ビートルズおすすめアルバム

スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、ビートルズおすすめアルバム、についてです。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • ビートルズおすすめアルバムを知りたい!

 

ビートルズは、ローリング・ストーン誌による「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」にて、第1位に輝いている、超偉大なアーティストです。

そんなビートルズについて、おすすめアルバムを解説します。

 

早速解説致します。

スポンサーリンク

ビートルズおすすめアルバム:プリーズ・プリーズ・ミー Please Please Me

 

『プリーズ・プリーズ・ミー』は、ビートルズのファーストアルバムです。

『プリーズ・プリーズ・ミー』は、1963年3月22日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』は、『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』にて39位にランクインしているアルバムです。

また、「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」にて、第17位にランクインしているアルバムでもあります。

 

ビートルズおすすめアルバム:ウィズ・ザ・ビートルズ With The Beatles

『ウィズ・ザ・ビートルズ』は、ビートルズの2枚目のアルバムです。

『ウィズ・ザ・ビートルズ』は、1963年11月22日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』は、ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500において第420位にランクされています。

Robert Dimeryの本、『死ぬ前に聴くべき1001枚のアルバム』の中の1枚に選出されているアルバムでもあります(2003年)。

 

ビートルズおすすめアルバム:ハード・デイズ・ナイト A Hard Day’s Night

『ハード・デイズ・ナイト』は、ビートルズの3枚目のアルバムです。

『ハード・デイズ・ナイト』は、1964年7月10日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『ハード・デイズ・ナイト』は、『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では、307位にランクインしているアルバムです。

 

ビートルズおすすめアルバム:ビートルズ・フォー・セール Beatles For Sale

『ビートルズ・フォー・セール』は、ビートルズの4枚目のアルバムです。

『ビートルズ・フォー・セール』は、1964年12月4日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

 

ビートルズおすすめアルバム:ヘルプ! Help!

『ヘルプ!』は、ビートルズの5枚目のアルバムです。

『ヘルプ!』は、1965年8月6日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『ヘルプ!』は、『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では、331位にランクインしているアルバムです。

 

ビートルズおすすめアルバム:ラバー・ソウル Rubber Soul

『ラバー・ソウル』は、ビートルズの6枚目のアルバムです。

『ラバー・ソウル』は、1965年12月3日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『ラバー・ソウル』は、『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では、5位にランクインしているアルバムです(2003年)。

タイム誌の最も偉大なアルバム100の中の一つに選出されているアルバムでもあります(2006年)。

 

ビートルズおすすめアルバム:リボルバー Revolver

『リボルバー』は、ビートルズの7枚目のアルバムです。

『リボルバー』は、1966年8月5日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『リボルバー』は、『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500』にて、3位にランクされているアルバムです(Wenner Books 2005)。

 

ジャケットもオシャレ感の強いジャケットに仕上がっています。楽曲だけでなく、アルバムジャケットのデザインも光るアルバムと言えます。

 

ビートルズおすすめアルバム:サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、ビートルズの8枚目のアルバムです。

1967年6月1日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

 

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』は、「世界初のコンセプト・アルバム」と言われています。ジャケットも芸術性が高く、洒落ています。

本作は、超歴史的名盤です。

コンセプトアルバムを聴きたいという方にオススメなアルバムです。

 

ビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』のジャケットの写真には、ビートルズのメンバー一人一人が好きな賢人の顔写真が載せられています。写真の掲載許可を取るにあたり、膨大な時間とコストが掛かったそうです。

ちなみに、1967年5月11日、ビートルズのレコーディングに、ミックジャガーが見学に来たという記録が残っているらしく、その際「Baby You’re a Rich Man」のバックコーラスに参加したらしいです(なぜか、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』には収録されなかったようです)。

それが理由か、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』のジャケットに、「WELCOME THE ROLLING STONES GOOD GUYS」という文字が写っています。(皮肉にもとれますが・・・)

このことに感激したのか、ローリング・ストーンズは、アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』のジャケットの4人の顔をローリング・ストーンズのアルバム『サタニックマジェスティーズ』(アルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブバンド』のパロディーアルバム)の表紙にちりばめました!(これも皮肉かも・・・)

アナログレコードの時は3Dだったので、まったく確認することはできませんでしたが、CD初回盤はかろうじて確認ができます。

2006年発売の紙ジャケットCDでも4人は確認できますが、それ以外のCDでは、ジャケットがトリミングされたことにより、リンゴとポールは写っていません。

CD製作者はこのエピソードを知らなかったということですよね(汗)

ローリング・ストーンズからのビートルズへの感謝の表れだったようです。

しかし、一流が一流を、お互いに高め合うって、面白いなぁと思います。

 

ビートルズおすすめアルバム:マジカル・ミステリー・ツアー

『マジカル・ミステリー・ツアー』は、ビートルズの9枚目のアルバムです。

『マジカル・ミステリー・ツアー』は、1967年12月8日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:31位(UKチャート)

 

ビートルズおすすめアルバム:ザ・ビートルズ (ホワイト・アルバム) The Beatles

『ザ・ビートルズ』は、ビートルズの10枚目のアルバムです。通称、ホワイトアルバムと呼ばれています。

『ザ・ビートルズ』は、1968年11月22日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

アルバム『ザ・ビートルズ』は、世界で4番目に売れたアルバムとして、アメリカレコード協会(RIAA)に認定されているアルバムです。

 

ビートルズおすすめアルバム:イエロー・サブマリン Yellow Submarine

『イエロー・サブマリン』は、ビートルズの11枚目のアルバムです。

『イエロー・サブマリン』は、1969年1月13日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:3位

 

アルバム『イエロー・サブマリン』は、ユナイテッド・アーティスツとの「アニメ映画のサウンドトラックとして新曲を提供する」という契約上の義務から生まれた[3]。しかし、時期的にアップルの設立と重なり、充分な意欲と期間をそそぐことが出来なかったことから、A面にビートルズの楽曲6曲、B面にジョージ・マーティンが作曲した映画のサウンドトラック7曲という変則的な形式となった。

 

引用:Wikipedia

 

忙しすぎたがゆえに、歌物を収録できなかった的な話を聞いたことがあるのですが、上記の通り、Wikipediaにもその旨が書かれていました。

 

ビートルズおすすめアルバム:アビイ・ロード Abbey Road

『アビイ・ロード』は、ビートルズの12枚目のアルバムです。

『アビイ・ロード』は、1969年9月26日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

『アビイ・ロード』は、『ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』にて、14位にランクインしているアルバムです。

世界一有名な横断歩道とも言える、アビイ・ロードで撮影されています。

 

ビートルズおすすめアルバム:レット・イット・ビー Let It Be

ビートルズの13枚目のアルバムです。

1970年5月8日に発売されたアルバムです。

全英チャート最高位:1位

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』にて、392位にランクインしているアルバムです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました