PR

タイ旅行でコンセントは使える?電圧・周波数・形状の違いと対応策

スポンサーリンク

タイ旅行でコンセントは使える?電圧・周波数・形状の違いと対応策、というテーマでお送りします。タイに行く前に知っておきたいコンセントの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイ旅行でコンセントは使える?電圧・周波数・形状の違いと対応策

タイのコンセントの電圧・周波数は?

タイのコンセントの電圧は220V、周波数は50Hzです。

日本のコンセントの電圧は100V、周波数は50Hzまたは60Hzです。

つまり、タイでは日本よりも高い電圧が流れています。これによって、日本の電化製品が故障したり、発火したりする可能性があります。

タイのコンセントの形状は?

タイのコンセントの形状は、A型、B3型、C型の3タイプが主に使われています。

A型は日本と同じ平型2極ですが、それ以外は日本と異なります。

日本の電化製品によっては、B3型、c型のコンセントに差し込めないものもあります。

タイで日本の電化製品は使える?

タイで日本の電化製品を使う場合は、以下の2点に注意する必要があります。

  • 電圧対応範囲
  • プラグ形状

電圧対応範囲とは、電化製品が安全に動作できる電圧の範囲です。

多くの電化製品には、本体や取扱説明書に「AC100-240V」というように記載されています。これは、100Vから240Vまでの電圧に対応していることを意味します。このような電化製品であれば、タイでも問題なく使えます。

しかし、一部の電化製品には、「AC100V」というように記載されているものもあります。これは、100Vしか対応していないことを意味します。

このような電化製品をタイで使う場合は、高い電圧に耐えられずに故障したり、発火したりする危険があります。このような電化製品をタイで使う場合は、必ず電圧変換器を使用する必要があります。

プラグ形状とは、電化製品のプラグとコンセントの形状が合っているかどうかです。日本では平型2極(A型)が一般的ですが、タイではA型、B3型、C型の3タイプが使用されています。

つまり、日本のプラグをタイのコンセントに差し込む場合は、コンセント変換アダプターが必要になる可能性があります。

コンセント変換アダプターとは、プラグとコンセントの形状を変換する小さな器具です。

タイでは、空港やスーパーなどで購入できますが、日本で事前に準備しておくと安心です。

タイで電圧変換器は必要?

タイで電圧変換器が必要かどうかは、以下のように判断できます。

  • 電化製品の電圧対応範囲がAC100-240Vなど広い場合:必要ない
  • 電化製品の電圧対応範囲がAC100Vなど狭い場合:必要

電圧変換器とは、電圧を上げたり下げたりすることができる器具です。

タイでは、空港やスーパーなどで購入できますが、日本ではあまり見かけません。

また、電圧変換器は重くてかさばるため、持ち運びに不便です。可能であれば、電圧対応範囲が広い電化製品を持って行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

タイ旅行でコンセントは使える?電圧・周波数・形状の違いと対応策まとめ

タイ旅行でコンセントは使えるかどうかは、電圧対応範囲とプラグ形状に注意する必要があります。

電圧対応範囲が狭い電化製品は、電圧変換器を使用しないと危険です。プラグ形状が合わない場合は、コンセント変換アダプターを使用する必要があります。事前にチェックしておくと安心です。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
タイ旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました