PR

タイ旅行で腹痛にならないための予防と対策

スポンサーリンク

タイは美しい自然や豊かな文化、おいしい料理など魅力的な国ですが、日本とは気候や衛生環境が異なるため、腹痛や下痢などの消化器系のトラブルに悩まされる旅行者も少なくありません。

タイ旅行で腹痛にならないためには、どのような予防と対策が必要でしょうか。

この記事では、タイ旅行で腹痛にならないための予防と対策について紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行で腹痛にならないための予防と対策

予防:食べ物や飲み物に注意する

タイ旅行で腹痛になる最も一般的な原因は、食べ物や飲み物による感染です。タイでは、日本とは違って水道水が飲めませんし、街角の屋台や露店では衛生管理が不十分な場合もあります。そのため、以下の点に注意して食べ物や飲み物を選ぶことが重要です。

  • 水道水は飲まず、ボトルウォーターを常備する。氷も水道水で作られている可能性があるので避ける。
  • 生野菜や果物は洗浄されていない可能性があるので避ける。皮をむくか、自分で洗ってから食べる。
  • 肉や魚は十分に加熱されているか確認する。レアや半生は避ける。
  • 屋台や露店では、調理器具や皿が清潔かどうか見極める。料理が温かく出されているかもチェックする。
  • 辛い料理や香辛料は胃に負担をかけるので控えめにする。

対策:薬を持参する

予防に気をつけても、万が一腹痛になってしまった場合は、早めに対処することが大切です。タイでは日本とは違って、市販の薬が手に入りにくい場合もありますし、成分や効果も異なる場合があります。そのため、以下のような薬を持参することをおすすめします。

  • 整腸剤:下痢や便秘を改善する薬です。例えば、ビオフェルミンや大正漢方胃腸薬など。
  • 胃薬:胃炎や胃潰瘍を予防・治療する薬です。例えば、ガスター10やロキソニンSなど。
  • 消化酵素:消化不良を改善する薬です。例えば、パンクレアチン錠やユンケル錠など。
  • 解熱鎮痛剤:発熱や頭痛を和らげる薬です。例えば、バファリンやロキソプロフェンNa錠など。

タイ旅行で腹痛にならないための予防と対策まとめ

タイ旅行で腹痛にならないためには、食べ物や飲み物に注意することが予防の基本です。また、薬を持参することで、万が一のトラブルにも対処できます。タイは素晴らしい国ですが、腹痛になってしまうと楽しめません。ぜひ、この記事の内容を参考にして、快適なタイ旅行をお楽しみください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました