PR

バリ旅行の服装

スポンサーリンク

バリ島は南国のリゾート地として人気がありますが、服装には注意が必要です。なぜなら、バリ島はイスラム教徒が多い国インドネシアの一部であり、宗教的なマナーや気候に合わせた服装が求められるからです。では、バリ島に行くときにどんな服装を持っていくといいのでしょうか?この記事では、以下の項目について解説します。

スポンサーリンク

バリ旅行の服装

それでは、早速見ていきましょう。

バリ島の気候と服装

バリ島は一年中暑く、平均気温は約27度です。しかし、雨季と乾季があり、雨季は11月から3月まで、乾季は4月から10月までとされています。雨季は湿度が高く、日中でも雷雨が降ることがあります。乾季は日差しが強く、日焼けや熱中症に注意が必要です。また、標高が高い場所や夜間は涼しくなることもあります。

そこで、バリ島に行くときの服装のポイントは以下の通りです。

  • 薄手で吸湿性の高い素材の服を選ぶ
  • 長袖やカーディガンなどで肌を覆えるものを持つ
  • 帽子やサングラスなどで日差しを避ける
  • 雨具や防水シューズなどで雨対策をする
  • 暑さや寒さに応じて着脱できるようにする
Ray-Ban(レイバン)
¥13,980 (2023/11/27 23:36時点 | Amazon調べ)

バリ島の宗教と服装

バリ島はインドネシアの中でもヒンドゥー教徒が多く、約90%を占めています。ヒンドゥー教は古代インド発祥の多神教で、神々への信仰や生まれ変わりなどを重視しています。バリ島では、神々への感謝や祈りを表すために、毎日さまざまな儀式や祭りが行われています。そのため、バリ島に行くときには、宗教的な場所や行事に参加する際の服装に気をつける必要があります。

宗教的な場所や行事に参加する際の服装のポイントは以下の通りです。

  • 肩やひざを露出しない
  • 白や黒など地味な色の服を選ぶ
  • スカーフやサロンなどで体を覆う
  • 靴や帽子などを脱いで入る
  • 神聖なものに触れない

バリ島でのアクティビティと服装

バリ島は自然豊かな島で、海や山などでさまざまなアクティビティを楽しむことができます。例えば、サーフィンやダイビングなどのマリンスポーツ、トレッキングやサイクリングなどのアウトドアスポーツ、ヨガやスパなどのリラクゼーションなどが人気です。しかし、アクティビティによっては、特別な服装や装備が必要になることもあります。

アクティビティに合わせた服装や装備のポイントは以下の通りです。

  • マリンスポーツは水着やラッシュガードなどを着る
  • アウトドアスポーツは動きやすく汚れてもいい服を着る
  • リラクゼーションはゆったりとした服を着る
  • 必要に応じてタオルや水分補給などを持つ
  • 事前に予約や料金などを確認する

バリ島でのお土産と服装

バリ島に行ったら、お土産に服を買って帰りたいという方も多いでしょう。バリ島では、伝統的な染め物や織物、刺繍やビーズなどの手工芸品が豊富にあります。

特に、バティックと呼ばれる蝋で模様を描いて染める技法で作られた布は、バリ島の代表的なお土産です。バティックは色や柄によって意味があり、神々や自然、動物などを表現しています。

バティックはスカーフやサロンだけでなく、シャツやドレスなどの服にも使われています。

お土産に服を買う際のポイントは以下の通りです。

  • 自分の好みやサイズに合ったものを選ぶ
  • 色落ちや縮みに注意する
  • 値段交渉をする
  • 税関で問題がないか確認する
  • 本物のバティックかどうか見分ける

バリ島は気候や宗教、アクティビティによって服装が変わるので、事前に準備しておくと良いでしょう。バリ島で素敵な旅行を楽しんでください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました