トルコ旅行は危険?注意点解説

トルコ 旅行
Trudi90 / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、トルコ旅行時の注意点についてです。

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • トルコ旅行時の注意点を知りたい!

 

早速解説します!

トルコの危険度は?

トルコの危険度は、「外務省海外安全ホームページ」にて確認できます。

2019年5月時点だと、大部分は危険度はレベル0ですが、一部、レベル1~4の地域があるので、注意が必要です。

一部、治安の良くない地域があるということですね。注意が必要です。

 

参考サイト:危険・スポット・広域情報 トルコ

 

トルコ旅行時の注意点

トルコ旅行時の注意点を記載します。2014年に行ったトルコでの思い出です。

 

トルコ旅行注意点:オーダーしたメニューが違う場合が結構あった

僕の発音の問題かもしれませんが、注文したオーダーと異なる物が出てくることが結構ありました。

トルコのバーガーキングで食べることが多かったのですが、メニューをよく間違えられました(笑)

ちなみに、トルコのバーガーキングに「トリプルワッパー」という食べ物がありました。日本のバーガーキングには、「ダブルワッパー」までしかありませんので、驚きました。

ちなみに、「トリプルワッパー」のセットのカロリーは、調べてみると、2000キロでした。

 

トルコ旅行注意点:トルコアイスは意外と伸びないかも!?

僕の食べたトルコアイスはあんまり伸びてくれませんでした。

伸びるトルコアイス屋さんを事前に調べておくとイメージ通りとなると思います。

 

トルコ旅行注意点:時刻通りに電車が来ないことがあった

日本以外だと、多くの国がそうかもしれません。トルコで、電車(?)の電光掲示板の待ち時間が、増えた時はビックリしました。

線路の中で何があったんだって思いました(笑)

一度、もう電車は行っちゃったかと思って、ホームを降りたら、その後、遅れていた電車が来て、乗れなかったこともありました!(笑)騙されました(;^ω^)

 

トルコ旅行注意点:産毛を火のついた棒で焼く散髪屋があった

トルコの散髪屋で、産毛を火のついた棒で焼かれて、焦げ臭くなりました。

トルコ旅行注意点:時刻を守らない人がいた

トルコでは、時刻を守る人はほぼ居なかった気がします。職場、プライベートどちらも、待ち合わせした時間を過ぎてから集まり出す感じでした。

郷に入れば郷に従えだと思うので、日本の、5分前行動というような常識は通用しないと考えておくと良いかもしれません。

 

トルコ旅行注意点:コーランは早朝に始まります!

コーラン自体を否定するわけでは全くありません。

ただ、4時?とか5時からコーランが鳴って、強制的に目が覚めることが多かったです。

スピーカーが近い部屋なんかは要注意かもしれません。

 

トルコ旅行注意点:中東音楽が流れまくる

トルコでは、中東音楽が流れまくっていて、ちょっとしんどくなって、木村カエラのバリバリのテクノ曲、「so I」を聴いていました。

好きな音楽がある方は、音楽を持って行くと良いかと思います。

 

トルコ旅行注意点:深夜にはビールを買えないので注意(場所による!?)

深夜にビールは買ってはいけないと、お店の人が言ってくれました。

ガイドブックには書いていませんでした。

 

僕が食べていた食べ物

どんぐりの煮物、ラム肉のハンバーグ、すっぱい飲むヨーグルト、生玉ねぎの辛いサラダを食べていました。なかなか強烈でした。

 

ちなみに、トルコはイスラム教の方が多いので、ラマダンをしている時期があります。

 

トルコ旅行注意点:中国人と間違えられる可能性があるので、注意

中国とアメリカが嫌いな人が多かったです。

中国人と間違えられて殴られそうになったのですが、仲良くなったトルコの友人が「こいつは日本人だよ!」と言って、止めてくれました!(笑)

 

日本人が持っている日本製の物は大人気

トルコ人は、日本人が大好き!です。電車で飴をもらったり、紅茶を奢ってもらったりもしました!

 

僕が持っていた、炊飯器を買い取りたいと言った人がいました!

SONYのスマートフォンを売ってくれと言われました。ゼブラの多機能ペン、クリップオンマルチをかっこいいと言ってくれました。
新しい服を着ていくと、金あるなみたいな顔をされました。

日産の車に乗っている人が、日産最高!と言っていました。日本ではどのメーカーがいいんだ?と聞いてきました。

日本のコインを欲しがったやつがいました。5円玉をあげれば良かったです。

 

トルコ旅行注意点:Wi-Fiは、場所によっては速度が遅い場合もあるので注意

日本が爆速すぎるのかもしれません。日本と同じように使えると思っていて、痛い目を見ることがありました。

ご注意下さい。

 

トルコ旅行注意点:ガイドブックの誤記に注意

ガイドブックの誤記に注意が必要です。

電車は一部、地球の歩き方に路線自体が載っていない部分があったので、公式サイトから路線図をダウンロードしました。

 

その他の注意点

・腕にチェゲバラの入れ墨をした男に自慢されました。怖い人が寄って来たと思ったのですが、普通に良い人でした。

 

・サウジアラビアの会社の待遇がとてもよかったです。

・グーグルは問題なく使う事ができた(私の場合 ちょっと前は使えなかったと聞いた)

 

・タスティというトルコの遊び道具を買ってもらった。ペン回しのようにみんなくるくると回せていたが、僕はそれができなかった。難しかった。買ってもらった人に、「タスティを忘れないでね」と言われた事が印象的でした。

 

・トルコの公園の遊具が筋トレグッズでした。軍事と関係があるのかもしれません。

・父親が魚釣り好き。若い兄ちゃんが店をやっていた。エーゲ海では魚が釣れませんでした。

 

・トルコ語の「インシャラー」=多分という意味でガイドブックに載っていましたが、ニュアンスが違うことが後に分かりました。間違った言葉を使わないように注意しましょう。

 

・パンがめちゃくちゃうまかったです。スーパーで買ったパンもうまかった印象がありました。トルコは世界一パンがうまい?ようです。すぐにカビてしまったこともあったが、悪い物が入っていないのかもしれません。

 

・トルコには、「しまむらより安い~」という日本語達者な店員が居ました。ついつい買い物したくなるので、買い過ぎには注意しましょう。

 

・トルコには、ガラタサライが好きな人が多かったです。ガラタサライの偽物のTシャツも結構売られていました。僕もガラタサライのTシャツを買いました(偽物!?)

 

トルコ旅行注意点:日本食が恋しくなるかもしれないので、注意

豚肉が無性に食べたくなりました。さらに、日本食が恋しくなりました。

トルコのパムッカレで、日本人がやっている親子丼を食べました。

長期滞在される方は、日本食の準備を忘れないようにすると良いかと思います。

 

永谷園のお茶漬けをうまいと言ってくれた(成分表をトルコ語に翻訳して事前に見せた)

 

トルコの見どころ

トルコの見どころをご紹介します。

 

聖母マリアの家

聖母マリアの家へ訪れることができました。

 

ハマム(トルコの風呂)

ハマム(トルコの風呂)は最高でした。おすすめです!

 

パムッカレ

トルコの有名な観光地、パムッカレへ行きました。
スカイダイビングのあとの、写真代が異様に高かったこと。すぐ消すぞと言われた。パムッカレは世界遺産なので、傷まないように、裸足で行かなければならなかったです。

 

滞在したホテルについて

滞在したホテルは風呂場の水漏れが酷かった。
停電がしょっちゅう起きました。

朝食の食堂の開く時間は気まぐれで、日によってまちまちでした!(笑)

 

蚊に注意

トルコにも蚊がいます。蚊がよく入ってきて刺されまくりました。蚊対策は必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました