PR

ベトナム旅行の持ち物【女性編】

ベトナム旅行の持ち物【女性編】 旅行
スポンサーリンク

ベトナムは東南アジアの国で、熱帯気候に属しています。そのため、ベトナム旅行に持っていくものは、暑さや湿度に対応できるものが必要です。また、ベトナムは仏教文化が根強く、寺院や宮殿などの観光スポットでは、肌の露出を控える服装が求められます。

さらに、ベトナムでは日本と違って電圧やコンセントの形が異なりますので、変換プラグや変圧器も必要になります。この記事では、女性がベトナム旅行に持っていくべきものを紹介します。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の持ち物【女性編】

ベトナムの風景

スーツケース

ベトナム旅行にはスーツケースが便利です。旅行の目的と期間に合わせたスーツケースを選ぶのが良いでしょう。大きすぎるスーツケースの場合、超過料金が発生することもあるので、航空会社の規定も確認した上で選ぶようにすると良いでしょう。

服装

ベトナムは一年中暑いですが、季節によって気温や降水量に差があります。一般的には、11月から4月までは乾季で、5月から10月までは雨季です。乾季は最高気温が30度前後で、雨季は最高気温が35度以上になることもあります。

また、ベトナムは南北に長い国なので、地域によっても気候が異なります。南部は熱帯雨林気候で一年中暑く湿度が高く、北部は亜熱帯気候で冬は涼しく乾燥しています。

中部は南北の中間に位置し、気温や降水量の変化が激しいです。

服装に関しては、以下の点に注意してください。

暑さや湿度に対応できる薄手で通気性の良い素材の服を選びましょう。綿や麻などの天然素材がおすすめです。

長袖や長ズボンなどで肌を覆う服を持っていきましょう。日差しが強く日焼けしやすいだけでなく、蚊などの虫刺されや冷房の効きすぎなどから肌を守るためです。

寺院や宮殿などの観光スポットでは、肩やひざを隠す服装がマナーです。タンクトップやショートパンツなどは避けましょう。また、靴を脱ぐ場所も多いので、脱ぎ履きしやすいサンダルやスリッポンなどが便利です。

雨季には雨具も必要です。傘だけでなく、レインコートやポンチョなどもあると安心です。また、濡れても乾きやすい素材の服や靴も持っていきましょう。

日用品

ベトナム旅行に持っていく日用品としては、以下のものが必要です。

変換プラグや変圧器

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ベトナムでは日本と違って電圧が220Vでコンセントの形も異なります。日本製の電化製品を使う場合は、変換プラグや変圧器が必要です。特にドライヤーやカーラーなどの高出力のものは注意してください。

日焼け止めや虫除けスプレー

日差しが強く、蚊などの虫も多いベトナムでは、日焼け止めや虫除けスプレーが必需品です。日焼け止めはSPF50以上のものを選びましょう。虫除けスプレーはDEETという成分が入っているものが効果的です。

消毒液や絆創膏

ベトナムでは衛生状態が日本と比べて劣る場所もあります。傷や切り傷などに感染するリスクを減らすために、消毒液や絆創膏を持っていきましょう。

下痢止めや整腸剤

ベトナムの食事は美味しいですが、日本人にとっては馴染みのない食材や調理法もあります。また、水道水は飲めません。胃腸の調子を崩しやすいので、下痢止めや整腸剤を持っていきましょう。

マスクやティッシュ

ベトナムでは大都市の空気汚染が深刻です。また、交通量も多く、排気ガスやほこりにさらされます。呼吸器の健康を守るために、マスクを持っていきましょう。ティッシュはトイレットペーパーがない場所もあるので、常に携帯しておきましょう。

スポンサーリンク

ベトナム旅行の持ち物【女性編】まとめ

ベトナム旅行に持っていくものは、気候や文化に合わせて選ぶ必要があります。

服装は暑さや湿度に対応できるもので、肌の露出を控えるものを選びましょう。

日用品は電圧やコンセントの形に注意して変換プラグや変圧器を持っていきましょう。

また、日焼け止めや虫除けスプレーなどで肌を守りましょう。消毒液や下痢止めなどで体調管理も忘れずにしましょう。マスクやティッシュも必要です。ベトナム旅行を楽しく快適に過ごすために、持ち物はしっかり準備しておきましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました