PR

ペルー旅行の持ち物

ペルー旅行の持ち物 旅行
スポンサーリンク

ペルーは南米の西海岸に位置する国で、アンデス山脈やマチュピチュ遺跡などの自然や文化が魅力です。しかし、ペルー旅行には持ち物に注意が必要です。ペルーは気候や標高が地域によって大きく異なるため、服装や日用品などを適切に準備することが重要です。

そこで、この記事ではペルー旅行の持ち物について紹介します。

スポンサーリンク

ペルー旅行の持ち物

スーツケース

ペルー旅行にはスーツケースが便利です。旅行の目的と期間に合わせたスーツケースを選ぶのが良いでしょう。大きすぎるスーツケースの場合、超過料金が発生することもあるので、航空会社の規定も確認した上で選ぶようにすると良いでしょう。

服装

ペルーは一年中温暖な気候ですが、海岸部と山岸部では気温や湿度が異なります。海岸部は乾燥して暑いので、薄手の綿や麻などの素材の服がおすすめです。山岸部は昼夜の寒暖差が激しいので、重ね着できる服や防寒着が必要です。また、雨季(11月から4月)は雨具も必携です。服装のポイントは以下の通りです。

  • 海岸部では日差しが強いので、帽子やサングラス、日焼け止めなどの日焼け対策をしましょう。
  • 山岸部では標高が高いので、紫外線が強くなります。日焼け対策だけでなく、水分補給や高山病対策も忘れずに行いましょう。
  • マチュピチュ遺跡などの観光地では歩きやすい靴や動きやすい服を着用しましょう。また、虫除けスプレーや絆創膏などもあると便利です。

日用品

ペルー旅行では日用品も重要です。特に、水や食べ物に関する衛生面には注意が必要です。ペルーでは水道水は飲めませんし、食中毒や下痢などのリスクも高いです。日用品のポイントは以下の通りです。

  • 水はミネラルウォーターを購入して飲みましょう。また、歯磨きや洗顔などにも水道水を使わないようにしましょう。
  • 食べ物は衛生状態が良さそうなレストランや屋台で食べましょう。生野菜や果物は洗ってから食べるか、皮をむいてから食べましょう。
  • 下痢止めや整腸剤などの薬を持参しましょう。また、消毒液や絆創膏などもあると安心です。

その他

ペルー旅行ではその他にも持ち物に関する注意点があります。以下に挙げます。

  • 電圧は220Vで、コンセントはA型とC型、SE型があります。C型、SE型は日本と互換性がないので、変圧器や変換プラグを持参しましょう。
  • 通貨はペルー・ソル(PEN)で、1PEN=約30円です。空港や銀行で両替しましょう。また、クレジットカードは大きな都市やホテルなどでは使えますが、小さな町や店では使えない場合が多いので、現金を持ち歩きましょう。
クレジットカード
  • 治安は悪くないですが、スリや強盗などの犯罪には注意しましょう。貴重品は分散して持ち歩き、できるだけ目立たないようにしましょう。また、夜間は人通りの少ない場所や不審な人物には近づかないようにしましょう。

以上、ペルー旅行の持ち物について紹介しました。ペルーは素晴らしい国ですが、持ち物によって旅行の快適さや安全性が変わります。ぜひ参考にして、楽しいペルー旅行を満喫してください。

旅行の準備がまだの方は、以下の記事を参考に準備するのもオススメです。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました