PR

タイ旅行にワイファイは必要?現地で使えるインターネット環境と料金

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地のひとつです。タイに旅行するとき、インターネットにつながることは重要なことです。ホテルの予約や観光スポットの検索、SNSの更新など、インターネットを使う機会は多いでしょう。しかし、タイでインターネットにつなぐにはどうすればいいのでしょうか。ワイファイは必要なのでしょうか。現地で使えるインターネット環境と料金について、この記事では詳しく解説します。

スポンサーリンク

タイ旅行にワイファイは必要?現地で使えるインターネット環境と料金

タイでインターネットにつなぐ方法

タイでインターネットにつなぐ方法は大きく分けて三つあります。それぞれの方法の特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

ワイファイレンタル

ワイファイレンタルとは、日本からポケット型の無線LANルーターをレンタルして、現地で使う方法です。この方法のメリットは、日本から事前に手配できること、複数人で共有できること、バッテリーが長持ちすることなどです。デメリットは、レンタル料金が高いこと、荷物が増えること、紛失や故障のリスクがあることなどです。ワイファイレンタルの料金は一日あたり500円~1000円程度です。

現地SIMカード

現地SIMカードとは、タイの空港やコンビニなどで販売されているプリペイド式のSIMカードを購入して、自分のスマートフォンに差し替えて使う方法です。この方法のメリットは、料金が安いこと、通話やSMSも利用できること、自分のスマートフォンをそのまま使えることなどです。デメリットは、日本の電話番号が使えなくなること、SIMカードの差し替えが面倒なこと、スマートフォンのバッテリー消費が早くなることなどです。現地SIMカードの料金は一週間あたり300円~500円程度です。

公共のワイファイ

公共のワイファイとは、空港やホテル、カフェやレストランなどで提供されている無料または有料の無線LANサービスを利用する方法です。この方法のメリットは、追加料金がかからないこと、手間がかからないことなどです。デメリットは、利用できる場所が限られること、セキュリティが低いこと、接続速度が遅いことなどです。公共のワイファイの料金は無料または一時間あたり100円~200円程度です。

タイでインターネットにつなぐおすすめの方法

以上の三つの方法を比較した結果、タイでインターネットにつなぐおすすめの方法は現地SIMカードだと言えます。現地SIMカードは料金が安くて便利で、タイのインターネット環境にも対応しています。タイでは4Gのエリアが広く、都市部では高速で安定したインターネットにつなぐことができます。また、現地SIMカードは日本のスマートフォンにも対応しているので、特に設定や手続きをする必要はありません。ただし、現地SIMカードを使うには、自分のスマートフォンがSIMフリーであることが必要です。SIMフリーとは、どこのキャリアのSIMカードでも使えるようになっていることです。自分のスマートフォンがSIMフリーかどうかは、事前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

タイ旅行にワイファイは必要?現地で使えるインターネット環境と料金まとめ

タイ旅行にワイファイは必要?現地で使えるインターネット環境と料金について、この記事では詳しく解説しました。タイでインターネットにつなぐ方法はワイファイレンタル、現地SIMカード、公共のワイファイの三つがありますが、おすすめは現地SIMカードです。現地SIMカードは料金が安くて便利で、タイのインターネット環境にも対応しています。タイ旅行を楽しむためにも、インターネットにつなぐ方法を事前に検討しておきましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました