PR

タイ旅行はビザなしで行ける?滞在期間や国籍別の条件と注意点

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地のひとつです。タイに旅行するときには、ビザが必要かどうか気になる方も多いでしょう。

この記事では、タイ旅行にビザが必要かどうか、滞在期間や国籍別の条件と注意点について解説します。

スポンサーリンク

タイ旅行はビザなしで行ける?滞在期間や国籍別の条件と注意点

タイ旅行にビザは必要か

タイ旅行にビザが必要かどうかは、滞在期間や国籍によって異なります。一般的には、以下の場合にはビザなしでタイに入国できます。

  • 日本やASEAN加盟国などの一部の国の国籍を持つ場合
  • 30日以内の観光目的でタイに入国する場合
  • 往復航空券や出国予定日が確定していることを証明できる場合
  • パスポートの有効期限が入国日から6ヶ月以上ある場合

これらの条件を満たしていれば、空港や陸路での入国時に入国カードを記入し、パスポートにスタンプを押してもらえば、ビザなしでタイに滞在できます。

タイ旅行の滞在期間と延長方法

ビザなしでタイに入国できる場合でも、滞在期間は30日以内です。もし、30日以上タイに滞在したい場合は、以下の方法があります。

  • 事前にビザを取得する
  • タイ国内でビザ延長を申請する
  • タイから一時的に出国して再入国する

事前にビザを取得する場合は、タイ大使館や領事館で申請します。観光目的であれば、60日間の滞在が可能なシングルエントリービザ(一回限りの入国)や、180日間の滞在が可能なマルチプルエントリービザ(複数回の入国)があります。

ただし、これらのビザは有料であり、申請には時間や手間がかかります。

タイ国内でビザ延長を申請する場合は、移民局で手続きをします。

30日以内の延長が可能ですが、1900バーツ(約6500円)の手数料が必要です。また、混雑や書類の不備などで時間がかかることもあります。

タイから一時的に出国して再入国する場合は、ラオスやカンボジアなどの近隣国に渡り、再びタイに戻ってくることで、新たな30日間の滞在期間を得ることができます。

しかし、これは非常にリスクが高い方法です。移民局はこのような行為を不正とみなし、入国拒否や罰金などの処分を下すことがあります。

また、安全面やコロナ禍の影響も考慮しなければなりません。

タイ旅行の注意点

タイ旅行では、以下のような注意点があります。

タイでは王室への敬意が非常に重要です。王室に関する発言や行動には十分に気を付けましょう。

特に、王室の写真や肖像画に触れたり、踏んだりすることは厳禁です。

タイでは仏教が国教です。寺院や仏像には敬意を払いましょう。特に、肩や膝を露出した服装で寺院に入ることや、仏像に触れたり背中を向けたりすることは避けましょう。

タイでは交通事情が悪く、渋滞や事故が多発します。タクシーやトゥクトゥクなどの乗り物には注意しましょう。特に、メーターのない乗り物には乗らないようにしましょう。

また、レンタルバイクや自転車に乗る場合は、ヘルメットを着用しましょう。

タイでは食中毒や感染症のリスクが高いです。食べ物や飲み物には注意しましょう。

特に、生水や氷、生野菜や果物、露店の食べ物などは避けましょう。また、予防接種や持病の薬なども事前に準備しましょう。

タイは魅力的な国ですが、ビザや滞在期間、文化や習慣などには注意が必要です。タイ旅行を楽しく快適に過ごすためには、事前の準備と現地でのマナーを守ることが大切です。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました