PR

ロサンゼルスの旅行プラン

ロサンゼルスの旅行プラン 旅行
スポンサーリンク

ロサンゼルスはアメリカの西海岸にある大都市で、多様な文化や観光スポットがあります。

どこに行くか、何をするか、どれくらいの予算が必要か、などを考えると、頭が痛くなりそうです。

そこで、この記事では、ロサンゼルス旅行のプランニングに役立つ情報をお伝えします。

スポンサーリンク

ロサンゼルスの旅行プラン

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

ロサンゼルスに行くには、日本からの直行便が便利

飛行機

まず、ロサンゼルスに行くにはどうすればいいのでしょうか?

ロサンゼルスに行くには、日本から直行便が出ている成田空港や関西空港から飛ぶのが便利です。

所要時間は約10時間で、時差は日本より17時間遅れです。

航空券の値段は季節や曜日によって変わりますが、往復で約10万円から15万円くらいが相場です。

早めに予約すると安くなることもありますし、LCCやマイレージを利用するともっとお得になるかもしれません。

ただし、LCCは荷物や食事などが有料だったり、乗り継ぎが必要だったりするので注意が必要です。

ロサンゼルスに着いてからの移動方法

ロサンゼルスに着いたら、空港から市内へ移動する方法はいくつかあります。

タクシーやUberなどの配車サービスを利用すると便利ですが、高くつくこともあります。バスや電車を使うと安く済みますが、乗り換えや所要時間が多くなることもあります。

レンタカーを借りると自由に移動できますが、運転免許や保険などの手続きが必要ですし、駐車場代やガソリン代などの費用もかかります。

自分の予算や目的に合わせて選ぶといいでしょう。

ロサンゼルスには様々な宿泊施設がある

ロサンゼルスには様々な宿泊施設があります。

ホテルやモーテルは一般的ですが、価格や立地やサービスに幅があります。

ホテルは高級なものからシンプルなものまでありますが、一泊あたり1万円から3万円くらいが相場です。

モーテルは道路沿いにある安価な宿泊施設で、一泊あたり5千円から1万円くらいです。

しかし、モーテルは治安や清潔さに問題があることも多いので注意が必要です。

エアビーアンドビー(Airbnb)やホステルなどのシェア型の宿泊施設もあります。

これらは個人の部屋や家を借りたり、他の旅行者と共有したりすることができます。

一泊あたり3千円から1万円くらいですが、宿泊条件や利用規約によって変わります。

自分の好みや予算に合わせて選ぶといいでしょう。

ロサンゼルスの見どころ

ロサンゼルスには見どころがたくさんあります。

有名な観光スポットとしては、ハリウッドやビバリーヒルズ、ユニバーサルスタジオやディズニーランド、サンタモニカやベニスビーチなどがあります。

これらはロサンゼルスの代表的な魅力を感じることができますが、混雑や交通渋滞に巻き込まれる可能性も高いです。

もっと落ち着いてロサンゼルスを楽しみたいなら、グリフィス天文台やゲティ美術館、ロデオドライブやメルローズアベニューなどがおすすめです。

これらはロサンゼルスの自然や文化やショッピングを楽しむことができます。

また、ロサンゼルスから少し離れたところには、グランドキャニオンやラスベガス、サンフランシスコなどの観光地もあります。時間と予算が許せば、ぜひ訪れてみてください。

ロサンゼルスの有名な食べ物

ロサンゼルスの有名な食べ物といえば、どんなものを思い浮かべますか?

ハリウッドやディズニーランドのような観光名所が多いこの街には、さまざまな国や文化の影響を受けた料理があります。今回は、ロサンゼルスでぜひ味わってほしい食べ物を紹介します。

まずは、ロサンゼルスの代表的な食べ物として知られる「イン・アウト・バーガー」です。

このファストフードチェーンは、1948年にカリフォルニアで創業し、現在では西海岸を中心に展開しています。シンプルなメニューと新鮮な材料、そして秘密のソースが特徴のハンバーガーは、多くの人に愛されています。

注文するときには、「アニマルスタイル」や「プロテインスタイル」などのシークレットメニューにも挑戦してみてください。

次に、ロサンゼルスの食文化に欠かせない「メキシカンフード」です。

ロサンゼルスは、メキシコとの国境に近く、メキシコからの移民も多いため、メキシカンフードの店がたくさんあります。

トルティーヤに肉や野菜、チーズなどを包んだ「ブリトー」や「タコス」、揚げたトルティーヤに具材を乗せた「トスターダ」や「ナチョス」など、手軽に食べられるメキシカンフードは、ロサンゼルスの人々の日常的な食事です。

辛さや味付けは店によって異なるので、自分好みのものを見つけてみましょう。

最後に、ロサンゼルスで人気のある「ヘルシーフード」です。

ロサンゼルスは、健康や美容に気を使う人が多い街です。

そのため、オーガニックやベジタリアン、グルテンフリーなどのヘルシーフードの店が多くあります。

野菜や果物をたっぷり使った「サラダ」や「スムージー」、豆腐やナッツなどの植物性タンパク質を使った「ベジバーガー」や「ベジラップ」など、ヘルシーフードは栄養バランスも良くて美味しいです。

ロサンゼルスでは、自分の体と環境に優しい食べ物を選ぶことができます。

以上がロサンゼルスの有名な食べ物です。

ロサンゼルスは、多様な料理が楽しめる街です。旅行や出張で訪れる機会があれば、ぜひこの街の味を堪能してください。

ロサンゼルス旅行のプラン

ロサンゼルス旅行のプランは、自分の興味や目的に合わせて作るのが一番です。しかし、一般的には、以下のようなプランが参考になるかもしれません。

1日目:成田空港(または関西空港)からロサンゼルス国際空港へ。空港から市内へ移動し、宿泊施設にチェックイン。時差ボケを防ぐために、軽く散歩や食事をして早めに就寝。

2日目:ハリウッドやビバリーヒルズを観光。映画やセレブの世界に触れる。ユニバーサルスタジオで映画の撮影現場やアトラクションを楽しむ。

3日目:ディズニーランドでディズニーの魔法にかかる。パレードやショー、キャラクターと写真を撮る。夜はディズニーの花火を見る。

4日目:サンタモニカやベニスビーチで海岸沿いの雰囲気を味わう。サーフィンや自転車、ショッピングなどを楽しむ。夕方は夕日を見る。

5日目:グリフィス天文台でロサンゼルスの景色を眺める。ゲティ美術館で美術品を鑑賞する。ロデオドライブやメルローズアベニューでショッピングをする。

6日目:空港へ移動し、ロサンゼルス国際空港から成田空港(または関西空港)へ。

ロサンゼルス観光のモデルコース

ロサンゼルスはアメリカの西海岸にある大都市で、ハリウッドやディズニーランドなどの有名な観光スポットがたくさんあります。しかし、ロサンゼルスは広いので、移動に時間がかかることや、治安の悪い地域もあることを知っておく必要があります。そこで、この記事では、ロサンゼルス観光のモデルコースを紹介します。もちろん、自分の興味や予算に合わせてアレコレ変更しても構いません。それでは、早速見ていきましょう。

ハリウッドとビバリーヒルズ

ロサンゼルス観光の定番といえば、やはりハリウッドです。ハリウッドは映画や芸能のメッカで、有名な映画館やスタジオ、セレブの邸宅などがあります。まずは、ハリウッド・ブルバードにあるグローマンズ・チャイニーズ・シアターとハリウッド・ウォーク・オブ・フェームを見て回りましょう。

グローマンズ・チャイニーズ・シアターは、1927年に建てられた中国風の建物で、手形や足形が残されたセメント板が有名です。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームは、映画や音楽などの分野で活躍した人物の名前が星型のプレートに刻まれた歩道です。約2600個の星が並んでおり、自分の好きなスターの星を探すのも楽しいです。

次に、ハリウッド・シグンを見に行きましょう。ハリウッド・シグンは、1923年に建てられた巨大な白い文字で、ロサンゼルスの象徴的なランドマークです。近くまで行くことはできませんが、ビューポイントから写真を撮ることができます。

ビューポイントはいくつかありますが、おすすめはグリフィス天文台です。グリフィス天文台は、1935年に開館した科学博物館で、展示やプラネタリウムも楽しめます。天文台からは、ハリウッド・シグンだけでなく、ロサンゼルス市街や太平洋も一望できます。

午後は、ビバリーヒルズに移動しましょう。ビバリーヒルズは、セレブや富豪が住む高級住宅街で、ショッピングや食事も楽しめます。ビバリーヒルズの中心地はロデオ・ドライブという通りで、世界的なブランド店や高級ホテルが立ち並んでいます。

ウィンドウショッピングをしたり、セレブを見かけるかもしれません。ロデオ・ドライブの近くには、ビバリーヒルズ市役所やビバリーヒルズ警察署などの歴史的な建物もあります。また、ビバリーヒルズには、セレブの邸宅を見ることができるツアーもあります。興味があれば、参加してみてもいいでしょう。

ディズニーランドとユニバーサル・スタジオ

ロサンゼルス観光のもう一つの定番は、ディズニーランドとユニバーサル・スタジオです。これらのテーマパークは、ロサンゼルス市内から少し離れていますが、シャトルバスや電車で簡単に行くことができます。ディズニーランドとユニバーサル・スタジオは、それぞれ1日で回ることができますが、時間に余裕があれば、2日かけて楽しむのもおすすめです。

ディズニーランドは、1955年に開園した世界初のディズニーパークで、夢と魔法の世界が広がっています。ディズニーランドには、8つのテーマランドがあります。メインストリートUSAでは、アメリカの小さな町の風景を楽しめます。アドベンチャーランドでは、ジャングルや砂漠などの冒険を体験できます。ニューオーリンズ・スクエアでは、ジャズやマルディグラの雰囲気を味わえます。フロンティアランドでは、西部開拓時代のロマンを感じられます。

ファンタジーランドでは、ディズニーの名作映画に登場するキャラクターや物語に出会えます。トゥーンタウンでは、ミッキーやミニーなどの仲間たちと遊べます。トゥモローランドでは、未来や宇宙の冒険を楽しめます。クリッターカントリーでは、森や川の自然を満喫できます。ディズニーランドでは、さまざまなアトラクションやショー、パレードなどが楽しめます。また、ディズニーランドに隣接しているカリフォルニア・アドベンチャーでは、カリフォルニア州の魅力をテーマにしたアトラクションやエンターテイメントが楽しめます。

ユニバーサル・スタジオは、1964年に開園した映画製作会社のテーマパークで、映画やテレビの世界に入り込めます。ユニバーサル・スタジオには、9つのテーマエリアがあります。フロント・ロットでは、映画館やショップがあります。アッパー・ロットでは、「シュレック」「ザ・シンプソンズ」「ハリー・ポッター」などの人気作品に関連したアトラクションやショーがあります。

ユニバーサル・スタジオで映画の世界を満喫した後は、ロサンゼルスのダウンタウンに向かいましょう。ダウンタウンは、ロサンゼルスの中心部で、ビジネスや文化、芸術などが集まるエリアです。ダウンタウンには、多くの見どころがありますが、ここでは3つのスポットを紹介します。

まずは、グランド・セントラル・マーケットです。グランド・セントラル・マーケットは、1917年に開業した歴史ある市場で、約40の飲食店や雑貨店があります。世界各国の料理や食材を楽しめるほか、レトロな雰囲気も魅力的です。

グランド・セントラル・マーケットから歩いてすぐのところにあるのが、ブロード美術館です。ブロード美術館は、2015年にオープンした現代美術館で、エリ・ブロード氏とエディス・ブロード夫妻が収集した約2000点の作品を展示しています。アンディ・ウォーホルやジェフ・クーンズなどの有名なアーティストの作品を見ることができます。ブロード美術館は入場無料ですが、事前にオンラインで予約することをおすすめします。

最後に、ダウンタウンのシンボルとも言えるウォルト・ディズニー・コンサートホールに行きましょう。ウォルト・ディズニー・コンサートホールは、2003年に完成したコンサートホールで、フランク・ゲーリー氏が設計した独特な形状が目を引きます。

コンサートホールでは、ロサンゼルス・フィルハーモニックやその他のオーケストラやアーティストの演奏を聴くことができます。チケットは早めに購入することをおすすめしますが、空席があれば当日でも購入可能です。

コンサートホールの外観だけでも見る価値がありますが、内部も見学することができます。無料のオーディオツアーが用意されているので、詳しく説明を聞きながら回ることができます。

ダウンタウンでは、他にもオリーブ通りやパーシング広場などの歴史的な建物や広場を見たり、リトル東京やチャイナタウンなどのエスニックなエリアを散策したりすることもできます。ロサンゼルスは多様性に富んだ街なので、色々な顔を見せてくれます。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

スポンサーリンク

ロサンゼルスの旅行プランまとめ

以上が、ロサンゼルス旅行プランの一例です。

もちろん、これはあくまで一例であり、自分の好きなようにアレンジしてください。

ロサンゼルスは多彩な魅力がある街です。ぜひ、自分だけの旅行プランを作って、楽しい思い出を作ってください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行観光地
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました