PR

ザ・クラッシュのおすすめアルバム6選

音楽
スポンサーリンク

ザ・クラッシュは1970年代から1980年代にかけて活躍したイギリスのパンク・ロックバンドです。

ザ・クラッシュはパンクの枠にとらわれず、レゲエやファンク、ヒップホップなど様々な音楽要素を取り入れ、社会的なメッセージを込めた歌詞で世界中のファンを魅了しました。

ザ・クラッシュのアルバムはどれも素晴らしいですが、今回はその中から6枚をおすすめします。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

Amazon-Music-Unlimited無料体験

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /
スポンサーリンク

ザ・クラッシュのおすすめアルバム6選

ザ・クラッシュのおすすめアルバム6選をご紹介します。

ちなみに、『ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版』では、3枚もランクインしています。

The Clash (1977)

ソニーミュージックエンタテインメント
¥1,539 (2024/02/02 14:44時点 | Amazon調べ)

ザ・クラッシュのデビュー・アルバムです。パンクの原点とも言えるこの作品は、疾走感あふれる曲と反抗的な歌詞でパンクムーブメントを牽引しました。

ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版』では、102位にランクインしているので、歴史的名盤の一つとも言えます。

代表曲「ロンドンズ・バーニング」や「ホワイト・ライオット」などが収録されています。

Give ‘Em Enough Rope (1978)

Epic
¥1,176 (2024/02/02 14:44時点 | Amazon調べ)

ザ・クラッシュのセカンド・アルバムです。

前作よりも洗練されたサウンドとメロディーで、アメリカ市場にも進出しました。反戦や人種差別などのテーマを扱った曲が多く、政治的な姿勢を鮮明にしました。

代表曲「イングリッシュ・シビル・ウォー」や「トミー・ガン」などが収録されています。

London Calling (1979)

Sony Music Uk
¥6,131 (2024/02/02 14:44時点 | Amazon調べ)

ザ・クラッシュの代表作とも言えるこのアルバムは、パンクだけでなく、レゲエやスカ、ロックンロールなど多彩な音楽スタイルを取り入れました。

ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版』では、16位にランクインしているので、歴史的名盤の一つとも言えます。

社会的な問題や個人的な苦悩を歌った曲が満載で、音楽的にも詩的にも傑作です。代表曲「ロンドン・コーリング」や「トレイン・イン・ベイン」などが収録されています。

Sandinista! (1980)

アーティスト:CLASH
¥5,526 (2024/01/23 14:46時点 | Amazon調べ)

ザ・クラッシュの野心的なトリプル・アルバムです。

ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版』では、323位にランクインしているので、歴史的名盤の一つとも言えます。

レゲエやダブ、ヒップホップなどの黒人音楽に加えて、カリプソやジャズ、フォークなどの世界音楽まで取り入れました。

政治的なメッセージはもちろん、恋愛や日常生活についても歌っています。

代表曲「マグニフィセント・セブン」や「ポリス・オン・マイ・バック」などが収録されています。

Combat Rock (1982)

アーティスト:CLASH
¥2,889 (2024/02/02 14:44時点 | Amazon調べ)

ザ・クラッシュの最大のヒット作となったこのアルバムは、ザ・クラッシュの商業的な成功を決定づけました。

アルバム『ロンドン・コーリング』よりも本作『コンバット・ロック』の方が、ランキングがUSチャートとUKチャートともに上です。

レゲエやダブ、ファンクなどの影響が色濃く出たサウンドであり、ヒップホップ界からも高い評価を得ました。

収録曲は「Rock The Casbah」や「Should I Stay Or Should I Go」、「Straight To Hell」などが世界的にヒットしました。

Cut The Crap (1985)

Columbia /sony
¥1,492 (2024/02/02 14:44時点 | Amazon調べ)

ザ・クラッシュの最後のアルバムです。

メンバー間の不和や音楽性の違いなどでバンドは分裂しましたが、ジョー・ストラマーとポール・シムノンの二人だけでこの作品を発表しました。

パンクに回帰したようなサウンドであり、シンセサイザーやドラムマシンなども使われています。収録曲は「This Is England」や「We Are The Clash」、「Dirty Punk」などがありますが、ファンや批評家からは不評でした。

スポンサーリンク

ザ・クラッシュのおすすめアルバム6選まとめ

以上、ザ・クラッシュのおすすめアルバム6選でした。

ザ・クラッシュはパンク・ロックの歴史に大きな足跡を残したバンドです。ザ・クラッシュの音楽は今でも多くの人々に感動や勇気を与えています。ぜひ、この機会にザ・クラッシュのアルバムを聴いてみてください。

洋楽の歴史的名盤に詳しくなりたいという方は、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』という書籍をチェックするのもおススメです。電子書籍版もあるので、かさばらず便利です。

Amazon Music Unlimited」なら、3ヶ月無料で聴き放題をお試しできるのでオススメです!

\ 3か月間、無料で音楽聞き放題できる /

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
音楽
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました