タワーマンションのメリットとデメリット

タワーマンションライフハック
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

※写真はイメージです。

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、タワーマンションのメリットとデメリット、についてです。

僕はシンガポールのコンドミニアムに2か月間住んでいたことがあります。その時は中層階に住んでいました。なので、一応タワーマンション経験はあります(現在は住んでいません(^^; )。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • タワーマンションのメリットとデメリットを知りたい!

早速解説致します。

スポンサーリンク

タワーマンションのデメリット

まず、タワーマンションのデメリットをご紹介します。

タワーマンションのデメリット: 高層階だと昇降に時間がかかる

タワーマンションのデメリットとして、高層階だと昇降に時間がかかる点が挙げられます。

例えば、1階に降りた後、忘れ物をしたことに気づいてた場合、高層階に住んでいると、戻るのも一苦労です。

日常の生活時だけでなく、万が一救急車が必要な場合でも同様です。なかなか救急隊の人が上がってきてくれない、そしてなかなか降りれないというリスクがあることも頭に入れておくと良いでしょう。

タワーマンションのデメリット: 地震の際は、エレベーターが使用停止となり、階段のみとなる場合もある

地震の影響で使用停止となり、メンテナンスに入った時、昇降手段は階段しかないとされているのが、タワーマンションのデメリットと言えます。

※ちなみに、地震直後は、エレベーターは非常用バッテリーにより、最寄りの階に止まる設計になっています(古いタワーマンションの場合は例外あり)。

食料や水を上階まで届けるのはかなり大変だと想像が付きます。

僕の経験では、30階の建物から降りるのは15分かかりました(会社の建物なので、若干昇降時間に差はあるかもしれません)。

降りるだけでもわりと大変で、足が疲れました(30歳くらいの時に経験)。食料を持って上るのはかなり大変なような気がします。

タワーマンションのデメリット: 停電時は大変

停電の際、エレベーターは非常用バッテリーで稼働しますが、それが尽きるとエレベーターは使用停止となります。

また、ポンプで水を汲み上げるタイプのマンションの場合、停電時はポンプも止まります(非常電源がない場合)。

つまり、階段を使用し、昇降したり、水を運搬したりする必要が出てくるので、かなりの負担となり、とてもきついことが予想できます。

タワーマンションのデメリット: 修繕費が高い傾向がある

ケースバイケースなので、一概には言えませんが、タワーマンションの修繕積立金は、他の条件のマンションと比較して高めである傾向があるとされています。

高層マンションは、低層マンション以上のコストが必要であると言われたりもします。

その理由は、他のマンションと比較して、タワーションの共用設備は多いためです。例えば、防災設備やエレベーターの本数などが多いという理由があります。

また、外壁修繕の際も、通常のマンションと比べて工事がしづらい点や工期が長くなりがちな点から、タワーマンションの修繕積立金は高めであると言われています。

タワーマンションのデメリット: 管理組合の意思統一が難しい

タワーマンションのデメリットとして、管理組合の意思統一が難しい点があるようです。一つの事を決める際にも時間がかかると言われています。

多くの人が住んでいると、価値観、経済状況、人生観、財産としての捉え方等が人によって異なり、様々な意見が出るでしょうから、物事を決めるのに時間がかかるということなのかもしれません。

タワーマンションのメリット

続いて、タワーマンションのメリットをご紹介します。

タワーマンションのメリット: 眺めが良い

タワーマンションのメリットとして、高層階からの眺めの良さが挙げられます。近くに別のタワーマンションがない場合、プライバシーを気にすることなく、一日中景色を眺めることができます。夜景が綺麗な場合は、気持ちも高まって良いでしょう。

僕がシンガポールのコンドミニアムに住んでいた時はどうだったかと言うと、それほど良いものではありませんでした。ただ、地上を見下ろすことができ、「高っ!」と思った記憶はあります。タワーマンションごと、あるいは部屋ごとに眺めは違うでしょうから、事前にしっかり確認が必要となるでしょう。

タワーマンションのメリット: 害虫の被害が軽減する

ある程度の高層階となると、蚊やハエ、ゴキブリ等の害虫の侵入が軽減できます。

僕は5階に住んでいたこともありますが、その時は蚊やハエやゴキブリはほとんど見ませんでした(地域によって異なるため、参考になるかは分かりませんが)。

ちなみに、蚊はエレベーターに乗って上がってくることもあるようなので、高層階には絶対いないわけではないようです。

最後に

今回は、タワーマンションのメリットとデメリット、についてお送りしました。タワーマンションにはメリット、デメリットの両方が存在するので、しっかりとご検討下さい。

マンションに関する本は色々と発売されていますので、まずはそれを確認してみるのも良いでしょう。

マンションは大きな出費となるため、本代のみで知識を得ることができれば、大きな損失回避にも繋がります。

この記事がご参考になれば幸いです。

関連記事:ミニマリストの物件の選び方

タイトルとURLをコピーしました