを採用し、回転方向の指定もないのが特長です。

センターリッジパターン採用により、転がり抵抗が軽減しています。

タイヤのサイドは、耐久性に優れたゴムでカバーされており、強化もされています。
 

街乗りを意識しているので、雨天走行も十分意識したパターンを採用しています。耐久性もあり、値段的に考えるとコストパフォーマンスは高いタイヤです。

重量は重めの部類なので、そこは要検討事項です。

空気圧は75-95PSIなので、やや低い部類である点は要検討です。

シュワルベ(SCHWALBE)マラソン 700C タイヤ

参考価格¥3,754 (700×25Cの場合)
サイズ700×25C、他
カラー1種類
重量520g(700×25Cの場合)
その他オフロード向きタイヤ

シュワルベルは、ドイツの自転車タイヤメーカーです。すべての自転車の種類のタイヤを製造・販売しています。伝統あるメーカーなだけに、選んでも安心感があります。ヨーロッパ規格を中心に製造・販売しています。

このマラソンは不整地を含むオールラウンドタイプのタイヤです。一般的なサイズを中心に、いろいろなサイズにも対処しています。ママチャリや実用車にも合うパターンです。

耐久性がある分、重量はかなり重い部類なので、そこは要検討です。

しかしながら、約3mmの厚みを持つ耐パンク材「グリーンガード」を搭載しており、耐パンク性能が向上しています

夜間走行時も安心なリフレクターを搭載しており、光を反射してくれます

色々なサイズに合わせて販売されています。

マラソンは、現在では趣味性の高いタイヤとみられますが、普段使いでも問題なく使用できます。問題があるとすれば、走行音が多少するくらいで、耐久性もあります。趣味性を考慮すれば、値段はコストパフォーマンスに優れています。

MAXXIS(マキシス) デトネイターフォルダブル

参考価格
サイズ700x28C
カラー
重量300g
その他最大空気圧:120PSI

マキシスは、アメリカ・ジョージアを拠点とする世界的タイヤメーカーです。オフロード・自転車レースのワールドカップを主催するなどして、レース界からのタイヤデータを積極的に製品にフィードバックしています。タイヤのバリエーションが豊富なメーカーです。

デトネーターフォルタブルは、レースからのフィードバックを生かして作られており、軽量タイプに仕上げられ、主流サイズである700×28Cで作られています。

レース界からのフィードバックで作られるタイヤです。

従来はワイヤービードでしたが、現在はケブラービード素材に変更されています。それによって、軽量化がはかられており、軽快な走行感を味わえます。

また、サイズやタイヤ幅も主流サイズを中心にラインナップされているため、自分のクロスバイクに合わせ、選ぶことができます。値段もリーズナブルです。

MICHELIN(ミシュラン) DYNAMIC CLASSIC

参考価格¥2,695
サイズ700×28C
カラー1種類
重量
その他ワイヤービード採用

世界的なタイヤメーカー、ミシュランのクロスバイクタイヤです。

ミシュランはフランスを本拠地を置いており、世界中に展開している有名メーカーの一つです。世界に愛されるタイヤメーカーと言ってもよく、製品の性能も確かなものです。

ちなみに、レストランなどの格付けを行っている『ミシュランガイド』は、ミシュランから発売されています。

このダイナミッククラシックは、シックな感じのするクロスバイクに似合うタイヤに仕上がっています。

クラシックタイプのクロスバイクを使用している人には、ちょうど良いクロスバイク用タイヤです。値段も手頃です。

懐かしい感じのスタイルに仕上げられています。

サイズは主流である700×28Cです。雨天時の走行については、伝統的タイヤパターンを採用しており、とりたてて問題はありません。

ワイヤービードを採用しています。通勤などの普段使いに向いているクロスバイク用タイヤです。値段から考えると、コスパの高いタイヤといえます。

KENDA(ケンダ) カラータイヤ 700×28C

参考価格¥2,391
サイズ700×28C
カラー4種類
重量
その他

ケンダは台湾のメーカーです。自転車だけでなく、自動車用タイヤも製造・販売している、世界的なタイヤメーカーです。

自転車においては高性能なクロスバイク用タイヤを多種ラインナップしています。また、カラータイヤも人気が高いです。

本製品は、サイズ・タイヤ幅共に、クロスバイクの主流サイズである、700×28Cです。

乗り心地も良く、転がり抵抗も少ない製品です。クロスバイクを目立たせたい人に最適なタイヤです。

オーソドックスなタイヤパターンを採用しています。

コンパウンド的に性能は問題なく、雨に対しても実績のあるパターンを採用しているため、問題ありません。耐久性は使用状況によって異なりますが、リピーターの非常に多い製品なので、それだけ魅力的なタイヤです。

コスパ的にも良いクロスバイクタイヤと言えます。

ブリヂストン アンカー(BS ANCHOR)

参考価格¥4,274 
サイズ700X23C,25C
カラー
重量250g(700X23Cの場合)
その他・ワイヤービード採用
・最大空気圧:830kPa(≒121PSI)

知名度の高い日本のメーカー、ブリヂストンのクロスバイクタイヤです。

クロスバイクのスタイルに関係なく、使用できるタイヤになっています。安心感・安定感のあるタイヤです。主流サイズ700で、タイヤ幅25を中心としてサイズを揃えてあります。オールマイティーのタイヤです。

このタイヤはセンタースリックタイプです。センター部は肉厚になっており、柔らかい乗り心地や、耐パンク性に貢献しています。耐久性も問題ありません。

ワイヤービードを採用しているので、多少重量がありますが、スピード性を損なうほどでありません。

ベースコンパウドは、磨耗インジケーターの機能も持ち合わせています。トレッド面にオレンジ色が出てきたら、それが交換の目安となります。交換時期が一目で分かるのもメリットです。

Continental(コンチネンタル) ウルトラスポーツ2 クリンチャー 700c

参考価格¥5,980(700×23Cの場合 2本セット)
サイズ700×23C、25C、28C、32C
カラー6種類
重量
その他推奨空気圧(PSI):110~120(23C)、95~120(25C)、80~115(28C)、65~102(32C)

コンチネンタルは、2輪車のタイヤ界では、歴史のあるタイヤメーカーであり、世界的な2輪車タイヤメーカーです。

2輪車用のタイヤも古くから、販売・研究しており、ウルトラスポーツ2も長い技術の積み重ねで登場し販売されています。

本タイヤは2本セットなので、値段的にもお得なタイヤです。
 

タイヤ幅は4種類(23、25、28、32)がラインナップされています。ロードバイクのリムに合わせた選び方が可能なので、交換時に迷うことが無い点がメリットです。

ウルトラスポーツ2は、オートバイのタイヤでは一般的な3レイヤー構造採用しており、タイヤ全体の耐久性を高められています。

タイヤはスリックですが、雨でも心配はありません。

タイヤの表面はスリックタイプとなっており、サイドに排水用の溝が切ってあります。ピュアグリップ・コンパウンド採用により、雨に対するグリップを確保されています。ただ、雨の日は滑りやすいという口コミもあるので、要検討となります。

転がり抵抗や乗り心地は従来製より、確実に良くなっています。

Vittoria(ビットリア) タイヤ ルビノ プロ

参考価格¥5,500(700×23Cの場合)
サイズ700×23C、25C、28C    
カラー5種類
重量245g(28Cの場合)
その他ケブラービード使用

ビットリアは、イタリア発祥の世界的自転車タイヤメーカーです。日本にも子会社があるので、連絡などを行いたい時も問題なく、安心できます。ビットリアは、世界で使用されているタイヤなので、性能等で問題はありません。

本製品のルビノプロは、ロード寄りのタイヤです。スピードよりも耐久性能を重視しているので、普段使いに向いているタイヤと言えます。

サイズは、タイヤ幅3種類(23、25、28)がラインナップされています。交換や変更時に幅広く対応できる品揃えとなっている点がメリットです。

重量は245g(700×28Cの場合)であり、軽量タイプのタイヤです。

ロードよりのタイヤに定評のあるメーカーですが、その中でも一般のクロスバイクに使用できるタイヤです。

耐久性や耐パンク性も向上させてあるので、グリップ力はそのままで、スピード性は多少落とされています。雨天走行も問題なく、スピードを求めた製品より安全です。

ケブラービードが使用されています

価格はかなり高額な部類です。

最後に

クロスバイクの日本での主流のクリンチャータイプを紹介しました。その他のタイプだと、数が限られており専門店等の守備範囲に入ってしまい、手軽く扱えません。自分で交換ができるクリンチャータイプのタイヤが、クロスバイクに最適と言えます。代表的なメーカーの物を紹介しましたので、交換の際は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました