PR

タイ旅行に所持金はどれくらい?現金・カード・電子マネーの使い分け

スポンサーリンク

タイは東南アジアの人気観光地のひとつです。タイに旅行するときに、所持金はどれくらい必要なのでしょうか。また、現金・カード・電子マネーの使い分けはどうすればいいのでしょうか。この記事では、タイ旅行におけるお金の管理について、以下の3つのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

タイ旅行に所持金はどれくらい?現金・カード・電子マネーの使い分け

タイで使える通貨はバーツ

タイで使える通貨はバーツ(THB)です。日本円や米ドルなどの外貨は、空港や銀行、両替所などでバーツに両替する必要があります。両替レートは場所や時間によって異なりますが、一般的には空港よりも市内の両替所の方がレートが良いと言われています。

また、両替手数料も場所によって異なりますが、空港やホテルでは高めに設定されていることが多いです。

両替するときには、レートと手数料を比較して、お得な場所を選ぶようにしましょう。

現金は小額を持ち歩く

タイでは現金が主流の支払い方法です。特に、屋台やマーケット、タクシーやトゥクトゥクなどでは、現金しか使えません。

そのため、現金は必ず持ち歩く必要があります。しかし、現金を多く持ち歩くと、盗難や紛失のリスクが高まります。

また、大きな額面の紙幣(1000バーツや500バーツ)は、お釣りが出ないことがあるので注意が必要です。現金を持ち歩くときには、以下の点に気をつけましょう。

  • 小額の紙幣(100バーツ以下)や硬貨を用意する
  • 貴重品は分散して持ち歩く(例:財布とポーチに分ける)
  • 身体に密着したポケットやバッグに入れる
  • 人混みや暗い場所では特に注意する

カードや電子マネーは大きな買い物や非常時に便利

タイではカードや電子マネーも使える場所が増えています。特に、ショッピングモールやレストラン、ホテルなどでは、カードや電子マネーが便利です。カードや電子マネーを使うときには、以下の点に注意しましょう。

  • カードはVISAやMastercardなどの国際ブランドのものを用意する
  • カードの暗証番号は4桁に設定する(6桁だと使えないことがある)
  • カードの利用前に海外利用の申請をする
  • カードの利用後に明細を確認する
  • 電子マネーはPayPalやAlipayなどのアプリをインストールする
  • 電子マネーの残高やチャージ方法を確認する
  • 電子マネーの利用可能店舗を事前に調べる

タイ旅行におけるお金の管理は、現金・カード・電子マネーの使い分けがポイントです。現金は小額を持ち歩き、カードや電子マネーは大きな買い物や非常時に便利です。タイで楽しい旅行をするために、お金の管理に気をつけましょう。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました