ThinkPadの歴史は?違いは?評判は?おすすめは?

シンクパッド E460 ライフハック

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、ThinkPad E470とE460の違いについてお送りします!

 

ThinkPad E470が発売されました!

私が今持っているパソコンはE460なのですが、E470はその後継機だそうです。

E460とE470では一部変更箇所があるものの、大きな変更点はないようです。

 

ThinkPadの歴史

ThinkPad(シンクパッド)は、1992 年に初代モデルがIBMから発売されたパソコンです。

ThinkPadの象徴である、TrackPoint(トラックポイント)を世界で初めて搭載したマシンはThinkPad 700Cで、このモデルが1992 年に発売されました。

現在は、Lenovoが販売をしているパソコンです。

 

 

そもそもThinkPadはキーボードの作りが良いと言われています。

文章を書いたりするのにも適していると言えます。

この写真の撮影者:原文パパ ©Papa Genbun

 

若干丸みが付いているキーボードが特徴的です。

それと、ThinkPadはビックカメラ有楽町店のような大きなお店では販売していますが、一般のお店には売っていません。

基本的に受注生産の形を取っているためです。

そのためもあってか、普通のパソコンよりも安く購入することができるようです。

ThinkPadは自分で好きな仕様にカスタマイズできるので、カスタマイズ後の物を一般的な同性能のパソコンと価格差を比べてみるのも良いかもしれません。

ThinkPadはビジネスマンにおススメなので、まだ使った事ない方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ThinkPad E470は180°開閉が可能

 

小さな変更箇所の中で、一番いいなと思ったのはE470は180°開閉が可能なのです!

IBM時代のThinkPadっていう感じがしていいなって思いました!

この写真の撮影者:原文パパ ©Papa Genbun

 

ちなみに、E460は残念ながら180°開閉はできません……

E460とE470では、ヒンジの構造が違うようです!

 

僕の使い方ではあまり使用するケースは無いかもしれませんが、精神衛生上もなんか180度開閉に憧れを抱いています。

 

E470はヒンジも含めて、全身黒

 

僕の持っている、ThinkPad E460のヒンジの色は、銀色です。

個人的には、銀色ではなく黒だったらもっとカッコいいのになぁって思っています。たまにヒンジが目に入るからです(;^ω^)

E470は全身黒のようなので、その点も良いなって思います!

 

僕はまだまだThinkPad E460を使い続ける予定ですが、新しいモデルが出る度に、どう変更したかが気になるタイプです。今後も新製品が出る度に、細かくチェックしていこうと思います。

 

今回のレポートは以上となります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました