PR

韓国旅行には変換プラグは必要

韓国旅行には変換プラグは必要 旅行
スポンサーリンク

今回は韓国旅行に行くときに必要な変換プラグについてお話しします。

韓国は日本と異なり220Vの電圧です。さらに、コンセントの形も違います。

そのため、日本の電化製品を使うには変換プラグが必要になります。

では、どんな変換プラグが必要なのでしょうか?そして、どこで買えるのでしょうか?

この記事では、韓国旅行に役立つ変換プラグの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

韓国旅行には変換プラグは必要

韓国の街並み

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

韓国のコンセントの種類

韓国のコンセントは、主にタイプCとタイプSEの2種類があります。タイプSEは、韓国、フランス、ドイツなどで用いられている形状です。

日本のコンセントはタイプAと呼ばれ、平行な2ピンのコンセントです。

このため、日本のコンセントを韓国のコンセントに差し込むことはできません。

変換プラグの種類と選び方

サンワサプライ(Sanwa Supply)
¥2,046 (2024/04/08 23:57時点 | Amazon調べ)

変換プラグは、日本のコンセントを韓国のコンセントに変換するためのアダプターです。

変換プラグにもいくつか種類がありますが、基本的にはタイプAからタイプCまたはタイプSEに変換するものが必要です。ただし、注意点があります。

それは、変換プラグは電圧を変える機能はないということです。

つまり、日本と同じ100V以外の電圧を使う電化製品は変換プラグだけでは使えません。

例えば、日本で買ったドライヤーやカメラの充電器などは100V専用ですが、韓国では220Vのコンセントが使われています。

この場合、変換プラグだけではなく、変圧器も必要になります。変圧器は重くてかさばるので、持ち運びに不便です。

そこで、おすすめなのが、100V~240Vまで対応している電化製品を持っていくことです。これらの電化製品は変圧器なしで使えるので、変換プラグだけあれば大丈夫です。

電化製品によっては電圧対応範囲が記載されているものもありますが、確実に知る方法は製品や充電器に書かれている入力電圧(INPUT)を見ることです。

100V~240Vと書かれていれば問題ありません。

変換プラグの購入方法

変換プラグは、日本でも韓国でも購入することができます。

日本では家電量販店や旅行用品店、ネット通販などで販売されています。価格は500円~2000円程度です。

韓国では空港やコンビニ、電気店などで販売されています。

しかし、現地で購入するのはどこに売っているかを探すだけで時間を取られるのでオススメしません。

韓国で購入する場合、価格は3000ウォン~10000ウォン程度です。

韓国で購入する場合は、日本のコンセントに対応しているかどうか確認する必要があります。

韓国から他の国に旅行する人向けの変換プラグもありますが、これらは日本のコンセントには使えません。

日本のコンセントに対応している変換プラグは、パッケージに「日本」と書かれているものや、タイプAのコンセントが描かれているものを選びましょう。

スポンサーリンク

韓国旅行に変圧器はいる?

韓国旅行に行くときに必要なものの一つが変圧器です。

変圧器とは、電圧や周波数を変換する装置のことで、日本と韓国では電気の仕様が異なるため、持っていく必要があります。

ここでは、韓国旅行に変圧器を持っていく理由と、どんな種類の変圧器があるか、どこで買えるかなどについて紹介します。

韓国旅行に変圧器が必要な場合

日本と韓国では、電圧や周波数が異なります。

日本では、電圧は100Vで周波数は50Hzまたは60Hzですが、韓国では電圧は220Vで周波数は60Hzです。

この差が大きいと、日本で使っている電化製品が韓国で使えなかったり、故障したりする可能性があります。

特に、ヘアドライヤーやカーラーなどの発熱するものや、パソコンやスマホなどのデジタル機器は注意が必要です。

そこで、変圧器を使って電圧や周波数を合わせることで、日本の電化製品を安全に使うことができます。

変圧器の種類と選び方

変圧器には大きく分けて2種類あります。

一つはダウントランスと呼ばれるもので、高い電圧を低い電圧に下げるものです。

韓国から日本に持って帰った電化製品を日本で使う場合に必要です。もう一つはアップトランスと呼ばれるもので、低い電圧を高い電圧に上げるものです。

日本から韓国に持って行った電化製品を韓国で使う場合に必要です。変圧器を選ぶときは、以下の点に注意しましょう。

  • 電化製品の消費電力(W)や定格入力(V)を確認する
  • 変圧器の容量(W)や入出力(V)を確認する
  • 電化製品の消費電力(W)が変圧器の容量(W)より小さくなるようにする
  • 電化製品の定格入力(V)と変圧器の入出力(V)が一致するようにする

変圧器の購入方法

変圧器は、家電量販店やネット通販などで購入することができます。

価格は、容量や機能によって異なりますが、一般的には3000円から10000円程度です。

また、韓国でも空港やコンビニなどでレンタルすることも可能です。

レンタル料金は、1日あたり100円から300円程度です。ただし、在庫や種類に限りがある場合もあるので、事前に予約することをおすすめします。

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

韓国旅行には変換プラグは必要!まとめ

韓国旅行には変換プラグが必要です。

韓国のコンセントはタイプCとタイプSEがあり、日本のコンセントとは互換性がありません。変換プラグはタイプAからタイプCまたはタイプSEに変換するものを選びましょう。

また、電圧にも注意が必要です。

100V以外の電圧を使う電化製品は変圧器も必要ですが、100V~240Vに対応している電化製品なら変換プラグだけで使えます。

変換プラグは日本でも韓国でも購入できますが、韓国で購入する場合は日本のコンセントに対応しているか確認しましょう。

以上、韓国旅行に役立つ変換プラグの情報でした。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行韓国旅行
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました