ベトナム旅行に持っていくもの

スポンサーリンク

ベトナムは東南アジアの国で、美しい自然や豊かな文化、おいしい料理などが魅力です。しかし、日本とは気候や習慣が違うので、ベトナム旅行に持っていくものには注意が必要です。この記事では、ベトナム旅行に持っていくべきものや持っていかないほうがいいものを紹介します。

スポンサーリンク

通販大手のアマゾンでは、生活がお得になるAmazonプライムが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazonプライム
\ 30日間、無料で読み放題できる /

ベトナム旅行に持っていくもの

持っていくべきもの

パスポートとビザ

ベトナムに入国するには、パスポートが必要です。パスポートは有効期限が6か月以上残っていることを確認してください。ビザは15日以内の滞在であれば免除されています。取得する場合は早めに取得しておきましょう。

日本円

ベトナムでは、日本円を現地通貨のドンに両替することができます。空港やホテル、銀行などで両替できますが、レートは場所によって異なります。一般的には、空港よりも市内の銀行や両替所のほうがレートが良いです。また、小額紙幣や硬貨は両替できない場合があるので、注意してください。

薄手の長袖と長ズボン

ベトナムは一年中暑く湿気が高いですが、冷房が効いている場所や夜間は寒く感じることもあります。また、宗教的な理由から、寺院や政府機関などでは肌の露出を控えることが求められます。そのため、薄手の長袖と長ズボンを持っていくと便利です。綿や麻などの天然素材のものがおすすめです。

日焼け止めと虫除けスプレー

ベトナムでは紫外線が強く、日焼けしやすいです。また、蚊やノミなどの虫に刺される可能性もあります。そのため、日焼け止めと虫除けスプレーを持っていくことをお勧めします。日焼け止めはSPF50以上のものを選びましょう。虫除けスプレーはDEET(ジエチルトルアミド)成分が含まれているものが効果的です。

消毒液や絆創膏

ベトナムでは衛生状態が日本と比べて劣る場合があります。食中毒や下痢などの胃腸疾患や、傷口から感染する病気などに注意が必要です。そのため、消毒液や絆創膏を持っていくと安心です。また、水道水は飲めないので、ペットボトルの水を常に持ち歩きましょう。

持っていかないほうがいいもの

高価な貴金属や宝石

ベトナムでは、高価な貴金属や宝石を身につけていると、スリや強盗の標的になる可能性があります。また、税関で没収されたり、追加の税金を払わされたりすることもあります。そのため、高価な貴金属や宝石は持っていかないほうが無難です。

暗号通貨や仮想通貨

ベトナムでは、暗号通貨や仮想通貨の使用や取引は違法です。持っているだけでも罰金や逮捕の対象になる可能性があります。そのため、暗号通貨や仮想通貨は持っていかないほうが賢明です。

薬物や麻薬

ベトナムでは、薬物や麻薬の所持や使用は厳しく禁止されています。違反した場合、死刑になることもあります。そのため、薬物や麻薬は絶対に持っていかないでください。また、日本で処方された薬でも、ベトナムでは禁止されている成分が含まれている場合があります。その場合、医師の診断書や処方箋を英語に翻訳して持っていく必要があります。

スポンサーリンク

ベトナム旅行に持っていくものまとめ

ベトナム旅行に持っていくものは、パスポートとビザ、日本円、薄手の長袖と長ズボン、日焼け止めと虫除けスプレー、消毒液や絆創膏などです。

持っていかないほうがいいものは、高価な貴金属や宝石、暗号通貨や仮想通貨、薬物や麻薬などです。ベトナムは日本とは違う文化や法律がありますので、事前にしっかりと調べて準備しましょう。ベトナム旅行を楽しく快適に過ごすためには、持っていくものに気をつけることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました